FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → マスゴミどものプロパガンダ攻勢

マスゴミどものプロパガンダ攻勢
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

天滅中共

中国産野菜消え、家計直撃

 中国製ギョーザ中毒事件の影響で、冷凍食品だけでなく、中国産の野菜までがデパートやスーパーから次々と撤去されている。消費者にも中国産食品を買い控える動きがあるが、国産品に比べて値段の安い中国産野菜が消えれば、家計に大きな影響が出るとの声もある。原油高や穀物価格の高騰を受けて食品の値上げが続く中、「苦しくなる一方」と、財布を預かる主婦らの不安は日増しに大きくなっている。

 農林水産省の「生鮮食料品価格・販売動向調査報告」(平成18年)によると、国産のニンニクは1キログラムあたり2411円だが、輸入品の場合は4分の1程度の611円に。741円の国産ゴボウも、輸入品だと半額未満の347円。1635円の生シイタケも、輸入品なら半額程度の867円だ。

 これら、国産品との値段の差が大きいニンニク、ゴボウ、シイタケは、輸入品の100%近くが中国産だ。

 だが、今回の問題で東京都新宿区の主婦(40)は「食品はもちろん衣類なども中国産は避けるようにしている」。値段は高くなっても中国産食品を買い控える動きが広がる。

 大丸や近鉄百貨店などでは、野菜を含めた中国産食品を売り場から撤去することを決めた。


 大丸は「客の不安感を考えて各店に指示を出した」という。両社とも、「もともと扱っている商品は少ない」というが、大手では、中国製食品の撤去の流れは止まりそうにない。


 一方、中小スーパーでは安い中国産野菜の取扱量が多く、撤去は難しいという店も。埼玉県所沢市のあるスーパーは「冷凍食品以外の問い合わせはない。中国産の野菜を店の棚から卸したら品数もなくなるし、品薄になってしまう」という。

 こうしたなか、消費者は、食の安全と家計のやりくりの間で難しい対応を迫られている。

 「年金暮らしの自分にとって痛い。日本は中国や外国からの輸入品に頼りすぎていた。これまで以上に価格を見比べながら買うことになる」(68歳の無職男性)

 「価格の高騰はもう覚悟している。家計は苦しいが、今まで無駄にしていた野菜のしんを使うなどして節約したい」(59歳の主婦)

 ギョーザ事件の影響について、エコノミストの紺谷典子さんは「物価や経済に与える影響は大きいだろう。日本の食糧自給率は低く、国民は過剰反応しやすい」と指摘。その上で「他の中国産品も販売停止する動きが出ているが、食料品に中国産は多い。販売業者だけでなく卸売り、下請けまで含めると影響人員は極めて甚大だ。事件は日本の下り坂の経済にも拍車をかけるのではないか」と話している。

(2008年02月04日 産経新聞)

 さて、ようやくにしてチャイナフリーの動きが大きくなり、素直に喜びを表したいところではある訳ですが、中々そうもいかない、と言ったところです。

 何処が問題なのか、と言うと、ズバリ、この記事の書かれ方そのものだと言えます。

 この産経の記事では、大手スーパーなどから支那産の食材が次々と姿を消しており、庶民の家計に大きな影響を及ぼしている、という風に解釈出来る訳ですが、全くの大嘘では無いものの、事実をただ事実として書き表しているとは到底言えない仕上がりだと言えるでしょう。

 何故ならば、加工食品などは確かに支那産の原料を使い、中国で生産されたものがその殆どを占めていた訳ですが、こと生鮮食品に関しては、元々殆どの物が国内産、或いは支那以外の国を原産地とするものが中心に取り扱われており、今更、更に支那産の取り扱いが縮小したところで、庶民の家計には然程に大きくは響かないからです。

 理由は簡単、今のような騒ぎが起こる以前から、生鮮食品を買って自分で調理するような層は、加工食品を買ってお手軽に食事を済ませようなどという層とは違い、食品の安全性にも価格と同程度、いや、それ以上に気を払う人間が多く、如何に企業や店舗が大丈夫と強弁したところで、そんな嘘に騙されて支那産を買う人間が非常に少なかったから。

 よく、テレビや雑誌などで基地外フェミニストが主婦、特に専業主婦を見下すような馬鹿極まりない発言をして、社会で頑張っているつもりでホルホルしている訳ですが、主婦の方々は、学問や何やらの専門的な知識は基地外フェミニストよりずっと少なくとも、そういう生活に直結する部分に関しては、勘違いフェミニストなどよりも遥かに知識も経験も豊富で勘も鋭い。

 そりゃまあ、欲しい食材が支那産の物しか無ければ、仕方なしに手を出す事もあるでしょうが、殆どの主婦の方は、余程に経済状況が切迫していない限り、日本産と支那産が並べて売りに出されていれば、殆どの場合において日本産の食材の方に手を伸ばします。

 経験として、長い目で、10年20年の、自分だけでなく配偶者や子供の健康維持なども含めたコストパフォーマンスを考えた時、日本産の食材の方が遥かに勝れている事を、経験と勘で理解している訳です。

 それが、紙の上の計算や机上の理屈でしか物事を考えられない基地外フェミニストとは違う、一家の家計と建康を預かる主婦の皮膚感覚というものです。

 主婦がリテラシーの欠片も無い、テレビに踊らされる馬鹿な存在だというのは、主婦という存在を消してしまいたい馬鹿フェミニストの願望、妄想に過ぎない、という事です。

 今回の事件にしても、まさかCO-OPやJTが、自社ブランドで出している食品に、あのような毒物が含まれているというのは流石に想定外であっただけで、それにしたって、マスゴミが正しい情報さえ、支那における労働現場の正しい情報さえ常日頃から発していれば、十分に避け得た事でしょう。

 ま、最近は、そんなまともな主婦の数もマスゴミと基地外フェミニストのプロパガンダの害毒によって減少しつつあるようではありますがね。

 話を戻しましょう。

 そんな訳で、今回の支那産毒餃子事件により、その殆どが支那産で占められる加工食品の利用は極端に少なくなり、主婦の手間は多少なりとも増える事になるでしょうが、家計に掛かる負担という点では、産経が馬鹿騒ぎする程には大きくはならないと言えます。

 勿論、全くゼロとは言えず、多少の負担増にはなるでしょうが、そんなに悲観する程となる可能性は極めて低いでしょう。

 にも関らず、そういう実態を少しも見ず、価格だけを並べ連ねて悲観論を仰仰しく語る産経としては、やはり、「支那産の全面輸入禁止になったら、困るのはチミ達貧乏人どもですよ」という脅しをかけたい、という意図があると考えるべきでしょうね。

 グローバリストのイヌ、という産経の本性が、隠しても隠しても出てくる、と言ったところですか。

 或いは、そういう風に世論誘導をしろ、という清和会のクソどもからの指令でもあったんですかね。

 何れにしても、真っ当な、アタマが支那畜菌に冒されていない日本人は、自公とグローバリストの御用新聞によるこういう悪質なプロパガンダに踊らされる事が無いよう、これまで以上に気を引き締める必要があります。

 今回は産経な訳ですが、連中の手駒には他にも朝日に日経、読売に毎日と、要するにマスゴミ全般がいる訳であり、これから、連中による悪質なプロパガンダの波状攻撃が始まる事が予測されます。

 既に、支那のイヌとしては高名な朝日には、こんな社説(笑)が掲載されていますしね。

ギョーザ事件―解決は日中の試金石だ

 中国製冷凍ギョーザによる中毒事件の波紋が広がっている。新たな事実が次々に浮かんでいるが、謎はむしろ深まるばかりだ。

 事件の始まりは、千葉県と兵庫県に住む3家族の10人が、中国の同じ工場でつくられたギョーザを食べて中毒症状を起こしたことだ。警察や輸入元などが調べを進めるなかで、新たに同じ工場製のギョーザ6袋の表面や内側から、中毒の原因になった農薬成分が検出された。

 中国の調査団が来日し、日中の共同調査が始まった。互いの調査の結果を交換し、真相究明を急ぐことで一致した。

 真相がわからないのでは、的確な対策をとれない。それだけでなく、日本では中国食品に対する不信感がさらに深まり、中国では一方的に非難されたという反発も出てくるだろう。日中関係への影響も心配だ。

(中略)

 だが、日本人の食生活はいまや中国食品なしでは成り立たない。中国にとっても、輸出先として日本はなくてはならない存在だ。中国食品の安全は日中の共通の利益なのだ。中国人技術者を日本に招いて食品安全の研修をする構想があるのも、共通の利益があるからだろう。

 小泉元首相の靖国参拝などで冷え込んだ数年前と違って、いまは共同調査を進めやすい状況にある。首相の相互訪問もあり、両国は信頼関係を少しずつ取り戻しつつある。

 今回の事件は、長い間の停滞から再出発したばかりの日中両国にとって、大きな試金石といえる。冷静に協力し合って解決に導けば、中毒事件の打撃を減らし、成熟した関係への一歩ともなる。


(2008年02月05日 朝日新聞)

 余り単純に敵・味方を分ける行為は好きじゃないのですが、この連中、マスゴミが「日本人」にとって敵である事だけは、疑う余地すらない厳然たる事実だと言えます。

 クソのクソによるクソの為のクソプロパガンダを喝破する事にこそ、日本再生の鍵があると言えるでしょう。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

反日マスコミの真実2 (OAK MOOK 193 撃論ムック)
西村 幸祐
オークラ出版 (2007/12/13)
売り上げランキング: 6462
おすすめ度の平均: 5.0
5 売国って儲かるのか?
5 まったく知らない世界でした
5 このような本が10年前に出ていれば・・・

「反日マスコミ」の真実 (OAK MOOK―撃論ムック (126))
西村幸祐
オークラ出版 (2006/11/10)
売り上げランキング: 22005
おすすめ度の平均: 5.0
5 反日の末にあるのは国家崩壊のみ。
5 反日メディアを検討する本
5 朝日は戦前は軍部の御用新聞


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
メールを読んでクリックするだけ!GetMoney!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
何?中国からの輸入食品が止まったら困るって・・?
でもその代りに「メタボ」が大幅に減るよ、医療費も減になり、国家経済も楽になるのでは?食糧の40%を無駄に捨てている日本、
そんな奢れる日本人の心を修正するには良い機会かな。
2008/02/05(火) | URL | エノキ #-[ 編集]
朝日の戯れ言を真面目に受け止める必要はありませんよ。

あれは、ただの涙目の胡錦涛の代弁ですから。

ちなみに、産経はチュウゴクとのビジネスを続けたい罪怪塵どもの代弁者です。
2008/02/06(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
こんにちは。
そういえば、産経新聞は米国BSE問題の時も早々と「米国牛肉を食べるかどうかは自己責任だ」と早期輸入再開を主張しました。フジテレビでは、米国牛肉を使う吉野家を持ち上げる番組もありました。今回のこの報道といい、何が何でも日本に食料自給率向上なぞさせないつもりの様にも感じられます。
2008/02/06(水) | URL | JAXVN #c0YoYibA[ 編集]
田舎のおばあちゃんが「田んぼは一年寝かせたら5年は再生出来ない」って言っていました。
2008/02/06(水) | URL | かおり #O0aXmd32[ 編集]
日本が食糧自給率を上げると、宗主国様が困りますからね。

少なくとも今は。

まあ、フジテレビは兎も角、産経新聞の方には記者個人では真っ当な人も沢山いるんですけどねぇ。

朝日がチュウゴク批判出来ないのと一緒で、米国批判を出来ない空気が出来上がっているのでしょうね。
2008/02/07(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
5年掛けて再生させるしか無いのでしょうねぇ。

勿論、個人ではそんな事無理ですので、政府、農水省の支援が必要ですけど。
2008/02/07(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ニンニク1kgってどんだけ~。単位を大きく取る悪質なプロパガンダですね。
2008/02/08(金) | URL | 竈猫【かまねこ】 #-[ 編集]
そういうのは、連中の常套手段ですね。

分母や単位を大きめに取って、事実をより誇張してみせる。

本当に、そういう事にだけは頭の回る連中です。
2008/02/09(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1101-acc29959
宮崎正弘氏の国際ニュース・早読みを転送します。 ~米国などの内政干渉をはねのけて「公投」を敢行へ  2日、台湾中央選挙管理委員会は...
2008/02/05(火) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
  ずいぶん長らくお待たせしました。少しばかり留守にしてしまい、久々のアップデートです。筆が鈍っていないか少々心配なので、今回は軽...
2008/02/05(火) | 日々是勉強
 今度は、「メタミドホス」とは異なる有機リン系殺虫剤「ジクロルボス」(dimethyl 2,2- dichlorovinyl phosphate, DDVP)が回収済み冷凍餃子から発見された。餃子の皮内における濃度は110ppmと異常に高い。故意に餃子へ入れた可能性が大。この様子では、更に別種の
2008/02/06(水) | 陸奥月旦抄
とどまるところを知らぬ、中国産「毒ギョーザ」事件。 輸入元のJTや、販売店の対応の拙さが大いに非難されるべきは言うまでもないわけだが、 なぜか、「腫れ物に触る」ような扱いを受けているのが、本来ならもっとも非難の矢面に立たされるべき「中国」である。 刀舟さ...
2008/02/06(水) | 加賀もんのブログ
 毒餃子で疑惑の河北省の天洋食品で、昨年工場内の女性従業員が蒸し器に閉じ込められたまま翌朝まで放置、一晩蒸され死亡するという驚愕の...
2008/02/06(水) | Red Fox