FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 立てよ日本国民

立てよ日本国民
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

北復帰、中韓にも圧力 6カ国協議 米、人権問題を前面

 【ワシントン=有元隆志】ブッシュ米政権が北朝鮮問題の解決に向け、脱北者の強制送還で中国に強い懸念を表明したほか、北朝鮮と韓国の経済協力の象徴ともいえる「開城工業団地」の労働条件を疑問視するなど、北朝鮮はもちろん、中国や韓国に対しても圧力をかけ始めた。中断している北朝鮮の核問題をめぐる六カ国協議に北朝鮮が復帰を表明しないなか、「圧力路線」を今後も強めるものとみられる。

 マクレラン大統領報道官は三十日の声明で、キム・チュンヒと名乗る三十代の脱北女性を中国が強制送還したことについて、「強い懸念を持っている」と批判。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の関与なしに、亡命希望者を北朝鮮に送還しないよう求めた。

 キムさんは昨年十二月、北京の韓国国際学校に駆け込もうとして中国当局に取り押さえられ、北朝鮮に送還された。

 国務省高官はブッシュ大統領が脱北者問題に「強い関心を示している」と述べ、四月二十日の中国の胡錦濤国家主席との会談で、北朝鮮の人権問題を提起する可能性を指摘した。

 北朝鮮の人権問題を担当するレフコウィッツ大統領特使も三十日の講演で、「国際的な責務を無視している」と中国を批判した。

 また、同特使は韓国の土地公社や現代グループが南北協力事業として、北朝鮮南西部の開城に建設した「開城工業団地」で働く北朝鮮の人たちの労働条件に疑問を投げかけた。同特使は「国際労働機関(ILO)のような独立した機関が(労働条件について)検査することを認めるべきだ」と述べた。

 一方、米財務省は三十日、北朝鮮による大量破壊兵器拡散に関与したとして、スイス企業と同社のスイス人社長の対米資産凍結措置をとるとともに、米企業との取引を禁止すると発表した。

 一連の措置は北朝鮮が六カ国協議に復帰しないなか、「タイミングをあわせて行った」(米政府関係者)という。ホワイトハウスは北朝鮮による偽札流通など違法金融活動に対し、財務省や司法省に追加的な措置をとる権限を与えたともいわれ、北朝鮮が六カ国協議に復帰しない限り、さまざまな角度から圧力を加えていくものとみられる。

(平成18年4月2日 産経新聞)


 米国による北朝鮮への圧力は、大変心強く有難いものではありますが、これらの事は本来、日本政府が主導を取って為すべき事である事を考えると、複雑な感情に襲われてしまいます。

 北朝鮮問題に関しては、ミサイルといった重要な問題もあるものの、当面の危機に直面しているのは、主導を取っている米国では無く、日本韓国であると考えられます。

 盧武鉉という歴史に名を残す馬鹿が国家の長となり、迷走に迷走を重ねている韓国は除外するとしても、本来ならば北朝鮮による被害を最も被り、北朝鮮による攻撃の的にされている我が日本が先頭に立ち、北朝鮮を糾弾し、北朝鮮を裏から助けている支那や、北朝鮮に阿る事が生きがいの奇跡の馬鹿・盧武鉉率いる韓国に、圧力を掛けていって然りだと思えます。

 結局このような、日本政府の怠惰で鈍間で愚図で腰抜けな態度が、北朝鮮支那を調子付かせるのみで無く、先頃の様に米軍のグアム移転に伴う費用を、米国日本に要求して来る様な事にも繋がってくるのかと考えると、悲しいやら腹立たしいやらで、素直に米国北朝鮮への圧力増加を喜べないというものです。

 国民拉致され、平壌宣言では虚仮にされ、ミサイルの標的とされているのは、一体何処も国であるのか。

 それは米国では無く、我が日本である事を、日本政府にはもう一度良く考えて頂きたい。

 国民世論に押され、米国に追従する形でようやく、北朝鮮への圧力に渋々動き始めた日本政府ですが、このような事では、例え北朝鮮問題が片付いたとしても、何れまた同じよう事件が起こるであろう事は、想像に難くないというものです。

 日本政府は例え今からでも、強引に米国を押し退けて、北朝鮮問題に先陣を切って対峙すべきであると思われます。

 此処でテロには決して屈せず、強い決意と覚悟を持って立ち向かう日本というものを見せつけられなければ、日本は半永久的に北朝鮮のようなテロ国家の標的となり、それらから身を守ってもらう為に、米国に媚び諂うという、凡そ自主独立国家とは呼べぬ植民地以下の形骸化したカスに成り下がってしまうと言えるでしょう。

 政府の人間で無くとも、平和のプラカードを掲げて街を練り歩く事を生業としている馬鹿サヨクでなくとも、誰であっても戦争などというものは、したくはありません。

 しかし戦争を恐れ、外国に対して及び腰で交渉に臨めば、日本は外国から侮蔑され、好親は損なわれ、日本国民は世界中の人間から、矮小で卑屈な民族であると蔑まれてしまう事でしょう。

 そして、やがては侵略され、日本人は永遠に外国の奴隷としての、運命を辿る事になると考えられます。

 戦争を恐れて媚び諂ったところで、戦争は決して回避する事は出来ないものであると考えられます。

 戦争を回避し得るものは、戦争を恐れず、決して相手の不条理な要求は呑まないとする強い覚悟と、それを支える為の強い軍事力である事に、日本政府も全ての日本人も気付かねばなりません。

 「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置まし大和魂」(吉田松陰)

 この松蔭先生の詩にある心こそが今、全ての日本人が持つべきものである事を自覚し、米国に追従するのでは無く、日本国自らの手を以って、北朝鮮中国共産党の如き悪逆の徒を駆逐し、東アジアに平和と安定を齎す覚悟と決意を、持つべきなのではないかと考えます。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ


吉田松陰・留魂録
吉田松陰・留魂録
posted with amazlet on 06.04.02
古川 薫
講談社 (2002/09)
売り上げランキング: 16,270
おすすめ度の平均: 4.83
5 今だからこそ、読んで欲しい。
5 偉大なる先哲吉田松陰先生
4 まずはこれから読むべし


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
スクーターやニンテンドーDS Liteが当たる!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
太平洋戦争以後の日本に於ける諸悪の根源は「日本国憲法」ですから。
2006/04/03(月) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
そんな諸悪の根源を、まるで聖書の如く崇める人達が存在しているのですから、本当に困ったものです。
2006/04/03(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/207-6bca5b41