FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ → 2007年03月14日

強制連行の犯人は朝鮮人だった
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 「官憲などによる狭義の強制連行なるものは無かった」というのは、未だに従軍慰安婦なる架空の存在に謝罪と賠償をなどと喚き立てている輩ですら認めざるを得ないところとなっていますが、何と、この度、所謂「狭義の強制連行」なるものに非常に近い事が行われていた証拠が発掘された模様です。

 ただ、犯人は朝鮮人のようですがね。

繰り返される「朝鮮人悪徳業者」と「それを懸命に取り締まる警察」のいたちごっこ

中国で↓

(1)「路上で少女略取。醜業中国時に売り渡し」

金神通を売った男女検挙?判明した誘拐魔の手段

路上で少女略取。醜業中国時に売り渡し

1933年6月30日「東亜日報」

記事では金神通という少女を誘拐した朴命同(仮名)が6月18日に鐘路署の警察官に逮捕されたことが記載されています。
朴命同は誘拐し、中国人に売ろうとしていた模様。
誘拐の常習犯だったとも記載されています。

朝鮮の都市部で↓

(2)「民籍を偽造 醜業を強制」

悪魔のような遊郭業者の所業?犯人逮捕へ

民籍を偽造 醜業を強制

1933年5月5日「東亜日報」より

「市内に住む呉*換は、漢南楼という商号で娼妓していたが、朴*南という16歳の少女を350円で買い、年齢不足で娼妓が出来ないため、 兄弟の戸籍を使って営業許可を得ようとしていたことが発覚。前記のような方法で多数の幼い少女を使っていた・・・(一部略)」

朝鮮の地方で↓

(3)「春窮を弄ぶ悪魔!農村に人肉商跳梁」

就職を餌に処女を誘い出し 烏山でも一名が被捉。

春窮を弄ぶ悪魔!農村に人肉商跳梁

1936年3月15日「東亜日報」より

「就職斡旋」をネタにした悪徳朝鮮人業者の実態

朝鮮半島に住んでいた日本人女性も被害に↓

(4)「良家処女を誘引し、満州へ売却騙財」

~釜山署、犯人逮捕

良家処女を誘引し、満州へ売却騙財

(5)「悪徳紹介業者が跋扈。農村婦女子を誘拐。被害女性が100名を突破する」

釜山の刑事。奉天へ急行

悪徳紹介業者が跋扈。農村婦女子を誘拐。被害女性が100名を突破する

1939年8月31日「東亜日報」より

(NAVERより引用)
魚拓→http://megalodon.jp/?url=http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php%3fboard_id%3dteconomy%26nid%3d2827405&date=20070314072927


 大陸、半島、そして我が列島と3カ国、当時で言えば2カ国ですが、この規模に渡り大々的に社会問題となる程に所謂「強制連行」とやらを行っていたのは、何と、被害者面して我が国に謝罪と賠償を求めてきている朝鮮人だったのです。

 まあ、証拠が出てくるまでも無く、殆どの日本人、特に彼の半島を知る人間は気付いていた事ではありますが、当時の「朝鮮の」新聞、東亜日報にて大々的に報じられているという決定的証拠がある以上、最早、言い逃れは出来ないというものです。

 これを読み解く限り、何をどう見ても、朝鮮人の言うところの「強制連行」に明け暮れる朝鮮人を、朝鮮人も含めた当時の日本人が大変問題視しており、朝鮮人の証言では犯人であった善良な官憲が、悪徳朝鮮人業者を何とかする為、必死に働いているとしか思えないものです。

 犯人が明らかになった以上、朝鮮人悪徳業者による「強制連行」を何とか止めさせようと汗水垂らしていた我が国政府に対して謝罪を求めるなどという倒錯した事はいい加減に止めにして、この悪徳業者とやらが、今、どうしているのかを調査し、見つけ出して謝罪を求める方が、余程理に適っていると言えるでしょう。

 また、このような朝鮮人悪徳業者による人攫いが社会問題となっている時点で、当時の日本政府、或いは日本軍が、罪無き婦女子を強制連行して、無理矢理に従軍慰安婦とやらにさせていた、などという事は、まず無かったであろう事も読み取れます。

 我々日本人は、己自身で人攫いなどという恥知らずな行為を犯しておきながら、その罪を、戦場に散って口を開く事さえ儘ならない我らが先人に押し付けようとした朝鮮人に対して、断固として抗議をする必要があると言えます。

 朝鮮人どもが主張する我が国の軍や官憲などによる強制連行などは何処にも無く、あったのは、ただの慰安婦の募集のみ。

 その中において、一部、不幸な目にあった方達が居る事は事実だが、それを引き起こしたのは、大半以上が「朝鮮人悪徳業者」である。

 これが、歴史資料から紐解ける、所謂「従軍慰安婦問題」の最終的回答であると言えるでしょう。

 我が国政府は、これらの資料を携え、米国において、今にも可決されようとしている反日決議案を、さっさと食い止めてくるべきだと言えます。

 「河野談話で謝罪したのだから、これ以上、謝罪する必要は無い」などという、極めて中途半端な反論文を、NYTに寄稿したところで、中庸だの灰色だの玉虫色だのを一切理解出来ないアメ公には何の効果も無い事を、いい加減に理解するべきだと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

日韓「歴史問題」の真実 「朝鮮人強制連行」「慰安婦問題」を捏造したのは誰か
西岡 力
PHP研究所 (2005/05/21)
売り上げランキング: 53857
おすすめ度の平均: 5.0
5 慰安婦問題の全容を知ってほしい
5 真実の先
5 全て日本が悪かったのか?

「反日」の構造―中国、韓国、北朝鮮を煽っているのは誰か
西村 幸祐
PHP研究所 (2004/11)
売り上げランキング: 55805
おすすめ度の平均: 4.5
5 慰安婦問題が今すごいことになっている
5 反日という"システム"からの脱出
5 この本は単なる反日にたいする反論書ではありません。


PR情報
ブロガー必須のツール!書いた記事が複数のポータルサイトへ一斉掲載!
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する