FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ → 2007年03月22日

馬鹿教員、またも醜態を晒す
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 公共の場において、公共のルールを守る事は、個人の思想・信条以前の問題であり、これが出来ない人間は、そもそも、社会人として失格であると言えるものです。

 まして、教職員という立場にある人間は、生徒、児童に対して、公共の場においては公共のルールを守らねばならないという事を伝え、教える立場にある人間であり、一般の人間よりも、より厳格に、その事が求められるのは言うまでもありません。

 しかしながら、そのようなごく当然の当たり前極まりない事を理解出来ないスカポンタンが、またぞろ、見るに耐えない間抜けな醜態を晒しておられる様子です。

君が代問題:町田の市立中卒業式、斉唱で教諭が不起立 /東京

 町田市内の市立中学校19校で19日、卒業式が行われた。同市立鶴川第二中では、教育現場での「日の丸・君が代」の強制に反対している根津公子教諭(56)が君が代斉唱の際に「不起立」の姿勢を貫いた。

 都立学校の教職員ら401人が君が代斉唱の義務がないことの確認を求めた訴訟で東京地裁は昨年9月、「君が代斉唱の強制は違憲で都教委の懲戒処分も裁量権の乱用」とする判決を下した。だが、都教委は控訴中を理由に「処分基準は変わらない」という考えを示し、重い処分も予想される。根津さんは他の教諭と20日、今後の懲戒処分の事前差し止めを求める訴えを、同地裁に起こす予定だ。

 根津さんは「教育の場に政治権力が介入することは許されない」と訴えている。【古関俊樹】

(2007年03月20日 毎日新聞)


 真面目な話、こういう、何かに無意味に反抗して、それを誇らしげに語るなどという幼稚な行動は、10代である内が許容の限界と言えるものであり、いい大人が、このような幼稚で稚拙な行動を取り、新聞紙面を飾る事など、汚点以外の何ものでも無い筈なのですが、この手の薄ぼんやりさん達は、何故に、その程度の事が理解出来ないのでしょうか。

 それも、児童、生徒に対し、規律を守る事を教え、求める事も職務の一つである教職員たる身分にある人間が、こういうあからさまに公共のルールに反する事をしているとなれば、盗んだバイクで走り出す、15の夜の少年・少女に対して、全くと言って良い程示しが付かなくなってしまい、単純にこの場における職務放棄に止まらず、職務全体に悪影響を及ぼす事は目に見えていると言えます。

 「教育の場に政治権力が介入する事は許されない」などと、実に聞こえの良い言葉を吐いていますが、こういう幼稚で愚かな行動が、政治権力が教育の場に介入する大義名分を与えている、ようするに、自分で自分の首を絞めている事にすら気付かない様は、腹立たしいを通り超して、哀れですらあると言えるでしょう。

 私自身は、国旗・国家に敬意を払う、払い続けたいと思う人間ですが、別に、このような思想信条を持つ人間を、ど突き回して、私生活に至るまで、国旗・国家に敬意を表させようとまでは思いはしません。

 自国の国旗・国家に敬意を払う事は、国際的にも至極当然の事ではありますが、我が国が、暫定であると言え、憲法において思想・信条の自由を保障をしている自由民主主義国家である以上、例え少数とは言え、こういう異常思想の持ち主にも、その異常思想を、他人に迷惑を掛けない範囲であれば、持ち続ける自由はあります。

 しかし、こういう公共の場、しかも、卒業式という児童・生徒にとって一世一代の晴れ舞台と言える場において、こういう場の空気を見事に打ち毀すような行動を取る事は、社会人として、共同体の一員として許される事では無いと言えるものです。

 どうしても、何が何でも、日の丸を見ると蕁麻疹が出るとか、君が代を歌うと幽体離脱してしまだとかの、已むに已まれぬ理由があり、これらの行為を避けたいとしても、それならば、この式典を欠席するという選択をする事が、社会人としての、共同体の一員としての最低限のモラルの示し方であると言えます。

 仮に、権力に逆らう自分に酔いたいだけならば、教職員などという職業は直ぐに辞職し、夜の首都高にでも出向いて、そういう事に生き甲斐を感じている少年・少女の集団、平たく言えば珍走団ですが、彼らの仲間に入れて貰えば良いと言えるでしょう。

 全ての教職員が、このような幼稚な行動に酔っている馬鹿では無い事は十分承知していますが、こういう馬鹿を生み出し、それを政治権力の手を借りなければ何ともする事が出来ないというのは、結局、教職員という職業の人間全体の自浄能力の無さの現れであり、怠慢以外の何ものでも無いと言えます。

 教職員という職業に誇りを感じ、生き甲斐としている人間が一人でも居るならば、国や地方行政が動き出すその前に、自分達自身の手で、この手のモラルの破壊者、共同体の破壊者を、教育の場から排除する必要があると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

「反日」日本人の正体
井沢 元彦
小学館 (2003/12)
売り上げランキング: 194604
おすすめ度の平均: 4.5
5 読んでみたら・・・
5 日本を蝕む獅子身中の虫たち
5 この本の内容を「常識」にしましょう

昭和天皇の学ばれた教育勅語
杉浦 重剛 所 功
勉誠出版 (2006/03)
売り上げランキング: 120958
おすすめ度の平均: 5.0
5 三一五文字の名文に凝縮された日本人の心
5 20世紀の名君「昭和天皇」の基礎
5 祖先から受け継がれ、そして子孫に繋ぎたい日本人の大切な教え


PR情報
大人なのに、まだ証券口座がないの?マネックス証券で笑える経済を
電子書籍とオンデマンド本で読書の世界が拡がります!『ウェブの書斎』
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する