FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ → 2008年04月

支那畜基地外劇場
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

FREE TIBET

<チベット>CCTVニュース番組で「反省の言葉を述べる拘留中のチベット人」―中国

2008年4月27日、国営中央テレビ(CCTV)夜7時のニュース番組「新聞聯播」で、先月14日のチベット騒乱で拘束された2人のチベット人が、自らの不法行為を反省し、悔い改める様子が放送された。新華ネットが伝えた。

「善悪の区別がつかず、国や社会に害を及ぼし、申し訳ございませんでした」―涙ながらにこう語るのは、19歳のチベット人女性、貢桑拉姆さん。騒乱への参加については「悪い人の命令で、強制参加させられた」と訴え、「80歳を超える祖父は旧チベット社会で大変な苦労をしたが、今は安定した暮らしが出来るようになった。兄も何不自由なく義務教育を受けることができた」と政府に対する感謝の気持ちを口にした。

もう1人は24歳の男性、扎西多吉さん。「社会の安定や民族の団結、そして北京五輪に悪影響を及ぼし、心から反省しています」と謝罪。騒乱当日は「悪い人から脅されたため、参加せざるを得なかった」と訴えた。さらに、「今後は2度と悪い人に騙されず、政府の素晴らしい政策に感謝するよう、仲間にも訴えていきたい」と反省の弁を述べた。(翻訳・編集/NN)

(2008年04月29日 Record China)

 中共、及び支那畜どものアホさ加減は十分に理解していたつもりだった訳ですが、流石にドン引きしますね。

 一体、何処の誰がこんなモノを信じると思ったのか、本気で理解出来ない。

 仮に、本当に中共の言い分が正しかったと仮定したとしても、今、このタイミングで、こんなにも早く心変わりなどをする筈が無いというものであり、無理矢理言わされているのか、或いは、言わざるを得ない理由が存在するのかのどちらかである事は、明々白々というものです。

 本当に、中華の世界の中の事しか見えていないのでしょうね。

 しかし、それにしても、死を覚悟して立ち上がったチベット人がここまでの事を言うとは、どれ程までの屈辱的な拷問を与えられたのか、或いは家族や恋人を人質として取られたのか、何れにしても、吐き気がします。

 残酷で残虐な支那人の特性が思う存分発揮された、阿鼻叫喚の地獄が展開された、そして、今も尚展開されているであろう事が、容易に想像出来ます。

 支那畜どもがアホでバカで憐れで惨めで無様な本性をぶちまけるのは結構な事ではある訳ですが、その為に、チベット人やウイグル人、他の少数民族などが犠牲になるというのは、何かやりきれない思いです。

 彼らが、例え漢民族で無いにしても、それでも「チュウゴク人」という帰属意識を有しているのならば、それは自業自得というものなのですが、殆ど全ての非漢民族は、そんな意識は微塵も持ち合わせてはいないのですから。

 これ以上、狂って暴走した中華思想の犠牲者を出さない為にはどうすれば良いか、真剣に考え始める必要がありそうです。

 「経済発展」などという方法では不可能だという事は、日支、そして米支の国交回復以来の歴史ではっきりとしました。

 支那畜どもの、外に対する進出と増殖を抑えつつ、中に対する暴虐も封じ込める。

 これは、中々難儀な問題と言えそうです。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

中国はいかにチベットを侵略したか
マイケル ダナム
講談社インターナショナル
売り上げランキング: 129
おすすめ度の平均: 4.5
5 長野の聖火リレーで実感できた中国人の暴力性
5 チベット問題に関心を持つすべての人に
4 チベット民族の悲劇
5 このような侵略を誰が止めるのか
5 中国に侵略されたチベットの実態を直視

台湾二二八の真実―消えた父を探して
阮 美妹
まどか出版
売り上げランキング: 432697
おすすめ度の平均: 5.0
5 二・二八事件の傷痕と肉親の絆


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
日経225miniをやってみませんか?
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する

愚民舞踏会
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

FREE TIBET

中国紙、留学生負傷を1面で報道・長野聖火リレーで

 【北京=共同】長野市で行われた北京五輪の聖火リレーについて、27日付の中国紙、北京青年報が一面で「反中分子に殴られ、4人の中国人留学生が負傷」と報じるなど、一部の中国紙が妨害行為や沿道での小競り合いを大きく報じた。

 一方で、北京晨報は中国でも人気の北京五輪卓球日本代表、福原愛選手が笑顔で聖火を持つ写真を一面トップで掲載。共産党機関紙、人民日報も妨害行為にほとんど触れないなど、全般的には5月上旬の胡錦濤国家主席の訪日を控え、反日ムードが広がらないよう当局が報道を規制したとみられる。

 北京の日本大使館前は27日、通常通りの警備態勢。大使館によると、反日デモなどの警戒はしているが、これまでに異常はないという。ただ、インターネット上では日本製品の不買運動を呼び掛ける書き込みが多数掲載されている。

 北京青年報は、負傷者が血を流す写真も掲載。上海紙、新聞晨報も留学生がチベットの旗を掲げた複数の抗議者に頭を殴られて出血、病院で治療を受けたなどと報じた。


(2008年04月27日 日経新聞)

 全く、何時もの事ながら、とんでもない程にお頭の沸点の低い連中です。

 両手で頭を抱えて項垂れる中共の連中の姿が、目に浮かびますね。

 まあ、それもこれも、徹底した愚民化教育、実際は破綻寸前の内政問題からその愚民どもの目を逸らす為の愛国教育、反日教育という中共の方針から生み出された産物な訳で、自業自得もいいところな訳ですが。

 現状も理解出来ず、安易に頭に血を上らせて、諸外国に片っ端から喧嘩を売って回り、ただでさえ危うい状況の祖国を更に窮地に追い込んでいく様は、滑稽を通り越して憐れもいいところ。

 GDPの大半以上を貿易に、そのまた大半以上を外資に依存しているミソッカスの足掻きなど、誰も少しも痛くない事など、少し考えれば分かるのにね。

 しかも、支那で外国製品を購入する層の中心的な存在は富裕層、こんなアホ臭い事極まりない幼稚な愛国無罪デモには顔を出しもしない層な訳で、頼りの媚中派のクソカスどもでさえも、慌てたりビビったりしないし。

 にも関わらず、これが更にエスカレートすれば、建物や従業員に被害が及ぶ可能性は高まるとして、撤退を考える企業は続出する、と。

 本当に、無様で憐れで惨めな連中です。

 まあ、こちらとしては願ったり叶ったりな展開な訳で、この憐れな人民どもの滑稽なダンスを利用して、チャイナフリーを益々進めていく事にしましょう。

 バカとハサミは使いようとは、昔の人は本当に上手く言ったものだと思う今日この頃です。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

日本人が知らない中国人の本性 (徳間文庫)
黄 文雄
徳間書店
売り上げランキング: 90142
おすすめ度の平均: 5.0
5 卑しき隣人の正体

崩壊する中国逃げ遅れる日本―北京五輪後に始まる戦慄のシナリオ
宮崎 正弘
ベストセラーズ
売り上げランキング: 5181
おすすめ度の平均: 4.5
4 想定される中国リスク


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
NTTCom“My”アフィリエイト


南京の真実

ブックマークに追加する

走る蛆虫
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

FREE TIBET

リレー後に“欽ちゃん劇場”大団円

 聖火リレーでは五輪にゆかりのある著名人らがコースを駆け抜けた。98年の長野五輪の閉会式で司会を務めたタレントの萩本欽一(66)は、走行中にビラが投げ込まれる妨害行為に見舞われ「笑顔とか幸せを考えていたけど、その空気に浸ることなく終わった」と複雑な表情。終了後に「これじゃ満足できない」と1人で“リレー”をやり直し、市民と触れ合った。走り終えた北京五輪の競泳代表・北島康介やマラソン女子代表・野口みずきらも終了後にホッとした表情を浮かべていた。

 懸念されたトラブルが欽ちゃんの目の前で起きた。午前8時45分ごろ、第10走者の欽ちゃんがJR長野駅前を通過中、2つのビラの束がコースに投げ込まれた。周囲の機動隊員が透明の盾を突き出して防御。その後、1人の男がリレーの列に侵入し、周辺の緊張が一気に高まった。県警はこの男を威力業務妨害の現行犯で逮捕した。

 前のランナーから笑顔で聖火を受け継ぎ、沿道に手を振る余裕も見せていたが、異物が投入されてからは表情が一気にこわばった。リレー後の記者会見で「横にいた警察官が“位置につけー!”って言って、一斉に横を向いて欽ちゃん走りになってるんだよ。オレだって欽ちゃん走りしてないのに…。その時に自分の笑顔がなくなってさ」と苦笑い。さらに「欽ちゃんのところで(妨害行為を)やんないでよ。ハッピーで終わりたいと思ってたのに」と憤った。

 長野駅前は、早朝からチベットの支援団体と中国人グループの衝突が多発していた“危険地域”。本人も「なんか殺伐としてて、この雰囲気で走るのはやだな~と思ってた」と異様な雰囲気を感じ取っていたようだ。会見で「トーチの重みは?」と聞かれ「気持ちのいい重みであればよかったけど、ちょっと違う重みが乗っかっちゃった。沿道のいろんな旗の重みがね…」と声を詰まらせる場面もあった。

 欽ちゃんにとって妨害行為よりも納得できなかったのが、沿道の人たちと触れ合えなかったこと。「長野のおばちゃんや子供とハイタッチするために来たのに」と悔しさをにじませた。

 しかし、“欽ちゃん劇場”はここからが本番。「これからもう1回街に出てハイタッチして帰ります」と、異例のリレーの“やり直し”を宣言。ユニホーム姿のまま会見場の前の国道19号に飛び出した。道を歩いていた市民は「えっ?なんで?」とビックリしていたが、さかんに「欽ちゃーん頑張れー!」とエールが飛んだ。

 欽ちゃんは本番の時とは表情を一変させ「やっと長野に来たって感じ。今が一番幸せだよ~。五輪バンザーイ!」と大きく両手を突き上げ笑顔。念願のハイタッチで声援に応えながら聖火リレーを締めくくった。

(2008年04月27日 スポーツニッポン)

 正直な話、たかがテレビ芸人風情になど最初から蚤の糞程も期待などしておらず、上っ面の作り笑顔で走って糞の糞みたいなコメントして終わりであろう事は予測出来ていた訳ですが、それを実際にやられると、そこはかとない嫌悪感というかそういう感情が沸々と湧いてきますね。

 聖火リレーに対する妨害行為に関しては、例えどんな大義名分があるにしても違法行為である事に間違いは無く、それをしないように呼び掛ける事、した事に対して「残念」というコメントを残す事、それ自体は理解出来るものではある訳ですが、何故そのような事が起こるか、起こったかの経緯も考えず、「欽ちゃんのところで(妨害行為を)やんないでよ」つーのは何なんだ。

 しかも、その理由が「ハッピーで終わりたいと思ってたのに」というのは何なんだ。

 あんな糞みたいな聖火リレーに一片の「ハッピー」も存在しない事など最初から分かっていた事で、だからこそ、多くの人はランナーに選ばれた人間に対して辞退を要求したり、善光寺がスタート地点となる事を辞退したりした訳ですよ。

 それらの声に耳を貸さず、チベットの惨状を分かった上で、それでも聖火ランナーを引き受けたという事は、それらの人々の怒り、怨嗟を一身に受ける事を覚悟するか、或いは、今尚チベットで非道な残虐行為を続けている中国共産党の連中に忠誠を誓ったという事。

 無論、たかがテレビ芸人風情とは言え、それなりの著名人ともなれば縦や横やらの付き合いから断りたくとも断れない事情なども当然ある事として、仕方のない部分もあるとして、極力、ランナー個人を責めるような事はやりたくないと思っていた訳ですが、これは余りにも、余りにも酷い。

 この聖火リレーの裏側で、どれだけのチベット人の血が流れているかを少しも考えていない、妨害行為をする人間が、それが違法行為だと知りながら、それでも妨害行為に出ている理由を僅かなりとも考えていない。

 一から十までテメーの事ばかりしか考えていない。

 偽善にも種類がある。

 テメーの行為が偽善である事を十分に理解しながら、それでも、何もしないよりかは遙かにマシとしてする偽善。

 もう一つは、テメーが目立つ為だけに、注目される為だけに、「いい人」と思われたいが為だけに、本当に救いを求める手を踏み躙りながら、目立つところでだけテメーをアピールする最悪の偽善。

 このテレビ芸人のソレは、疑いようもなく後者のソレであり、吐き気を催す程に気持ちの悪い、吐き出す反吐が止まらない類のソレ。

 コイツの他の聖火ランナーも、そんな類ばかり。

星野監督は冷静に第1走者務める

 長野の聖火リレー第1走者を務めた野球日本代表・星野仙一監督(61)は242メートルを走り終え、第2走者の陸上・末続慎吾につないだ。前日25日夕には出発地付近で、聖火リレーを抗議する内容の文書を所持している男が銃刀法違反の容疑で逮捕されたが、混乱はなかった。

 「トップランナーで気持ちよかった。公道に出たらずっと坂道だったので大丈夫かなと思ったんですが、何とかなりました。走る前から(妨害行動は)何もないと思っていたし、すんなりと走れて、冷静でしたよ」

 途中、沿道で声援を送ってくれていた明大時代の知人夫婦に気付き、手を上げるシーンも。「あとは北京で頑張るだけです」と大きな期待が懸かる8月の北京五輪での金メダルに集中していく。

 ただタレントの萩本欽一に紙束が投げられ、卓球の福原愛には台湾籍の男が乱入するなど妨害行動があったことには困惑。「愛ちゃんには“男性が言い寄ってくる年齢になったんだよ”とジョークを言って慰めたつもりだったんだけど、かなり青ざめていたし、怖がっていたね」と残念がっていた。

(2008年04月27日 スポーツニッポン)

 他人の、それも事件の当事者と言っても過言では無い人間の必死な行動を茶化し、嘲り嗤うその神経(※乱入した台湾籍の男性は、チベット2世)。

 各国のランナーの辞退が相次ぐ中、日本のランナーから辞退する者が出ないのは恥ずかしいという声があった訳ですが、これはそれ以前の問題、こんな糞の糞にも劣る連中が国の代表として選ばれていた事、それ自体が既に国辱であったというべき事態だと言えるでしょう。

 コイツらは、選出された責任感から走っていた訳でも、政治とスポーツは混同させるべきでは無いなどという信念を掲げていた訳でも何でも無く、ただ、無自覚で無責任で、目立つ事とスポンサーとの関係、要するにカネの為に薄笑いでトーチを掲げて走った人間のクズ。

 それ以上でも以下でも無い。

 残念、無念を通り越して、悲惨としか言い様が無いですね。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

中国はいかにチベットを侵略したか
マイケル ダナム
講談社インターナショナル
売り上げランキング: 93
おすすめ度の平均: 4.5
5 チベット問題に関心を持つすべての人に
4 チベット民族の悲劇
5 このような侵略を誰が止めるのか
5 中国に侵略されたチベットの実態を直視
4 これが中国の正体である

囚われのチベットの少女
フィリップ ブルサール ダニエル ラン
トランスビュー
売り上げランキング: 2697
おすすめ度の平均: 5.0
5 オリンピック年のチベット蜂起を機に
5 中国は、紛れも無い現在進行形の侵略国家
5 チベットの現実
5 悲しいが・・・
4 チベットの大地へ


PR情報
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。65種類以上の機能を標準搭載。
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び


南京の真実

ブックマークに追加する

怪奇!蝙蝠男
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

FREE TIBET

IOC会長、中国への非難中止を要求 発展には時間が必要

【4月27日 AFP】国際オリンピック委員会(International Olympic Committee、IOC)のジャック・ロゲ(Jacques Rogge)会長(65)は欧米諸国に対し、北京五輪を控える中国への人権問題を振りかざした非難を中止するよう呼びかけた。26日の英経済紙フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)が伝えた。

 ロゲ会長は同紙のインタビューで、「われわれには、中国に時間を与える義務がある」と語った。

 会長は、「西欧社会が現在に至るまでフランス革命から200年を要した。中国は1949年に建国したばかり」と指摘し、西欧諸国の強い思いはよく理解できるものの、中国に急激な変化を期待するのはいかがなものかと述べた。

 さらにロゲ会長は、英国、フランス、出身国ベルギー、ポルトガルを例に取り、1949年当時共通して「植民地保有国として問題を抱えていた」との認識を示し、「ようやく植民地の独立を承認したのは40年前。もう少し謙虚な立場を取るべきでは」との見方を示した。


 ロゲ会長は「五輪が中国の社会の発展に貢献すると常々考えてきた。中国もそれを認めるだろう」と語り、北京五輪が「中国の門戸を開放する」役割を担うとの国際オリンピック委員会の立場をあらためて示した。

 チベット問題についてロゲ会長は、「北京五輪が無ければこの問題は新聞の一面ではなく4-5ページ目に掲載されたのではないか」と述べた。

 これまで果たした役割についてロゲ会長は、「国際オリンピック委員会は既に(中国社会の発展に)一定の成果を収めたが、各国首脳が我々よりも大きな役割を果たしたかについては疑問だ」と評価した。(c)AFP

(2008年04月27日 AFP)

 まあ、度々の発言から分かっていた事ではありますが、このエ・ロゲ会長、やはり、中々どころか凄まじいまでにアタマのカワイソウな御仁ですね。

 まず、第一に、このエ・ロゲ会長は、チュウゴクの建国を「1949年」と定めている訳ですが、その当時、チベットは未だ独立国だった訳なのですが、この矛盾をどう説明するのでしょうね。

 既にチャンコロが派兵していた事から、国内問題、内戦などと言う苦しい言い訳でもするのかな。

 しかし、それだと、その後に続けている文句、「植民地保有国として問題を抱えていた」「ようやく植民地の独立を承認したのは40年前。もう少し謙虚な立場を取るべきでは」という文句との整合性が苦しくなりますわな。

 この問題において、欧米の過去の植民地主義云々を持ち出した以上、少なくとも、今の支那とチベットとの関係が宗主国と植民地という関係とイコール、少なくとも類似したものであるという認識を示したという事な訳で、それなのに国内問題、内戦扱いというのは、流石に屁理屈としもおかしいですよねえ、エ・ロゲ会長。

 総合して、必死に、顔を真っ赤にして支那畜を庇おうとしているのは理解出来る訳ですが、それが出来ていないどころか、支那畜どもの触れられたくない部分にグリグリと塩を塗り込んでいる結果になっているのが、オモシロ過ぎて嗤いが止まらないですよ。

 掩護射撃のつもりが、友軍を狙撃してしまった、という感じですかね。

 ついでに、このエ・ロゲ会長のコメントって、支那畜を狙撃すると同時に、挙げられている英・仏・白・葡などの欧米諸国も良い感じで挑発してますね。

 蝙蝠の話を思い出した。

 そして、第二に、「植民地保有国として問題を抱えていた」「ようやく植民地の独立を承認したのは40年前。もう少し謙虚な立場を取るべきでは」という点にもう少し深く突っ込みを入れたい訳ですが、「昔は他の奴、国もやっていた事」で、今リアルタイムで行われている事が免罪されるなんて事、ある訳が無いだろうが、と。

 その理屈が罷り通るならば、ほぼ全ての人類の罪や罰が免罪、減刑される事になりますわな。

 ある行為が悪徳であると認識され、規制が設けられ、罰則が設けられる、というのが基本的な流れな訳ですから。

 そして、そうならない、そしない為には、全ての法に遡及的な効果を設ける必要性が生じてきます。

 そんな事してどうなるのか、何になるのか、少しは考えた方がいいですな、エ・ロゲ会長殿は。

 ま、必死になればなる程、何故かこちらが有利になっていくので、勝手にしてて貰っても結構ではある訳ですけどね。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

中国はいかにチベットを侵略したか
マイケル ダナム
講談社インターナショナル
売り上げランキング: 84
おすすめ度の平均: 4.5
5 チベット問題に関心を持つすべての人に
4 チベット民族の悲劇
5 このような侵略を誰が止めるのか
5 中国に侵略されたチベットの実態を直視
4 これが中国の正体である

選手も観客も命がけの北京五輪 オリンピックどころじゃない中国の真実! (別冊宝島 1508 ノンフィクション) (別冊宝島 1508 ノンフィクション)

宝島社
売り上げランキング: 1431
おすすめ度の平均: 4.5
5 タイトルが全てを語っています
5 もっとひどい
5 ひとまず、知識として
3 ウソじゃないのかもしれないけど・・・
4 凄い真実!!凄すぎて信じられない


PR情報
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー


南京の真実

ブックマークに追加する

Full Metal Jacket in Japan
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

企業の55%、心の健康すぐれぬ社員「増加」・民間調査

 民間調査機関の労務行政研究所(東京・港)は25日、企業のメンタルヘルスに関する調査をまとめた。心の健康状態を崩している「メンタルヘルス不調者」がここ3年間で「増加している」と回答した企業は55.2%に上り、3年前の前回調査(52.0%)を上回った。同研究所は「人手不足感が強まって長時間労働が慢性化しているため」とみている。

 増加が目立つ世代を聞いたところ、「30代」(51.9%)が最も多く、「20代」(41.2%)が続いた。「40代」は19.1%、「50代」は0.8%にとどまった。若手社員の精神的な負担が重くなっている実態が明らかになった。

 1カ月以上休職している従業員がいると回答した企業は62.7%に上り、人数は1社あたり平均9.5人となった。

(2008年04月25日 日経新聞)

 何とも嫌な世の中ですね。

 フリーターや派遣などのワーキングプアが問題となっている訳ですが、それ以外の層、要するに正社員は正社員で、こういう何とも言えない状態にある、と。

 労務行政研究所は、この原因を長時間労働の慢性化に求めているようですが、もう少し突っ込んで言うと、その長時間労働が給与に反映されない、長時間労働するか否かを判断する権限が自分に無い、というのもあるでしょうね。

 真面目な話、自分で決断して残業して、それが給与にきちんと反映されているのであれば、ある程度までの長時間労働は、それ程までの苦では無いですから。

 会社が会社の都合で人員を減らし、その埋め合わせに長時間労働を余儀なくされ、挙げ句に「サービス残業」などと銘打たれて殆ど給与に反映されないと来れば、そりゃ誰だって心を病むわ、という話ですわな。

 で、今年の3月から施行された「労働契約法」によって、この狂った状況を無理矢理に「合法」とされてしまったと来れば、鬱になって休職するのは、当然の自己防衛反応が働いた結果だとすら言えますね。

 ただし、そうやって長期休養に入る人間が増えるという事は、当然、残った従業員の負担が増えるという事とイコールな訳で、頑張る人間ほど、より追い詰められて精神を病んでいくという負のスパイラルになっていく、と。

 これで、例の「ホワイトカラー・エグゼンプション」が成立し、無給残業が完全に合法化した暁には、精神を患う人間がどれ程までに増えるでしょうね。

 年間3万人の自殺者が、5万人の大台に乗る日も遠くないような気がしてきます。

 カイカクの合い言葉は、「頑張った人間が報われる社会」とかだった訳ですが、この現状を見れば、完全に「頑張った人間が殺される社会」ですね。

 或いは、「報い」とは「死」または「病」という事か。

 しかも、「労働契約法」と「ホワイトカラー・エグゼンプション」という2大悪法によって、その死も過労死では無く自己管理が出来ていないだけ、と切り捨てられる事になります。

 「逃げる奴は奴隷だ。逃げない奴はよく訓練された奴隷だ」という感じですな。

 いや、美しい国だね、「お国の為に死ね」どころか、「会社の為に死ね」が「合法」として罷り通るなんて、これはもう、一種の倒錯美の世界ですよ。

 もういい加減、雇い手側の一方的な買手市場の状況下で成果主義なんつーものを取り入れるのが如何に危険な事なのか、如何に狂った社会を作り出すものなのか、気付く必要があります。

 と言うかね、「成果主義」などという如何にも資本主義的な合い言葉の下、恰も共産主義社会のような悪平等な社会が作られている現実に、いい加減に気付けよ、と。

 「競争社会」だなんて言ってるけど、よく見れば、競争しているのは一部の上流層だけで、それ以下の「人民」はワケワカンネー悪法の下、競争する気力さえも奪われて日々を過ごしているという、何処かの大帝国の崩壊寸前の時の状況と酷似しているのは明白だろうに。

 違いは、上流層が共産党員か資本家か、という程度。

 この「労働契約法」と「ホワイトカラー・エグゼンプション」、そして、前回のエントリーで触れた「ネット規制法」に「人権擁護法案」、それと「共謀罪」。

 基地外自公政権は尤もらしい理屈をこじつけているものの、全てが全て、共産主義やファシズムのような警察国家的、悪平等国家的な流れの上にあるものな事は、サイコロ大の脳があれば理解出来るだろう、と。

 この狂った流れに終止符を打ちましょう、泣いたり笑ったり出来なくなるその前に。

 カイカクの先にあるモノは、死と尊厳無き屈従だけです。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 23961
おすすめ度の平均: 4.5
5 これからの選挙のいやな予感
5 恐怖の改革。破滅へのファイナルカウントダウン?
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!

ラテン・アメリカは警告する―「構造改革」日本の未来 (シリーズ「失われた10年」を超えて―ラテン・アメリカの教訓)

新評論
売り上げランキング: 97265
おすすめ度の平均: 4.5
4 ラテンアメリカから学べ
5 トリクル・ダウン(雨水が大地に滴り落ちる)?


PR情報
あなたの街のアルバイト・パート情報 見つけるなら【anエリア】☆
NTTコミュニケーションズの無線LANサービス「ホットスポット」


南京の真実

ブックマークに追加する