FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ → 2011年11月03日

暗い未来
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

TPP参加で「自由診療」普及 金持ち用病院登場する可能性も

 政治家だけでなく、経済学者の間でも意見がまっぷたつに分かれているTPP。関税廃止による農業への影響はよく語られるが、もうひとつ医療への影響も大きいとの予測がある。

 TPPはモノだけでなく、「ヒト、サービス」も自由に行き来できるように、各国で統一のルールを整える。なかでも医療が大きく変わりそうだ。

 日本の医療は皆保険制度。国民全員が保険料を国に納め、国が平等に医療を受けられるように保障する。このため、医師が自由に料金を設定できる「自由診療」は、先進医療や美容手術などの場合を除き、厳しく制限されている。

 しかし、これは日本独自のシステム。アメリカなどではその「自由診療」が主流だ。TPPに参加すると、各国の診療体系が同一化されるため、日本もまた「自由診療」が普及する公算が大きい。

 現在の国民皆保険制度のもとでは、治療費は国が定める範囲でしか決められないので、腕のいい医師が治療しても、腕の悪い医師が治療しても、基本的には同じ料金しかかからない。いい換えれば、腕のいい医師はあまり儲けられないシステムになっている。そのため、スーパードクターといわれる医師が、海外に流出する弊害がある。ジャーナリストの山田厚史さんはこう予測する。

「TPPが導入されると、医療の自由競争が進み、営利のために病院を経営する株式会社の参入が拡大、医師はたくさん稼ごうと思えば稼げる環境になります。これまで国内で治療できなかった難病を治せる医師が登場するかもしれません」

 しかし、「自由診療」の普及は、医療格差を広げるという。

「自由診療ばかりを扱い、保険での診療を極力避ける病院が増える可能性があります」(山田さん)

 つまり、お金のある人は医療を受けられるけれど、お金のない人は医療を受けられない病院がでてくる可能性があるのだ。また、保険での診療を扱っている病院には患者が集中する。疲弊した医師たちが自由診療を希望するようになれば、医師不足にも拍車がかかることになってしまう。こうした点から、日本医師会はTPPに猛反対している。

(2011年11月02日 NEWSポストセブン)

 まあ、言うまでも無く、これが実現すれば日本の医療は死を迎える事になるだろう。

 何しろ、手本とされようとしている、いやさ、押し付けられようとしているダメリカの医療制度が、既に死亡した後炎天下に晒され続け、腐臭をぷんぷんさせているような状態。

 記事中に、「医療の自由競争が進み、営利のために病院を経営する株式会社の参入が拡大、医師はたくさん稼ごうと思えば稼げる環境になります。これまで国内で治療できなかった難病を治せる医師が登場するかもしれません」とあるが、確かに、マンガのスーパードクターの如く腕が立ち、神懸ったオペをするような医師も存在はする。

 ただし、そんな医師の診療なり手術なりを受けられるのは、一部の、ほんのごくごく一部の富裕層のみであり、全ての人がその恩恵にあずかれる訳では無い。

 代わりと言っては何だが、その弊害として、中流より下の人間は、今のレベル、平均的なレベルの医師による診療、手術を受ける事さえ難しくなる。

 記事にもあるように、「自由診療ばかりを扱い、保険での診療を極力避ける病院が増える」「保険での診療を扱っている病院には患者が集中する。疲弊した医師たちが自由診療を希望するようになれば、医師不足にも拍車がかかる」からだ。

 実際、ダメリカの医療現場は、完全な儲け主義に走っており、持たざる者、貧しき者は死ね、と言わんばかりの凄まじい世紀末感で溢れている。

 例えば、ダメリカでは盲腸の手術をするだけで、約150万円以上の費用がかかる。

 クソ高い分、サービスでもいいのかと言えばそうでもなく、平均入院日数も、日本の1週間から10日に対して、たったの2~3日となっている。

 国民皆保険制度など無く、自由診療が罷り通っているダメリカでは、民間の保険害社が医療保険を一手に担っている訳だが、当然のように儲け主義の保険害社の鬼畜さん達は、3日目からは入院費を鐚一文払わないからだ。

 金を持っていない者は、腹を切ってから2~3日で、傷も塞がってないのに病院を放り出す。

 まさしく、弱者は死ね、と言わんばかりの社会。

 日本の医療制度が完璧だとまでは言わない。

 抱えている問題も多数あるし、それらを解決する為の努力も必要だろう。

 しかし、ダメリカの医療制度、持てる者だけを救い、持たざる者、弱者、貧者を足蹴にして唾を吐きかける鬼畜のような医療制度に比べれば、遙かに人間的であると思う。

 その人間性を捨て去り、ダメリカと同じ修羅道に引き込もうとするTPP。

 「人間」で在りたいと思うならば、意地でも反対し続けなければならない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

米国医療崩壊の構図―ジャック・モーガンを殺したのは誰か?
レジナ・E. ヘルツリンガー
一灯舎
売り上げランキング: 432612

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
堤 未果
岩波書店
売り上げランキング: 1716


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する