FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ → 2011年11月11日

殺人忌業
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

過労死:労災認定企業名の開示を命令 大阪地裁

 従業員が過労死などで労災認定された企業名を不開示とした大阪労働局の決定は違法として、「全国過労死を考える家族の会」代表の寺西笑子さん(62)が決定の取り消しを求めた訴訟で、大阪地裁(田中健治裁判長)は10日、不開示の取り消しを命じる判決を言い渡した。弁護団によると、労災認定を巡って企業名の開示を命じた判決は初めて。

 原告側は09年、大阪労働局に02~08年度の労災補償給付の支給決定年月日と企業名の開示を求めた。労働局は決定年月日を開示したほか、職種や疾患名などの一部の情報を任意開示したが、企業名は個人情報の特定につながるとして、不開示としていた。

 判決は企業名を公表したとしても「一般人が他の情報と照合しても、企業名から特定の個人を識別するのは不可能」として、情報公開法の不開示情報に当たらないと指摘。不開示は違法と判断した。

 国側は「企業名が開示されれば社会的評価が低下する」と主張したが、判決は「取引先の信用を失ったり、就職を敬遠されたりする恐れは可能性に過ぎない」と退けた。

 判決は、労働局の資料に企業名の記載欄がなかった04年度以外を開示対象とした。

 大阪労働局は「今後の対応については、判決内容を検討し、関係機関とも協議して判断したい」としている。
 ◇49歳で自殺…飲食店店長、ノルマに追われ

 寺西さんの夫は96年、49歳で自殺した。夫は飲食店店長で、人手不足の中で厳しいノルマに追われた末の過労死だった。寺西さんは夫の死後に労災申請し、01年に認定を受けた。夫の勤務先に損害賠償を求めた1審で勝訴し、控訴審で和解。社長が寺西さんに謝罪した。

 寺西さんは過労死で家族を亡くした人の支援を始め、一つの企業で複数の過労死が起きている実態を聞いたという。寺西さんは判決後の会見で「企業名の公表で、企業が本気で過労死などの防止策を考える流れを作りたい。こうした企業の実態を知らずに就職する人が多く、企業名は公表されるべきだ」と指摘した。【苅田伸宏】

(2011年11月11日 毎日新聞)

 労働局側は「企業名が開示されれば社会的評価が低下する」などと言っている訳だけれど、むしろ、懲罰的な意味も込め、そうなるように開示すべきなんじゃあなかろうか。

 企業の権利も守らねばならない、という理屈も理解は出来るが、単に悪さをしでかした程度ではなく、人を死に追いやった訳で、意図的でなかったにしても過失致死、意図的に、死ぬ可能性がある事も分かっていながら滅茶苦茶な労働をさせたのであれば、殺人だ。

 それだけの事をしておいて、名前が公表されないなど、おかしいとしか言えない。

 そういう企業が社会的評価を落し、取引先から敬遠され、求職者から忌諱されるようになるのは、むしろ、社会正義の実現と言える。

 また、そうなれば、従業員に滅茶苦茶な労働を要求する気狂い経営者も多少は自粛するようになり、一石二鳥だと言える。

 従業員を過労死させた忌業の名前は、積極的に公開していくべきだ。

 それが社会の為だし、労働者の為だし、気狂い経営者の気狂い忌業の駆逐に繋がり、まともな企業の為にもなる。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

働きすぎに斃れて――過労死・過労自殺の語る労働史
熊沢 誠
岩波書店
売り上げランキング: 152126

過労死・過労自殺大国ニッポン―人間の尊厳を求めて
川人 博
編書房
売り上げランキング: 128050


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する