FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ → 2011年11月29日

Bois de Justice Ⅱ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 さっきのエントリーの補足。

正義とは実は簡単なことなのです。

困っている人を助けること。

ひもじい思いをしている人に、パンの一切れを差し出す行為を「正義」と呼ぶのです。

ほんとうの正義というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そして、そのためにかならず自分も深く傷つくものです。

そしてそういう捨身、献身の心なくしては正義は行えませんし、また、私たちが現在、ほんとうに困っていることといえば物価高や、公害、飢えということで、正義の超人はそのためにこそ、たたかわねばならないのです。

あんぱんまんは、やけこげだらけのボロボロの、こげ茶色のマントを着て、ひっそりと、はずかしそうに登場します。

自分を食べさせることによって、飢える人を救います。

それでも顔は、気楽そうに笑っているのです。

さて、こんな、あんぱんまんを子どもたちは、好きになってくれるでしょうか。

それとも、やはり、テレビの人気者のほうがいいですか。

 アンパンマンの原作者のやなせたかしさんの言葉。

 困っている人にパンを差し出すのでは無く、困っている人達を「パンが無いのはあいつらの所為だ」と煽り、その対象を民衆の前で公開処刑する事によって拍手喝采を得る。

 そういう手法を「正義」だなんて認めちゃいけない。

 まして、連中の振う「正義の柱」に狂喜する事なんて、絶対にあっちゃならない。

 市役所の役人なんて、多少は収入が良くても、所詮は中層民、一般市民レベルの人間であり、彼らが物価高や公害、飢えの原因になる事などあり得ない。

 むしろ、そういったものの被害者となる立場に過ぎない。

 本当に物価高や公害、飢えの原因となっている連中から好意的な目を向けられ、そうでない人間を悪と断じ、民衆のルサンチマンを煽り、公開処刑を行う正義なんて絶対に認めない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。


アンパンマン大図鑑―公式キャラクター2000
やなせ たかし トムスエンタテインメント キョクイチ=
フレーベル館
売り上げランキング: 1146


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する

Bois de Justice
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

シロアリと呼ばれた市職員たち… 落城ムード広がる中之島・大阪市役所

 27日投開票の大阪市長選で、現職の平松邦夫氏(63)が落選し、前大阪府知事の橋下徹氏(42)が当選してから一夜明けた28日、大阪市北区中之島にある大阪市役所では、現職市長の落選だけでなく「市役所をぶっつぶす」と公言してきた橋下氏が大量得票で当選したことで、一気に“落城”ムードが広がっている。これまで橋下氏の姿勢に激しく反発してきた市幹部たちも「変化を望む民意が出たということ」とあきらめの表情だ。

 28日午前に開かれた定例の幹部会では、さっそく新市長の受け入れが議題に。議会日程や所信表明演説、予算編成に向けて橋下氏サイドと調整する必要があることなどが確認された。ある市幹部は「スムーズに業務が行えるよう、新市長の意向を聞きながら準備をする必要がある」と話した。

 橋下氏はこれまで、市職員を「市役所は税金をむさぼり食うシロアリ」などと批判。前夜の記者会見でも「民意を無視する職員は去ってもらう」と自主退職を求める発言もしていた。

 ある市幹部は「シロアリといわれたことは気分が悪いが、時々の市長に務めるのが公務員の役目。平松さんに従ったように、橋下市政になれば、橋下さんの指示に従う」とコメント。

 方針転換となる「市営地下鉄・バスの完全民営化」を突きつけられる交通局の幹部は「当然、検討を進める。まずは新市長に具体的な手順や方向性を聞くことがスタートになる」と語った。また、大阪府域内の消防を統合する「大阪消防庁」構想の対象となる消防局職員は「具体的なイメージがまだ示されていないが、やるべきことを粛々とやるだけ」と話した。

 市役所に出勤する職員の声はさまざまだ。橋下氏に期待しているという男性職員(44)は「日本で大阪がリーダーとして力を発揮できるようになれば」と前向き。区役所勤務の男性職員(52)も「シロアリという言葉をそのまま受け止めず、変わらないといけないというメッセージと思うようにする」とした。

 一方で「破産会社と呼んだ府庁を退任時に優良会社と評したように、市役所でも最初は激しく批判し、最後は職員をほめて自分の成果だといって出ていく戦術なのでしょう」という冷ややかな声も。複雑な心中からか、登庁する職員に声をかけても「仕方ないので…」などと手短かに答え、足早に立ち去る職員も少なくなかった。

(2011年11月28日 産経新聞)

 何が恐ろしいって、橋下自体の緊縮財政志向を中心とした政治手法も然る事ながら、それ以上に、その対価として橋下が民衆に与えようとしているサーカス、中世ヨーロッパ的な野蛮で残虐な公開処刑。

 そして、それを待ち望み、歓喜の声を上げている狂人どもの存在だね。

 ギロチンの前に集まり、他人の首が飛ぶ事に狂喜していた欧州の野蛮塵どもと正に同レベル。

 怖気がする。

 吐き気をもよおす。

 確かに、「シロアリ」のように、寄生して無駄飯を喰らっているだけの公務員も多少は存在しているし、その者達を何とかしたいと考えるのも理解出来る訳ではあるが、その為の手法に、権力という名の刃で、相手の言い分の一つも聞かず、無慈悲に蹴散らす、それも大々的に民衆の前で、という手法を大喜びで見物する、というその神経が、本当に恐ろしい。

 その為に、そうでは無い普通の、数多くの公務員が巻き添えを食う事も厭わない。

 むしろ、魔女裁判的に一方的に全ての公務員を「シロアリ」「悪」であると断じ、「正義の柱」で処刑する事を渇望する。

 「正義の柱」に裁かれる人数は、多ければ多い程良い、と。

 ルサンチマンというのは、ここまで人間を野蛮に、残虐に、無慈悲に変えるのか、と。

 この人達はきっと、一方的な魔女裁判によって、自分達が「シロアリ」「悪」と断じられ、「正義の柱」に首を添えられ、熱狂する民衆の前で処刑されるその日まで、自分達の愚かさ、惨めさ、くだらなさに気付かないのだろう。

 人の心を失った修羅と化していた事に気付かないのだろう。

 願わくば、これ以上、この手の狂人が日本に増殖しないで欲しい。

 狂乱の先に安寧も平穏も幸福も何も存在しない。

 あるのは、破壊と絶望くらいのものだから。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

橋下「大阪改革」の正体
一ノ宮 美成 グループ・K21
講談社
売り上げランキング: 23769



PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー


南京の真実

ブックマークに追加する