FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ医療崩壊 → 自公政権の見事な成果と素晴らしき展望(鬱苦死忌国へ)

自公政権の見事な成果と素晴らしき展望(鬱苦死忌国へ)
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 99年の自自公連立発足以来、凄まじい勢いで破滅への道を国民に歩ませている我が国の基地外政府な訳ですが、その素晴らしい成果が、改めて明らかになった模様です。
<自殺対策白書>16年までに20%以上減少の目標掲げる

 政府は9日午前の閣議で、07年版自殺対策白書を決定した。警察庁や総務省によるインターネット上の自殺予告への対応や、多重債務者・失業者向け相談窓口の充実など自殺予防につながる46の重点施策を盛り込み、人口10万人当たりの自殺者数を05年の24.2人から16年までに20%以上減少するとの目標を掲げた。

 白書は06年に成立した自殺対策基本法に基づき、初めて作成された。警察庁によると、国内の自殺者数は98年に初めて3万人を突破、06年の3万2155人まで9年連続で3万人台で推移している。

 06年の自殺者のうち47.9%が無職。次いで被雇用者25.4%、自営業者11.1%と続いている。動機は健康問題が47.9%で最も多く、経済・生活問題21.7%、家庭問題9.2%なども目立っている。

 また白書は、悩みを抱えた若者に保健医療機関が積極的にかかわっている英国政府の事例や、国内の民間団体の活動などを紹介。父親を自殺で亡くした遺族の声も掲載した。

(2007年11月09日 毎日新聞)

 阿呆の自民信者は、「白書を閣議決定したのだから、きちんと仕事をしている。反対だけのミンスよりマシ」とお決まりの台詞を吐いて嗤わせてくれるのでしょうが、まず、こちらを御覧下さい。
自殺者数の年度推移

 自殺者数の年度推移の表な訳ですが、一目すれば理解出来るように、自殺者数の激増はここ2~3年に始まった話では無く、以前からずっと言われていた事な訳です。

 それも、年々微増していった訳では無く、98年に一気に増えています。

 常識的に考えれば、97年の24391人から98年の32863人に跳ね上がったところで然るべき対策、例えば、昨年制定された「自殺対策基本法」のようなものを制定し、その次の年度には、こういう対策白書を作っていなければおかしいと言えます。

 そこまで早急では無く、1~2年様子を見たとしても、01年頃にはそういう動きを始めているのがまともな行政府というものであり、今頃になってようやく、のこのこと明らかに面倒臭げに動き出した事自体、政権担当能力皆無の無能政権の証左だと言えるでしょう。

 しかしまあ、対策に乗り出した事は乗り出した訳ですが、ここで、自殺者の自殺動機、要因を見直してみる事にしましょう。
原因・動機別 自殺者数

 健康問題が41%、経済・生活問題が29%とあります。

 そして、腐れ盆暗政府の今の政策を思い返してみましょう。

 健康問題に関わる医療政策においては、連日、その予算を削減するべく医療従事者を血祭りにあげ、社会保障全般においても徹底的に縮小の方向を目指し、経済・生活問題に関しても、未だに基地外染みたデフレ政策を続け、定率減税は廃止し、その上に消費税の増税の相談まで進めています。

 ま、今更驚く程の事でもありませんが、対策を講じると言いながら、その主たる原因を解決させるのとは真逆の政策ばかりを採っているという事です。

 本気で解決させる気が無い事が丸分かりですね。

 この馬鹿どもに、これ以上政権運営を続けさせれば、年間3万人の自殺者が4万人の大台に乗るのも時間の問題だと言えるでしょう。

 と言うかそもそも、経済のパイを縮小させる悪魔のデフレ政策を続け、社会保障を削減し、医療機関への予算配分も削減し、この馬鹿どもはどうやって「自殺対策」をするつもりなのでしょう。

 まさか、こんな碌でもないモノを多用して、「対策シテヲリマス」などと寝惚けた事をぬかすつもりではないとは思いますが。
抗うつ剤:自殺増加 シェア25%「パキシル」副作用の疑い--厚労省「適正使用を」

気分障害患者数とパキシル推計売り上げ
◇05年度11件、06年度15件


 抗うつ剤「パキシル」(一般名・塩酸パロキセチン水和物)の副作用が疑われる自殺者が05、06年度と2年連続で2ケタに増えたことが厚生労働省などの調べで分かった。パキシルはうつ病やパニック障害などに有効だが、若い人を中心に自殺行動を高めるケースがあり、添付文書にはすでに警告や注意が明記されている。厚労省は医療関係者に「患者の状態の変化をよく観察し、薬の減量など適切な処置を」と呼びかけている。【玉木達也】

 パキシルは世界で発売され、国内では00年11月から販売。製造・販売元の製薬会社「グラクソ・スミスクライン」によると、推計売り上げは01年は約120億円で、年々増え06年は約560億円。推定物流ベースでは抗うつ剤全体の約25%を占め人気が高いという。一方、厚労省の患者調査では、うつ病などの気分障害も増加傾向で、96年の43万3000人に対し、05年は倍以上の92万4000人に上っている。

 厚労省と独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」によると、同機構への報告が義務化された04年度以降、パキシルの副作用と疑われる症例のうち、自殺をした「自殺既遂」は04年度が1件だったが、05年度は11件、06年度は15件と増加。自殺行動が表れた「自殺企図」も04、05年度の各2件に対し、06年度は24件に増えた。いずれも03年度以前は1ケタとみられ、06年度は厚労省が5月末現在でまとめた。

 増加の原因について、医療関係者によると、処方される患者が増える中、医師が投与後、経過を十分に観察していないことなどが考えられるという。

 一方、同社は「患者が勝手に服用をやめると、病状が悪化する恐れがあり、必ず医師に相談してほしい」と話している。

 ◇田島治・杏林大教授(精神保健学)の話

 パキシルはうつ病に有効で、自殺関連の副作用が表れるのもごく一部とみられる。ただ、投与後、最初の9日間は慎重に様子をみて注意が必要だ。また、うつ病を早く見つけ、治療するという流れにのって、軽いうつ状態にまで、すべて薬を投与するのは問題だ。特に若い人の場合、カウンセリングで治るケースも多く、慎重にすべきだ。

(2007年06月28日 毎日新聞)

 ちなみに、ここで挙げられているパキシルの取扱説明書には、思いっ切り「自殺の副作用」の危険性が書かれています。
【警告】海外で実施した7~18歳の大うつ病性障害患者を対象としたプラセボ対照試験において有効性が確認できなかったとの報告、また、自殺に関するリスクが増加するとの報告もあるので、本剤を18歳未満の大うつ病性障害患者に投与する際には適応を慎重に検討すること。(「効能・効果に関連する使用上の注意」、「慎重投与」、「重要な基本的注意」及び「小児等への投与」の項参照)

2.重要な基本的注意
(1)眠気、めまい等があらわれることがあるので、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には十分注
意させること。これらの症状は治療開始早期に多くみられている。
(2)うつ症状を呈する患者は希死念慮があり、自殺企図のおそれがあるので、このような患者は投与開始早期ならびに投与量を変更する際には患者の状態及び病態の変化を注意深く観察し、新たな自傷、気分変動、アカシジア/精神運動不穏等の情動不安定の発現、もしくはこれらの症状の増悪が観察された場合には、服薬量を増量せず、徐々に減量し、中止するなど適切な処置を行なうこと。
また、うつ病・うつ状態以外で本剤の適応となる精神疾患においても自殺企図のおそれがあり、さらに
うつ病・うつ状態を伴う場合もあるので、このような患者にも注意深く観察しながら投与すること。
(3)若年成人(特に大うつ病性障害患者)において、本剤投与中に自殺行動(自殺既遂、自殺企図)のリスクが高くなる可能性が報告されているため、これらの患者に投与する場合には注意深く観察すること。(「その他の注意」の項参照)
(4)自殺目的での過量服用を防ぐため、自殺傾向が認められる患者に処方する場合には、1回分の処方日数を最小限にとどめること。
(5)家族等に自殺念慮や自殺企図のリスク等について十分説明を行い、医師と緊密に連絡を取り合うよう指導すること。

(パキシル取扱説明書より)

 こんなモノで本格的に自殺対策に乗り出した日には、あっという間に自殺者数は鰻登りに増えていく事になるのでしょうね。

 健康問題や生活苦で自殺者数が増加している現状で、それらを悪化させる政策ばかりを採り続け、挙句には、自殺企図や自殺念慮の副作用がある抗うつ剤で自殺対策を図る。

 こんな正真正銘、筋金入りの銀河系最凶の基地外が、現在の自公政権という訳です。

 一刻も早く、この基地外どもを政権から引き摺り下ろす事。

 それが、我々が取るべき唯一の道です。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所 (2007/04/12)
売り上げランキング: 27457
おすすめ度の平均: 4.0
5 恐怖の改革。破滅へのファイナルカウントダウン?
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計

暴走するクスリ?―抗うつ剤と善意の陰謀
チャールズ・メダワー アニタ・ハードン 吉田 篤夫 浜 六郎 別府 宏圀
医薬ビジランスセンター (2005/12)
売り上げランキング: 162681
おすすめ度の平均: 5.0
5 隠され続けるクスリの情報


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
お得なポイント貯まる!ECナビ
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
米国からの年次改革要望、特亜からの根拠のない非難、
在日のふざけた権利要求これらを日本政府が毅然と排斥する事が、自殺防止の為の一番の解決策だと思います。

2007/11/10(土) | URL | Ve #-[ 編集]
米軍部とCIAが日本政府に、自衛隊を米国の意のままに対外派兵できる恒久法を制定するよう圧力をかけている
http://asyura2.com/07/war97/msg/860.html
2007/11/10(土) | URL | n #kzSLSZXc[ 編集]
それが出来れば、かなりの富の流出が止まりますからね。

ただまあ、それは勿論やらないと駄目なんですけど、それ以前の段階、まともな経済政策、経済規模にきちんと見合った医療・福祉政策を採るだけで、以前のラインくらいまでは引き下げ可能なんですけどね。

その程度の事も出来なければ、仰るような事も出来る訳無いですし。
2007/11/10(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
ま、それが自主防衛の力を持たない国の限界でしょうね。

日米同盟維持は良いとして、日米同盟依存症を脱却出来るだけの力を持たない限り、誰が政権を取っても同じ事が繰り返されるでしょう。
2007/11/10(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
今年の年次強迫命令書の通信分野で、他のキャリアーに参加させるといっていたが、他のキャリアーとは「ディズニー」のことを指していた。著作権を50年から70年に延期しろ、と言ってきている。これもディズニーが儲かるため。そして、日本人は知らずに「千葉(浦安)ディズニーランド」へ嬉々として行き、浪費して帰ってくる。オリエンタルランドの株主って何処だ?あんな所(財布、空になるまで「出ずに」らんど?)行きたくねーよ。
2007/11/11(日) | URL | n #kzSLSZXc[ 編集]
ええ、ニュース見ました。

しかし、分かり易い連中ですね。

まあ、タネを知っているから、そう思えるのかも知れませんが。
2007/11/11(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1000-1b4516e9
マル激トーク・オン・ディマンド 第326回(2007年06月29日) 5金スペシャル右翼も左翼も束になってかかってこい ゲスト:小林よしのり氏(漫画家)、萱野稔人氏(津田塾大学准教授) 無料放送中 PART1(96分) PART2(76分)  色々参考になるところがあったのですが、PAR
(1)学力調査の情報公開の現状平成18年7月30日の「東京新聞」によると、全国学力調査について、全市町村の約半数が調査結果の公表を予定していると回答した。平成18年5~6月の調査公表する  786市区町村(4
2007/11/11(日) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
 ||| ブットの警告「国民の不満爆発寸前」 |||ムシャラフ軍政独裁体制強化、英国記者3名を国外追放処分 民放テレビ放映禁止自宅軟禁最高裁判事との面会阻止 ブットの警告「パキスタン国民の不満爆発寸前」パキスタン・イスラマバード発 |反政府運動指導者ベナジール
2007/11/11(日) | 米流時評