FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ医療崩壊 → 加速する日本人弾圧計画

加速する日本人弾圧計画
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 基地外の基地外による基地外の為の基地外カイカクを実現させる為、目につく邪魔者を全て粛清する計画、所謂「日本版天安門」を日々押し進める基地外の総本山、自由民主党という名の基地外政党ですが、その邪魔者の一つ、医療機関従事者を粛清する為のプランを完成させ、発表した模様です。
低利用率ならば病床数削減…公立病院改革で総務省懇が指針

 地方自治体が設立した公立病院の経営改善策などを検討する総務省の「公立病院改革懇談会」(座長・長隆公認会計士)は12日、病床利用率が3年連続で70%未満の病院に対して病床数の削減や診療所への転換などを求めるガイドライン(指針)案をまとめた。

 過疎地の不採算病院などに対する抜本的な見直し策を自治体に求めるものだ。

 総務省によると、病床利用率が2006年度まで3年連続して70%未満の公立病院は全国968病院の約15%にあたる146病院となっている。経常赤字の病院数も、06年度は約4分の3近い721病院に達し、公立病院経営は悪化の傾向にある。

 指針案は、08年度中に各自治体が「改革プラン」を策定し、病床利用率や人件費比率の改善などを通じて、黒字化達成の道筋を示すことを求めている。

 都道府県は市町村と共同し、公立病院の統合やネットワーク化を進め、可能ならば、公立病院の民間譲渡も検討すべきだとしている。

 総務省は、指針案に対する自治体側の意見を聴取した後、同省の新たな財政支援策と合わせて、年内に各自治体に指針を通知することにしている。

(2007年11月12日 読売新聞)

 コスト、採算、効率化と、このような言葉が羅列されている様を見るだけで、この基地外どもが医療を、生命を、健康を、どのように捉え、考えているかという事が、非常によく分かります。

 まあ、だからこそ、アメ公どもの己の都合しか考えていない、まともに検査さえされていない医療役や医療機器を迅速に使えるようにしろ、などという狂った命令にも、躊躇する事無く二つ返事で応えている訳ですが。

 さて、この病床数削減の狙いですが、当然、銭の鬼どもの狙いは、補助金の削減です。

 何か、病床数を減らす事により、病院の経営が健全化するような書き方が為されている訳ですが、経営が苦しい病院から、更に補助金をカットしようとしている、という事です。

 当たり前の話ですが、この措置によって、公立病院の経営は更に苦しくなるでしょう。

 そして、その後に待ち受けているのは、「公立病院の民間譲渡」、要するに、郵便局のように大々的に大規模にでは無いものの、阿呆の一つ覚えの「民営化」という事です。

 基地外の考える事は、ある意味実にシンプルですね。

 大体、そもそも、何故に病院で空床が多くなっているのかと言えば、多くの医師が基地外政府の基地外染みた医療費削減政策から、労働に見合わないどころか生きるか死ぬかの労働環境を押し付けられ、それに耐えかねて逃げ出した結果、病床が空いていても入院患者を受け入れられないという状態が生じた為であり、誰の所為かと言えば、盆暗能無し基地外政府の所為以外の何物でもありません。

 要するに、朝日新聞なみの見事なマッチポンプという訳です。

 そして、今回のこの基地外染みたカイカクにより、医療機関の経営は更に、もう一段苦しくなる事となり、医師の賃金は更に下がっていき、それに伴って更に医師の人数は減少していき、減らした病床すらも埋まらなくなるか、或いは治療自体がお座なりとなるかの素晴らしく「鬱苦死忌国」な未来が待ち受けている事となります。

 現在でさえ、医師の数は呆れる程に少ないのに、更に減らして、その上で効率的にやれ、などと言われたら、そうする以外に道はありませんから。
【日医】少ない日本の医師数‐国際比較公表

 日本医師会は7日の定例記者会見で、医療提供体制の国際比較についての調査・分析結果を公表した。それによると、日本の経済力から判断すると、医師数は非常に少なく、1人当たりGDPが一定水準にある国の中で、1000人当たり医師数は日本が最下位だった。日医は、経済力にあった社会保障制度にするため、国へ医療資源確保の財源的手当てを検討することを求めた。

(2007年02月09日 薬事日報)

 結局のところ、「効率化」だの「コスト削減」というものは、「そういうもの」な訳であり、主に工業製品を扱うところならば、ある程度までは許容されるのかも知れませんが、何でもかんでもそういう概念を持ち込むという事は、社会の秩序を壊す事に他なりません。

 いや、工業製品にしても、松下やパロマなどの不祥事を見れば分かるように、やたらと低価格実現の為か何か知らないものの、効率化、コスト削減ばかりを声高に叫んで押し進めていけば、ああいう事が頻発する事にしか繋がらない訳です。

 モノを作るのに最低限これだけは掛かるというコストを無視し、効率化した、要するに人材を減らした状態で定められた納期までに完成させようと思うならば、そうするしか、有り体に言えば「手を抜く」以外に選択肢が残っていないからです。

 そんな狂った概念を、更に命や健康に直結する部分に近い分野、農業や医療に導入すればどういう結果に結びつくのか、もう一度よく考えるべきだと言えるでしょう。

 日本国民は、これらの政府による医師への弾圧、そして農家への弾圧は、回り回っての自分自身への弾圧に他ならないという事に、いい加減に気付かねばなりません。

 生命の根源となる食の部分を外国に、それも、狂牛病肉を検査するのが面倒臭いとかほざく馬鹿の国や、汚染された土壌と汚染された水で作物を育て、毎年100万人の奇形児を産み出している基地外の国に握られ、それらで何か問題が発生した時、それを診察して治療する医師がいないテラ鬱苦死忌国を、アメ公やユダ公、支那畜や財怪塵、それらのイヌである自民党の都合だけで作り上げられている事実を認識する必要があります。

 次はひょっとした自分の番、では無く、既に、生命の中核となる部分を破壊され、弾圧され始めている事を自覚する必要があります。

 自公に1票を投じる事は勿論、自公政権を容認する事、黙認する事、それ自体が、鋭利な刃物で己の肉体を切り刻む行為、己の首に縄を食い込ませていっている行為だという事に気付く必要があります。

 抵抗勢力と名付けられた人間達への弾圧・粛清、見せ掛けだけの保守的な言動は、全てが全て、須く、それらの痛みを紛らわす為の麻酔でしかありません。

 自公政権の狂った暴走を食い止める事こそが、唯一にして絶対の、救国の第一歩だと言えるでしょう。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実 (新書y 180)
本田 宏
洋泉社 (2007/09)
売り上げランキング: 1139
おすすめ度の平均: 4.5
5 医療崩壊抵抗の墓標
5 是非 専門店で手術を受けたい物です
3 「日本医師会」の犬なのか

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所 (2007/04/12)
売り上げランキング: 8284
おすすめ度の平均: 4.0
5 恐怖の改革。破滅へのファイナルカウントダウン?
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
リピーター続出!税理士からの即回答!インターネット税務相談
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
医療関連のカイカクをやるのに、トップに医者や病院経営者がいない集まりwww

浪人さんの従前の記事と合わせて読むと、連中の狙いが良く分かります。要するに、家畜の健康維持など手間を掛けてやっていられるかということですね。

ブロイラーを過密状態で育てるとストレスで病気に弱くなり、すぐに死んでしまうそうです。だから、気遣って放し飼いにするとは考えないようです。餌に精神安定剤や抗生物質を混ぜておくんですね。

今の糞与党のやり方を見ていると、そのうちに「プレヘルスケア」などと称して中国産食品にビタミンやカルシウムや抗生剤、合成抗菌剤を予め入れるとかやりそうで怖いです。

やはり民主に保守的政策を採るよう圧力をかけつつ(国民新党を利用)、自エンドを達成するしかないようです。

老婆心ながら、一連の医療カイカク糾弾記事を「ストップ医療カイカク」とか称するカテゴリーにまとめられたら良いかと…。
2007/11/13(火) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>>ろろ様
成る程、だから年次改革要望書で「薬を食品として認めろ」と言っているわけですね。栄養食品と偽って摂取させるわけですね。ああ恐ろしい。
2007/11/13(火) | URL | n #AimyFVvg[ 編集]
>要するに、家畜の健康維持など手間を掛けてやっていられるかということですね。

そういう事でしょうね。

基地外らしい発想です。

>そのうちに「プレヘルスケア」などと称して中国産食品にビタミンやカルシウムや抗生剤、合成抗菌剤を予め入れるとかやりそうで怖いです。

きっとやるでしょうね。

健康ブームとか、ダイエットブームとかは、その為のリサーチだったりするのかも…

>やはり民主に保守的政策を採るよう圧力をかけつつ(国民新党を利用)、自エンドを達成するしかないようです。

ですね。

>一連の医療カイカク糾弾記事を「ストップ医療カイカク」とか称するカテゴリーにまとめられたら良いかと…。

そうですね、後でちょっと纏めてみます。
2007/11/13(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1004-e91112b9
 その結果次第で最後の決戦が早まるのか、それとももっとあとになるのかが決まるだろう。福田にすればどちらにしろ剣が峰であることには変わりはない。 自公対民主、総力戦・大阪市長選、18日投開票【日経】  福田政権で初の政令指定都市の市長選となった大阪市長選が18日
 昨日(11/12)、関西テレビ(大阪、フジ系列)で、今年8月、奈良で起こった産科タライ回し事件を扱っていました。例によって、医療関係者の側を叩く一方的な報道だったので、ちょっとここで、振り返ってみることにします。病院「たらい回し」で流産 赤江「救急体制に不備
2007/11/13(火) | Dogma and prejudice
 ||| CIA内部でヒズボラのスパイが情報漏洩? |||ナディア・ナディム・プラウティ レバノン出身ヒズボラスパイ摘発CIAとFBIのエージェント歴任者が実はヒズボラの女スパイだった?米国時間 2007年11月13日 午後7時46分 | ニューズウィークコラム・サイト独占掲載13
2007/11/14(水) | 米流時評