或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ自エンド → 死の海と食糧問題

死の海と食糧問題
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 支那人という理性を持たない狂気の群が近現代の技術を手にして以来、急速に、大地は枯れ、水源は腐敗し、大気は汚染され、魔の属性を持つ生物のみが生息する事を許された魔大陸へと変貌していっている支那ですが、そんな魔大陸の実態が、また一つ、改めて浮き彫りとなった模様です。
汚水で渤海が「死の海」に 中国紙報道

「死の海」と化した渤海 中国の渤海に工場排水が流入、一部で魚が全滅し、既に「死の海」になっていると、中国紙、南方都市報がこのほど報じた。海洋専門家は渤海の環境回復には200年が必要だと指摘、さらにこのまま沿海地区開発が進めば、黄海などでも同様の事態が起きる可能性があると警告している。

 同紙によると、渤海に流れ込む53河川のうち、43河川の汚染が極めて深刻な上、沿岸の工場からも直接汚水が流入し、国内の海で渤海の汚染が最もひどいという。渤海の海水中の重金属含有量は正常レベルの2000倍を超え、一部の工場排水口から周囲数キロにわたって魚が全滅した。

 健康被害も懸念され、北京や天津の一部の飲食店では既に汚染海域の魚の購入を中止。しかし多くの地域では依然として汚染海域の魚介類が食卓に上っており、沿岸の村では兵役の身体検査で若者全員が汚染魚の影響とみられる肝臓肥大で不合格になったという。

 国家環境保護総局が行った山東省の河川調査では、隣接する河北省や河南省から流入する汚染物質が82%を占め、山東省当局者は「複数省にまたがる汚染」という特殊性が、問題解決を難しくしていると指摘している。

(2007年11月13日 産経新聞)

 通常の2000倍以上の重金属含有量、環境回復に要する時間は約200年。

 急速な工業化が進む中で、適正な処置を怠れば環境が破壊されるのは当然の事で、我が国も、英国や米国、その他「先進国」と呼ばれている国も全て、この汚染というものに悩み、闘ってきた訳ですが、真面目に、このレベルに突入したのは恐らく支那が初めてだろうと思います。

 完璧にでは無いものの、これらの国々の汚染が多少なりとも改善されていっており、少なくとも、公害病のような類のものは、ゼロとは言わないものの殆ど無くなって来ている訳ですが、それに200年どころか、その半分の100年すら掛かってはいないのですから、それが常識的な判断だと言えるでしょう。

 更に、今回の記事は渤海の事を報じている訳ですが、このまま行くと黄海などの他の水源でも、全く同じような状態となる可能性が高い訳です。

 それはつまり、常識的に考えて、黄海やその他の水源も、この渤海とかなり近い水準まで汚染されているという事であり、このまま放置を続ければ、これらの汚染が更に拡大し悪化するのは、時間の問題だと言えるでしょう。

 支那からの輸入食材と言えば、「安い、不味い、危険」の三拍子揃った伝説のテロ兵器「チュウゴク厭滓」が有名な訳ですが、海産物に関しても、かなりの量が輸入されています。
中国、海産物の生産高が世界35%のシェア

「2007海からの恵み」大会が5日、上海で開催され、世界最大の海産物・金融サービスを提供する北欧のグリトニール銀行(Glitnir)が、最新の中国海産物業界に関する報告を行った。それによると中国の海産物の生産高は5100万トンに達し、世界最大となる35%のシェアを占め、輸出高においても世界トップで、半分近くが日本へ輸出されている。また、同報告によると、中国の海産物の生産額と消費量がともに世界最大で、一人あたりの年間消費量は26キロで、今後10年において36キロに上昇する見込みだ。

(2007年11月06日 人民日報)

 この水で、回復に200年を要する、通常の2000倍以上の重金属含有量を誇る、直に口にすれば高確率で昇天出来る毒水で育った魚が、支那畜どもの杜撰極まりない検査で合格印を付けられて、日本人の食卓へと届けられている訳です。

 まあ、勿論、日本側でも検査はしているので、即死するような類の危険なものはまず入っては来ないだろうとは考えられますが、これらのものを口にする度に、日本人の体に毒素が少しずつ備蓄されていき、やがては深刻な病を発する危険性は十分以上に考えられる事です。

 普通は、こういう事が起こった水域では禁漁とし、間違ってもこの周辺の海産物は人間の口に届かないようにするのが普通の国な訳ですが、何しろ、あれだけ世界各地でチャイナバッシングが起こっているにも関わらず、兵器でこのような事を口にするナイスガイどもです。
中国政府「世界は『メイド・イン・チャイナ』を信頼」

  国家品質検査検疫総局(質検総局)の魏傳忠副局長はこのほど、「海外で中国製品の品質問題に大きな関心が集まっているが、中国からの輸出は打撃を受けていないし、世界は『メイド・イン・チャイナ』を信頼している」と語った。6日付で香港・経済通が伝えた。

(2007年11月06日 中国情報局)

 まあ、単なる強がりの側面も十分にある訳ではありますが、同時に、共産党政府としては、全力を注いでこの問題に真剣に対処するつもりは毛頭無いという宣言であると言えます。

 証拠という程ではありませんが、こういう報道もあります。
北京五輪イメージ守れ、と中国が報道規制…香港紙

 【香港=吉田健一】13日付の香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは、複数の中国メディア関係者の話として、メディア規制を担当する共産党中央宣伝部が先週、国内メディアに対し、来夏の北京五輪のイメージ悪化につながる報道を禁止する通達を出した、と報じた。

 国内メディアを規制することで、五輪に向けて社会の安定・団結を強化するとともに、海外メディアが把握する中国の負の側面に関する情報量を減らしたい意向があると見られる。

 同紙によると、通達は、中国の大気汚染や食の安全問題など4項目を「好ましくない報道」と指摘。国内メディアに対し、これらについて肯定的な報道を行うよう指示しているという。

 北京五輪組織委員会は最近、選手村に豚肉や鶏肉を提供する業者の生産現場を主に海外メディアに公開して安全性をアピールするなどしている。同紙は、今回の通達が、こうした報道陣のツアーをイメージ改善を図る宣伝戦略の一環と明記していると暴露した。

(2007年11月13日 読売新聞)

 要するに、最初に引用した産経のような内容の記事は、「チュウゴクの沽券に関わるから報道しては駄目アル」「嘘で良いから適当に景気の良い事を書いておくアル」「逆らったら、どうなるか分かっているアルな」という事です。

 流石は地球最大のゴミだけの事あって、考える事のスケールが違います。

 もし、食料の輸出入が自由化された暁には、この魔大陸の腐った大地と腐った水、腐った空気で生産された毒物が、大量に入ってくる事になるのでしょうね。

 当面は、日豪、そして日米のEPAな訳ですが、近頃復活された「ホシュのボーハテイ(爆)」が財怪塵の意のままに立てた最終的な構想としては、例の「アジア・ゲートウェイ構想」な訳であり、それに支那畜生が絡まない筈が無いですから。

 ちなみに、その「アジア・ゲートウェイ構想」には、農業についてこう書いてあります。
<改革提案(農業活性化のための4つの提案)>

(1)企業家精神を有する農業経営者の経営展開の促進
○ 農産物の販売力の強化
市場への「出荷」から、消費者・スーパー・外食・食品メーカーへの「販売」に段階的に移行し、常にニーズを意識した経営を展開
・ 第1段階は、直売所・産直による消費者への小口販売
・ 第2段階は、スーパー・外食・食品メーカーへの大口販売(商品の差別化等により、輸入品より魅力ある商品提供を工夫することが必要)
・ 第3段階は、東アジアを中心とする輸出拡大
○ 異業種との連携
・ 販売、財務等の経営力を高めるため、異業種(流通、物流、食品産業、金融等)と連携
・ 団塊の世代をはじめとする異業種で活躍した有能な人材を農業経営内で活用
特に法人経営にすれば、多様な人材を組み合わせて総合的経営力を強化することが可能
農業者自らも加工・外食分野に進出
○ バイオエタノール原料など、非食用分野への生産・販売も拡大
○ ICT・ロボットなど最新の科学技術を活用
・ 個人のノウハウに依存した品質管理をシステム化し、経営規模を拡大するとともに、コストダウン
集落の営農の担い手については、今後、集落営農を組織化し本格的な法人経営に育成するか、地域内の企業家精神のある経営者を育成して集落内の営農を委ねるか、のいずれかの方向を目指す
こうした多様な経営展開を可能とするためには、生産技術を高めるだけでなく、外部の人材の活用も含め経営能力を向上することが必要

(2)農地政策の改革
企業家精神を有する農業経営者の経営規模拡大の観点から、農地を農業経営者に集積
農業経営者の利用している農地が非効率な小規模分散状態となっていることから、これを面的に集積
○ 以上の観点から、農地の利用を軸として、農地制度を抜本改革
○ これにより、耕作放棄地も解消され、国土・環境も保全

(3)中山間地域の活性化
○ 日本の農業生産の4割程度が中山間地域におけるもの
○ 一定の中山間地域等への直接支払いをベースとしつつ、地域の特性(特色ある産品、棚田等)をブランド・イメージとして活用し、都市住民と連携して生産を維持

(4)EPA交渉等を通じた農業・食品産業の国際展開のための環境整備
農林水産物・食品の輸出促進
相手先国の農林水産物・食品に関する制度等の情報の共有化を推進
・ 貿易手続の円滑化・迅速化を推進
○ 東アジアへの食品産業の進出
・ 製品輸出から開始して、段階的に現地生産・現地販売へ移行
・ M&Aにも対抗できる世界企業たる食品メーカーを育成
○ 日本の食文化・日本ブランドを海外に発信
○ 植物新品種等の知的財産権の保護を強化
○ 自然条件、営農形態等を共有するアジアにおいて、日本型の農業モデルを活かした技術支援等を行なうため、農業者間の交流・協力を推進

(首相官邸ホームページより)

 余り細かく言うと長くなるので、限りなく適当に要約しますが、要するに、農地経営をベンチャー起業家、まあ有り体に言うとホリエモンみたいなのに任せて、採算が取れる作物、海外に高く売り捌けるものだけを集中して生産する、トヨタやキヤノンの農作物版を作ろう、という事です。

 色々なところで言われていますが、現在、自民党が進めている農家虐待は、この下準備ですね。

 当然、当たり前の事ながら、一部の金持ち、財怪塵や自民党議員は別として、一般の国民の口にはこれらは殆ど届かなくなります。

 それでは、日本人の食料は何処で賄うのか、という話ですが、EPA交渉を続けている豪州や米国、そして、この支那畜からの輸入したものとなる訳です。

 分類としては、上流層が日本製、中流の上が豪州製、中流の下が米国製、下流が支那畜製といったところでしょう。

 地球最大規模のゴミの発想も大したものでしたが、こちらもこちらで中々に大した、本当に狂った発想ですね。

 この「鬱苦死忌国」の完成を避ける為には、一刻も早く、基地外染みた政策を推し進める自公を政権の座から引き摺り下ろし、それと同時に、この猛毒と汚染を世界に撒き散らす害虫どもと距離を取り、そして、半永久的に魔大陸に封じ込めておく作戦を構築せねばなりません。

 自エンドこそが、チャイナ・フリーへの偉大な第一歩となると言えるでしょう。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

中国は猛毒を撒きちらして自滅する―全世界バブル崩壊の引き金を引くのも中国
宮崎 正弘
徳間書店 (2007/09)
売り上げランキング: 31515
おすすめ度の平均: 5.0
5 China NAtional Socialism=チナス (CHINAS)
5 中国は周辺諸国を巻き込むことなく自滅して欲しい
5 中国リスクの詳細

中国禁止! 完全ガイド保存版―買うな、食べるな、使うな、危険な中国 (OAK MOOK 169 撃論ムック)
西村 幸祐
オークラ出版 (2007/09)
売り上げランキング: 7994
おすすめ度の平均: 4.5
5 China NAtional Socialism=チナス (CHINAS)
5 中国ほど危ない国は有りません
4 中国食品・製品に対する自衛の薦め


PR情報
あなたのブログがスカウトされる
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
支那の食材を食べて体を悪くしました。
病院へ行きました。
病院経営が赤字の場合→倒産していました。
病院経営が黒字の場合→民営化したので治療費が高くつきました。
ひとことでいって「貧乏人は死ね」ということですね。

画像は朝鮮日報のですね。自分も持っています。
2007/11/13(火) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>世界最大の海産物・金融サービスを提供する
>北欧のグリトニール銀行(Glitnir)が、最新の
>中国海産物業界に関する報告を行った。
>それによると中国の海産物の生産高は5100万トンに達し、
>世界最大となる35%のシェアを占め、輸出高においても
>世界トップで、半分近くが日本へ輸出されている。

  この銀行も、どのみち世界一消費者がお人好しで、政府が外圧をかけるという選択肢をはなから捨てている日本への売り込みを業者に勧めているのでしょう。
  北欧だとか言っていますが、欧州のでかい金融業者などみんなロスチャイルドの息がかかっていますからね。中国企業は金利で自転車操業に追い込み、日本の消費者を毒魚で傷つける。これこそグローバリストです。こんな奴らの思い通りになってはいけない。
  グローバリストに勝てるのは、金に操られない民族の英雄だけです。第二の菅原道真、北条時宗の登場を願っています。
2007/11/14(水) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>ひとことでいって「貧乏人は死ね」ということですね。

そういう事でしょうね。

それを分かってか分からないでか、支持してマンセーする人間が、財怪塵以外にいるのが、笑えませんけど。

>画像は朝鮮日報のですね。

当たりです。
2007/11/14(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>この銀行も、どのみち世界一消費者がお人好しで、政府が外圧をかけるという選択肢をはなから捨てている日本への売り込みを業者に勧めているのでしょう。

でしょうね。

特に、政府が強硬な手段に出ないというのは、物凄く大きいですから。

>グローバリストに勝てるのは、金に操られない民族の英雄だけです。第二の菅原道真、北条時宗の登場を願っています。

命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るもの也。この仕末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり。

安倍ちゃんも、「ばうちゃー」だの「ぜろとれらんす」だのと何処かの国のインスパイヤ丸出しのカイカクでは無く、「日本の精神」を取り戻す、古典回帰の教育再生を謳っていたならば、そこだけは支持してあげても良かったんですけどね。

まあ、美国に憧れるパチンコ首相には、無理な話ですかw
2007/11/14(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
こんばんは。上の方に貼ってある画像見ましたが、えらいことになってますね。環境回復に要する時間が約200年って、どんなことをしたらこんなに汚れるのか・・・ 中国の食品の危険性はテレビなどでも見ましたが、食料の輸出入が自由化されたら大変なことになると思います。
2007/11/14(水) | URL | ふうらいにん #-[ 編集]
これは海産物だけの問題ではありませんね。グローバル化の行き着く先、我々貧乏人は自国産に縁が無くなり中国米を食べることになりそうですね。
11日に韓国で農民を中心とした輸入自由化に反対するデモがありましたが、日本人も行動するべきではないかと思います。
あくまでも合法的にですが。
2007/11/14(水) | URL | ホンマン #-[ 編集]
金儲けの為に支那食材の輸入を止めたくない特亜系脳をお持ちの方々が、業界を支配している限り自衛しかなさそうですね。

家庭で簡単、安価に「残留農薬」、「重金属汚染」の検査が出来る装置を開発すればよく売れるかもしれないですね。
2007/11/14(水) | URL | Ve #-[ 編集]
 昨日私がコメントしました、日本農業プランテーション計画について、このエントリでしっかり答えが書かれていますね。

 政府の農水産物輸出一兆円目標などという構想を、嬉々と記事にする自称リベラル紙。ショーシコーレーカで国内需要が減少って、アフォですか?食料自給率がいくらだと思っているのやら。

 渤海が「やっと」死の海になりそうなことに驚きを感じますが、キョダイシジョーがあるはずなのに日本に輸出ですか。根こそぎ捕りつくした上、沖ノ鳥島周囲なんかでも捕るようになりそう。
2007/11/14(水) | URL | 北之茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
こんにちは。
> 当面は、日豪、そして日米のEPAな訳ですが、近頃復活された「ホシュのボーハテイ(爆)」が財怪塵の意のままに立てた最終的な構想としては、例の「アジア・ゲートウェイ構想」な訳であり、それに支那畜生が絡まない筈が無いですから。

その「アジア・ゲートウェイ構想」構想ですが、先日「あの」竹中元総務相が地元富山で講演を行いました。「アジア・ゲートウェイ構想」のアピールも行ったようです。
「 竹中氏、日本経済語る 滑川商議所青年部 30周年で市民講演会

滑川市の滑川商工会議所青年部の三十周年を記念した市民講演会が十一日、同市民会館大ホールであり、慶応大教授の竹中平蔵氏が講演をした。(中略)
竹中氏は、世界の金融都市ランキングで東京が九位から十位に後退したことを挙げ、「格差というと東京と地方を考えがちだが、グローバルの中でいかに生き残るか考え、東京も地方も勝たないと次世代に引き継げるものがなくなってしまう」と指摘。地方活性化のため農業の抜本的改革と道州制による分権改革が大きなポイントになると主張した。
 また、日本の進むべき道として「欧米とアジアの間のゲートウェイ国家を目指すべきだ」と強調した。(後略)」
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20071113/CK2007111302064016.html

滑川商工会議所も、なんでよりによってこんな人を招請したのだろう、と思います。その他にも、「けんか売りに来たのか?」という様な内容だったようです。
「市民文化講演会は、あいにくの雨天にもかかわらず開催の1時間半前から来場者が来始めて、総勢800名を越える市民の皆さんによって会場は埋められた。
現在は慶応大学の教授という竹中平蔵氏は、冒頭、安倍総理の退陣から麻生候補包囲網の経緯、先般の小沢代表の党首辞任騒動に関する舞台裏を推測も交えて紹介された。
中盤は経済学者らしく、数字を掲げて経済成長の大切さと、小泉首相と共に行った構造改革について淡々と語られた。
小泉改革によって、金融機関の不良債権が縮小され、その結果近年の景気回復が導かれたわけで、改革には多少の犠牲は仕方が無い…と、持論を展開された。
竹中氏は「多少の犠牲」で片付けられてしまったが、税理士として中小企業の悲惨な状況を身近に見続けてきたので、「そうだ。そうだ。」とは素直にうなづけない自分が居た。
私の友人税理士の関与先には、自らの命を絶たれた経営者もいらっしゃった。
景気が上向きとは言うものの、地域間で状況は大きく異なる。
マクロ経済学の視点では、竹中氏の功績は評価されるべきものなのだろう…が。」
http://namerikawa.blog38.fc2.com/blog-entry-625.html
商工会議所の公式ブログだけにさすがに表現は抑え目になっている様ですが、実際はこのBlog主さんもはらわたが煮えくり返っていたのかも知れません。
2007/11/14(水) | URL | JAXVN #c0YoYibA[ 編集]
財怪塵や自民党の議員どもは、自分達は絶対に口にしないから、どうでも良いと思っているのでしょうね。

帝国列強時代に欧州諸国が植民地に対してやっていた事を、自国に、自国民に対してやろうとしている訳です。

狂気の果てですよ。
2007/11/14(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>これは海産物だけの問題ではありませんね。

ええ、その通りです。

仰るような食料品全般は勿論、衣類や生活雑貨など、一般人の生活全般に関わってきます。

>あくまでも合法的にですが。

まあ、あれは、日本人にはやれと言っても無理でしょうから、あそこまでいく事は無いでしょう。

ですが、仰るように行動はする必要がありますね。

ミンスにもネオリベは沢山いますから。
2007/11/14(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>家庭で簡単、安価に「残留農薬」、「重金属汚染」の検査が出来る装置を開発すればよく売れるかもしれないですね。

確かに、よく売れそうですね。

技術的な事はよく分からないですけど、作れそうな感じのモノではありますし。

ただまあ、だから大丈夫とか言われて、貿易を促進されそうな事が気掛かりな点ですね。
2007/11/14(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
マスゴミは、意図的に情報と情報を分断させて、都合の良い部分だけをクローズアップしますからね。

それを繋ぎ合わせる癖をつけるのが、連中に踊らされない為の第一歩でしょう。
2007/11/14(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
竹中だけは、日本国を挙げて糾弾して然るべき裁きを下さねばなりません。

極刑を以てしても生温い、最低最悪の国賊の一人ですからね。

まあ、商工会議所の人は、立場というものがありますから、ご紹介下さったような書き方が精一杯なのでしょうけど。
2007/11/14(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
私のブログを引用戴きありがとうございます。
ですが、私は「商工会議所の人」ではありません。
確かに商工会議所青年部の一員ではありますが、ブログは市議会議員の職責において書かせていただいております。
あしからず…
2007/11/17(土) | URL | 高木えつこ #-[ 編集]
これは、大変失礼をしました。

コメントで引用して頂いていた分だけを読んで、貴ブログ様の方を確認しないまま返信してしまい、このような間違いを犯してしまいました。

どうも、すみません。
2007/11/17(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1005-dd87311f
11月7日(水) 在日本大韓民国民団主催の「永住外国人に地方参政権を!」11・7全国決起大会」(午後1時開催)について、下記に概略を報告いたします。                       外国人参政権に反対する会
2007/11/14(水) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
  さて、今からニュースを一つ紹介します。このニュースが日本にとって持つ意味をちょっと考えてみてください。福田首相:日米交流強化へ人材育成 首脳会談で表明へhttp://mainichi.jp/select/seiji/news/20071114k0000
2007/11/14(水) | 日々是勉強
 日中が本格的戦闘状態に突入した1937年8月13日の第二次上海事変の4日前の8月9日に起こった上海虹橋空港での大山勇夫中尉惨殺事件は、以前のエントリーで英語版と中国語版のウィキペ...
2007/11/15(木) | Red Fox

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。