FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 基地外DJの面白漫談

基地外DJの面白漫談
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 さて、韓国という国のようなモノが没落に向かっているのは疑いようの無い事実であり、その原因が2代続いたリベラル、というか売国政権にある事は間違いない訳ですが、その初代、DJこと金大中くんが面白発言をされたそうなので、紹介します。
金大中氏「政権交代でまかり間違えば戦争への道に」

 金大中(キム・デジュン)前大統領が22日、「戦争の危機」にまで言及して政権交代に対する懸念を表明し、物議を醸している。

 金前大統領はこの日、ソウル・汝矣島のホテルで、小説家のファン・ソギョン氏やソウル大の白楽晴(ペク・ナクチョン)名誉教授など進歩派の文化人・芸術家らが主催した行事に出席し、「今回の大統領選で、この10年間を“失われた10年”などといって否定し、それ以前の時代に戻ろうという政権が誕生すれば、わが民族の将来と運命は自ずと決まってくる。まかり間違えば戦争への道に進みかねない」と述べた。「失われた10年」とは、金大中、盧武鉉(ノ・ムヒョン)両政権の10年間の失政によって国家としての競争力などを失ったという意味で、ハンナラ党が政権交代を主張する中でよく使う表現だ。

 金前大統領はこれまで、旧与党系の大統領候補の一本化などを要求してきたが、「進歩派」を「われわれ」と表現して仲間と見なし、公然とハンナラ党政権の誕生に反対を唱えたのは今回が初めてだ。

 金前大統領はさらに、「今、わが国では保守派が国民の支持を集め、勢力を拡大している。だが、メディアの世論調査の結果を見ると、進歩派や中道的な候補者を支持する人は7、8割を占めており、まだわれわれ(旧与党系)の支持基盤は健在だ。しかしながら、今われわれは弱体化し、敗北意識にとらわれて力を発揮できないでいる。こんな状況で勝利はあり得るだろうか」と訴えた。

 このほか、金前大統領は「前職の大統領としては、静かに見守っていた方が国民から尊敬されるということは分かっているが、一方で無念さをにじませる声も聞こえてくる。そんな中でわたしもがんばっている」「われわれが志を一つにし、力を合わせて前に進んで行けば、怖いことなど何一つない」などと述べた。

 一方、旧与党系候補者の具体的な一本化策などについては「マスコミのインタビューなどで何度もお話ししている」と述べるにとどまった。金前大統領は最近、オーマイニュースなどのインタビューに対し、「今政党の合併が難しいのなら、(創造韓国党の)文国現(ムン・グクヒョン)候補とも連携して大統領に当選させ、(来年春の)総選挙後に合併してもいいだろう」と述べ、政党の合併よりもまず候補者の一本化を優先する案を打ち出していた。

(2007年11月23日 朝鮮日報)

 まあ、しかし、自らの失政を何ら恥じる事無く、「カイカクの成果」だと誇り、これを否定する事は間違いであると強弁する姿は、我々が良く知る極東の某島国の、コイズミという名の基地外と非常に被るものを感じます。

 後継者が救いようの無い阿呆で、失政に失政を重ねながらそれが失政だと気付く事も出来ず、下がり続ける支持率を外側の脅威を強調する事しか挽回策が無いところも実にそっくり。

 まあ、某島国の方が、国民の知性は遙かに上だったらしく、阿呆の対外的な脅威を煽るだけの単純極まりない手法をあっさりと見抜き、その阿呆を退陣に追い込んだ訳ですが、半島の方々はと言えば、初代基地外は某島国よりも先に誕生したにも関わらず、未だ、この亡国奴を国政から駆逐出来るかどうかのせめぎ合いを続けています。

 しかしながら、流石の反日だけしていればマンセーしてホルホル出来る馬鹿な半島民にしても、「失われた10年」という言葉が誕生している事からも分かるように、多少なりとも知性のある層は、この2人こそが南朝鮮を崩壊に追い込んだ張本人である事に気付いており、リベラル派、というか基地外派はかなりの窮地の追い込まれている状況だと言えるでしょう。

 そこで、究極の阿呆に任せているだけでは、己の身体にまで危険が及ぶ可能性があると察知した前大統領、金大中が、保身の為に出した切り札が、上記引用の面白演説という訳です。

 一読すれば分かる事かと思いますが、この演説の内容には、自分達の政権によって達成した事、政権交代してしまえばそれがどうなるかという事、「失われた10年」という言葉に対する具体的な反論などが、政治家の演説であるにも関わらず、一切言葉にされていません。

 まあ、金大中が発した言葉の全てが記載されている訳ではありませんが、他紙を幾つか確認しても、どれも同じような事しか書かれていなかったところを見ると、恐らく間違いは無いでしょう。

 そして、そういう事を誤魔化す為に切り出した言葉が、「まかり間違えば戦争への道に進みかねない」という、意味不明極まりない、殆ど誹謗中傷に近い、似非平和主義者お得意のワンフレーズ。

 しかも、勿論の事ではありますが、これも、「何故、政権交代するとそうなるのか」という根拠らしき根拠は、全くありません。

 一応、根拠らしきものとして、北朝鮮が「ハンナラ党が権力の座に就けば 鉄道、道路連結や金剛山、開城工団事業が破綻する。 南朝鮮はもちろん、朝鮮半島全体が 米国が起こす戦禍に巻き込まれる」という恫喝のコメントを表明している訳ですが、もし、これに屈して「ハンナラ党が政権を取ると戦争」という事でリベラル派を勝利させたとなれば、その時点で、南朝鮮は北朝鮮の間接的支配を受け入れたという事であり、属国宣言に等しい暴挙に出たと言えるものです。

 大体、それを根拠として「まかり間違えば戦争への道に進みかねない」などと、勢力のボスとも言える金大中が発言したのであれば、南朝鮮のリベラル勢力は全て、北朝鮮の傀儡勢力であると告白したに等しい愚挙だと言えます。

 我が国も、他人の事を無邪気に嗤っていられる程に楽観的な状況とは言えませんが、正直、これ程までに次元の低い選挙戦は、そうは中々見る事は出来ません。

 外国人の売り攻勢で、国内の市場はトリプル安という奇跡的な状況、その原因であるサブプライム問題、円キャリー問題などはまだまだ尾を引きそうな気配が濃厚であるにも関わらす、相も変わらず内需は壊滅的、加えて上記の問題の所為で利息が上がり、しかも、空前の原油高によって物価は面白い程に上昇中という凄まじい状況の中で、という条件の下であれば、尚更というものです。

 例えるならば、火事の建物の中で、阿呆設計士二人が互いに、「あいつに設計させた建物は必ず火事になる」と言い合っている、と言ったところでしょうか。

 阿呆だ阿呆だとは思っていましたが、流石に、ここまでとは想像出来ませんでした。

 崩壊する国家の中で、己の保身の為に相手の誹謗中傷をする事しか出来ない政治屋しかいない南朝鮮人は、多少は哀れと思える訳ではありますが、それも結局、封建制や寡頭制、或いはそれに準ずる制度すらも自分達で発明すらしていなかった朝鮮人に、民主主義という民衆の高度な判断力が必要となる制度を与えた結果かと思えば、然もありなんと言ったところでしょう。

 まあ、流石に大丈夫だとは思いますが、基地外コイズミあたりに乗せられて、この基地外半島と同じような過ちを犯してしまわぬよう、きちんとこの糞間抜けな半島の惨状を見詰め、他山の石としていくべきであると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

本当はヤバイ!韓国経済―迫り来る通貨危機再来の恐怖
三橋 貴明
彩図社 (2007/06)
売り上げランキング: 30768
おすすめ度の平均: 4.0
5 普段新聞やニュースでよく見る用語の本当の意味がよく分かる
2 GDP成長率を間違えているのは著者の方
5 日本のマスコミが書かない韓国経済の深淵がわかる

韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理
中岡 龍馬
オークラ出版 (2005/10/20)
売り上げランキング: 24328
おすすめ度の平均: 4.5
5 知れば知るほど
4 日本に生まれて本当に幸運でした。
4 世界一の"田舎者"


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
メールを読んでクリックするだけ!GetMoney!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
秀吉の最初の朝鮮出兵の時何が起こったか
秀吉軍が上陸しても李朝は「党争」すなわち派閥争いに終始していました
国家が危機に陥っても目の前の政敵にしか関心が無いのは「尊い」儒教の伝統のようです
>「まかり間違えば戦争への道に進みかねない」
これって、てっきり日本への宣戦布告宣言かと思いました(w
2007/11/24(土) | URL | WIZARD03 #5u6Z9rvo[ 編集]
>国家が危機に陥っても目の前の政敵にしか関心が無いのは「尊い」儒教の伝統のようです

そんなんだから、日本に「併合」されてしまったというのに、本当に、歴史から何も学ばない連中ですねぇ。

>てっきり日本への宣戦布告宣言かと思いました(w

韓国政府が日本に本当に宣戦布告なんかしたら、軍部のクーデターが起こる可能性がありますよ。

日本と戦争するよりも、韓国政府相手にクーデターを起こす方が、遙かに成功率も個々の兵士の生存の確率も高いですから。

幾ら馬鹿の韓国政府でも、それくらいのリスクは分かっているでしょう。
2007/11/25(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1020-38afc165