FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 崩壊する虚構の帝国

崩壊する虚構の帝国
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 さてさて、拙ブログにおいても、何度も何度もしつこいくらいに言い続けてきた事な訳ですが、「加熱するチュウゴク経済」なるものは虚構そのもの、絵に描いたような砂上の楼閣であり、崩壊を免れる事などあり得ない訳ですが、早くも、その兆候が現れてきた模様です。

一億五千万人の中国人投資家が平均22%の損害をだしていた
上海株式の狂乱は、明確に終わりを告げたが、大暴落はすこし先だろう


 過去一年ほど、筆者は「中国株は十月まで」と自信をもって言い続けてきた。

 理由は中国の株式市場では国有企業の株式を売買するのが90%であり、しかもインサイダーによって相場が操作されており、不透明な情報が多すぎるが、第十七回党大会までは、たとえPKO(価格維持作戦)を展開しても、株価暴落はありえまい、と政治的視点から分析したまで。

 党大会がおわり、新執行部が出そろった。直後から劇的な下落が始まった。

 ピークは11月5日である。ペトロチャイナが上海に新規株式公開をはたし、史上空前の87億ドルをかき集め、翌日にはアリババも公開、これで中国株式は絶頂を売った。株価は「大調整」なる言葉の下落を始めた。

 ペトロチャイナの株価は上海市場への上場から二週間後に33%下落した。「多くのディトレーダーという市場新参者を中心に若い世代のあいだには株への失望が拡がった。一億五千万人の中国人投資家が平均22%の損害をだしていた」(TIME、12月3日号)。

 シティ、メリル、バンカメなど錚々たる世界の一流銀行がサブプライムに躓き、米国景気は不況入りするだろう。

 米国が風邪を引けば日本は肺炎になった。いま肺炎の重症に罹る筆頭は中国であろう。

(2007年11月26日 宮崎正弘の国際ニュース・早読み)

 まあ、我が国とて、支那畜を嗤っていられる程の楽観的な状況では決して無い訳で、米国が風邪を引き始めているにも関わらず、阿呆の政府は後生大事に米国債を鍵をぶっ壊した金庫にしまい込み、その上、今まで以上に米国との経済依存状態を作るべく、「年次改革要望書」に従って阿呆なカイカクを推し進めている訳ですが、小泉・竹中の国賊コンビに無茶苦茶にされたとは言え、一応は内需中心の経済を維持している我が国と支那畜では、受けるダメージの桁が違うでしょう。

 基地外経団連や、そのイヌと成り果てている自民党が主張している「貿易立国日本」というフレーズとは裏腹に、我が国の貿易依存度は、高まったと言えども18%程度な訳ですが、一方の支那畜はと言えば、何とも凄まじい事に80%を超過しています。

中国の対外貿易依存度、80%へ 世界最高

中国の対外貿易総額は過去16年間で、1千億ドルから1兆ドルに拡大した。これは経済のグローバル化が中国にも浸透していることを裏づける重要なデータだ。一方、経済が対外貿易に依存している度合いを示す「対外貿易依存度(輸出入総額の対GDP比)」も、上昇する一方だ。中国社会科学院の張宇燕研究員はこのほど、中国の対外貿易依存度はすでに世界トップの80%に達しており、先進国や他の発展途上国を大きく上回っていることを指摘した。

(2005年09月10日 人民日報)

 肺炎で済めば幸運、下手をすれば、そのまま昇天してもおかしくない数字だと言えます。

 大暴落はもう少し先であるにしても、このままの形の経済である限り、支那経済が暴落しない方が奇跡である事は、論を俟たないでしょう。

 そして、更に、この問題が支那畜くんを直撃します。
原油相場高騰、中国で「石油大乱」の兆し

 ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の原油先物相場で先月31日、米国産標準油種WTIの中心限月12月物が時間外取引で史上初めて1バレル=96ドルを突破した。1日は高値警戒感から同93ドル台まで反落したが、依然として先高感は根強い。これまでインフレを懸念して国際価格より石油小売価格を低く抑えてきた中国やインドなどは、軒並み原油高の直撃を受け、一部では社会不安も招いている。

 中国政府は先月31日、ガソリン、灯油の小売価格を10%引き上げた。石油を買おうとする市民がガソリンスタンドに殺到しても、スタンド側が供給不足を理由に販売量を制限したり、営業を中止したりするケースが相次いだためだ。

(中略)

 今回の事態は、中国政府が物価高騰を抑えるため、年初来石油価格の値上げを見合わせてきたことが原因だ。中国の物価は1-9月に4.1%上昇したが、ガソリン価格は1リットル5.5元(約84円)、軽油価格は同5元(約77円)前後に据え置かれてきた。これに対し、輸入原油価格は同4.4元(約67円)まで上昇し、加工、輸送費用を考えると、ほぼ原価水準に等しく、利益が出ない状況となっている。

 さらに、値上げが避けられないと見込んだ中間業者が買い占めに走った上、石油大手各社がガソリンより利ざやが小さい軽油の供給を削減したことで、中国では「石油大乱」が拡大する兆しを見せている。

 一方、インドでも1日、デオラ石油天然ガス相とチダムバラム財務相が緊急協議を行い、原油高への対応策を話し合った。2日付ヘラルド・トリビューンは、インド政府が近く石油価格の値上げに踏み切るとの観測を伝えた。イランも今夏ガソリン価格を25%引き上げ、配給制を導入し、首都テヘランなどで暴動が発生した。ミャンマーでも8月に石油価格が値上げされたことが大規模民主化デモの引き金になった。
(2007年11月02日 朝鮮日報)

 無論、この問題も我が国を直撃する、している訳ではありますが、まあ、アメ公がトチ狂っていきなりイラン空爆などという事でもしない限り、ここまでの大混乱に陥る事は無いでしょう。

 また、米国経済のサブプライム破綻によって円高に推移している事も、原油高の影響を最小限に抑える事に繋がっており、人民元を適正価格にするだけで化けの皮が剥がれる支那経済のように、狼狽えて右往左往するしかなくなる、という事態はまず起きないと予測出来ます。

 残る問題は、未だ低く抑えられているとは言え、基地外経団連と阿呆の自民党のお陰で、年々高まって来ている貿易依存度、特に支那畜との貿易依存度により、支那経済暴落の影響を思いっ切り受けてしまう危険性だと言えます。

 また、米国経済の没落も、既に避けられない所まで来ているものであり、今のままの、この状況下にも関わらず「貿易立国」とやらを目指している阿呆どもの経済政策を推し進める事を黙認してしまう事は、余りにも危険極まりない行為だと断じざるを得ません。

 米サブプライムローンの破綻により、株価は見事な程に下げ基調な訳ですが、これにしても、本来なら内需中心経済の基本を守った政策を展開していれば良いものを、基地外経団連に乗せられ、あの基地外どもばかりが利する体制を作り上げる事により、無理矢理に連中主導の経済成長とやらを作り上げた結果齎されたものであり、本来なら、最小限度のダメージで済んだ可能性は大だと言えます。

 「貿易立国」などと言う、他国経済に依存した経済を作り上げる危険性は、今回の出来事で十分以上に学習出来た筈です。

 そして、そのようなものをとことんまで突き詰めるとどうなるかという事も、哀れなまでに狼狽している支那畜の滑稽な姿を見れば、十二分に理解出来た筈です。

 この馬鹿どもを他山の石とし、内需を中心とした国民経済を作り上げる事、即ち、小泉・竹中の国賊コンビによる「構造カイカク」を否定する事こそ、今の日本に本当に求められている事だと言えるでしょう。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

中国は猛毒を撒きちらして自滅する―全世界バブル崩壊の引き金を引くのも中国
宮崎 正弘
徳間書店 (2007/09)
売り上げランキング: 69656
おすすめ度の平均: 5.0
5 特恵関税
5 中国は周辺諸国を巻き込むことなく自滅して欲しい
5 中国リスクの詳細

世界新資源戦争――中国、ロシアが狙う新・覇権
宮崎 正弘
阪急コミュニケーションズ (2007/06/29)
売り上げランキング: 23507
おすすめ度の平均: 5.0
5 21世紀は資源戦争の時代
5 日本はパワーゲームに負けました。残念ながら完全終了です。


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
どこよりもポイントがもらえてすぐに現金ゲット!登録簡単!300円から交換可能!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
FRBという一民間企業が「違法に」刷り続ける通貨、それがドルです
その違法行為を取り締まれないようにしているのが米の病根です
今や外貨準備高が日本を上回ったとされる北京ですが、その外貨の大半がドルである以上、ドルが基軸通貨の座を失い紙クズと化した場合双方が共倒れになることは明白です
米が倒れたら「病根」は日本に向かって移動します
カイカク信者たちはその受け入れの為に既に準備を開始しています(造幣局民営化)
今こそ「病根」の進入を防ぐ方法を真剣に模索する時期だと思います
2007/11/26(月) | URL | WIZARD03 #re8bjFOY[ 編集]
http://tbp.jp/tbp_9088.html
から探す。
政府 郵便事業に対する米国要望書受け入れへ
http://ameblo.jp/aopman2/entry-10057290814.html
2007/11/26(月) | URL | n #AimyFVvg[ 編集]
このサイトのコメントを御覧ください。会話記録です。
【今年の年次改革要望書の和訳が米大使館HPに発表されました】
http://muranoserena.blog91.fc2.com/?no=495
2007/11/26(月) | URL | n #AimyFVvg[ 編集]
年次改革要望書を交換した、外務省北米二課に問い合わせた人の記録です。
【「年次改革要望書」の世論をもっと盛り上げよう! 】
http://blog.livedoor.jp/passionmaster/archives/50178086.html
2007/11/27(火) | URL | n #AimyFVvg[ 編集]
先程の問い合わせ記録を読んで分かったのは、
【外務省が霞ヶ関の記者クラブの要請を受けて説明した。】
ということ。これが何を意味するのか。
【マスゴミが、外務省が発表する前に年次改革要望書の存在を知っていた。】
ことになるのだ。問い合わせ記録を綿密に読んでみると、そのように解釈せざるを得ないのだ。もし間違っていたら御指摘ください。
2007/11/27(火) | URL | n #AimyFVvg[ 編集]
>今こそ「病根」の進入を防ぐ方法を真剣に模索する時期だと思います

ええ、そして、今が最後のチャンスでしょうね。

これ以上遅れると、致命傷になってしまう可能性は大です。
2007/11/27(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
マスゴミは国家・国民の敵です。

記者個人単位で言えば、まともな人物も相当数いますが、取り仕切る組織自体は疑いようもなく反日です。

これは、朝日だろうが産経だろうがKHKだろうが変わりません。

そのシステムに抗った記者は、朝日の記者のように東京湾に浮かぶ羽目になる訳です。
2007/11/27(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
【デービッド・ロックフェラーを自宅前で直接糾弾する青年】(英語字幕、翻訳バージョン)
http://video.google.com/videoplay?docid=1101980003919386153&hl=en
2007/11/29(木) | URL | n #AimyFVvg[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1022-4e6c9462
 ||| レバノン戒厳令3・政局分裂で軍隊結束 |||大統領おき逃げ戒厳令の国家非常事態を中立保持の政府軍が治安制圧米国時間 2007年11月26日 | ベイルート発/AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳前号「レバノン戒厳令2・権力の空白地帯」からの続き:ラフード大統領は
2007/11/27(火) | 米流時評
 ||| アナポリスの奇跡!中東平和会議陰謀論 |||パレスチナ問題世紀の解決なるか?米軍港アナポリスの中東平和会議何が奇跡かって?それはですね、「中東」と「平和」がひとつのセンテンスに納まる事がまず不可能ということですね。それを米海軍の由緒ある軍港アナポリス
2007/11/28(水) | 米流時評