FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ防衛 → 流石に痛すぎるニュース

流石に痛すぎるニュース
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

中国海軍のイージス艦視察計画、米側抗議で中止

 日本と中国の防衛交流の一環として、日本に寄港した中国海軍艦艇乗員が予定していた海上自衛隊のイージス艦「きりしま」(7250トン)の視察が、計画を知った在日米軍などからの抗議で中止となったことが29日、明らかになった。

 米側が防衛機密漏えいの可能性を懸念したためで、計画は補給艦視察に変更され、30日午前に実施される予定だ。

 海自と中国海軍による艦艇の相互訪問は、8月の日中防衛相会談で実施が決まり、中国海軍のミサイル駆逐艦「深セン」(6000トン、乗組員350人)が第一陣として、11月28日に東京・晴海ふ頭に入港した。(深センのセンは土ヘンに「川」)

 同艦艇は12月1日まで滞在する予定で、中国側の希望により、同艦指揮官ら乗員幹部十数人が11月30日午前に海自横須賀総監部(神奈川県横須賀市)を訪問する際、横須賀基地を母港とする第1護衛隊群所属の「きりしま」を視察することを予定していた。

 複数の政府関係者の証言によると、28日に視察計画を知った在日米軍や在京米大使館から、防衛省や外務省に問い合わせや中止要請があったため、防衛省では急きょ、「きりしま」視察を中止して、インド洋での給油活動から23日に帰国したばかりの補給艦「ときわ」の視察に変更した。

 同省関係者によると、海自は今回の視察に備え、以前に米海軍が中国軍関係者にイージス艦を公開した事例について在日米軍に照会したが、中国海軍の視察については米側に正式に連絡していなかったという。

 イージス艦は米国で開発された世界最高の防空能力を持つ艦船。防衛省幹部は、「海自は戦闘指揮所(CIC)などのイージス・システムの中枢部分を見せなければ大丈夫だろうと判断したようだが、事の重大性を分かっていなかった」と話している。

(2007年11月30日 読売新聞)

 ええとですね、流石に目眩がしますた。

 こんな事、アメ公どもでなくとも中止要請をするのが当然で、これを切っ掛けに、同盟の破棄を考えられても仕方ないレベルの愚挙です。

 機密中の機密の内部に、仮想敵国のスパイを好んで招き入れるなんざ、まともな人間の考えつく事じゃありません。

 いや、仮に仮想敵国では無かったとしても、十分に異常極まりない発想です。

 まして、招き入れようとした支那畜は、こういう連中な訳です。

中国による軍事産業スパイ「米技術に脅威」・米議会諮問委

 米議会の諮問機関「米中経済・安全保障再考委員会」は15日、年次報告書を発表した。中国による軍事技術を対象とした産業スパイ行為も「米国の技術力に最大の脅威」と位置づけ、不法な技術流出を防ぐために情報機関の予算を増額するよう議会に勧告。米軍が装備調達で中国製品に過度に依存しないよう原産国確認を求めるなど、中国の軍事関連の産業競争力の強化に懸念を示した。

 有力な諮問機関である同委が中国経済が及ぼす米安全保障上の課題を示したことで、来年の米大統領選の政策論争にも影響を与えそうだ。

(2007年11月16日 日経新聞)

 Winnyによる機密の漏洩問題などで、意識の低下が叫ばれていた海自な訳ですが、まさか、ここまで「軍」としての意識が低下しているとは、落胆を通り越して、何か、もう、何もかもどうでもよくなる程の素晴らしさです。

 危機意識云々以前に、常識そのものが欠落しているとしか思えません。

 真剣、防衛省と自衛隊の上層部は、もう、そっくりと入れ替えた方が賢明でしょうな。

 今回の件を米国が知る事となったのも、恐らく、阿呆でどうしようもない上に、部下からの諫言を一切聞こうともしない上層部に焦りを感じた若手や中堅どころが、何とか事前に食い止めようと米国にリークした結果とかそういうオチなのでしょうし。

 このまま、頭がオッパッピーな防衛省幹部、自衛隊幹部に国防の根幹を委ねる事は、憲法云々以前の問題であり、緩やかな自殺に他ならないと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
スイス政府 原書房編集部
原書房 (2003/07)
売り上げランキング: 3324
おすすめ度の平均: 4.5
4 日本流の民間防衛が必要
4 山と海
4 国防の原点は、国民一人ひとりがが国を守る意識を持つこと

戦争論〈上〉 (岩波文庫)
クラウゼヴィッツ Karl Von Clausewitz 篠田 英雄
岩波書店 (1968/01)
売り上げランキング: 10753
おすすめ度の平均: 3.5
4 戦争論は難しいか?
3 戦争の本質を語る点では「孫子」に劣るとは思うが・・・
4 考えさせられる偉大な本


PR情報
あなたのブログがスカウトされる
メールを読んでクリックするだけ!GetMoney!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
占領軍が「無邪気」にも日本人から国防意識を奪った結果、先天性情報軽視症候群という日本人の持病が悪化したのを米軍は激しく後悔し、国際金融資本は今まで喜んで利用したことでしょうが、この「醜態」を晒すに至り当の国際金融資本でさえあきれ返っている顔が目に浮かぶようです
スパイ防止法がないことが悔やまれます、あれば腐敗上層部の一掃も可能でしょうに
2007/11/30(金) | URL | WIZARD03 #5u6Z9rvo[ 編集]
ミサイル搭載駆逐艦「深セン」の横須賀寄港について、アサヒ
は、熱烈歓迎のようです。各種平和団体も沈黙ですね。ああ、解りやすい。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html

>防衛省幹部は、「海自は戦闘指揮所(CIC)などのイージス・システムの中枢部分を見せなければ大丈夫だろうと判断したようだが、事の重大性を分かっていなかった」と話している

このコメント出してる幹部は、海自の人ではないんでしょうか。なんとも人事のような話し方ですね。
旧軍についての評価に兵は、優秀であったが、将官は、無能だった、というのがいうのがありますが、今の自衛隊もこの評価は、当たっているようですね。

2007/11/30(金) | URL | Ve #-[ 編集]
>国際金融資本でさえあきれ返っている顔が目に浮かぶようです

恐らく、一瞬、何が起こっているのか理解出来なかった事でしょうね。

頭が痛い限りです。

>スパイ防止法がないことが悔やまれます

同感です。

ただ、気掛かりなのは、「そして誰もいなくなった」という素晴らしいオチが待ち構えている可能性を、否定しきれないところですね。
2007/11/30(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>アサヒは、熱烈歓迎のようです。各種平和団体も沈黙ですね。

本当に、分かり易い人達ですねぇ。

>旧軍についての評価に兵は、優秀であったが、将官は、無能だった

全部が全部では無いものの、これは、日本の組織の伝統様式となってきている感さえありますね。

何とかしないと、流石に不味いです。
2007/11/30(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>ただ、気掛かりなのは、「そして誰もいなくなった」という素晴らしいオチが待ち構えている可能性を、否定しきれないところですね。

で思いついたんですが、与党がスパイ防止法でなく共謀罪にこだわっていたのは、綺麗なスパイは温存しておきたいと思っていたからなどと…。
あの国のスパイまで活動できなくなったら、自民党もお困りでしょう。
2007/11/30(金) | URL | 北之茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
>あの国のスパイまで活動できなくなったら、自民党もお困りでしょう。

と言うか、まあ、今に始まった事でもありませんが、自民党の中にも「あの国」やら「この国」やらのスパイが沢山おられますからね。

民主党もですけど。
2007/11/30(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
Dr.マッコイこと日村春介さんが復帰しています。

http://drmccoy.blog39.fc2.com/
2007/12/01(土) | URL | お知らせ #mQop/nM.[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1026-8f20560d
 本日作成、「自Endポスターバナー作戦」7作目「国会喚問前タイミング守屋防衛省元事務次官を塀の中隔離、トカゲの尻尾切りいい子ちゃん自民イメージアップ作戦進行中⇒粉砕」バナーです。プロの写真家なら一目瞭然で分かる、5コマ目の額賀の影写真を鑑定すべきだ。(笑
   ||| アナポリス中東和平会議の行方 |||パレスチナ・中東問題解決への一歩 ブッシュ政権最終章を飾れるかメリーランド州アナポリスで国際外交の有志を集めて開催された中東和平会議の席上で、米国のブッシュ大統領は27日火曜の開幕の挨拶で「イスラエルとパレスチナ
2007/12/01(土) | 米流時評