FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → スパイ・フロム・チャイナ

スパイ・フロム・チャイナ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

天滅中共

 先日、海上自衛隊がイージス艦に招き入れようとした暴徒どもの祖国、中華人民共和国ですが、「MI5(英国情報局保安部)」がこの連中に対して、警戒するように国内に呼び掛けている事が明らかとなった模様です。
MI5(英国情報局保安部)が銀行に警告
「中国国有企業の金融活動に警戒せよ」


 スパイ映画でおなじみのMI6(エム・アイ・シッックス)は、かのジェイムズ・ボンドが所属する秘密情報部。007は架空の物語だが、原作者のイアン・フレミングは実際に情報部員時代の経験を生かして、ジェイムズボンド・シリーズを書いた。

 MI5(ファイブ)のほうは情報局保安部(軍情報部5課)。

 フィナンシャルタイムズ(12月3日)速報によれば、MI5責任者が英国の銀行(銀行名を特定していない)に対して、「中国国有企業の金融活動に警戒を」と異例の警告をだしていることが分かった。

 秋のシドニーAPECでは、春先にペンタゴンのネットワークが中国のハッカー襲撃でずだずだにされたことをブッシュ大統領は首脳会談の席上、胡錦濤に抗議した。

 温家宝は訪独のおり、メルケル首相からハッカー襲撃に関しての抗議を受け「善処する」と回答した。2日に訪中した高村外相は、温首相とあっても、抗議した形跡はかけらもない。

 マネーロンダリングの取締ばかりではなく、金持ちとなった中国は各国に政治的謀略資金をばらまいている。ヒラリーに85万ドルを不正献金していた事実も発覚し、民主党から圧勝ムードが消えている。これも中国の謀略活動が遠因にある。

 それにしても中国国有企業が英国の銀行を通じて、どういう謀略を次ぎに仕掛けようとしているのか、明かではないが、英国政界ばかりが焦点ではないだろう。

 ロンドンはビッグバン以来、世界を自由に行き来する投機資金のプールでもあれば中継地でもあり、多国籍企業の自由な金融活動に恵まれている。

 シドニーには親米保守のハワード政権を打倒したラッド率いる親中派政権が誕生したが、仮説としては、ロンドン経由シドニーという資金の流れも推理小説の世界を超えて、おおいに考えられる。

 政界復帰を狙う親中派のタクシン元タイ首相もロンドンに亡命している。パキスタンのブッド元首相も、つい先日までロンドンに生活していた。

(2007年12月03日 宮崎正弘の国際ニュース・早読み)

 何かもう、意識の違いを通り越して「住んでいる世界の違い」くらいの差を感じてしまう訳ですが、英国の防諜機関に、こういう目で見られている連中を、「友好」とやらの為に、機密の中に招き入れようとしていた訳です。

 ちなみに、その件について石破防衛相は、このようなコメントを出しています。
イージス艦公開問題「米の抗議で中止ではない」…防衛相

 石破防衛相は30日午前の閣議後の記者会見で、中国海軍艦艇乗組員による海上自衛隊のイージス艦視察が在日米軍などの抗議で中止となっていた問題について「いろいろ担当部署で検討したと思う。米政府の抗議で公開中止とは聞いていない」と述べた。

 そのうえで「根底にあるのは(中国海軍との)信頼醸成ということだが、同時に、機密保全ということもある。そこの調和をどうとるかということだ」とし、現段階でのイージス艦公開は適切でないとの認識を示した。

(2007年11月30日 読売新聞)

 真面目に、誰が中止を要請したかなど、極めて、限りなくどうでもいい次元の話で、そんなトンデモな事を支那畜の言うがままに受け入れ、直前まで本当に実行する気であったその神経が問題な訳で、全然、全く釈明になっていません。

 それどころか、「これはボスに怒られたから止めたんじゃないよ」「大切なのは調和だよ」と必死に飼い主を庇うポチなところまで十分に披露し、恥の上塗りをした感さえあります。

 ま、他の政治家よりは軍事関係に詳しいだけで、その他の政策に関しては実は隠れサヨクな石破くんでは、こんなモノが限界ですか。

 何しろ、「金日成生誕80周年祝賀式典」に参加した経歴を持つ御仁ですしね。

 まあ、そんな石破くんはどうでもいいとして、凄まじいのは、今回の英国、そして米国など、国際社会が表だって警戒しなくてはならない程の、支那畜どもの諜報活動だと言えるでしょう。

 今回のMI5の行動や、ブッシュくんの発言だけを聞いていると、戦争前夜の雰囲気を醸し出しているようにすら感じる事が出来る程です。

 それにしても、何時もの事ではありますが、支那畜どものこういう実態を報道せず、阿呆の一つ覚えで「日中友好」とばかり吠えている我が国のマスゴミどもは、やはり、どうしようもない屑です。

 真剣、我が国も、防諜機関の設立、そして、スパイ防止法の制定を急ぐべきですね。

 その上で、官僚、そして軍人にもその責任の重さを実感して貰うべく教育を徹底し、二度と、工作員を機密の中に招聘するなどという間抜けな事件が起こらないよう、気を引き締めなければならないと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

誰も報じない中国の真実 (OAK MOOK 180 撃論ムック)
西村幸祐
オークラ出版 (2007/10/29)
売り上げランキング: 3594
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本は滅びる
5 2010年までは大丈夫だと思いますが・・・
5 中国の闇部には目をつぶり、中国利権に群がる媚中政治家・マスコミ・企業人

私を愛したスパイ (デジタルリマスター・バージョン)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007/08/25)
売り上げランキング: 32236
おすすめ度の平均: 4.0
4 シリーズ第10作!水中を潜るボンドカー


PR情報
コピー機を買い換えたい方必見!格安で購入できます!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
もし上海の株が再び上がるとしても、せいぜい大虐殺五輪までの間でしょう。
大虐殺五輪が終わったら、間違いなく修羅場になります。
もともと国家ぐるみで仕手戦をしているようなもんだし。
それに、支那との商取引をやめれば、サイバーテロの被害にあう確率も減るでしょう。
企業にとて都合の悪いところはないですし、まさにいいことづくめです。
企業は一日も早く支那から撤退するべきです。
身ぐるみはがされて日本に逃げ帰るようなことになっても知らないよ、なんてね。

天滅中共(天は中国共産党を滅ぼす)ですか。法輪功のスローガンですね。
このバナー、後でいただきます。

「支那のグロ画像」をあげました。グロ耐性がなければ、無理して見ないでください。
気の弱い人は貧血を起こしかねませんですから。

2007/12/03(月) | URL | おしゃか #-[ 編集]
  ついでを言えば、日本中の空港に来ているシナチクの定期航空便もどんどん減らすべきですよね。新潟はまだ分かるとしても、旭川や函館に来ているのはどう考えても異常です。
  そういうところだけ、なぜか採算度外視ですし・・・アジアゲートウェイ構想はまだまだ生き残っていますね。これにとどめを刺すには、国民新党が提唱しているように、全ての審議会や諮問機関の抜本的見直しが必要です。
2007/12/03(月) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>大虐殺五輪が終わったら、間違いなく修羅場になります。

凄い事になるでしょうね。

破産して狂った人間、中共に不満を持っている人間、弾圧されている農民や少数民族が入り交じっての暴動に発展する可能性大です。

>身ぐるみはがされて日本に逃げ帰るようなことになっても知らないよ、なんてね。

うーん、「帰ってこれれば」良いんですけどね。

今はまだ、一応は統制が効いているからあれですけど、大虐殺五輪が終わって狂乱に突入してしまうと、漢民族の本性が一気に吹き出し、略奪、強姦、殺人、放火、その他色々と一気に巻き起こる可能性高過ぎますから。

>このバナー、後でいただきます。

匿名のコメント欄でご指摘頂いたんですけど、四角のバナーの支那の地図から台湾の部分を削除するのを忘れてまして、後で訂正版を上げますので、しばしお待ち下さいませ。

>「支那のグロ画像」をあげました。

見ちゃいましたw

て言うか、戦争中でも無いのに、こういう画像が普通に出回っている国というのも、何と言うか、改めて「狂ってるなぁ」と、しみじみと思ってしまいますね。
2007/12/03(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>そういうところだけ、なぜか採算度外視ですし

「コスト」「効率性」と喧しい輩も、何故か一切つっこまないですしね。

>国民新党が提唱しているように、全ての審議会や諮問機関の抜本的見直しが必要です。

同感です。

人選の基準からして出鱈目なのに、有識者も諮問会議も糞も無いだろう、という話ですね。
2007/12/03(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1030-58a9d55d
自称「平和団体」が、実際には反米工作機関に過ぎぬということは、彼らが米軍に対する抗議行動に日常的に狂奔しながら、今回の中国ミサイル駆逐艦来日に際して抗議活動はおろか1行の批判コメントさえ表明しないことがなにより雄弁に物語っているが、 こともあろうに、我が
2007/12/03(月) | 加賀もんのブログ
民主党の大量訪中で衆参本会議中止 与党カンカン民主党の小沢一郎代表ら衆参46人が訪中する余波を受けて、6、7日の衆参本会議が中止に追い込まれた。これによりNHKの命令...
2007/12/03(月) | 平成更級日記
覇権について考えてみたい。全8回シリーズでエントリーする。
2007/12/03(月) | 日比野庵 本館
覇権国家が善なのか悪なのかを問うたとき、それはその結果世界がどうなるかで答えは変わる。
2007/12/03(月) | 日比野庵 本館
植民地政策の昔であれば、富は、収奪した原材料や奴隷労働力で富を蓄積した。生産限りなく安く抑えることで、利潤を得た。
2007/12/03(月) | 日比野庵 本館
近代戦争は、昔に比べて兵器の性能差が大きく戦果に影響を及ぼす。大量破壊兵器を除外しして、通常兵器レベルで考えてもそう。
2007/12/04(火) | 日比野庵 本館
アメリカは無敵の空軍力があるといったけれど、その無敵の空軍力を世界中に展開して、その威力を発揮するためには、航続距離の問題をクリアしなくちゃいけない。
2007/12/04(火) | 日比野庵 本館
覇権国家が衰退してゆくと、その覇権に対して挑戦する国が現れる。非覇権国やその他小国は、様子を見ながら、慎重に次の覇権国にすり寄ってゆく。生き残るために。
2007/12/04(火) | 日比野庵 本館
今、中国は目覚しい経済発展を遂げているけれど、その主体は外資を誘致して、安い労働力で生産コストを低い商品を作って、それが売れているからだけ。別に新しい価値を持つ商品を生み出しているわけじゃない。
2007/12/05(水) | 日比野庵 本館
サブプライム問題を切っ掛けとしてドル覇権の崩壊が言われている。
2007/12/05(水) | 日比野庵 本館