FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → お知らせと、ちょっと気になる事

お知らせと、ちょっと気になる事
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 昨日の記事でお伝えしていたTBP「チャイナフリー」なのですが、やはり、予想通り承認されませんでしたので、新たに「中国食品・中国製品」という名前で申請し、見事、審査を通過致しましたので、宣伝の記事を上げさせて頂きます。

チャイナフリーバナー
URL:http://tbp.jp/tbp_9390.html
TB:http://member.blogpeople.net/tback/09390

 バナーも、後で怒らりないように、ちょっとカワイくしてみますた。

 まあ、言ってる事は同じな訳ですがw

 で、まあ、これだけだとちょっとアレなので、少し気になっている事をば。

防衛省、装備輸入の直接調達を推進・商社依存見直し

 防衛省は防衛装備品を海外メーカーから輸入調達する部門を増強し、商社に依存しなくとも適正価格の見極めや輸入手続きなどができる体制づくりを進める方針だ。海外に駐在し、見積価格などを精査する「輸入調達専門官」の増員などを検討する。商社が介在する現在の仕組みのままでは、調達の明朗化は困難と判断した。

 政府は3日、「防衛省改革会議」の初会合を開く。2月にまとめる報告書では防衛専門商社「山田洋行」から過度の接待を受けていた前防衛次官、守屋武昌容疑者のような事例をいかになくすかが課題となる。

(2007年12月02日 日経新聞)


 これなんですが、記事にもあるように、何時ものように「有識者」を集めて、「改革会議」とやらを開いているんですね。
防衛省改革、官邸主導で始動・議論の期間短く、体質改善道険し

 不祥事が続く防衛省で文民統制の徹底や厳格な情報保全、装備品調達の透明性を図る官邸主導の有識者会議「防衛省改革会議」が3日、発足した。来年2月に改革の基本的な方向性を盛り込んだ中間報告をまとめるが、期間はわずか3カ月。不祥事の温床を一掃する対策を打ち出すのには短すぎるとの指摘もあり、体質改善への道は険しい。

 旧防衛庁では1998年に調達実施本部の背任事件、2006年には旧防衛施設庁の官製談合事件が発生。いずれも組織を解体したが、不祥事は後を絶たない。福田康夫首相は3日、記者団に「ゼロから見直してほしい」と強調した。

(2007年12月03日 日経新聞)

 で、まあ、この時点で既に胡散臭い事この上無いのですが、もう一度、上の方の記事に目を移して頂きみると、こうあります。

 「防衛省は防衛装備品を海外メーカーから輸入調達する部門を増強し、商社に依存しなくとも適正価格の見極めや輸入手続きなどができる体制づくりを進める方針だ

 いや、まあ、守屋氏の為出かしていた事は普通に異常ですし、腹立たしくもあり、彼を庇うつもりなどは毛頭無い訳ですが、注目して頂きたいのは、この一連の騒動の内に、海外メーカーが防衛利権に簡単に手を出せる位置に来ています。

 流石に、始めから仕組まれていた、とまでは言えませんが、結果的に、海外メーカーだけが「得」をする形に収まっている、という事となります。

 少なくとも、途中から、マスゴミどもによる守屋叩きが加熱し始めた頃、あの辺りまでには、こういうシナリオが出来ていた可能性は非常に大きいと考えざるを得ません。

 仮にそうでは無かったにしても、「結果として」、マスゴミどもに踊らされた挙句、利権をむざむざと外国に売り渡してしまった、という事にはなります。

 まあ、過程に関しては、色々と想像する事は幾らでも出来る訳ですが、証拠、決定的どころか不確かな証拠さえ立証出来ないので、言及は避けます。

 しかし、結果は、防衛利権に外資が易々と、土足で侵入出来るシステムが出来上がり、更に、胡散臭い事で有名な「有識者会議」まで設立されました。

 コイズミによる「構造カイカク」の流れと、非常に似通ってます。

 もう、いい加減に気付くべきですね。

 ウヨクもサヨクも、ホシュもカクシンも、勿論、そういうイデオロギーを持っていない所謂ノンポリの人間も、メディアに抗っているつもりが、いつの間にか取り込まれ、連中の手の平で愚民ヲドリを披露して、海外勢力を喜ばせているだけ、という現実に。

 メディア不信を訴える人間と、公務員を異常なまでに叩きたがる人間というのは、非常に高い確率で重なっている訳ですが、常日頃から盛んに、「公務員は悪」と四六時中騒ぎまくっているのは、一体、何処の誰でしょうか。

 勿論、悪さを為出かした公務員、今回なら守屋氏な訳ですが、彼ら個々人の悪を糾弾するのは間違った事では無いし、天下りやら何やらで国富を食い潰している役人が存在する事も事実で、それを追求する事は結構な事です。

 しかし、例えば今回で言えば守屋氏個人の悪行を防衛相の役人全体、延いては公務員全体の悪行の象徴のように捉え、それだけを根拠に糾弾し、結局、財怪塵と海外勢力だけが「得」をする構図を国民総出で作り上げ、一体、何になるのでしょうね。

 そして、世論がそう動くように煽り、仕向けているのは、公務員叩きに必死になっている人間も大嫌いな筈のメディア、という構図は、余りにも馬鹿げているとしか言えません。

 性質の悪い公務員が存在する事も事実ですが、その一事を以て「公務員全体」を悪と断じ、叩いて叩いて叩きまくった挙句、「本当の敵」を利するのは、もう止めにしませんか。

 それで「損」をするのは、日本国民に他ならないのですから。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」 (East Press Nonfiction #006)
関岡 英之 イーストプレス特別取材班
イーストプレス (2006/12)
売り上げランキング: 2544
おすすめ度の平均: 4.5
5 日々起こっていることの裏を観る。
5 現状を知ることが大切。
5 衝撃

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所 (2007/04/12)
売り上げランキング: 8396
おすすめ度の平均: 4.0
5 恐怖の改革。破滅へのファイナルカウントダウン?
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計


PR情報
安価、安心、高機能ストレージサービスは、 NTTビズリンクのiTrustee
メールを読んでクリックするだけ!GetMoney!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
妻や娘まで出して、ワイドショー的に騒ぐ時は、プロパガンダだと断定して間違いなさそうですね。

どうも、小泉以降のマスコミは、完全に国民を騙す道具になってしまいましたね。植草事件で味を占めたんでしょうか。

戦前の5・15事件の背後にあった「政党不信」も、きっとこんな感じでマスメディアが作り出したんでしょうね。今も、尾崎秀美みたいなのがいるのかも…ああ、大手五紙なんて揃って「コミンテルン細胞」みたいなもんですね。

もう、国際競争力も活気ある投資も要りません。外国人とその仲間たちには「出て行け」とだけ言っておきます。
2007/12/05(水) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
そういえば、先日日テレの「太田総理」という番組で、「不祥事を起こした省庁職員は連帯責任で1ヶ月間タダ働きにします」という法案(笑)が提出されて可決されましたね。視聴者投票でも90%が賛成でした。
こういう問題になると、右も左も一般人も賛成してしまいますが、もっと冷静に考えてほしいです。
結局、右も左も根っこの部分は同じで、思考回路は似ているなあ、と最近思います。
2007/12/05(水) | URL | gururu #-[ 編集]
 ルサンチマンというものの多くが、マスゴミから作り出され、増幅されているので、そちらにも警戒せよということでしょうか。そして、ルサンチマンで物を言うなと。

 なお、日村さんのところの最新エントリでも、そのことが述べられています。ちなみに米欄に変な人がわいていますw。
2007/12/05(水) | URL | 北之茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
こんにちは。
「有識者」による「改革会議」・・・、最近はその言葉だけですでにうさんくさく思えてしまいます。他の「改革会議」も同様ですが、一般人が選挙で選ぶわけでもない「有識者」がなぜそれほどの権限をもてるのでしょうか?だいたい「有識者」って、結局政府与党で人選するわけでしょう。最初から結論が出ている「御用学者」による「御用会議」でしかないのではないでしょうか。それにそもそも、今回渦中の人となっている守屋氏を「防衛庁の『天皇』」にしたのは任命した石破防衛庁長官であり、小泉「改革」政権です。これでは「自作自演」と言われてもしかたが無い様に思えます。
ところで
> 北之茂良助さん
HNについて質問されたのは初めてですが、お答えします。普通に「ジェイ・エー・エックス・ブイ・エヌ」とお読み下さい。私は今はやっていませんが、昔アマチュア無線をやっていました。私のHNはその時のコールサインをもじった物です。
2007/12/05(水) | URL | JAXVN #c0YoYibA[ 編集]
>どうも、小泉以降のマスコミは、完全に国民を騙す道具になってしまいましたね。

いえ、戦前から既に、ずっとそういう存在だったと思います。

石原莞爾による暴走をマンセーして、支那事変を正当化したのも、政府が日米開戦を回避しようとしている最中に、世論を煽って開戦を余儀なくさせたのも、戦中も煽れるだけ煽って、一億層玉砕の雰囲気を形成したのも、マスゴミの連中です。

思うのですが、連中が沖縄の集団自決問題で「軍の命令」にメディアが固執するのも、それを隠蔽したい一心なのではないかと。

産経だけがスタンスが違うのは、単に「それ」に加担していなかったから、というだけではないかと思います。
2007/12/05(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>太田総理

一度、たまたま見掛けた事があるのですが、画面から醸し出される余りにも不気味な、一言で言えば「気持ちの悪い」波動、雰囲気のようなものを感じて、正視に耐えなかったのですが、まだ放送していたのですね。

>「不祥事を起こした省庁職員は連帯責任で1ヶ月間タダ働きにします」という法案

「公務員もあくまで人間」という視点がスッポリと抜けているところが、如何にも偽善者らしい発想です。

上が連帯責任をとるなら兎も角、下が連帯責任をとらされるなんて、どう考えても異常そのものですね。

>結局、右も左も根っこの部分は同じで、思考回路は似ているなあ、と最近思います。

同じなんでしょうね。

イデオロギーそのものが目的化した瞬間、同じような、所謂「プロ市民」に身を堕とす事になるのでしょう。
2007/12/05(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
難しく言うと、そうなりますね。

まあ、そこまで難しく考えなくとも、テレビ番組を作っているのも、新聞を書いているのも、ホームページやブログを作っているのも、皆が皆、それぞれ、自分と同じように個人的事情を抱えた人間である事を認識出来ていれば、自然と見えてくるのではないか、と思います。
2007/12/05(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>最初から結論が出ている「御用学者」による「御用会議」でしかないのではないでしょうか。

ですね。

そして、政権批判をしている筈のマスゴミが、何故か、その矛盾点について一言もつっこまないのが、連中の正体を端的に現している、と言えるでしょうね。

>今回渦中の人となっている守屋氏を「防衛庁の『天皇』」にしたのは任命した石破防衛庁長官であり、小泉「改革」政権です。

ええ、そして、守屋氏の名前を世間に広めたのが、コイズミ一派のドロンジョことマダムスシさんで、散々騒いだ後に一端は事を収集したのが、安倍シンゾーと塩崎くんの二人。

そして、石破くんが防衛相に就任するとともに、再び彼の名が茶の間を賑わし始めます。

何処が「スタート地点」なのかは分かりませんが、実に胡散臭い限りです。
2007/12/05(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1032-f6752bea
審議官「撤回考えず」 軍強制削除検定意見(琉球新報 12/4)「沖縄戦の歴史歪曲(わいきょく)を許さず、沖縄から平和教育をすすめる会」など3団体と県選出・出身野党国会議員らは4日午前、文部科学省に布村幸彦審議官を訪ね、
2007/12/05(水) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
ブッシュの盟友だったイギリスのブレア首相や、オーストラリアのハワード政権が退陣しても尚、対ブッシュ協力の姿勢を改めようとはしない福田ジャパン。テロ対策特別措置法が11月1日に期限切れとなったことで、6年間続けてきたインド洋での給油活動は打ち切られ、補
ブッシュの盟友だったイギリスのブレア首相や、オーストラリアのハワード政権が退陣しても尚、対ブッシュ協力の姿勢を改めようとはしない福田ジャパン。テロ対策特別措置法が11月1日に期限切れとなったことで、6年間続けてきたインド洋での給油活動は打ち切られ、補
  ||| 諜報白書で暴かれたブッシュの大嘘 |||米国NIEレポート:「イランは核兵器開発を2003年にすでに中止していた!」「イランの核開発」事実を知りながら国民を騙し続けてきたブッシュ政権の大嘘本日は「プーチン王朝の明日」のレイアウトを終えて翻訳に取りかかると
2007/12/05(水) | 米流時評
生活保護の支給基準の見直しを行う 厚生労働省が設置している検討会の報告書案が 11月29日に明らかにされました。 この報告書によると、 低所得世帯の消費支出に比べ、 生活保護世帯が受け取っている 食費や光熱水費などの生活費「生活扶助」の額の方が 高くな...