FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 晴れのち毒ガス

晴れのち毒ガス
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

天滅中共

 毒菜とまで呼ばれる農作物、廃油を再利用した食用油、工場排水のたっぷりと混ざった水、など、ありとあらゆる新型人類粛清兵器を活用し、自国民を虐殺し続けている奇跡の国、ご存知「中華人民共和国」ですが、その想像を絶する成果が、この度、報告、発表された模様です。

中国国内で毎年30万人近くが空気汚染で死亡―中国衛生省が指摘

中国衛生省監督局の趙同剛・局長はこのほど開催された第3回国家環境・健康フォーラムの席上、中国で安全ではない水を飲んでいる農村人口が3億2000万人もあると指摘した。このうち、フッ素とヒ素の含有量が基準を上回る水を飲んでいる人は5000万人以上。また、水汚染のほか、他の環境汚染による健康安全への脅威も増大している。

趙局長によると、毎年、都市の空気汚染による超過死亡人数は17万8000人、室内空気汚染による超過死亡人数は11万人に達している。

中国が2006年に559主要都市を対象に行ったモニタリングの結果によると、空気質量が国家基準に達していない都市は37.6%を占めた。浮遊粒子状物質、二酸化物と窒素酸化物などは主要汚染物である。

世界銀行の予測では、世界衛生機関が定めた二酸化硫黄の基準を上回っている環境で生活している中国人は6億人以上になり、また、TSP(total suspended particulate、大気中に浮遊する粒子状物質の総量を示す)の基準を上回っている環境で生活している中国人は10億人にも達しているという。(編集DS/K)

(2007年12月04日 日中経済通信)

 いや、しかし、以前から言われていた事ではある訳ですが、改めて確認するに、やはり、凄まじいなどという言葉では足りない程の、余りにも余りな凄絶さを醸し出しています。

 呼吸をしているだけで死に至る可能性があるなど、既に、「生まれた事」それ自体が罰ゲームであるかのような、何とも言い難い圧倒的な出来映えだと感心せざるを得ないでしょう。

 別ソースで、このようなものもあります。

10億人が大気汚染の中で生活…!毎年35万人が治療受ける―中国

2007年12月03日、中国新聞網の報道によれば、去年、中国が559か所の主要都市で得た観測データによれば、37.6%の都市の大気が国家標準レベル以下で、浮遊粒子状物質、二酸化物、窒素酸化物などの主要な汚染物質が多く含まれていたそうだ。

世界銀行による推定では、中国には二酸化硫物質(SO2)が世界保健機構(WHO)の基準を超える環境に6億人が生活しており、常にWHO基準値を超える浮遊粒子状物質が存在する環境に生活する人が10億人以上いるという。

現在、世界では都市部の大気汚染が原因で毎年約80万人が死亡しているが、そのうちアジア地区では約48.7万人が死亡。中国では大気汚染が原因で治療を受ける人が毎年35万人もおり、大気汚染の環境・健康被害による損失は中国GDPの7%にも相当するそうだ。

また、中国の都市部では、集中空調システムの普及が進んでいるが、空調システムの安全・衛生検査態勢の不備により、大気汚染が原因と見られる伝染性疾病やアレルギー性疾病などの蔓延が助長されている。ある専門家によれば、伝染性疾病による死亡率は5%~30%で、SARSの死亡率にも匹敵するという。(翻訳・編集/岡田)

(2007年12月 Record China)

 まあ、報道している内容は大体同じで、恐らく大本となっているデータ自体は同じものだと思われますが、両記事を合わせて考えると、現在、世界では大気汚染が原因で年間、約80万人が死亡しており、その中の17万8千人が支那での大気汚染による死亡者、それに加えて、空調システムの不備などによって室内汚染でも11万人程の支那人が1年間で死亡している、と。

 そして、死にこそ至ってはいないものの、魔大陸で人体に害があると考えられるレベルの大気の中で生活している人間は約10億人に上っている、と。

 確か、支那の人口が政府発表で13億人ほどだった筈なので、本当の山奥の地方や、うらぶれた少数民族の集落を除けば、殆どの支那人は、そのような凄絶な環境下で生活している、という事ですね。

 いや、全く以て凄まじい。

 世界の、所謂「後進国」と呼ばれている国の多くは、経済発展が出来ない事で貧困に追い込まれ、飢餓や伝染病に苦しめられ、多くの死者を出している訳ですが、この魔大陸では、経済発展すればする程、別の原因での疾病が蔓延し、却って死亡者が増えていっている訳です。

 例の「北京五輪」、正式名称「大虐殺五輪」、我が国のマスゴミどもは既に開催が規定の路線で変更は無いかのような報道を繰り返している訳ですが、普通の、ごく普通の日常の生活を送っているだけでも、これ程までに凄まじい犠牲者を出している大気の中で、肉体を限界まで駆使するような激しい運動を行えば、一体どのような結果が齎されるのか、少しは考えねばなりません。

 支那畜どもの面子の為や、「日中友好」などという絵空事の為に、このような状況を華麗にスルーして、選手や応援団を北京という魔都に送り込むなど、「日中友好」という絵空事が大好きな人種が常々非難している、「国家の為に個人を犠牲にする」という行為の典型であるように、私などには思えるのですがね。

 人道的見地に基づき、北京五輪の中止、または開催地の変更を求める。

 これが、ウヨサヨ以前の、人間として当然の行動だと思えるんですけどね。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

中国は猛毒を撒きちらして自滅する―全世界バブル崩壊の引き金を引くのも中国
宮崎 正弘
徳間書店 (2007/09)
売り上げランキング: 7066
おすすめ度の平均: 5.0
5 特恵関税
5 中国は周辺諸国を巻き込むことなく自滅して欲しい
5 中国リスクの詳細

危ない中国 点撃! 福島香織の「北京趣聞博客」
福島 香織
産経新聞出版 (2007/10/29)
売り上げランキング: 725
おすすめ度の平均: 4.5
5 やっぱり本当だったんだ
5 何でもありな国
4 中国には危険がいっぱい


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
ココロとお財布をまんぷくに...まんぷく島.com
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
先月、自分の家の近くに支那人の女の子が引っ越してきました。
見た目は16歳ぐらいにしか見えない21歳の若い女の子です。
背が低い、巨乳、アニメ声と支那人らしさが全くないんです。
しゃべらなければ日本人と全く区別がつきません。
近所の人たちも「かわいい娘さんだねえ」と口にしています。
完璧でない日本語で「これからは日本で生活していきます」
「中国は水が汚いです」なんて平然と口にするんです。
どうやら自分の国はもうだめだとわかっているみたい。

結論・支那の経済成長を最も信用していないのは支那人だ。
2007/12/07(金) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>支那の経済成長を最も信用していないのは支那人だ。

ええ、その通りでしょうね。

支那人と話す機会は結構あったりしますが、彼らの口から、所謂「御国自慢」を聞いた事がありません。

また、彼らが買い物をしているのを見掛けた時、少し観察していると分かるのですが、買おうとしているものが「made in china」だと分かると、露骨に嫌がります。

彼らから、支那の誉め言葉を何とか引き出しても、「広い」「人口が多い」、そんなありふれた言葉が出てくるのが関の山です。

ま、阿呆の朝鮮人と違い、現実を現実として認識出来ているところは、やはり頭は多少はいいと、褒めるべきなのかも知れませんけど。
2007/12/08(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1036-9b44e523
 Web版に出ていない「蜜月の終焉」シリーズ2、3、7、8です。 関連投稿「守屋関連、東京新聞(紙)に出てるけど、Webになくて中日新聞にあったりとか、蜜月シリーズでWebで抜けてるのがあったりとか。」「中日新聞の守屋関連、「蜜月の終焉」シリーズを中心にして資料...
 ハンディのない、金のかからない、知恵で勝負の選挙運動へのネット利用とか、他にもっとやるべき事があるような気がするのだが、。 国政選挙にも電子投票 自公民合意、今国会で法改正へ【朝日】 2007年12月06日12時09分  自民、公明、民主の3党は、国政選挙に電子投
 下のほうで紹介している、Wikipediaの「電子投票」から、安全性に関する部分で、物理的な投票の場合も同様で、全ての集計人と全ての監視者が結託すれば容易に投票結果を偽る事ができる。のところは重要。逆に読めば、電子投票システムの場合物理的な投票に比べて直接的
  ||| 金正日へ宛てたブッシュの手紙の秘密 ||| イラン評価急旋回に続いて北に対してもブッシュ外交方針大転換か イランに続いて東アジアもブッシュのカウボーイ外交の汚名返上策 今日のタイトルは非常に間が抜けている。昨日の『NIEシンドロームの衝撃』と比べ
2007/12/09(日) | 米流時評