FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → 朝日の馬鹿社説と食糧自給率

朝日の馬鹿社説と食糧自給率
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 昨日の朝日新聞の社説に、まぁ、何時ものアサヒったアレでは無いものの、大変滑稽でけったいな、何故か導き出される筈の結論が導き出されていない、所謂「痛い論説」が載せられていたので、少しばかり考えてみたいと思います。

水サミット―汚染はひとごとではない

 「仮想水」(バーチャルウオーター)という言葉をご存じだろうか。

 肉や小麦などを輸入することは、それを作るのに要した水を輸入することでもある。この間接的に輸入する水を仮想水というのだ。

 東大生産技術研究所の沖大幹教授の試算によると、牛肉は1キロで20トンの水が必要だ。牛の飼料を育てるのに水を使い、牛も大量の水を飲む。牛丼1杯当たりに2トンもの水が使われている計算だ。

 日本は世界から大量に食糧を輸入しているので、仮想水の輸入量も世界一である。世界で水の不足や汚染がひどくなれば、たちどころに日本の食卓にも響く。世界で起きる水問題は、決してひとごとではないのだ。

 そんな問題意識もあって、大分県別府市で開かれたのが、初めての「アジア・太平洋水サミット」である。福田首相ら36カ国・地域の首脳らが出席し、「別府からのメッセージ」を採択した。

 安全な飲み水を利用できない人たちを15年までに半減し、25年までにゼロにする。各国は途上国に手を差し伸べるために、ただちに行動を起こす。そんな目標が掲げられた。

 アジア・太平洋地域は、面積が広大で人口も多い。それだけに各国が解決すべき課題も様々である。

 洪水や津波の被害もあるが、最も深刻なのは水の不足と汚染だ。国連がまとめた報告書によると、安全な水を飲めない人は世界で12億人にのぼり、このうち約60%がアジア・太平洋地域で暮らしている。トイレなどの衛生施設を持たない人は世界で24億人、その70%以上をアジア・太平洋地域で占める。

 今回の水サミットを機に、開催国である日本に対し、途上国の期待は一層高まるだろう。食糧とともに仮想水を大量に輸入している国としても、きれいな水を作ることに協力し、仮想水を途上国に還元することを考えたい。

 その際、水不足の対策にはダムを、水質汚染には下水道を、といった対応がすぐに思い浮かぶ。だが、いずれも巨額の費用がかかる。そのうえ、大きなダムは環境を破壊する恐れもある。

 参考にしたいのが、たとえば、アフガニスタンやパキスタンで医療や農業の支援活動を続けている市民団体「ペシャワール会」の取り組みだ。

 アフガニスタンでは、飲み水を確保するために掘った井戸は1500本にのぼる。農業用水路は第1期の13キロが完成し、砂漠化した千数百ヘクタールの大地を潤した。この事業は延べ38万人の住民の働き口をつくることにもなった。

 ほかにも、水の浄化や節水、海水の淡水化などで蓄積してきた様々な技術を役立てることができるにちがいない。

 安全な水をなかなか手にすることができない人たちに思いをはせ、何ができるかを工夫する。「別府からのメッセージ」を、そのきっかけにしたい。

(2007年12月07日 朝日新聞)

 さて、何処が阿呆で痛いのか、わざわざ説明する必要も無さそうですが、一応、それではただの転載になってしまいそうなので説明すると、普通、まともな脳味噌をしている人間ならば、これだけの条件が揃えば、まず、「食料の自給自足」という結論に至る筈です。

 阿呆の朝日新聞社説子が語るように、世界の水不足、水汚染は深刻な状況にあり、特に、日本が主に食料を輸入している中の二カ国、支那と豪州は破滅的と言っても過言では無い状況にあります。

●民生部:11月は干ばつ被害深刻、農業にも影響
●湖南:干ばつ被害、445万6000アール
●中国北部で干ばつ深刻化、ダム600カ所干上がる
●中国南部で干ばつ広がる、981万人飲み水不足
●国内を襲う干ばつ、過去最悪規模との報告 - オーストラリア
●干ばつ豪州ルポ 水田風景どこに・・・/オーストラリアのリートン
●麦類合計で年平均の42%減・オーストラリア、干ばつの影響で小麦などの生産量を再び下方修正

 確かに、下水やダムの完備、井戸を掘るなど、当該国の努力、それに対する支援なども必要ではある訳ですが、頭がアサヒで無ければ理解出来るように、今現在の状況は明らかに、それだけであっさりと解決するような状況では無い訳です。

 朝日の駄目な子が社説で使っている「仮想水」という言葉からも分かるように、農業によって生産される作物というのは、基本的に水とイコールです。

 牛や羊を1頭育てるのにも莫大な量の水が必要であり、穀物などに関しては、それ自体が既に水そのものであると言ってさえ過言では無い存在だと言えるでしょう。

 これを、その地域に住む人間が必要な量を大幅な超えて、大地が持つ限界を大幅に超えて、ただ海外に輸出して金を得る為だけに過剰に栽培し続ける、飼育し続けるという事は即ち、大地からの水の収奪とイコールな訳であり、その地域が干ばつを起こすのは当然の理だと言えます。

 要するに、如何に下水やダムを備え付けようとも、どれだけの数の井戸を掘り起こそうとも、そういう狂った生産体制を止めない限り、同じ事が永遠に繰り返されるのは目に見えている訳です。

 食料を輸入に依存するという事は、即ち「そういう事」でもあるという事に、「こういう基地の外に生息する類」以外のまともな日本人は、いい加減に気付く必要があります。

 我々は、主犯では無いと言えるものの、今の食料の輸入品への依存という狂った体制を支持、黙認する限り、立派な共犯な訳です。

 そして、今のままの、食料を輸入に依存し、支那や豪州、或いは米国の大地からの過剰な搾取を見過ごし続ければ、やがて、どうしようも無い事態が訪れるであろう事は想像に難くありません。

 幾ら札束をちらつかせて、「幾らでも金は出すから食い物を譲ってくんろ」と懇願したところで、そもそも生産が不可能、或いは、出来ても自分達の食い扶持だけで精一杯の「外国」が、「日本も困っているだろうから、お譲りするズラ」と、優しく食料の輸出を続けてくれる可能性など、万に一つも無いと言えるでしょう。

 ここまで考えれば、当然、「食料の自給自足」という考えが出てくるのが普通の人間の思考回路な訳ですが、「サヨク風利益団体のイヌ」に過ぎないカスである朝日新聞の社説子では、まあ、それが限界だという事なのでしょう。

 食料品、いや、食料品に限らず、基本的に「出来るものは出来る限り自給自足する」という事は、自存自衛の為の、安全保障としての措置であるだけで無く、それこそが、阿呆の朝日新聞やサヨク諸氏が口にするような安っぽくて薄っぺらい、脳髄のお花畑をアドレナリンで満たす為だけの自己満足的なものでは無い、本当の「国際貢献」へと繋がる道なのです。

 貿易というものは、それでも、「どうしても不足する物」を輸入したり、生産過程の都合で「どうしても過剰が出てしまう物」を輸出したり、間口を最大まで広げたとしても、「特殊な技術で、ある国でしか生産出来ない物」などの贅沢品を売買する、その程度に抑えるべきものなのです。

 金は所詮は手段なのであり、我々の目的は生きる事であり紡ぐ事、父祖から受け取ったバトンを受け継ぎ、守り、次世代へと渡す事であると認識し、自覚出来れば、今現在の体制が如何に狂っているか、そして、それをどうして行くべきなのか、答は自然と両の瞼に浮かんでくるでしょう。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

輸入食品に日本は潰される―農水委員会理事、衝撃のレポート
山田 正彦
青萠堂 (2003/10)
売り上げランキング: 216791

アメリカに潰される!日本の食―自給率を上げるのはたやすい!
山田 正彦
宝島社 (2005/11)
売り上げランキング: 207110


PR情報
Exciteローン特集≫厳選6社比較
メールを読んでクリックするだけ!GetMoney!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
アサヒのことでしようから本当はもっと北京へODAという名目で技術と資金を朝貢せよと言いたいのでしょうね、さすが尾崎秀実を輩出した新聞です
問題は日本の食糧自給率の低下が北京と国際金融資本の共通の利益になってしまっていることで、ほとんどのメディアが自由貿易をマンセーしてることですね
農家が身近に感じられるか否かの環境の違いにより、この洗脳に対する抵抗力に違いが出て都市と地方の世論の乖離が見られるようです
この状態は「分割し統治せよ」の方針をとる暗黒シーパワー国際金融資本の思う壺です
通信インフラが整備済みの都市の住人こそ、ネットという海から真実を拾い上げなければいけませんね
2007/12/08(土) | URL | WIZARD03 #re8bjFOY[ 編集]
大豆や小麦が、アメリカでのバイオ燃料ブーム(笑)のために値上がりしている…こういうニュースが流れても、なぜか「国内で増産すればいい」という意見がマスメディアで出てこない。

淡水の供給力もまだまだ余裕があるのに、この議論が出てこない辺り、グローバリストとそのスピーカー役のマスコミが何を狙っているかよく分かりますね。「デフレ加速による日本人勤労者抹殺計画」これしか考えられません。
2007/12/09(日) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>問題は日本の食糧自給率の低下が北京と国際金融資本の共通の利益になってしまっていることで、ほとんどのメディアが自由貿易をマンセーしてることですね

ええ、非常に大きな問題です。

巨額の富を収奪すると同時に、国力の弱体化も期待でき、反日勢力どもにとっては、これ程においしい策略はありませんからね。

それを、仮にも自称「保守」の人間の中にマンセーするのが居るのですから、阿呆らし過ぎて嗤うのも面倒臭い限りです。

>通信インフラが整備済みの都市の住人こそ、ネットという海から真実を拾い上げなければいけませんね

期待したいところです。
2007/12/09(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>こういうニュースが流れても、なぜか「国内で増産すればいい」という意見がマスメディアで出てこない。

本当に、出て当然の提案、結論が出せない、実に立派な外国のイヌですよ、我が国のマスゴミは。

何とかしていかないと、国際金融資本とマスゴミどもの狙い通りとなるのに、そうは時間を要さないでしょうね。

とにかく、出来る限りの事をやっていくしかありません。

最後の最後まで、抵抗勢力としてやっていきましょう。
2007/12/09(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1037-fc6714fc
  日本人は「平和ぼけ」にかかっているなどとよく言いますが、私は「国際協調ノイローゼ」の方がよほど深刻だと思っています。   我が国の首相からして、この病気の患者だとい...
2007/12/10(月) | 日々是勉強