FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → カイカクの目指す社会

カイカクの目指す社会
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 昨日、帰宅してからランキングを見てみると、結構な下がり具合を見せており、まあ、単純にウケが悪かったのかな、程度に考えていたのですが、何気にブログの方を見てみると、ランキング投票のリンクを貼り忘れていたんですねw

 そりゃ、ランキングも下がっていく筈ですwww

 と言うか、それにも関わらず、わざわざリンクのあるところまでスクロールして投票して下さった皆様、どうもありがとうございます。

 己の間抜けさを反省するとともに、四海に響き渡るアジア的優しさに、心より感謝します。

 さて、それでは本題に入りたいと思います。

 雇用問題については、拙ブログでも何度か取り上げている話題な訳ですが、噂の超格差社会、中華人民共和国の雇用状況について、少し見てみたいと思います。

都市部の非正規就業者、全国で1億3000万人!大卒の起業家もそのなかに―中国

2007年12月21日、上海の復旦大学発行の「2006中国非正規就業者発展報告:労働力市場の再観察」によると、中国の都市部の非正規就業者の数は1億3000万人にのぼるという。上海市の「新聞晩報」と「解放網」が伝えた。

非正規就業とは、正規の職場での正式な社員契約を結んだ就労ではない、個人経営者や屋台、露店での販売員、家庭内手工業や企業の臨時契約社員などを指す。

復旦大学文科科研所の任遠(レン・ユエン)教授は、この報告書の数字は各企業からの統計によるもので完璧なものではないと説明。実際にはさらに多くの非正規就業者が存在すると指摘している。

任教授は、多くの大学生が卒業後に非正規就業者の道を選ぶことは「創業精神」の表れと評価しながらも、非正規就業者であるために彼らが社会保障制度から見放された形で生活している現状を憂慮。彼らが今後積極的に起業できる環境を整える必要があるとして、政府や社会がより一歩進んだ社会保障体制を作り上げる必要性を説いている。(翻訳・編集/本郷智子)

(2007年12月 Record China)

 流石はある意味「先進国」な魔大陸だけあって、この問題においても、我が国の一歩も二歩も先を進んでいます。

 カイカク推進派の「有識者」のセンセー方が、「日中友好」をやたらと唱えられる理由も、透けて見えようというものです。

 カイカク真理教の中でもトップクラスの幹部、国賊中の国賊、オリックスの宮内とかいうクズの言い分を、少し見てみましょう。

「格差を認め流動性の高い社会に」
リーダーに聞く:宮内義彦 オリックス会長グループCEO

努力したら報われる社会を作り、格差は認めるべき

 ―― 宮内さんは小泉政権で規制改革・民間開放推進会議の議長として、規制緩和を推進してきました。

 宮内 その過程で、ずいぶん叩かれ、気がついたら誰も規制緩和を言う人がいなくなっていた。これは、政治の貧困がもたらしたのではないでしょうか。政治の世界は、世襲がはびこり、ダイナミズムが全くないですね。

 ―― 尽力された混合診療の自由化問題についても、なかなか全面解禁には至りません。この混合診療の議論でも、お金のあるなしで受けられる医療に差が出ると、格差という言葉を出して反対する人もいるようです。この格差問題という言葉を錦の御旗に掲げて、改革を阻止しようという動きがあるようにも感じます。

 宮内 混合診療というのは、力のあるお医者さんのところへ患者が集まり、腕のいい医者の収入が増えるということ。これは正しい競争だと思うんです。

 日本では多くの先端医療が保険診療には入っていないため、米国で先端医療を勉強してきた医者でも、日本に帰ってきてから症例がゼロで経験を積むことができません。やはり世界最先端の医療に常に従事していないと、医者の腕は落ちてしまいます。

 格差は認めなきゃいけない。人間社会である限り、格差は生まれるものです。努力したらきちんと報われる社会を作ることが大事であって、その結果生まれた格差は認めてもいいのでは。

 格差問題で留意すべきは、格差そのものが悪いのではなく、格差を固定する社会がいけないということです。格差を固定しないためには、流動性の高い社会を作ることが必要です。

 しかし日本の社会は流動性を高めようという動きとは全く反対です。公務員制度一つ動かない。農業分野にしても、農地は息子にしか渡しちゃだめ。都会の人が農業に挑戦したいと思っても難しいというのが現状です。政治家も親が政治家でないとなれない。




サブプライム問題より深刻な問題は改革疲れの論調

 ―― 宮内さんは孤軍奮闘して規制改革を叫んできましたが、後に続く人がいません。

 宮内 マスコミも含めて、誰もが改革に疲れたという論調です。その日暮らしの論調を見ていると、太平洋戦争に向かって進んでいった時の日本とよく似ているように見えます。「仕方ないやないか」と言って、一歩ずつ深みへはまっていく当時の姿に重なります。

 改革に逆行する今の日本の現状は、米国のサブプライム問題より、もっと深刻な問題を抱えていると思います。アジアの中でも、こんなことが起きているのは日本だけです。

 ―― ただ、改革に逆行することが日本のために良いことであるはずがないということは、政治家を含め、国民全体も薄々感じているはずです。なぜ改革は進まないのでしょう。

 宮内 誰もが自分の既得権益の中で安楽に生きようとしているからです。そもそも政治家の身分が固定化しているのが一番よくない。政治家は今度の選挙に勝てるかどうかしか考えていません。それは政治が家業になっているからです。政治が家業になっている国など、例外はありますが、ほとんどありません。政治が固定化して流動性がないのは、日本の最も深刻な病です。

 ―― 今の日本人はあまりにも危機感が欠如している、ということでしょうか。

 宮内 海外では、誰も日本のことなんて考えていません。存在感がなくなっています。今の日本は音もなく落ちている感じです。情けないです。こんな情けないことないです。

 日本には山のようにビジネスチャンスがあり、それが花を開かすことできたら、世界的な競争力を持てます。それができない状況を、変えていくべきです。

(「日経BPオンライン」より)

 小賢しいだけが取り柄の「有識者」のセンセーだけあって、適当のオブラートに包んだ表現をしている訳ですが、頭が重大な病に冒されているカイカク真理教の狂信者でなければ、この宮内のクズが語り、目指すべきとしている世界が、冒頭の記事にある魔大陸で展開されている世界と同質の物であると、感覚で理解出来る事でしょう。

 支那と言えば、たった5%程の富裕層が、国内の収入と消費の50%以上を占めているという超絶的な格差社会な訳ですが、「カイカクが必要」と喚き散らしているカスどもの幹部クラスの人間の殆ど全てが、我が国では富裕層に分類される人間である事からも、この連中の狙い、目的が何なのか、実に良く分かりますね。

 平たく言ってしまえば、要するに、この連中は、そういう社会を作り上げたい訳です。

 騙されて踊っているだけのネトウヨは別として、カイカクを持ち上げる有識者を名乗るカスの多くが、支那を指して「活気に溢れる社会」と出鱈目を垂れ流すのも、結局、そういう事です。

 己等で国富の大半以上を独占し、その他が已むなく非正規雇用に走る姿を「起業家精神の表れ」と表現し、貧困から抜けだそうと喘ぎ苦しむ人間の社会を「活気に溢れる社会」と無意味に褒めそやし誤魔化すカスどもの目指す社会がまともか否か、考えなくとも答は明白でしょう。

 このクズどもを、その不相応な地位から引き摺り下ろす事こそ、日本を現状の小中華から脱却させる為の、「カイカク」では無い、本当の改革であると思います。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

グローバリゼーション・新自由主義批判事典
イグナシオ ラモネ ヤセク ヴォズニアク ラモン チャオ Ignacio Ramonet Jacek Wo`zniak Ram´on Chao 杉村 昌昭 信友 建志 村澤 真保呂
作品社 (2006/07)
売り上げランキング: 215321
おすすめ度の平均: 4.0
4 何気に読んでも面白い一冊
4 便利な一冊

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所 (2007/04/12)
売り上げランキング: 8844
おすすめ度の平均: 4.0
5 恐怖の改革。破滅へのファイナルカウントダウン?
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計


PR情報
リピーター続出!税理士からの即回答!インターネット税務相談
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
最近はブログも更新せずに動画編集ばかりやっております。また、メッセンジャーの方もご無沙汰で申し訳ありません。

先日、大高未貴氏の講演会に行きましたが、そこで「中国には今やたらと若い乞食が増えていること」が語られておりました。それも大学卒の乞食が多いとのこと。日本のワーキングプアとは本質的に異なる様相です(つまり格段にやる気のない若者が増えている)。
中共の経済的繁栄など、只の虚飾、日本はいつまで付き合うつもりなんでしょうね。共に弾け散る前に、中共からアジアの主導権を奪い去る改革をやってくれるのは誰かということを、真剣に考えねばなりません。
少なくとも、今の自民主流や民主小沢にそれが出来るとは到底思えません。

一つ宣伝させて下さい。
「アサヒる」と云う言葉が流行ってますが、これを更に流行らせ、発端のチャンネル桜を応援するために動画を有志で作りましたので、ご紹介いたします。

【中華編】祝・流行語大賞『アサヒる』
http://jp.youtube.com/watch?v=T8xkeXrZDpk

【包囲網編】祝・流行語大賞『アサヒる』
http://jp.youtube.com/watch?v=uKm2Chik3Go

是非、ご覧下さい。
上記2点の動画内容にご賛同いただけましたら、評価、お気に入り追加、コメント等くだされば幸いです。

以上は只の宣伝ですので、投稿規定に抵触するようであれば、いつでも削除下さい。

精力的に更新されておられるようですが、呉々もお体に障らぬ範囲で良質なエントリーをアップして下さい。
今年もお世話になりました。来年も宜しくお願い申し上げます。
2007/12/25(火) | URL | kousotsudr #MZh4oN5Y[ 編集]
お久しぶりです。

実は、私も少し立て込んでまして、ここを更新するのが精一杯で、メッセンジャーの方はご無沙汰となっております。

>日本のワーキングプアとは本質的に異なる様相です

小皇帝世代、一人っ子政策の歪み、なのでしょう。

そのような世代が、これからも続々と成人していく訳ですから、支那の未来は、まあ暗いでしょうね。

>チャンネル桜を応援するために動画

拝見させて頂きました。

評価、お気に入りへの追加もさせて頂きました。

先人の為にも、チャンネル桜、水島社長には、是非とも素晴らしい映画を完成させて欲しいですね。

お忙しいようですが、kousotsudrさんも、御自愛下さい。

それでは、こちらこそ、来年も宜しくお願い申し上げます。
2007/12/26(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1057-ce0e81fb
 今日は、クリスマスイブ!!明日のクリスマスって、キリストの生誕の日とされています。実際は違いますが・・・この時期、カトリックの学校に行っている私は、何度、聖母マリアの処女懐胎を聞かされたことか(笑)  さて、クリスマスというと、サンタク...
2007/12/25(火) | ダブルムーンの独り言
今年もいよいよ押し詰まり後数日を残すのみとなりました。振り返ってみると今年は真実が軽んじられ、欺瞞が横行した年でした。 世相を漢字一字で表す恒例の行事がありましたが、選ばれた字は一般の予想通り「偽」でした
2007/12/25(火) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
 あとで強烈な「自Endポスターバナー」を作成する予定です。そのための材料集めの一環です。人様にお見せすると言うよりも、むしろ自分個人のためのメモ投稿です。  なお、下記記事中で話題になっている 2007年12月13日 外交防衛委員会(6時間2分)、「 、 参照 」(←...
 あとで強烈な「自Endポスターバナー」を作成する予定です。そのための材料集めの一環です。人様にお見せすると言うよりも、むしろ自分個人のためのメモ投稿です。 関連投稿 「福田とぼけまくりで不誠実答弁、それなら因果応報で支持率急降下・急落当たり前ジャン、急落
 以下、資料として採録。  あとで強烈な「自Endポスターバナー」を作成する予定です。そのための材料集めの一環です。人様にお見せすると言うよりも、むしろ自分個人のためのメモ投稿です。 ※福田内閣支持率急落関連の記事やグラフを別エントリーで投稿しそのリンクを
     日本のみなさま、Merry Christmas! 米国のクリスマスは日本の正月休みのような塩梅で、街はどこも全店クローズ。 アメリカ人は家族とのホリデイを、クリスマスの特別番組を見ながら過ごします。 今年のクリスマスはきわめて俗っぽく、22日は連休気分で『Na...
2007/12/25(火) | 米流時評
 本質的に自民党は嘘つき政党であり、原告団の皆様は最後まで油断せず進まれるよう祈っております。 薬害肝炎訴訟 全国弁護団ホームページなぜ、薬害肝炎訴訟の裁判を起こしたのか平成14年(2002年)、200万人ともいわれるC型肝炎患者の代表として、血液製剤による被害...