FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → 経済崩壊

経済崩壊
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 カイカクによって足腰が鍛えられ、強い日本が帰って来る、というのが基地外カイカク真理教信者のカイカクを進める言い分だった訳ですが、そんな基地外カイカク真理教信者のミナサマは、この現状を一体どのように考えているのでしょうね。

1人当たりGDP、世界18位=先進国下位に後退-06年度国民経済計算・内閣府

 内閣府は26日、2006年度の日本経済の決算書に相当する国民経済計算を発表した。それによると、国民1人当たり名目GDP(国内総生産)は06年の暦年ベースで世界18位となり、05年から順位を3つ落とした。最高は1993年の2位だったが、2000年の3位から6年連続で後退し、先進国の下位に後退した。比較可能な80年以降で見ると、順位は最低となる。

 国際比較は、物価の影響を含む名目GDPをドル換算した数値を用いた。経済協力開発機構(OECD)加盟30カ国のうち、06年は主要国のカナダ、フランス、ドイツに抜かれた。

 ユーロ高で欧州勢のドル換算が、かさ上げされたことが大きく影響したが、日本は、景気が拡大しても名目成長率が伸びない「デフレ経済」だったことも影を落としている。

 日本の1人当たり名目GDPは3万4252ドル(1ドル=116円換算で約397万円)。GDP総額は4兆3755億ドルとなり、米国に次ぐ2位を維持した。しかし、世界経済に占める割合は9.1%と05年比1.1ポイント低下した。

(2007年12月26日 時事通信)

 言ってて悲しくなること必定ですが、普通、これを衰退とか没落の兆候と言う訳で、間違っても、この状態を経済成長を続けているとは、とても言えない状況です。

 正直、昨年がこれなら、国民が昨年よりも景況感が悪化している今年はどんな事となっているのか、来年の発表を聞きたくない気持ちで一杯です。

 これが、構造カイカクとかいう基地外の所業を断行し、再分配の機能を徹底的にぶち壊し、規制を撤廃して魑魅魍魎を市場に解き放ち、日本社会に利益を還元するつもりなど寸分も無い外資を大量に呼び寄せた、自民党の為政の成果です。

 面白い論文があるので、これを基にして、コイズミ一派とカイカク真理教信者が作り上げた、素晴らしく凄惨な社会の現状を、少し考えてみる事にしましょう。

格差社会がもたらす諸般への影響

 日本は資本主義経済社会体制の国であり、世界の中でも経済大国とされ、自己のお金儲けに熱心なエコノミック・アニマルだと称されたこともあるし、事業経営のみならず庶民の日常生活の場面においても、経済常識なくして円滑で安泰に生きられない現代社会のはずだが、その割りには経済への関心は薄く、学校教育や社会教育機関の生涯学習においても参加者が少なく、書籍店の売場を見ても、マンガや趣味娯楽書が主流を占め、経済関係書籍・雑誌の売り場面積のシエアも狭い。

 それでいて、ビジネスマンや大学生に経済といえば何を連想するかと質問すると「お金儲けのこと」と答え、経済原理やその動向よりも目先の自利にしか興味を示さず、頭と汗で稼ごうとせず、一攫千金・濡れ手に粟のぼろ儲けを狙いたがる。

 だから貧富格差の増大という深刻な社会問題に直面しても、自分には関係がなく、誰かが何とかしてくれるだろうと積極的な言動を発しようとしない。

 中国古典の名著「中学」に「飽食暖衣・逸居(ぶらぶら無意に暮らすこと)して、教わることなければ、即ち禽獣に近し」とか、「賢にして財多ければ、即ちその志を損し、愚にして財多ければ、即ちその過ちを増す(子孫のために必要以上に多くの財産を遺したら、もしそれを継承する賢い子がいても、かえって志を損なうことになるし、またもしその子が愚かなれば、かえって過ちを増すことになるの意)」とある。

 そこそこに物質的に豊かになった現代の日本は、政治家も企業人も国民にも、国家や子孫の将来を憂い、さらなる恒久的繁栄を図る、大志も気迫も失くしてしまったのだろうか。

 バブル経済破綻の病傷はようやく癒えたかに見えるが、その対策としての劇薬投与の副作用や後遺症がここにきてさまざまな国家や社会の荒廃・衰微現象として現れており、その中でも看過しえない重大事が貧富格差の急速な増大である。

 貧富格差を増大させる要因の一つには、所得再分配方法の適否問題があり、この不平等度を示す指標のジニ係数は、所得再配分前の当初所得で現在既に0.43となり、アメリカの0.37を抜き、目下先進経済大国中最悪という状況にあり、福祉先進国とされる北欧のスウェーデン0.24、フィンランド0.28などと比較すると格段の差があり、社会転覆の危険水域に達しつつある。

 もっとも、一部の貴族や大財閥が社会を支配していたわが国の封建時代から戦前における貧富の格差は現在以上にかなりのものであったろうが、敗戦後GHQの強制力で民主化が進められ、身分制度廃止、財閥解体、農地改革、税制改革などが行われ、不平等感が一挙に解消された時期もあったが、経済成長期に至り再び自然発生的に所得格差がつき始め、とりわけバブル経済の1980年度の0.35から20年余の間には急速に格差社会が進展することとなった。

 所得分配の不平等度を見る指標としては、アトキンソン指標、トールトン指標など様々な試みがなされているが、ジニ係数はこれらの中でもっとも簡明で比較可能性が高いものとして頻繁に用いられるが、これを図表化したイメージで説明すると、横軸に低所得者0から最高所得者1へと順に並べた人数の累積百分率を、縦軸にはこれらの人々の所得額の累積百分率をとり、横軸と縦軸の軌跡であるローレンツ曲線で示され、所得が完全平等分配であれば両者0・0と1・1を結ぶ45度の直線となり、これとローレンツ曲線の弛みとのギャップ状態で不平等度を診るが、曲線の弛みが大きく1に偏るほど不平等度が強く、0.4以上になれば要注意の危険水域、0.5以上になれば貧富格差増大への不満から民衆暴動が起き社会転覆ともなりかねないとされており、コロンビア0.59、南ア共和国0.58などがこの類に入り、日本の現状はウガンダ並の水準ということになる。

 このジニ係数とて万全ではなく、まだまだ統計処理技術上の改善の余地もあり、どうしても統計結果数値と生活実感との乖離がプラスとマイナスの両面共に残存していよう。

 たとえば、調査標本の抽出にあたり、住居を頻繁に移動しがちな若年単身世帯や独居老人世帯などが漏れたり、逆に高所得者ほど財産の秘匿志向が強く調査に非協力、勤労所得だけの者と、他に遺産を有する不労財産所得者との差が大きいことなどである。

 わが国のジニ係数を図表で見ると、順調な高度成長期には45度の斜直線に近く弛みの少ない状況で推移し、「一億総中流社会」という流行語も生まれ、バブル絶頂期の内閣府国民生活に関する世論調査によると、生活程度の自己評価で「中の上」との回答が約6割を占めるに至り、その後バブル経済崩壊以降は急反転し、生活程度の2極文化が進み、中流意識を抱く層が減少、所得減少に追い込まれ不満・不安を抱く者の比率が高まり、ジニ係数は急激に悪化傾向を辿ることとなって、電通消費者研究センターによる「自分は勝ち組か負け組だと思うか」という調査では、年間所得1千万円超の階層において勝ち組意識を持つものが約60%であるのに対し、5百万円以下の階層では20%程度でしかなく、また国民生活選好度調査(内閣府)によれば、「収入や財産の不平等が少ないことが現在どの程度満たされていると思うか」という質問に対しては、「ほとんど満たされていない」という回答が約22%を占めるようになったことがこれを裏付ける。

 財産所得の有無が所得格差の不平等度に寄与する割合についても触れておこう。個人の所得根源は税法上、給与、事業、利子、配当、山林、不動産、贈与、相続、一時、臨時に分類され、それらの所得は預貯金や株式投資等の金融資産と、山林や土地・家屋等の不動産資産として蓄積保有されるが、ここでいう財産所得とは、土地や家屋などの実物資産と預貯金や株式などの金融資産を保有することによって得られる家賃や利子・配当、キャピタルゲインなどの所得であるから、これらを保有するか否かで所得の根源に大きな差が出るのは当然である。親から相続した持ち家があり、家賃支払い負担のない者と、賃借料や住宅ローンの返済を抱えている者とでは、総所得の不平等度への寄与率が大きく異なり、バブル期の地価や株価の高騰がこれに拍車をかけ、貧富格差を更に拡大させた。

 石川経夫氏の著書「日本の所得と富の分散(1990年度発刊)」では、平均賃金所得701.2万円、実物資産所得177.6万円、金融資産所得78.6万円、合計総平均所得額は957.4万円、それぞれの寄与度は、54.3%、32.8%、32.9%であり、実物資産を考慮したジニ係数は0.38、実物資産を考慮しないジニ係数は0.32と、また家計資産における遺産の割合は金融資産4.7%、実物資産52.6%、合計44.5%となっており、遺産を持つものと持たざる者との差は益々拡大する。

 このようにバブル経済の破綻以降、ジニ係数が急激に悪化傾向をたどったことが明らかだが、この間に政府がとった反動不況克服の対応策は、国際的経済開放の促進、諸規則の緩和・自由化加速、市場競争原理の導入、金融のビッグバンと証券化、大企業や高所得者への優遇税制、雇用形態の自由化、政府支出の削減、郵政の民営化などといった産業構造の大改革、消費税率アップ、医療費など公的負担費増、福祉のカット、地方行政の自主性尊重という美名の下に地方交付金の抑制などなどであり、富の再配分の適正化への配慮に欠けたというより、むしろ弱者を見殺しにし、まさに暴風雨の中で弱者から傘や合羽を取り上げ、家屋の大改装工事を強行しようとしたものと言えよう。

 さらにその上、バブル経済の発生やその破綻を招いた失政の結果の財政困窮や長期不況、デフレの深刻化の是正策として、先ずは国家財政の健全化や、大企業・大銀行の苦境打破を支援する政策を優先し、地方や国民生活の保護を後回しにし、とくにそのツケ回しを一般庶民や社会的弱者に押しつけたのであるから、ジニ係数が急速に悪化したのも当然の帰結ということになろう。

 すなわち日本の急激な貧富格差の増大や社会秩序の混乱は、自然発生的な環境の変化、外圧の影響、善良な庶民の能力や意識の低下を要因とするものではなく、行政のミス・リード、強者優遇・国民軽視・弱者冷遇で、意図的に格差の増長を認容するような姿勢や制度で招いた不幸と不安ということになる。

 さりとて、所得格差・地域格差・年代間格差などさまざまな格差の是正・平準化や、理想的な完全平等化が果たして好ましいことか、何が平等か不平等か、どの程度までの不平等度なら許容されるのかの基準を決めることは容易ではない。

 なぜならこれらを生ぜしめる要因は、実に幅広い分野や現象に関係し、影響を受け、常に変動するからである上に、こういった問題は多分に、為政者や、その統治に従う国民双方の哲学や思想、価値観、理念、欲望にも関係があるからである。

 たとえば戦前までの日本では、貴族や財閥と一般民衆との生活水準の差や社会福祉にも大きな差があったが、その分、国家的制度は不十分でも、これら機会に恵まれて優越的地位を得た支配層が、不文律の哲学的思想や統治理念で、それなりの自前の福祉や平等性維持の施策を講じたり、臣下や社員をわが家族のように慈しみ大事に扱い、時期や順番の差はあれ、出世の機会を与える配慮もしたし、一方被支配者層も、己の分際を弁え、権利意識だけ強い身勝手な要求をすることもなく勤勉精励したのである。

 所得の増大化と、その再配分の適正化による貧富格差の是正策としては、教育訓練を通じた国民能力の向上、所得を生み出す生産的産業の振興、雇用の促進と安定化、これらをあまねく享受しえる機会の均等化、向上進歩欲を喚起する国家的発展ビジョンの明示、適度な競争原理の導入などがあるが、最も直接的で効果的な富の配分適正化策は、やはり税制や公共社会福祉政策の合理化と、官民の意識改革である。

 哲学的思想にもとづく良導が重要とはいえ、何も難しい理論を振り回すことではなく、哲学(Philosophy)とは「loving+wise」が語源であることから、「相互慈愛の知恵を出し合い、その恩恵を分かち合うこと」との理念で、弱者しわ寄せの政治姿勢を改め、逆不平等が生じる安易な消費増税に頼らず、多少長期にわたっても富の配分の適正化を図る応能者負担の税制を確立し、先ず国民の信頼を勝ち取ることが肝要であろう。

(「東京商工リサーチ」より)

 ま、見事に今の世相を言い表していると言いましょうか、ホリエモンや村上世彰を成功者として称賛するような社会というのは、見事なまでに「頭と汗で稼ごうとせず、一攫千金・濡れ手に粟のぼろ儲けを狙いたがる」社会だと言えます。

 それにしても、殆どの庶民が経済発展など微塵も実感出来ず、格差の広がりを確実なものと感じている上、数字の上でもこれだけハッキリと表れているにも関わらず、「格差は甘え」だの何だのと喚き散らすカイカク真理教の信者は、脳を患っているとしか思えないものです。

 そして、このような格差を「痛み」として国民に押し付けた結果、本当に経済が強い発展を見せたのなら未だしも、現実はと言えば、冒頭の記事にもあるように、明らかに衰退の兆候を見せ始めているのですから、笑わせるにも程があると言うものです。

 結局、健全な経済成長の為には、一部の資本家や金持ちを優遇するだけでは駄目で、ある程度以上は「富の再分配」を働かせる必要があるという事に、宮内や奥田の詭弁に騙され踊り続けているカイカク真理教の信者は、一体何時になれば気付くのでしょうか。

 まあ、兎も角、これが構造カイカクの成果であり、政府自民党は、この狂った所業が過ちであるという事を未だに、全く認めていない、認めようともしていない、という事です。

 この連中を国政のトップに頂いている限り、この方向性の過ちを真摯に認め、是正し、まともな国民経済が構築される事は、先ず無いと言えるでしょう。

 一国を侵略する為の方法は、武力侵攻一つでは無く、その国の経済を破綻させ、股座を掴む事でも実現可能だという事を、日本国民は気付かねばなりません。

 「自エンド」無くして、日本の再生も外国の侵略を跳ね返す事も、決して儘なりはしないという事です。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

格差社会の克服 さらば新自由主義
二宮 厚美
人文社会科学書流通センター (2007/08)
売り上げランキング: 38934
おすすめ度の平均: 5.0
5 新自由主義との対決

グローバリゼーション・新自由主義批判事典
イグナシオ ラモネ ヤセク ヴォズニアク ラモン チャオ Ignacio Ramonet Jacek Wo`zniak Ram´on Chao 杉村 昌昭 信友 建志 村澤 真保呂
作品社 (2006/07)
売り上げランキング: 220532
おすすめ度の平均: 4.0
4 何気に読んでも面白い一冊
4 便利な一冊


PR情報
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から
【最強プロバイダー比較サイト】他にはないお得なキャンペーンがここに!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
それでも財務省や内閣は、実質GDPは伸びているから経済「成長」している、などとわけの分からないことを言うんでしょう。デフレが経済衰退より早く進んでいると高くなる数字に、何の価値があるのか…。

GDPを巡る議論でわかるのは、要するに自民党や財務省という連中が、国民の具体的な生活ぶりの向上に全く興味がないということです。日本人はグローバリストの利益極大化のための道具であり、使えなくなったら中国人でも呼べばいいと考えているのは明白です。これが「奴隷」でなくて何だと言うのか?

もう自民党が次の衆院選で勝つことはないし、その意欲も伝わってきません。来年は恐らく自民公明内閣がまともに政権運営できる最後の年になります。それゆえ来年1年で、徹底的な売国がなされる可能性が高いです。

しかし、ここを凌けば、支那やアメリカも無事ではいないでしょうから、巻き返すチャンスはあります。小沢さんや国民新党、共産党辺りには、参院で一本も法案を通させないくらい抵抗してほしいですね。参院の存在意義は、暴走する下院の抑制にありとするなら、まさに来年はその真価を発揮する時です。

ブログでの訴えも、お互い頑張って行きましょう!
2007/12/27(木) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
米国で不動産バブルが崩壊した。
日本では、不動産バブル崩壊後にデフレになった。
だから、米国でもデフレになるでしょう。
日本の場合は製造業が強かったのでなんとかもちこたえたが、
米国は製造業が弱いのでもちこたえることは無理でしょう。
と同時に、米国市場をあてにしているアジア諸国、
特にウリナラと支那は経済が下り坂になって行きます。
ウリナラはもう経済が崩壊しましたけど。

政府はマクロ経済で景気を見るけど、有権者はミクロ経済で景気を見ます。
自民党はこのことに気がつかなければ、政権与党の座から引きずりおろされるでしょう。
たぶん野党に転落しないと、いや、転落しても気づかない可能性のほうが高いとは思いますが。

明日、あまみやかりん(漢字忘れた)の「生きさせろ」でも本屋で買ってこよう。
2007/12/27(木) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
最近こねずみ元首相はマスコミの前に姿をみせませんね。
構造改革なんて国を売るための方便だと有権者が気づいた。
もうまともな有権者は、ヨタの奥田とかオリックスの宮内の
言うことなんか聞く耳持ちませんから。

へたにヨタの車なんか乗ってたら炎上しそうで怖いですよ。
岡崎市で実際にあったできごとです。
中に乗っていた人は焼死体で発見されました。
そのニュースはようつべで見ることができます。
今頃、奥田の馬鹿は福田の馬鹿と一緒に支那で売国しているんでしょうね。
身内がヨタの正社員なんだが、「ヨタの車だけは買うな」といわれております。
2007/12/27(木) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>日本人はグローバリストの利益極大化のための道具であり、使えなくなったら中国人でも呼べばいいと考えているのは明白です。

ええ、全くその通りでしょうね。

ホシュの大好きなアベやコイズミの論調にも、その事は明確に表れていますしね。

民族も文化圏も歴史も伝統も忘却して、ただ己とその仲間の利益を追求しなくなった政党や政治家を保守政党、保守政治家、挙句には保守の防波堤などと呼んでいるのですから、もう笑い話です。

>それゆえ来年1年で、徹底的な売国がなされる可能性が高いです。

その為の福田康夫と考えると、実に分かり易いですね。

何故、清和会の大ボスである森喜朗が執拗に福田総理総裁に拘り、確執があった筈の小泉が急に福田支持に回ったのか。

>ブログでの訴えも、お互い頑張って行きましょう!

ええ、頑張りましょう。
2007/12/28(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
口調からおしゃかさんが名前を書き忘れになられたのかと思ったのですが、下にコメントして下さっているところを見ると、違ったみたいですね。

これは、失敬。

>米国は製造業が弱いのでもちこたえることは無理でしょう。

このまま、崩壊していくでしょうね、きっと。

このまま従米を続けていく事は自殺行為以外の何ものでも無い訳ですが、ポチどもは理解しとらんのでしょうね。

>ウリナラはもう経済が崩壊しましたけど。

ええ、ただ、先の大統領選で李明博が大統領になったのは、少し我が国にとって不味いかも知れません。

これから、ウリナラは確実に、彼の指導の下で親日にシフトしていくでしょう。

連中の事大を振り切らないと、またぞろ連中の面倒を見なければならない羽目になる危険性大です。

>転落しても気づかない可能性のほうが高いとは思いますが。

また、気付いても、今更引き返す事も出来ないのでしょうね。

今の今までで、コイズミカイカクに否定的な意見を口にした自民党の政治家が麻生一派だけだというのが、その証左です。
2007/12/28(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>もうまともな有権者は、ヨタの奥田とかオリックスの宮内の 言うことなんか聞く耳持ちませんから。

ええ、一般庶民は、ネトウヨやイデオロギー基地外とは違って、生活が懸かっている分だけ切実で賢明ですからね。

>中に乗っていた人は焼死体で発見されました。

しかしまあ、今更の話ですが、死人どころか食中毒の一人も出ていない不二家や赤福は徹底的に叩くくせに、トヨタの事となると華麗なスルーを決めて、批判らしい批判の一つもしないマスゴミというのは、実に腐ってますね。

キヤノンの偽装請負も、一応は報道こそしているものの、徹底追求の姿勢を見せているメディアは皆無ですし。

本当に美しい国ですよ。
2007/12/28(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1059-a7a61c1a
 YahooはNPJ動画ニュースを削除したようです。  こうなったら、YouTubeにアップされているのをブロガー連鎖の力で広めましょう。 ※NPJとは“News for the People of Japan”の略です。 国の助成金カット問題で辞職表明した岩国市長が支援要請その1http://jp.youtub...
(初投稿日時 2007-11-22 10:57) 来年3月に完了予定だった「消えた年金」の5000万件の名寄せ作業について、厚労相の舛添要一さんが正式に断念を表明しました。 まずは読売新聞を読みましょう。(写真は参院選中の7月25日に富山市内で火花を散らした二大政党党...