FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → 福田康夫訪中のスバラシイ成果

福田康夫訪中のスバラシイ成果
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 取り敢えず、まずは支那畜の福田くんの歓迎ぶりを。

福田訪中“格下扱い”

 中国を訪問中の福田首相は28日、温家宝首相と会談。「熱烈な歓迎を受けて感謝している」とおべんちゃらを述べていたが、実態はそうではなかった。一国のトップが訪中する場合、北京の「釣魚台国賓館」に泊まるのが通例だが、今回、福田の宿泊先は「長富宮飯店」というニューオータニ系列のホテル。釣魚台に比べたら“格下”だ。どうやら、中国サイドから釣魚台のVIPルームをあてがわれず、“国賓扱い”されなかったようだ。「熱烈な歓迎」どころか、福田は中国から格下扱いされている。

(2007年12月28日 日刊現代)

 要するに、属国の王扱いという事ですね。

 口先だけのおべんちゃらや伝記本などで、日本国民に対しては、六韜にある通りに「チュウゴクは福田を歓迎してるアル」とアピールしておき、もう完全に屈服している康夫に対しては、「これでいいだろう」と。

 まあ、そりゃ、来年の訪中だったものを無理矢理に今年の予定に変更し、その上、頼まれもする前から自ら進んで数々のお土産を用意する、まさに朝貢外交を繰り広げてりゃ、傲慢な支那畜サマで無くとも、そういう風に思いますわなあ。

 まあ、でも、現代さんに一言だけ言っておくならば、「熱烈な歓迎」をされていない訳では無く、きちんと、「属国の王」として「熱烈な歓迎」はされてますよ。

 果てしない国辱ですけどね。

福田首相が北京大で講演、「過去を反省」と言及

 中国を訪問している日本の福田康夫首相は28日、北京大学で講演し、第2次世界大戦期の日本の戦争責任について、日本の首相としては初めて中国の若者に直接謝罪した。

 福田首相は中国中央テレビ(CCTV)が全国に生中継した講演で、学生800人余りに対し、「不幸な時期をしっかりと直視し、子孫に伝えていくことがわれわれの責務だ」と述べた上で、「過去をきちんと見据え、反省すべき点は反省する勇気と知恵があって初めて将来に誤りなきを期すことが可能になる」と歴史問題に言及した。

 福田首相は歴史に対する反省が今後の日中関係を切り開くためのものだを強調し、日中平和友好条約の締結30周年となる2008年を「日中関係飛躍元年にしたい」と強調した。

 福田首相は同日午前、温家宝首相と会談後に行った共同記者会見で、来春に胡錦濤国家主席が訪日することで日中双方が合意したことを明らかにした。また、東シナ海のガス田開発問題については、「早期決着に向け断固たる決意を共有し、一刻も早い解決を目指すことで一致した」と述べた。

(2007年12月29日 朝鮮日報)

 ま、想定内と言うか予想通りと言うか、「福田康夫なら必ずやるだろう」と思われていた行動です。

 大体、これまでのパターンから考えて、前内閣が支那畜に対して採ったこういう類の行動は、必ず、ほぼ100%の確率で次の内閣にも引き継がれている訳で、自民党政権が続く限り、最初の訪中の際には必ず日本の首相がチュウゴク国民に対して謝罪の辞を述べる、というのが慣例になるのでしょうね。

 と言うか、その後で、この馬鹿は「日中平和友好条約の締結30周年となる2008年を日中関係飛躍元年にしたい」と語ったそうですが、日中平和友好条約の、というか二国間の国交正常化の意味、この馬鹿どもはちっとも理解しとらんみたいですね。

 普通は、二国間で国交正常化を果たし、何らかの条約を結んだ段階で、過去の事は互いに出来るだけ持ち出さないようにするのが外交の常識な訳ですが、そういう国際社会の安定を保つ為の暗黙の了解を完全に無視し、国際社会に悪しき前例を残してまで謝罪外交を続ける馬鹿自民の頭には、一体何が詰まっているのでしょうか。

 そんなとんでも無い、ある意味で国際慣例を破壊するテロリスト的な愚を犯している馬鹿が、「日中平和友好条約の締結30周年となる2008年を日中関係飛躍元年にしたい」などと、そのレイプした条約を錦の御旗として「日中友好」を謳っているのですから、最早コントのレベルです。

福田康夫首相 台湾問題での日本側の立場を表明

 日本の福田康夫首相は28日、温家宝総理と会談した際、日本側は「二つの中国」或いは「一つの中国に一つの台湾」を支持せず、台湾の独立を支持せず、国連加盟および国連加盟の是非を問う住民投票をも支持しない、との立場を表明した。

 温家宝総理は、「歴史問題と台湾問題に正しく対応し、これを処理するのは中日関係を改善、強化するための政治的基礎である。中国側は台湾問題で一つの中国を堅持し、“台湾独立”に反対する日本側の立場表明を重視する。福田首相が国連加盟の是非を問う住民投票を支持しないと厳正に表明したことに対し、われわれは賞賛の意を表明する」と述べた。

 福田康夫首相は、日本側は台湾問題では、日中共同声明の中で表明した明確な立場を堅持する、と語り、「周知のように、台湾問題は中国の核心的な利益に関わっており、日本側は一貫してわれわれ両国間の約束を守っており、台湾問題への立場は日中共同声明の中で述べたのと同じで、いかなる変化もない」と述べた。

(2007年12月29日 北京週報)

 ま、このまま自公政権が続けば、現在、極東アジアで唯一と言って良い親日国、台湾が反日国家へと変貌していくのも、残念ながら時間の問題でしょうね。

 まず、「『二つの中国』或いは『一つの中国に一つの台湾』を支持せず、台湾の独立を支持せず」というのは、福田康夫に限らず自民党の一貫した姿勢な訳で、これだけでも十分以上に台湾の不審を買っているというのに、その上に、「国連加盟および国連加盟の是非を問う住民投票をも支持しない」などというものまで付け足せば、誰だって怒り狂う事間違い無しです。

 と言うか、まあ、日本までがこのような事をはっきりと、北京の紅帝の前で宣言してしまったからには、台湾の民進党にとっては途轍もなく大きな打撃で、下手をすると、来る総統選で国民党の馬が勝利して、支那の台湾の併呑が現実のものになる可能性も大だと言えます。

 己の国だけでは無く、他人様の国まで勝手に売り飛ばしやがるとは、本当に、心底腐り果てた、人間の屑の見本のような野郎です。

 そう言えば、日中平和友好条約を締結し、台湾と断交したのは此奴の親父だった訳で、このゴミクズの腐り果てた根性は、DNAレベルで決定されているのかも知れません。

 無事、何とか、大変な事になる前に此奴を首相の座から、自公を政権の座から引き摺り下ろす事が出来た暁には、この腐れ外道を、台湾を売り払おうとした国際的犯罪者として、台湾の警察にでも引き渡した方が良いでしょうね。

 それで台湾の気が収まる保証はありませんが、取り敢えず、日本としての誠意という事で。

<福田訪中>熱烈歓迎!首相の土産に、「新幹線」を大量発注―中国

2007年12月28日、福田首相の訪中を破格の高待遇で迎えた中国だが、訪中土産として来年の北京五輪に合わせて開通を目指す北京―天津間の高速鉄道車両に、日本の新幹線を発注することが明らかになった。中国経済ネットが伝えた。

中国政府は来年8月に開かれる北京五輪に合わせ、北京―天津間に高速鉄道を開通させる予定。当初は独シーメンス社型の高速鉄道車両のみを導入する計画だったが、福田首相の訪問で、日本の新幹線車両も同時に採用されることが決まった。

新幹線車両は、山東省の鉄道車両メーカー南車四方機車車両が、日本の川崎重工業など6社の技術を導入して製造。全長120kmの北京―天津間を時速300kmのスピードで、片道わずか30分で走行する。

中国外交部の秦剛(チン・ガン)報道官は、福田首相の訪中を、安倍前首相が果たした「氷を割る旅」と温家宝(ウェン・ジアバオ)首相の「氷を溶かす旅」に続くものと評価。日中関係のさらなる改善と発展に大きく貢献するとコメントした。

福田首相は27日の北京到着後、28日に温首相、胡錦涛(フー・ジンタオ)国家主席、呉邦国(ウー・バングオ)人大委員長と相次いで会談。北京大学での講演も行い、中央テレビで生中継される。29日は温首相と民間友好団体との朝食会に出席し、北京の小学校を訪問する。このほか天津市と山東省も訪れ、孔子廟をお参りする予定という。

(2007年12月 Record China)

 支那畜さんから、福田康夫へのお土産らしいですが、ちっとも、1ミリも日本にとって得るものが無いところが頭が痛くなる程にスバラシイですね。

 ま、川崎重工を始めとする企業には、技術使用料として多少の金は入るのでしょうが、日本企業が日本の工場で生産したものを支那畜に売る訳では無く、あくまで技術を提供して支那企業が支那の工場で生産する訳ですから、日本側には雇用も需要も糞も何も生まれません。

 その上、支那畜どもが製造出来るよう、日本の新幹線の技術を支那畜どもに提供する訳で、まあ、阿呆じゃなければブラックボックス的な部分は守るとは思いますが、そんなものは提供されたその部分を解体して調べれば多少の時間は掛かっても分析可能な訳で、見事なまでの技術の流出となる事でしょう。

 まあ、4~5年後、早ければ2~3年後には、チュウゴク製の胡散臭い偽物の新幹線が、大陸中を駆け回っている事になっているのでしょうね。

 まあ、無償提供という訳では無いものの、恩を着せられて技術提供させられるとは、史上稀に見る外交センスの無い首相閣下です。

 で、こんなスバラシイ朝貢外交を、基地外首相閣下は、こう締め括っておられます。

初訪中は「梅の花咲かせる旅」=福田首相

 【済南29日時事】「胡錦濤中国国家主席が来年の桜の咲くころに訪日する。今回の訪中は『梅の花を咲かせる旅』だ」。福田康夫首相は29日夜、滞在先のホテルで山東省共産党委員会の李建国書記と会談した際、自らの初訪中をこう例えた。

 日中首脳の相互訪問は、昨年10月の安倍晋三前首相の訪中が「氷を砕く旅」、今年4月の温家宝首相の訪日が「氷を溶かす旅」と呼ばれている。温首相は福田首相の訪中について「日中関係に春が来た」と述べていた。

(2007年12月30日 時事通信)

 ま、もう掛ける言葉も見つからないところですが、一言だけ。

 
死ね。

保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

誰も報じない中国の真実 (OAK MOOK 180 撃論ムック)
西村幸祐
オークラ出版 (2007/10/29)
売り上げランキング: 8264
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本は滅びる
5 2010年までは大丈夫だと思いますが・・・
5 中国の闇部には目をつぶり、中国利権に群がる媚中政治家・マスコミ・企業人

中国の黒いワナ (別冊宝島Real 73)
青木直人 西尾幹二 佐藤優
宝島社 (2007/08/09)
売り上げランキング: 36396
おすすめ度の平均: 5.0
5 危ない国 中国
5 なるほど
5 反日国家中国に媚びる媚中政治家・企業人・マスコミの正体


PR情報
色々な職種・働き方から選べる ステップアップ目指すなら【anレギュラー】
どこよりもポイントがもらえてすぐに現金ゲット!300円から交換可能!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
ネトウヨはこれでも自民はミンスよりマシと言い張るのでしょうか?だとしたらただの狂信です。
アベもフクダも同じ北京の犬、すなわち同類でありアベは就任したとたん真っ先に北京詣でを行った「なんちゃってウヨク」に過ぎません。
ネトウヨは公明だけを政権から追い出したいようですが、自公は「融合」してしまっており今更分離は不可能でしょう。
朱に交われば赤くなるといいますが、既に赤く染まった自民にいくら白い絵の具を加えても白に戻らずピンクになるだけでもう手遅れなのです。
次の総選挙ではコイズミ、アベ、フクダと言う現代日本の三悪人の地元有権者が「オラガマチノセンセイ」という意識から脱却できるかどうかが問われると思います。
2007/12/30(日) | URL | WIZARD03 #re8bjFOY[ 編集]
>ネトウヨはこれでも自民はミンスよりマシと言い張るのでしょうか?

言うんでしょうねぇ、きっと。

アジア・ゲートウェイ構想みたいな代物を読んでも、「アベタソは真性保守」なんてキティな事を、恥ずかしげも無く口に出来る人達ですから。

>自公は「融合」してしまっており今更分離は不可能でしょう。

ええ、同感です。

連立を組むにしても、選挙から何から、全てが全て二党間で調整などしていれば、そうなるのも当然ですね。

完全に手遅れです。

>次の総選挙ではコイズミ、アベ、フクダと言う現代日本の三悪人の地元有権者が「オラガマチノセンセイ」という意識から脱却できるかどうかが問われると思います。

まあ、これは、他にも沢山いますからねぇ。

エロ拓さんにバ加藤さん、紅の傭兵に管ガンス、二階俊博に古賀誠、etc、etc…

せめて、投票率が80%くらいにまで上がれば、上がるような社会になれば、半分以上は駆逐出来そうなのですが…
2007/12/31(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
 何ですか、この屈辱的な内容。
 左の方々は、チュウゴク(と言うか特亜)から受ける屈辱は綺麗な屈辱だと思っていることでしょう。私は、屈辱を受けることは面白くありません。こんなの友好なんかではなく、日本をチュウゴクの言いなりにさせただけに過ぎないでしょうに。あっちは属国のようにさせたから喜んでいるんです。
 これは「経済」でも「思想」でも同じです。

 一方、数ヶ月前ですが某人気ブログ(笑)で、「アジアゲートウェイ」が表題に入っているエントリがありました。「おおっ!」と思って開いてみると、完全に公明党のせいにしており、最高の傑作でした。
 いわゆるネットウヨクは自公政権のこのような姿勢を、公明党とか自民党の一部の媚中議員のせいにしています。
 小泉がチュウゴクへの外交姿勢を変えたと思っているようですが、靖国以外何か変わったでしょうか?小泉自身が、「ひとつの問題だけで…」って言っていることで分かると思いますが。

 根本的に自民党は、罪塊の後押しがないと成り立たない政党ですので、親中になるのは当たり前のこと。公明党は対特亜のパイプ役としても都合のいい存在でしょうね。

>>ネトウヨはこれでも自民はミンスよりマシと言い張るのでしょうか?
>言うんでしょうねぇ、きっと。
民主党を非難する要素が、ほとんどすべて自民党にも当てはまるんですが。こういうことを言う人は、気づいていないのでしょう。
2007/12/31(月) | URL | 北之茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
>いわゆるネットウヨクは自公政権のこのような姿勢を、公明党とか自民党の一部の媚中議員のせいにしています。

イデオロギーに固執し過ぎると、考え方が朝鮮ちっくになっていくのは、右も左も同じですねぇ。

>公明党は対特亜のパイプ役としても都合のいい存在でしょうね。

ですね。

ついでに、都合の悪い事は全て公明党に押しつけても、それが公明党の党利になる訳ですから、一石二鳥、まさにWin-Winの関係と言ったところですか。
2008/01/01(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1063-0814ee82