FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → 【支那畜】売国環境ビジネス利権【清和会】

【支那畜】売国環境ビジネス利権【清和会】
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

ODA事業分の温室ガス排出枠を買い取り、日中で大筋合意

 京都議定書の温室効果ガス削減目標達成のため、日本政府や企業が対中円借款事業で生じた温室効果ガスの削減分を排出量として中国から買い取ることで、大筋合意していることが2日、わかった。

 日中両国政府は3月末にも予定される中国の胡錦濤国家主席の来日時に正式合意を目指す。先進国が開発途上国の温室効果ガスの排出削減量を買い取る「クリーン開発メカニズム(CDM)」の一環で、中国との取引が軌道に乗れば、日本は京都議定書の目標達成に向け大きく前進することになる。

 日本の政府開発援助(ODA)をめぐる排出量取引について、中国政府の円借款受け入れ窓口である国家発展改革委員会の幹部が昨年12月、気候変動枠組み条約第13回締約国会議(COP13)の際、日本政府関係者に対して基本的に受け入れる考えを非公式に伝えた。日中両政府は正式合意後、排出量取引の対象とする事業を選定し、CDMとして認可されるかどうか国連のCDM理事会の審査を受ける運びだ。

 1980年度から始まった対中円借款事業のうち、環境関連の事業は約3割の100件。例えば2007年度に供与を決定した円借款事業6件は、甘粛省蘭州市で小型ボイラーを集中型熱供給施設に切り替える「大気環境改善事業」など、いずれも温室効果ガスの削減が見込まれている。この6件に限っても5年間で1000万~1500万トンの排出量取引が可能と試算されている。温室効果ガスの取引価格は公表されていないが、取引が盛んな欧州連合(EU)では、2005年に1トンあたり5~20ドル(約585~2340円)程度で取引された実績がある。

 温室効果ガスを大量に排出する電力や鉄鋼などの産業界は現在、削減目標の大幅な積み増しを迫られている。関係者は「対中ODAで排出量取引が可能になれば、積極的に購入したい」としている。

 京都議定書は日本の目標について、08~12年の温室効果ガスの平均排出量を1990年に比べ6%(約7600万トン)減らすと明記している。このうち年2000万トン(08~12年の5年間では計1億トン)分について、政府はCDMなどで海外から買い取る方針だ。しかし、昨年末までに契約できたのは計638万トンにとどまっている。

(2007年01月03日 読売新聞)

 はい、と言う訳で、自民党清和会がコイズミ、アベ、フクダと三代に渡って作り上げてきた環境売国利権が、目出度く完成しますたよ、と。

 どういう仕組みかって言うと、支那畜さんの、あの大陸を魔大陸へと変容させた驚異の、悪魔の工場から今現在、排出されている二酸化炭素を100として、日本の研究者さん達が一生懸命作り上げた技術でこれを50にまで削減すると、あーら不思議、この削減された50の二酸化炭素は、日本が削減した排出量となる、という仕組みです。

 この権利を「金を出して買い取りませう」というのが、今回の決定の大まかな内容です。

 皆々様よーく御存知の通り、態度だけは一人前でも内実は何一つ伴っていない支那畜サマは、奥義「勝手な時だけ途上国」を駆使され、本来ならば当然、兇徒議定書だの排出権だの、後進国だの云々以前に取り組むべき措置すら講じていない訳で、汚染物質垂れ流し状態。

 そこで、排出量を少しでも削減したい「事になっている」日本政府は、「無償で」、「自国の為」という「大義名分」の下に、魔大陸が垂れ流す二酸化炭素を削減する為の技術を供与します、と。

 で、ここではあくまで「無償」な訳ではありますが、そうする為の権利を、その前の時点、ようするに今、銭っこを出して買い取っている訳で、ようするに、金を出して技術を、北京の紅帝に受け取って貰える仕組みを完成させやがった、という事です。

 政治屋への見返りが何なんかは知りませんが、取り敢えず、これほど見事な売国利権構造は見た事ない、というくらいの素晴しい、偽善者のうす甘サヨクの口を封じ込める事まで考慮に入れた基地外政策。

 と言うか、まあ、兇徒議定書なるものが、何故に日本の京都で、日本主導で採択される事となったのか、もう、うす甘クソサヨクや痔民マンセー馬鹿ウヨク以外の人間には、はっきりくっきりと見えてきましたね。

 まったく、糞政府が異状に力を入れ、マスゴミどもがやたらと称讃するものに、碌な物は無いですな。

 「日本封じ込め」などという生温い代物では無く、日本の国富と技術を海外に、主に支那大陸に移転する為の、「日本亡国化計画」だった、と言っても過言では無いかも知れません。

京都議定書は「売国的」不平等条約

日本政府はCO2排出量規制の期限が迫っているが、政府は「現状のままでは達成できない」と8月に発表した。このままだと、中国やロシアなどに日本が2兆円を払って排出権を購入しなければならない。日本政府の税収は約40兆円なので2兆円は決して安いお金ではない。何故、自称・発展途上国の無節操な公害問題の尻拭いを日本がしなければならないのか?
 実はこの京都議定書なるもの、日本にとって最も不利な条約となっている。例えば、EUの場合はCO2排出の基準値が甘い!なにしろ東欧を含むEU全体、集団で目標を達成すればOK。しかも基準年は90年。つまりドイツは東ドイツの旧型設備の分を参入できるので、97年にはすでに全体としての目標8%をクリアしている。こんな甘い基準にも関わらず、朝日新聞はドイツのメルケル首相来日にあたり「日本は環境問題はドイツにならえ」などとトンチンカンな社説を掲載。実は日本のエネルギー効率は最先端テクノロジーを駆使しているため、もうほぼ限界に達している。なにしろ日本のエネルギー効率はアメリカの2倍、インドの7,4倍、中国の10倍以上なのだ。
 更に理不尽なのは、発展途上国の場合 CO2排出規制にともなう義務はない。CO2排出量  先進国 55% 途上国 45%  (中国・インドあわせて22,4%)。しかも外貨準備高世界一の中国は、こんな時だけ「中国は発展途上国です」とご都合主義をふりかざして、環境汚染のつけを日本の税金でまかなおうとしているのだ。もちろんこれに携わる日本の環境ビジネス企業も儲かる。

 「地球に優しい」にコロリと騙されてはいけない。更にこの話には裏があるが、そのうちまた書きます。

(「大高未貴の世界見聞録」より)

 ま、何にしても取り敢えず、この度、清和会が精力的に取り組んできた売国環境ビジネス利権が、清和会期待の星であった福田康夫くん(学名:Pan troglodytes)によって、完成致しました、と。

 このままでは、我が国は、「自称・発展途上国の無節操な公害問題の尻拭い」をしながら、国富と技術を無節操に海外に移転していく事となります。

 もう、いい加減、口先だけの愛国者、その実は売国利権団体である清和会の政界支配に終止符を打たないと、如何に底力のある日本国と言えども、流石に不味いとしか言い様が無いですね。

 一刻も早い自エンドが望まれます。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))
武田 邦彦
洋泉社 (2007/02)
売り上げランキング: 150
おすすめ度の平均: 4.0
1 たくさんのレビューで評価されているものの、期待はずれでした。
2 環境問題に関心があったので購入したものの・・・
5 21世紀の大問題

環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks (029))
武田邦彦
洋泉社 (2007/09/12)
売り上げランキング: 183
おすすめ度の平均: 4.5
5 武田教授、すいませんでした。
3 環境問題の政治的側面についての本
4 論点の整理


PR情報
▽【注目】 モデルルームオープン情報
【最強プロバイダー比較サイト】他にはないお得なキャンペーンがここに!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
環境保護を大義名分にして支那に銭をめぐむぐらいなら、
国内の貧困層にでも少しはめぐんだらどうだといいたくなってくる。
福田は選挙管理内閣だから事なかれ主義でやっていくのでしょう。
2008/01/03(木) | URL | おしゃか #-[ 編集]
  トラックバックしておきました。

  シカゴとロンドンにすでに「気候取引所」が存在します。どうやら、香港と北京にも排出権取引所ができるようですね。
  国際金融資本は、中国を骨の髄までしゃぶり尽くすようです。当の支那人は、変態マゾのごとく「もっと、もっとして!」と言わざるを得ないようですが(笑)。

  記事を拝見すると、やはり、清和会は金融業界や商社と黒いつながりがあるようですね。環境利権とはよく考えたものです。
  きっと、清和会の大ファンである「保守」「愛国」「ミンスよりマシ」な方々は、中国を環境問題を通じてコントロールするための戦略的方法論だとか言い出すんでしょうね。日本が主導権を握りさえすれば、東アジア共同体も大歓迎とか言い出す阿呆がいるぐらいですから、その程度の脳内変換は余裕でやってのけるでしょう。
  最近、自民党と一緒に彼らがどこまで壊れてくれるか楽しみになってきました(笑)。
2008/01/03(木) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>国内の貧困層にでも少しはめぐんだらどうだといいたくなってくる。

それをやると、ネトウヨもクソサヨも雁首を揃えて「バラマキだ」と批判し始めるような世論を、マスゴミを使って完璧に作りやがりましたからね。

本当に、素晴らしいカイカクですよ。

国内で循環させるべき資金、国内で日本人の為に使うべき技術を、全てガイジン様に呉れてやろう、と言うのですから。
2008/01/04(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
TBありがとうございます。

>当の支那人は、変態マゾのごとく「もっと、もっとして!」と言わざるを得ないようですが(笑)。

ま、所詮は、三流のエンターテイナーに過ぎませんからね。

国際社会のトッププレイヤーのつもりが、自分達の祖先が書いた物語の主役のサルと同じように、もっと巨大な存在の手の平で踊っているだけ。

憐れと言えば憐れです。

尤も、日本も笑ってられませんが…

>清和会は金融業界や商社と黒いつながりがあるようですね。

あるでしょうね、間違いなく。

>清和会の大ファンである「保守」「愛国」「ミンスよりマシ」な方々は、中国を環境問題を通じてコントロールするための戦略的方法論だとか言い出すんでしょうね。

言いそうですねぇw

もう、あそこまで行くと、ある意味立派ですよ。

ノーベル脳味噌ヨーグルト賞ものですw

まあ、実際はそんなモノは無いので、呉れてやるならノーベル平和賞と言ったところですかね。

歴代の受賞者の大半が、脳味噌ヨーグルトな素晴らしい賞です。
2008/01/04(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
 こんなマッチポンプのような工作までして、利権がほしいんですかね。これでも自民党そのものが、媚中政党ではないという人の感覚が信じられません。
 もっとも、媚中政党だらけですので、これが裁かれる事もないと思いますが。

 それにしても、外貨準備高世界一の国というだけで、すでに援助などする必要ないように見えます。カネで買わせるという感覚がないのでしょうか?

>ノーベル脳味噌ヨーグルト賞ものですw
受けたwww

 上田さん所に、典型的発言がまとめられております。
http://blog.goo.ne.jp/sinji_ss/e/46545fea7baa2a5d952cda37f2024452

 本日も某人気ブログ(笑)に、韓国人観光客誘致はみんな公明党になすりつけるエントリが上がってました。
 あの政党を政権に引き入れてるのはどこの政党?公明党が独断で何でもできると思っているの?
 痛々しくて見てられ…いや、楽しんで読んでいます。
2008/01/04(金) | URL | 北之茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
 観光客誘致にしても、コーゾーカイカクで地方が疲弊しているとか、日本人観光客が海外に行ってしまうことが多いとか、もっといろいろな要素があります。
 (私もこの有様ですが)極めて一面的にしか見ていなくて、公明党だけを攻撃している状態。全くの的外れでしょう。ああいうのは。
2008/01/04(金) | URL | 北之茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
>これでも自民党そのものが、媚中政党ではないという人の感覚が信じられません。

軍事、それも、目先の軍事費などでしか物事を考えないから、そうなるのでしょうけど、まあ、悲惨ではありますね。

踊らされるご主人様が替わっただけで、マスゴミに踊らされて自虐史観していた時から、実は少しも前進していない訳ですから。

>本日も某人気ブログ(笑)に、韓国人観光客誘致はみんな公明党になすりつけるエントリが上がってました。

まあ、「ミンスよりマシ」「ミンスのマニフェストはこんなにヒドい」と呪文のように繰り返している人達よりかは、かなり生産的なんじゃないですかねw

こっちとしても、あのカルト学会に、そうは手を煩わせてもいられない状況ですし。

それにまあ、散々、あの腐れ学会を叩いて頂いた後、仰るように「じゃあ、その腐れ学会のイヌっころを与党に引き入れているのダーレだ?」ってやっちゃえば、転じて自エンドになっちゃいますからw
2008/01/05(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1068-257fbd1a
  最近、語学の勉強をかねて、週に2、3日は英字新聞を読むようにしているのですが、日本語のメディアが取り上げない記事がたくさん出て...
2008/01/03(木) | 日々是勉強
   ||| 暗殺の真相を迷宮入りさせるな ||| ブット暗殺の真犯人こそパキスタン民主化とテロ戦争の敵である ベナジル・ブット元首相の暗殺は、衆人環視の中で堂々と行なわれた。現地のテレビ局も実況で放送していた最中であり、他にも多数のメディアカメラマンが暗...
2008/01/06(日) | 米流時評