FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ皇室 → 神州は沈まない

神州は沈まない
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

皇室典範改正案、今国会提出は慎重判断…首相軌道修正
 政府は8日、女性・女系天皇を容認する皇室典範改正問題について、今国会へ改正案を提出するという従来の方針にこだわらず、改めて慎重に検討する方針を固めた。

 秋篠宮妃紀子さまのご懐妊により皇室をめぐる環境が変わったことを踏まえ、世論や与党内の議論を見極める必要があると判断した。

 政府は改正案の作成作業は予定通り進めるが、今国会への提出を見送る可能性もある。

 小泉首相は8日午前の衆院予算委員会で、皇室典範改正案の扱いについて「国会で、各党が冷静に穏やかに議論されることが望ましい。その結果を見てから判断する問題ではないか」と語った。また、「だれもが『こういう改正が望ましい』という形で成立することが望ましい。今は賛否両論があるが、慎重に審議し、政争の具としないように取り運びたい」と述べた。

 首相は今国会に改正案を提出、成立を目指す考えを示していたが、自民党内などで「紀子さまに男子が誕生する可能性がある以上、提出を見送るべきだ」との慎重論が強まったのを受け、軌道修正したと見られる。

 民主党の笹木竜三氏の質問に答えた。

 安倍官房長官は8日午前の記者会見で、「(女性・女系天皇を容認する)皇室典範に関する有識者会議の報告について自民党内で勉強を進めると聞いている。議論を政府としても見守っていきたい。首相も同じ考えだ」と述べた。改正案提出を判断する時期については、「今の時点で『いつまで』と言うのは適切ではない」と語った。
(2006年2月8日15時2分 読売新聞)

 頑固一徹改革馬鹿小泉首相も、ここへ来てやっと人の話を聞く気になったようです。

 ご懐妊されている最中に、改正案の作成を続けるだけでも不遜極まりない行為ではありますが、人の話を聞こうという態度を見せただけでも、まあ良しとすべきでしょう。

 小泉首相は寧臣の甘言に踊らされ、亡国への道筋を作った馬鹿宰相の名を被りたくなければ、この機会にもう一度きちんと勉強し、考え直すことをお勧めします。

 話は逸れますが、私は今回の一件で「Kの国」を味方につけた勢力は必ず敗北するという、例の「法則」を思い出してしまいました。

 国民からの強い不信感がありながらも、与党が三分の二を占めるという、圧倒的な数の力をもって、強引にこの「皇室典範改正案」を可決してしまおうと企んでいた所に、「Kの国」の走狗である社民共産両党、そして政界一の方向音痴である加藤山崎両氏が加担してくると同時に、秋篠宮紀子妃殿下ご懐妊、そして世論及び自民党内からの強い慎重論と、敗北への道まっしぐらと突き進んでいった展開は、私に「Kの国」の法則は本当に存在するのかも知れないと思わせるに十分でした。

 話を元に戻します。

 しかし、我々はここで油断をしてはいけません。

 悪辣なる共産主義者は、たとえ一時的な撤退を余儀なくされても、決してこの亡国法案を諦めようとはしないでしょう。

 我々は日本の偉大なる歴史と文化の結晶である「皇統」を絶やさぬため、一時的にこの問題が沈静化されても「男系による皇統の継承」の重要性を訴え続け、子々孫々この伝統を絶やさぬ為の方策を思案し続けていくべきであります。

 「これは終わりではない。これは終わりの始まりですらない。しかし、あるいは、始まりの終わりかも知れない」(ウィンストン・チャーチル)

人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ

皇統断絶―女性天皇は、皇室の終焉
中川 八洋
ビジネス社 (2005/04)
売り上げランキング: 94,531


スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
力強い
2006/02/09(木) | URL | 竹 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/09(木) | | #[ 編集]
>竹さん

お褒めの言葉ありがとうございます。
2006/02/09(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/107-5f969080