FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 北京五輪崩壊序曲

北京五輪崩壊序曲
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

天滅中共

スピルバーグ監督、北京五輪の式典顧問“降板”濃厚に

 【北京=竹内誠一郎】8月に開かれる北京五輪で、開閉会式の文化芸術顧問に就任予定だった、米映画監督スティーブン・スピルバーグ氏の“降板”が濃厚となった。

 スピルバーグ氏はこれまでにも、中国政府によるスーダン・ダルフール紛争への対応を不満とし、辞退を示唆してきたが、北京五輪組織委員会の幹部は「開閉会式演出案の知的財産権の帰属を巡って、そもそも合意できていない。最近は連絡も取っていない」と明かす。

 文化芸術顧問は、開閉会式の総合プロデューサーを務める映画監督の張芸謀氏に、演出のアドバイスをする立場で、スピルバーグ氏は2006年4月に就任を要請された。だが、スーダン・ダルフール紛争を巡って中国の姿勢を批判している、女優でユニセフ親善大使のミア・ファローさんら活動家から、「中国(の五輪)を支援するのか」と批判されたことを受け、スピルバーグ氏は07年7月、広報を通じ、「中国政府のスーダン政策に改善が見られなければ、(顧問の就任)辞退も検討する」と示唆していた。

 この間、同氏の顧問就任交渉は全く進展せず、五輪組織委の蒋効愚・執行副会長は「契約書は作成したが、まだサインをもらえていない」という。また、ある幹部によれば、交渉不成立を公表することも内部で検討したが、控えたという。スピルバーグ氏側はコメントを避けている。

 8月8日の開会式は、演出内容がほぼ固まり、本格的なリハーサルが3月から始まる予定。五輪組織委は、「大部分は中国人が演出した。五輪史で初めて、組織委が外注せずに自力で作った開会式となる」と説明している。

(2008年01月05日 読売新聞)

 ま、極めて当然、当たり前の話の流れと言ったところでしょうか。

 旧日本軍の過去の蛮行だなどと、ある事無い事、と言うか主に無い事を、思い付くがままに口にして恥を晒し続けている嘘吐き民辱、支那畜人な訳ですが、過去も糞も無く、この連中は、現在進行形で、チベットや東トルキスタン、内モンゴルなどの少数民族を弾圧、虐殺し続けており、ダルフール紛争に関しても、積極的にスーダン政府を支援して虐殺を拡大させ続けている、現代国際社会の「悪の華」と呼ぶべき存在な訳です。

 こんな連中による、世界最悪の大量虐殺者集団政府の国威掲揚の為のイベントに出席、それも顧問として出席などしても、失うものばかりで得るものなどは何もありません。

 如何に金を積まれたところで、その為に失う名誉、信用を考えれば、「百害あって一利なし」と言うものです。

 成金のブタ野郎が「金で買えない物は無い」などと誇らしげに絶叫する荒んだ世の中ではある訳ですが、それでもまだ、名誉と信用だけは金で買う事が出来ないという事を、スピルバーグ氏は分かっている、という事でしょう。

 分かってない代表が、我が国の政治屋と罪怪塵な訳で、真剣、日本国民は、この連中の支那畜に媚び続ける醜態に対して、もっと声を荒げて怒りをぶつける必要があると言えます。

 現在進行形でホロコーストを続ける国、世界中の虐殺や紛争を支援し続ける国の国威掲揚の為のイベントを支援する会を、現役の国会議員が結成しているなど、国辱もいいところだというものです。

 ま、諦めの悪さは天下一品の支那畜どもは、これからも誇大宣伝を続けながら、ジェノサイド五輪の成功を目差し続けるのでしょうが、どう足掻いても、この流れは止りはしないでしょう。

 この件とは直接関係はありませんが、華僑による豪州の乗っ取り計画も、余り上手くいっていない様子ですしね。

日本の捕鯨活動をめぐり、豪政府に対する批判の声

 【キャンベラ4日AAP】豪政府は南極海での日本の捕鯨活動を監視すると公言していたが、巡視船はいまだに派遣されておらず、政府への批判の声が上がっている。

 スティーブン・スミス豪外相は先月19日、税関巡視船「オセアニック・バイキング」をフリマントル港から出港させて日本の捕鯨活動を監視すると発言していた。しかし巡視船はいまだに出港しておらず、捕鯨活動を記録するための偵察機にいたっては使用登録も済んでいない。

 政府は弁明に必死で、スミス外相、デーブス内務相、ギャレット環境相による共同声明が4日に発表された。この中では「オーストラリアは東京で反捕鯨国30カ国と欧州委員会が参加した大規模な国際的抗議を先導しました。またスミス外相は先月21日に日本の外務大臣と個人的に会談し、オーストラリア政府が日本の調査捕鯨に強く反対していることを伝えました」と述べられている。しかし、なぜ巡視船と偵察機が派遣されていないのかについての説明はなかった。

 一方、グリーン党のレイチェル・シーワート上院議員は「労働党政権は口先だけで行動が伴っておらず、自由党ハワード前政権とほとんど変わりがない」と批判している。

 国際的な批判がある中、日本は今シーズン、ミンククジラ935頭とナガスクジラ50頭の調査捕鯨を計画しており、現在南極海周辺で捕鯨活動を行っている。

(2008年01月04日 Australia NEWS)

 首相に「親中派」とかいう基地外中の基地外が就任しても、常識と良識のある官僚あたりが、抵抗勢力として頑張っているのでしょうね。

 極東の何処かの国のように、表面だけを論われて「既得権益者」だの何だのと、無思慮に叩かれてなきゃいいですけど、この前に記事にしたバカオージーどもを見ていると、そんな予感は緊緊とします。

 この後、良識が勝つのか、それとも、官僚などを「ワルい抵抗勢力」「既得権益者」と決め付けて掛かって、狂った構造改革に走ってしまのかが、豪州の運命の別れ道だと言えるでしょう。

 で、話を戻しますが、結局、どんなに粋がったところで、実力以上の事なんか出来はしないし、やろうとしたところで、自分から墓穴を掘って本来なら背負う必要の無い苦労まで背負い込むのがオチ、世の常だという事です。

 我が国が、日本が、失われた10年によって、その後のコイズミ構造カイカクによって、徹底的に、ここまでコテンパンにされているにも関らず、それでも、世界でトップクラスの好かれている国、トップクラスの良い影響を与えている国であり続けているのは何故なのか、日本人は、その事をもう一度よく考えるとともに、もう少し、自信を持って国際社会と向き合うべきだと言えるでしょう。

 クソサヨクやカイカクバカの言うように、世界の真似をしなければ日本が衰退するなどというのは、真っ赤な大嘘です。

 日本が日本で在り続けた事、日本人が日本人で在り続けた事こそが、その主たる要因である事を、もっと強く自覚、認識する必要があると言えます。

 ま、何か途中から全然関係無い話になってしまった訳ですが、ここから話を元に戻すのも難しそうなので、この辺で締めさせて頂く事にします。

 一応、無理矢理に絡めるならば、そういう日本の方向性とは真逆の方向を行っているこの連中との友好関係など百害あって一利なしで、そんな連中の国威掲揚の為の腐れイベントには、阿呆な政治屋や基地外の罪怪塵の連中は放っておいて、まともで理性的な日本人は反対しましょう、という事で。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

誰も報じない中国の真実 (OAK MOOK 180 撃論ムック)
西村幸祐
オークラ出版 (2007/10/29)
売り上げランキング: 11964
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本は滅びる
5 2010年までは大丈夫だと思いますが・・・
5 中国の闇部には目をつぶり、中国利権に群がる媚中政治家・マスコミ・企業人

中国の黒いワナ (別冊宝島Real 73)
青木直人 西尾幹二 佐藤優
宝島社 (2007/08/09)
売り上げランキング: 22691
おすすめ度の平均: 5.0
5 危ない国 中国
5 なるほど
5 反日国家中国に媚びる媚中政治家・企業人・マスコミの正体


PR情報
コピー機を買い換えたい方必見!格安で購入できます!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1071-402760e1
 身近なところに死が訪れました。私をかわいがり、大切にしてくれた祖母が、3日に亡くなりました。私は、昨日、通夜とお葬式に参列していました。  ホントに、人が死ぬと、その人の存在感と言うものがなくなるものだなとしみじみと感じました。そして、...
2008/01/06(日) | ダブルムーンの独り言
ホロコースト に関するブログのYahoo、Google、Goo、Livedoor検索による最新の口コミ情報をお届けします!…
    ||| 自ら墓穴を掘ったヒラリー ||| 08年大統領選・民主党最有力候補から傷ついた敗北者へ一夜で転落 ヒラリーの敗因は、彼女自身のエゴと Likability=好感度の欠落 意地悪婆に天罰が下った。いきなりの暴言でえげつないことこの上ないのだが「ヒラリー3
2008/01/08(火) | 米流時評