FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 事大狂想曲~Rhapsody in Toadyism~

事大狂想曲~Rhapsody in Toadyism~
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 奇跡のお笑い芸人にして狂気の亡国奴、盧武鉉大統領閣下の退陣、そして、その愉快な仲魔達であるハンナラ党政権が終曲を迎えた朝鮮半島ですが、やはりと言うべきか、当然のように、予測通りの行動に出てきた模様です。

日本統治時代、再評価?韓国で「京城ブーム」

 【ソウル=黒田勝弘】韓国で“京城ブーム”が起きている。「京城」とは韓国(朝鮮)が日本に統治されていた時代(1910~45年)のソウルの名称。韓国では近年、日本統治時代の歴史を収奪、抑圧、抵抗だけの「暗黒史観」ではなく、近代化による社会や人びとの多様な変化を発掘し再評価する、歴史見直しの動きが活発だ。それがさらに大衆的な広がりを見せ、新年には30~40年代が背景の映画が続々、公開される予定で話題になっている。

■韓国映画、ドラマに続々

 すでに昨年、テレビドラマ「京城スキャンダル」や映画「奇談」、演劇「テレホン・モダンガール」など当時の世相を素材にした京城モノが登場し注目された。今年は映画だけでも「ラジオ・デイズ(ラジオ時代)」や「モダンボーイ」「ワンサポナタイム(もういちど)」「いいヤツ、悪いヤツ、おかしなヤツ」などが封切り待ちだ。

 韓国で日本時代が登場するドラマや映画といえば、もっぱら抗日独立運動がからんだ愛国モノだった。しかし最近の作品は「モダンボーイ」「モダンガール」で象徴されるように、当時の新しい文化や風俗、人びとの新しい生き方などを描いたもので、“抗日”は添え物にすぎない。

 30年代のソウル(京城)は、日本経由でもたらされた近代的な洋風文化が人びとをとらえ、洋装ファッションはもちろん喫茶店、カフェ、レストラン、映画館、百貨店などが定着した。思想的にもマルクス主義やアナキズム(無政府主義)、デカダン(退廃主義)などが流入し、ラジオドラマが人気を呼んだ。

 新時代、新文化の中で新女性など新しい人間像が生まれたが、それらはこれまで韓国で歴史教科書などを通じ教えられてきた「暗黒の日帝時代」のイメージとは異なるもので、若い世代を中心に関心を呼んでいる。

 京城ブームのきっかけは、当時の新聞漫画を紹介した本「モダンボーイ、京城をぶらつく」(2003年出版)といわれ、以降、「京城奇談」「黄金狂時代」「ラッキー京城」「京城哀史」「京城の劇場漫談」など京城モノの出版が続いている。

 こうした“歴史見直し”についてマスコミは「日帝時代にも楽しいことはあったという視角で30年代を新しく見ようという試み」(ハンギョレ新聞)であり、「今や慰安婦や強制労働、貧困など低開発の汚らしい記憶に代わり、われわれもどこか、カッコよく洗練された過去を持つことになった」(週刊ハンギョレ21)などと評している。

 また、ある文芸評論家は「日本植民地時代を抑圧と搾取の暗い半封建的状態だったとする考え方から抜け出し、現代的な生き方が確立する時期だったという歴史的事実を映画や文学などがいち早くとらえたもの」(韓国日報)と評価している。

(2008年01月06日 産経新聞)

 まあ、言っている内容自体は、以前より我々が主張していた内容に極めて近く、朝鮮っとは思えない真っ当さではある訳ですが、問題はそのような事では無く、何故今、このタイミングで、韓国経済が韓国国民の手から勧善に離れて没落に向かって一直線の最中に、反日原理主義社の盧武鉉くんが退陣した途端に、このような意見が、降って湧いたかのようにメインストリームに出てきたか、という事です。

 間怠っこしい言い回しは止めにして、ストレートに言い切ってしまうならば、これを、「韓国人が改心し、歴史に対して真摯に向き合い始めた」などと言う人は、余りにもお人好しが過ぎる、半島ウォッチングが足りないと言えるもので、韓国が現在迎えている難局を、「日本の力」で乗り切る為の一策に過ぎない、と言えるものです。

 もっと短く言い纏めれば、要するに「事大」です。

 完全に予測内の出来事とは言え、こうも早く、まるで今までの経過が無かったものであるかのように態度を一変させて来るとは、流石は世界最高峰の事大民俗と言うか何と言うか、まあお見事です。

 そして、それを、産経で、黒田氏が逸速く報じるコンビネーションも見事と言うか何と言うか、翼くんと岬くん、或いはピエールくんとナポレオンくんのコンビプレイを思い浮かべてしまう程。

 そして更に、この連中の同胞である北の基地外も、ここに仕事師カルツくんばりのナイスアシストを決め、韓国の日本への事大を後押ししています。

日本の対韓協調強化を非難 北朝鮮「労働新聞」

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は5日、日本が韓国の李明博新政権との協調強化を模索、6カ国協議でも一層の日韓協力を進めるとの立場を示していることを「(対北朝鮮)圧力での協調だ」と非難、「わが国はより強力に対応せざるを得なくなる」と牽制(けんせい)する論評を掲載した。

 今年初の対日論評。対話再開などの呼び掛けはなく、今後の日韓関係の強化を強く警戒する内容となった。

 北朝鮮メディアとしては初めて、韓国で昨年12月に大統領選挙が行われたことを伝えたが、李氏の当選など結果には触れず、「南朝鮮(韓国)で誰が執権しようとわれわれには関係ない」と述べた。(共同)

(2008年01月05日 産経新聞)

 「単純なネットウヨクは、北鮮が日韓の協力を嫌がる態度を見せ、歴史問題でほんの少しの譲歩を南鮮がする素振りを見せれば、これは良い事だと思い、日韓友好マンセーと叫び出すに違いないニダ」

 とまあ、こういう風にバカにされとるという事ですよ、日本のネトウヨ諸士は。

 朝鮮と産経に。

 ま、朝鮮半島の位地が我が国の国防にとって重要な位置である事は、今も昔も変わらない事実であり、事大を受け入れ、バ韓国を対支那の包囲網の一角とする事に、メリットが皆無であるとは言えません。

 ただ、一応は忠告しておくと、今、この連中が今までの事が無かったものであるかのように、態度を豹変させたように、情勢がある程度まで落ち着いてくれば、また、それまでの事が無かったかのように、態度を一気に豹変させるでしょうね、この連中は。

 私を狭量な偏屈者と見做し、日韓友好とやらに走るのも、やはり、半島人は信用ならないとして、徹底して突き放すのも自由ではある訳ですが、中途半端な態度、例えば、今、政府が北鮮に対して取っているような、「国交正常化が前提ではあるものの、世論が許さないから拉致解決までは何の話も進めません」的な態度は、止めた方が無難でしょう。

 それは、単純に国益にも何も繋がらないだけでは無く、半島の連中から余計な怒りと不信を買う事に繋がり、連中の反日感情を、更に強めてしまう事にしかなりませんから。

 人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

生活者の日本統治時代―なぜ「よき関係」のあったことを語らないのか
呉 善花
三交社 (2000/12)
売り上げランキング: 148993
おすすめ度の平均: 4.0
1 親日派というより、嫌韓流迎合者。
4 副題を理解したい
3 加害者の側に立とうとする心理とは

韓国は日本人がつくった (WAC BUNKO)
黄 文雄
ワック (2005/05)
売り上げランキング: 104609
おすすめ度の平均: 4.5
5 つまり、朝鮮は千年属国から万年属国になる‥。
5 それでいいのか韓国人
4 少々読みづらいが良書だと思う


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
【最強プロバイダー比較サイト】他にはないお得なキャンペーンがここに!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
はじめまして!
とれまが人気ブログランキング運営管理局です。

この度、ポータルサイト「とれまが」から人気ブログランキングがスタートしました。

▼詳細はこちら
http://blogrank.toremaga.com

シンプルで高機能な、新しいブログランキングサービスです。

会員登録、特別なリンクタグは必要ありません。
しかも、アクセスアップに役立つ機能がいっぱい!
全て直リンクでリンクされ、検索エンジン対策にも有効です。

オープンしたての今なら、あきらめていた人気ブログランキング上位も狙いやすい!
この機会にぜひご参加ください。
ご参加お待ちしております。

▼詳細はこちら
http://blogrank.toremaga.com
2008/01/07(月) | URL | とれまが人気ブログランキング運営管理局 #-[ 編集]
これは共産党や社民党などの極左、在日、日教組がどういう反応みせるんでしょうか、気になります。

まあ、結局は日本の金を狙っているのは変わりはないでしょうが、歴史認識やらでは利用できそうです、後はこれを支那の反韓と合わせて利用できれば北朝鮮も含め利益になってくれればいいんですが。


それと小沢氏はこの辺り読んでいたので、朝鮮と支那と一定の距離持っていたのでしょうか、考え過ぎですかね。

2008/01/07(月) | URL | む~ #-[ 編集]
キムジョンイルを含む朝鮮の首脳部は、日本人のメンタリティを熟知しているようですね。戦前の「日朝同祖論」のような言論が沸き起こってくる可能性もあります。注意が必要でしょう。

ネット右翼、バカ保守の反応ですが、結論としては浪人さんのおっしゃる通りになるでしょう。最初は「警戒しなくてはいけない」みたいなことを言うんでしょうが、愛国と称する国家主義者の集まりである右ブロガーは、一定期間褒めそやかされると気が変わるでしょう。やがて、政治ブログランキング(笑)上位ブロガーあたりが、「韓国も変わりつつある」「あの国にも分かる人間はいる」などと言い始めます(そのブロガー自身、統一などの工作員かもしれない)。そして、気付いた時には北朝鮮「だけ」を悪者にするという展開です。冷戦の頃のように左右のイデオロギーしか頭にない馬鹿どもがハマりそうな罠です。

だいいち、安倍が夫婦ぐるみ、一族総出で韓国びいきだという事実を指摘すらしなかったのです。人気ネット右翼や自称保守、自称愛国というのは、産経同様「親韓国」なんですよ。

そうでない右寄り連中も、感情論しかないから、向こうが猫なで声で来るとコロッとやられちまうわけです。戦前と何も変わっていません
2008/01/07(月) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
いまの南の事大なんて形だけですね。
本当に日本に事大しているのなら首都の名前が変わっていますよ。
京城(けいじょう)自体、昔の朝鮮の王族が使っていましたから。
でも、こんな単純な演技に騙される人たちもまだまだいるんでしょうね。
特に年配の世代の人たちに。
2008/01/07(月) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>これは共産党や社民党などの極左、在日、日教組がどういう反応みせるんでしょうか、気になります。

恐らくですが、華麗にスルーだと思います。

今更、昔みたいに「韓国は軍国主義政権だ」などと批判も出来ないでしょうし。

>それと小沢氏はこの辺り読んでいたので、朝鮮と支那と一定の距離持っていたのでしょうか、考え過ぎですかね。

どうでしょう、読んでいたとは思うのですが。

剛腕というあだ名の割には、細やかな動きをする人ですから。

ただまあ、小沢民主席だけでは無く、福田も小泉も森も、ある程度の予測はしていたと思いますので、それよりも、連中の動きの方を警戒しておくべきかも知れません。
2008/01/08(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>キムジョンイルを含む朝鮮の首脳部は、日本人のメンタリティを熟知しているようですね。

まあ、あの半島のある程度以上有能な人材は、基本的に日帝残滓ばかりですからねぇ。

ノウハウは受け継がれているのでしょうね、きっと。

>上位ブロガーあたりが、「韓国も変わりつつある」「あの国にも分かる人間はいる」などと言い始めます(そのブロガー自身、統一などの工作員かもしれない)。

確かに、そんな予感は緊緊としますね。

>人気ネット右翼や自称保守、自称愛国というのは、産経同様「親韓国」なんですよ。

いえいえ、連中は親韓国なんてイイモノじゃありませんよ。

本当に親韓国なら、「今のような事は連中の為にならないから、蹴飛ばしてでも突き放し、独り立ち出来るようにさせよう」と言う筈ですから。

単なる小中華主義者では無いかと思います。

>戦前と何も変わっていません

そういう事なのでしょうね。

変わるべきでは無かったところは、沢山変わってしまったのですがねぇ。
2008/01/08(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>いまの南の事大なんて形だけですね。

その通りだと思います。

しかし、仰るように、騙される人は結構いるでしょうね。

何とか、被害を最小限の抑えにゃなりませんが、問題はそれを里謡しようとするであろう福田のアホです。

せめて、韓国とどうしても付き合わねばならないにしても、それを少しでも国益に転化しようとする努力くらいはする人間が首相なら、少しは気が楽なんですけどねぇ。
2008/01/08(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1072-fcae2ab9
 当地は大雪の正月になりましたが、今年もどうぞ宜しくお願いします。  昨年は、予想外のことが沢山ありました。でも、全体として日本は平穏に流れた様に感じます。安倍首相辞任には驚きつつ、只今大方の日本人は公を忘れているから仕方が無かったと納得する次第。それ...
2008/01/08(火) | 陸奥月旦抄
  ||| バラク・オバマはケネディの再来か ||| 人種・党派を超えて人心に訴えるオバマはアメリカを再生するか ニューズウィークコラムニスト、エレノア・クリフトのオバマ評 米国時間2008年1月4日 | エリノア・クリフト/ニューズウィーク |『米流時評』ys...
2008/01/09(水) | 米流時評
 ||| 民主クリントン 共和マケイン逆転勝利 ||| 開票4割時点でマケイン38%、ロムニー30%でカムバック勝利 クリントン39%がオバマ37%の僅差で逆転勝利 エドワーズ3位 米国時間 2008年1月8日午後9時34分 | NBCニュース速報 | 『米流時評』ysbee 訳 ...
2008/01/09(水) | 米流時評