FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ医療崩壊 → 基地外カルトの創造する世界

基地外カルトの創造する世界
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 さて、支那畜生やインドなどがアメ公を始めとする所謂「先進国」に勝てないとされる理由の一つとして、優秀な頭脳がどんどんと海外へ流出しているという事が挙げられる訳ですが、我が国も、笑って見ていられる状況ではなくなって来ている模様です。

若い外科医が海外に逃げていく--もう1つの医療崩壊

 2004年の医師卒後臨床研修必修化に端を発した、勤務医不足が日本を覆いつくしている。今年あたりから、その水面下で進行する「もう1つの勤務医問題」が表面化してくるかもしれない。それは、若い優秀な外科医の国外流出問題だ。

 コロンビア大学メディカルセンターに勤務する心臓外科医の田端実氏は、1999年に東大医学部卒業後、日本で5年間研修を積み、2004年に渡米。29歳のときに、最年少で米国の名門病院ブリガム・アンド・ウィメンズ病院の心臓外科フェローとなった。

 大学6年からUSMLE(米国医師資格試験)の勉強を始め、卒後3年目には米国で臨床に携われるStep3まで修了した。一昔前まで極めてまれだった、こうしたキャリアパスを選択する若い外科医が目につくようになった。

 2004年の医師卒後臨床研修必修化により、勤務医の就労環境が激変したことは、1年ほど前から一般メディアでも盛んに報じられている。

 それまで医師の人事権は「大学医局」が完全に掌握していたが、臨床研修必修化を契機に、研修医が自由に研修病院を選ぶようになった。その結果、医師が自発的に行きたがらないへき地などで医師不足が生じ、それを調整しようとすると他地域の医師の労働が過重になるという悪循環に陥った。

 加えて、患者の医療に対する要求が強まり、医療訴訟が急増。さらには、手術などの結果が悪いと、検察が介入し刑事訴訟に発展するケースも目立つようになり、勤務医はそうしたストレスにもさらされ、疲労しきっている。いわゆる「医療崩壊」だ。

 そして、この「医療崩壊」の陰で徐々に進行しつつあるのが、優秀な外科医の国外流出だといえる。まだ水面下の小さな動きではあるが、今年辺りから新たな問題として表面化してくる可能性がある。


(2008年01月09日 日経ビジネスオンライン)

 ま、当然と言えば当然の流れだと言えるのでしょう。

 絶対的な医師不足の中、少ない人数での過酷な勤務状況の中、それでも必死に働き続けても、何かあれば医療事故を疑われ、責められ、追求され、挙句には告訴、下手をすれば刑事訴訟される始末。

 医者だって人間な訳であり、自分の生活があれば人生もあり、このような状況の中で、「それでも、生命を救う為に尽力するのが医者の使命ではないか」などと綺麗事を吐けるのは、余程に立派な人格者か、或いは、全く関係のない外野の人間、例えばマスゴミのような無責任を絵に描いたような連中だけだというものです。

 そこに加えて、基地外の自公政権は、ただでさえ過酷な勤務実態を直視する事も無く、産経や日経を始めとした御用マスゴミを巧みに使って「医師=金持ち」のイメージを拡散させ、足りない医療費を更に削減する始末。

8年ぶりの診療報酬本体引き上げだけど…

第10回「2008年診療報酬改定」

 2002年以来マイナス改定が続いていた診療報酬改定について、政府・与党は12月18日、次回(08年4月)の改定で本体部分を8年ぶりに引き上げることを決めた。しかし、薬価や材料などの価格(薬価部分)は1.2%引き下げられるため、診療報酬トータルでは0.82%の引き下げ。増額されるのは医療費換算でわずか約300億円にすぎず、「われわれには回ってこないので関係ない」と中小病院には諦めムードが広がっている。今後は個別項目の点数配分をめぐる議論が焦点になるが、積み残しとなっている課題も多く、その行方が注目される。(新井裕充、兼松昭夫)

(中略)

■ 今後の焦点

 次期診療報酬改定に当てる財源の大枠が固まったことで、今後は個別項目の点数配分をめぐる議論が焦点になる。

 まずは積み残しの項目を審議し、その後、点数設定の議論に入る予定。8年ぶりの本体引き上げとはいえ、確保された約300億円がすべての医療機関に行き渡るとは考えにくい。実際の点数配分次第では、「実質マイナス改定」になるケースが出てくることも考えられる。

 特に中小病院の受け止め方は冷ややかだ。A病院(一般265床)の医事課長は、「まったく期待していない」と切り捨てる。

(2007年12月28日 キャリアブレイン)

 基地外マスゴミの連中は、医療崩壊を憂う素振りをしながらも、この件を「診療費のアップ」という側面からしか報道せず、挙句には、「これはカイカクの後退に繋がるのでは」などと基地の何万光年も外な事を言い出す始末だった訳ですが、結局、内実としてはこんなもの、其の場凌ぎの御為倒しに過ぎなかった、という事です。

 「医療費削減反対」、「医療崩壊」と五月蠅いから、適当に誤魔化して騙しておこう、と。

 それでも、聡い人間が気付き、この事について追求してきたら、「出来るだけの努力をして、一応は診療費の本体は上げた。日本は借金だらけなので、今はこれが精一杯」と何時ものデマゴギーを持ち出し、逃げるつもりでいるのでしょう。

 冒頭の日経ビジネスオンラインの記事は、若い医師の海外への流出の原因を医局の衰退と見ているようですが、勿論、それもある訳ではありますが、それも含め、結局のところ、全ての原因を作っているのは政府、そして、中立面、或いは国民の味方面をしながら、連中のデマゴギーを散蒔いているマスゴミにあると言えます。

 そして、この政府の無策、というか基地外策が作り出した医療崩壊を、カイカク真理教信者どもは、このような手法で解決しようとしています。

外国人医師の診療解禁…厚労相

地方特区限定で検討

 舛添厚生労働相は26日、都内で開かれた全国知事会との意見交換会で、日本の大学医学部で学んだ外国人医師について、「日本の医学部で勉強し、博士号を取った人ならば、当然(医療活動を)やるべきだ。特区などの経験を使いながら、開かれた国であっていい」と述べた。

 地方を中心に深刻化する医師不足対策として、将来的に、構造改革特区などに限定する形で、日本国内での外国人医師の医療行為を認めるべきだとの考えを表明したものだ。

 新潟県は、過疎地における外国人医師の医療行為を認める構造改革特区を国に申請している。同県の泉田裕彦知事は、舛添厚労相との意見交換会で、「新潟大医学部の博士号を持っている外国人で、日本で医療行為をしたい人はいる。過疎地に限定してもいいので、特区で認めてもらいたい」と述べた。舛添厚労相はこれに答える形で、医療制度を10年程度かけて見直す「長期ビジョン」に関連して、外国人医師の医療行為解禁に言及した。医師法は、外国の医師免許を持つ医師が日本国内で医療行為をする場合、日本の医師国家資格取得を義務づけている。しかし、日本語能力が十分ではない、などの理由で国家資格を取得できないケースが多いとされている。

(2007年11月26日 読売新聞)

 言うまでも無い事ですが、日本の医師が置かれている状況と言うのは、先進国の中では最低中の最低であり、間違っても、一流と呼ばれる医師が、わざわざ恵まれた環境を捨ててまで日本に来る可能性は皆無です。

 大体、医師数が足りない原因は、政府による医療費の抑制政策により、病院が十分な医師数を確保するだけの経営利益を上げられない事も挙げられる訳で、一流などを呼び寄せる事は、そもそも不可能です。

 そういった事を踏まえて考えると、これは、カイカク真理教の最大の教えの一つである「ケイヒサクゲン」の考え方に則している可能性が非常に高く、怪しい怪しい、医師免許を与えられた事が不思議なやさぐれ者、自国内では評判が悪過ぎて職に就けないような者を「低賃金」で集めるつもりである可能性が非常に高いと言えます。

 国内の優秀な人間が海外で活躍し、日本国内では、諸外国の溢れ者が遣っ付け仕事を低賃金で請け負う。

 日本の農産物を海外へ高級品として売り捌き、国内には人類抹殺兵器「チュウゴク蝕貧」を大量に流通させ、国民の胃袋を養うという、いかれた農業政策と全く同じ方向性だと言えるでしょう。

 日本国民は、いい加減に、「グローバリズム」という名のカルトの胡散臭さに気付かねばなりません。

 そして、「財政破綻」なるものが、それを推し進めたい、ケイヒをサクゲンしたい政府とグローバリストどもによるデマゴギーであると気付く必要があります。

 このまま行けば、我々日本国民を取り囲む物の全てが、同じ方向に向かって行く事となるでしょう。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実 (新書y 180)
本田 宏
洋泉社 (2007/09)
売り上げランキング: 871
おすすめ度の平均: 4.0
2 批判するならば正確な記述を
5 医療現場からの警鐘
5 厚生官僚の空恐ろしさがよく分かる本

医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か
小松 秀樹
朝日新聞社 (2006/05)
売り上げランキング: 1662
おすすめ度の平均: 4.5
4 全ての国民に向けた問題提起
5 医療現場に、絶滅したはずの「知識人」がいた
5 自分自身


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/12(土) | | #[ 編集]
浪人 様

こんばんわ。

あれですね、国内のシステムを破壊してそこにガイジンさんを導入といういつものパターンですね。

そして相変わらずカイカ狂祖さまが我田引水型の
規制緩和をご希望しております。


「格差を認め流動性の高い社会に」
リーダーに聞く:宮内義彦 オリックス会長グループCEO
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20071220/143630/?P=2&ST=sp_fp

***一部引用***

―― その際に必要なのが、規制緩和と、これまでの政権は推進してきました。

 宮内 規制を緩和することによって、新しい産業が生まれます。

 例えば医療関係で言えば、32兆円産業を50兆円産業にできます。教育も成長分野です。農業は第1次産業ですが、これも規制緩和によって輸出産業として成長できる。こういった成長余力のあるところを刺激して、経済成長率を上げなければいけない。ただ分配の話だけをしていてもだめなんです。

 まず体を大きくすべき。それをせずに、分け前の話だけをしても仕方がない。体を思いっきり大きくして、足りないところに分けていく。これが政治なんです。今の政治は増税と分配の話しかしません。こんなばかな話はありません。むしろ法人税や個人所得税は減税すべき。最近では経済界も法人税減税については言わなくなってしまいました。

***引用終了***

もう突っ込みどころ満載で口から糞を吐きまくってます。
いい歳こいて利潤の追いかけゲームなんかしてないで
隠居して家で寝ていろって感じです。


宮内>まず体を大きくすべき。それをせずに、分け前の話だけ  >をしても仕方がない。

馬鹿丸出しw
適切な分配なしには経済は成長しないのに。
需要と供給は経済のいろはだろうに、
なぜサプライサイドの片輪走行しか思い浮かばないのだ?
しかもトリクルダウン(豊かな連中から貧しいところへ経済的恩恵が波及する=小平のいう先富論)なんていうのはそうはいかないといわれているのにまだ強弁するのだから。
合成の誤謬とかも理解できないのだろうな。

愚劣でそのくせ野心と悪意に満ちている輩ですよ。

もうさ、死刑にしなきゃダメじゃないですかね?


宮内>例えば医療関係で言えば、
  >32兆円産業を50兆円産業にできます

国内医療の崩壊をもくろむのも、
これが目的なのでしょうな。

破壊して生じた隙間に入り込む。

医療、教育、農業。
国の根幹にかかわり公共性が高いものを利潤の対象としか
みることができない。

こんな男は屑ですよ。

日本国を毀損する反日分子。
我々とその子孫の未来を二束三文で売り渡し、
先人、先輩が築き上げた富と技術、そして若年世代の
可能性を蕩尽して逃げ切りを図ろうとしている亡国奴。

醜い、卑しい、恥ずかしい

ゆえに

見たくない、関わりたくない、触れたくない

わけですが汚物を処分するには、そうはいかないので
困ったものです。



ところで自公カルト政権がやる気満々です。

NHKニュース  人権擁護法案 議論本格化へ
http://www3.nhk.or.jp/news/2008/01/12/d20080111000092.html

糞自公カルト政権は選挙前に出来るだけ日本を破壊したいと企んでいるというのが現実化してきたようですね。


せと弘幸blog 日本よ何処へ
「人権弾圧法案が急浮上 」  より
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51779350.html

***一部引用***

この「人権弾圧法案」に対する我々の反対の意志を表明するためにも、とりあえずこのブログランキングにおいて、この問題を分かりやすく解説している人権擁護法案ポータルwikiのランキングを上げることにしたいと思いますのでご協力をお願いします。

***引用終了***



人権擁護法案ポータルwiki
http://wiki.livedoor.jp/pinhu365/d/FrontPage


長文失礼いたしました。


2008/01/12(土) | URL | 憂国皇子 #O1BNfbGM[ 編集]
宮内は本当に屑です。

私財没収の上で、極刑に処する以外、あれの始末の方法は無いでしょう。

あの男のやってきた事は全て、「破壊して生じた隙間に入り込む」事、ただそれだけです。

人権擁護法案に関しては、かなり厳しい状況ですね。

自民党の実権を、古賀が握っているのが、果てしない程に痛いところです。

何とかしないと不味いですね。
2008/01/13(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
「利」しか認められず。
「利」として明確に現れてこない価値というものを
認識できない・・・。
それが連中の限界であり、そういった輩に人道や道徳を
説いてもまったく無駄なのでしょうね。

よって、浪人さまが仰るように、

>私財没収の上で、極刑に処する以外、あれの始末の方法は無>いでしょう

という結論に至りますね。
オリックス宮内だけに関わらず、
グローバリストの拝金主義者という破壊者にはそういった
結論しか思い浮かびませんね。

人と人とのあらゆる関わりというものを
市場を通しての調整によってのみ達成するべきと
考える・・・。
つまるところ人の生命、信頼など
をすべて価格というものに矮小化してしまう輩。

市場=マーケットのみを唯一神とする
一神教なんでしょうね。

既存の伝統、をマネーの力で屈服させ破壊する。
破壊に酔いしれているのだろうな。



人権擁護法案についてはmixiなどで
今、盛り上がりを見せております。

反対派議員への応援メール、賛成派へは
考え直していただけるメールなど送って
みようかと思います。
あきらめずに訴えかけていきたいと思っています。
2008/01/15(火) | URL | 憂国皇子 #O1BNfbGM[ 編集]
資本主義の歪みが生み出した怪物、とでも言ったところでしょうか。

ま、どんな社会だろうと、そういう類が発生する事を避けるのは難しい訳ですが、そういう類に力を持たせないようにする事こそ、保守を自称する人間の役目の筈なのですけどね。

我が国では、保守の防波堤とやらが、そういう類の強く推奨するカイカクを力強く推し進めていこうとしていた訳ですから、不謹慎ながら嗤いが堪えきれないところですね。

それはそうと、人権擁護法案は、本当に何とかしないといけませんね。

取り敢えず、地道にやっていきましょう。
2008/01/16(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1077-9915a85d
過疎 に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
朝鮮日報のあるセクションでよく読まれているTOP10の中で、二つを除いて、本年の記事であるが、3年前の下記の記事がTOP10位であった。さらにその13位は4年前の記事であった。 今、保守政権になった韓国人は何を考え
2008/01/13(日) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
   ||| 米大統領選の先読み・共和党編 ||| 史上初の女性・黒人・ヒスパニック・モルモン教徒・牧師・捕虜候補 1. 歴史に残る大統領選 今回の大統領選は、8年続いたブッシュ政権の共和党から候補者が誰であれ民主党へ政権が移行するだろう、という読みが主流...
2008/01/13(日) | 米流時評