FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 害虫「イオン」の話

害虫「イオン」の話
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「イオン」住民投票案否決 能代市議会

出店容認が大勢

 能代市に大型店進出を計画している大手スーパー「イオン」(本社・千葉市)の出店の賛否を問う住民投票を行う条例案を審議していた能代市議会(定数28)の臨時会は8日、本会議を開き、反対16、賛成11の反対多数で条例案を否決した。出店に賛成している斉藤滋宣市長に加えて、市議会も条例案を否決したことで事実上、出店を「容認」したことになり、出店計画は実現に向けて大きく前進する。斉藤市長は本会議後会見し、改めて「能代の発展のためイオンの出店は必要」と述べた。

 否決を受けて、斉藤市長は、週明けにも、臨時会で中断していた出店予定地の農業振興地域の解除手続きを再開する考えだ。

 本会議では、採決を前に市議4人が討論。条例案に賛成の市議は「イオンは、地方から根こそぎ金を吸い取り、ほかの場所を探す『焼き畑商法』と批判されている企業。民意をしっかりと確認すべきだ」と住民投票を行うべきだと主張。一方、条例案に反対の議員は「出店を歓迎する市民の声は多い。一企業の進出は市議会で審議するべきことなのか」と述べ、住民投票の実施に疑問を投げかけた。

 採決が終わると、詰めかけた市民らで満席になった傍聴席から大きなため息が漏れた。

 斉藤市長は本会議後の会見で、「出店してもしなくても、中心市街地の活性化策が大きな課題であることには変わりない。大型店と商店街が両立できるよう、努力していきたい」と語った。

 斉藤市長は昨年2月、雇用や税収増など経済的メリットを重視し「市民、市、周辺自治体にプラスになる」として出店を容認。これに対し、空洞化に悩む市中心部の商店街の店主らでつくる市民団体「能代まちづくり市民会議」は「イオンは商店街との共栄は考えていない。出店すれば商店街の空洞化が加速し、まちが崩壊する」と出店に反対し、今年1月に4266人の署名を集めて住民投票条例の制定を求めて直接請求していた。

(2008年02月09日 読売新聞)

 私が自エンドを標榜しながら、積極的に民主党を支持しない理由の最も大きなものは、連中が所詮は反日売国奴集団に過ぎないというものな訳ですが、それは、連中の殆どがサヨクだから、という単純極まりないイデオロギー二元論からでは無く、こういうのが大きいのですね。

 「イオン」というのは、御存知ミンス党の元代表、岡田克也氏の家業な訳ですが、このイオンこと岡田屋が地方に進出すると、当然の事として、その資本力に物を言わせ品揃え、価格などで地元商店街をどんどんと追い込み、暖簾を下ろさせ、地方に所謂「シャッター商店街」を作る訳です。

 無論、買う方、消費者側に責任が無いとは言えない訳ですが、基地外コイズミの構造カイカクによって徹底的に購買力を奪われ、ギリギリのところで生活している庶民に対して、「安さに釣られるな」などと言ってもアホのアホによるアホな正論にしかなり得ない訳です。

 しかしまあ、それでも、この岡田屋が未来永劫とまでは言わないまでも、それなりにきちんと、後世までその地方の小売をきちんと引き受けてくれるならば未だ救いはある訳ですが、決してそうはならないと言えます。

 では実際どうなるのかと言えば「岡田屋出店→住民は岡田屋へ→商店街壊滅→住民数減少→岡田屋の営業利益下降→岡田屋撤退→残った住民どうしようもなくなる→更に住民数減少→地域壊滅へ」とまあ、大体がこういう流れになっていく訳です。

 大資本の巨大店舗だから問題というよりも、こういう、支那朝鮮式の収奪式、焼き畑さながらの後に何も残さない、欲望のままに行動する「やり方」が大問題だという訳です。

 通常、そういう事をしていては自分も困る事になると言うのが、常識的な日本人の考え方な訳ですが、グローバル企業の端くれであられる岡田屋様は、そうなれば支那や朝鮮し進出し、それも駄目になれば東南アジアなどにどんどんと進出していきながら、そこで利益を計上していけば良い、という考えなのでしょうね。

 これは、はっきり言って、中低所得者層の富を全て、高所得者と外資に移転しようとしている基地外自民党と同種同根の日本の破壊者だと断じていいでしょう。

 ミンス党の中には、この岡田屋の国会工作員である岡田克也氏をもう一度代表に、という声も根強くあります。

 こういう事から読み取れるのは、結局、今でこそ自民党と対立する為に小沢民主席の地方救済の方針に従うフリをしているものの、その本音、本質では、少なくとも岡田と行動を共にしている議員、岡田を再び党首になどと寝惚けた戯れ言を言っている議員は、反日カイカク真理教の信者だ、という事です。

 アレは自民党と同じでカオスそのものな政党故に、あの中の個々人を個別に支持、応援する事は出来るにしても、そういう類が大量に存在している集団としての「民主党」を強く推す事なんざ、気でも狂わなきゃとても出来ない。

 自民党を批判しているから、自エンドを標榜しているから、民主党という存在そのものを推している筈、などと単純極まりない結論でアホな質問をしてくる輩には、もう少しは考えて欲しいですね。

 別に、「民主党に政権を担わせる為」に自民党批判を繰り返している訳じゃあ無い。

 結果的に、そうなる可能性が大きいにしても、ね。

 ついでに、新自由主義のコイズミカイカクを批判しながら、小沢民主席は駄目そうだから党首を岡田に替えるべきだ、などとアホな事を主張しているアホサヨクも、もう少し考えてから物言うようにするべきです。

 あの「9・11選挙」が最低最悪だったのは、自民も、民主も、ついでにアホでバカでカスでクズの社民も、共産と国新以外はほぼ全て、イデオロギーに差異こそあれど、「カイカクは必要」などと連呼する新自由主義者の派閥闘争に過ぎなかったという事。

 だから、どいつもこいつも雁首揃えて、「郵政民営化」を選挙の争点にする事を嫌がった。

 その結果、郵政民営化に本当に反対する議員の声は殆ど届かず、城内氏や小林興起氏のような議員が沢山犠牲になってしまった。

 ただ反対するだけの抵抗勢力というレッテルを貼られて。

 勿論、彼らの戦略が稚拙だった、というのも否めないところではありますがね。

 結局のところ、分かり易いスローガンとして「自エンド」というものに乗っかっている訳ではありますが、我々がエンドさせたいのは、自民党の基地外構造カイカク派は勿論の事、この岡田屋の国会工作員を含めた、日本の土着の住民を迫害する糞虫ども全てだという事です。

 あと、「じゃあどうすればいいの?」とか「具体的にどうするの?」とか質問してくる人達へ。

 こんなWWWの隅っこにあるようなブログでも、一日に何回か省庁や国会などからアクセスがあったりするのね。

 これがどういう人物なのかまで調べる事が出来りゃいい訳ですが、スーパーハカーでも無いアタクシには、んな事は無理な訳ですよ。

 明確に敵と分類出来るかも知れないのがウロウロしているところで、自分の手の内の全てを包み隠さず披露する程には、あたしゃお人好しには作られてはおらんのです。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所 (2007/04/12)
売り上げランキング: 6446
おすすめ度の平均: 4.5
5 これからの選挙のいやな予感
5 恐怖の改革。破滅へのファイナルカウントダウン?
2 哲学的に甘くないだろうか

格差社会の克服 さらば新自由主義
二宮 厚美
人文社会科学書流通センター (2007/08)
売り上げランキング: 86432
おすすめ度の平均: 5.0
5 新自由主義との対決


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
ココロとお財布をまんぷくに...まんぷく島.com
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
グローバリズムのお膝元でカイカクが地方まで行き渡っている雨では何処の都市へ行こうとだいたい街の造りから、進出している大型スーパー、食堂、デパートなど皆同じです。そして低所得層は古着屋で他人の着古した下着まで買わなければいけないぐらいの生活状況です。(雨では古着のパンツまで売ってますよ--それを必要とする層が確実に存在しているということです。日本では考えられないでしょうが)
日本も最近では何処の地方都市へ行っても東京と代わり映えしない個性の無い街が多くなりましたが、そんな街なんかわざわざ金や時間を費やして又訪れてみたいとは思いません。地方が本当に生き残りをかけたいのなら商店街も街も食べ物屋も独自色をだしていい意味での伝統を大事にしなければならないのではないでしょうか---
街の魅力って利便性だけではないと思いますしね---ただの東京と同じような街なら親玉の東京のほうがいいに決まってますもん、規模も気候もインフラも。
2008/02/10(日) | URL | 銀ぎつね #-[ 編集]
>ただの東京と同じような街なら親玉の東京のほうがいいに決まってますもん、規模も気候もインフラも。

すごく重要な点だと思います。

所謂「カイカク派知事」なんてのが雨後の筍のように沸いて出てきてるんですが、殆どの奴が、この事をどうも分かってない節があるんですよね。

そして、例の「道州制」をマンセーしている類に至っては、1ミクロンも理解出来ていませんしね。

真剣、地域の独自性をぶっ壊して、地域の再生も糞も無かろうに、と思いますね。
2008/02/10(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
あのーはじめまして。
最近高校を卒業して、政治とか経済に興味をもちはじめているMと申します。

僕は一応理系なので(といっても全国でも1、2を争うバカ大学の理系学部なんですけどw)、政治や経済の講義はほとんどありません。

だから僕みたいな素人にでも分かる経済関係の良書はないですか?
もしあれば紹介してください。お願いします。
2008/02/10(日) | URL | M #-[ 編集]
はじめまして。

全くの初めてという事でしたら、こちらなんかが良いんじゃないでしょうか。

マクロ経済がよ~くわかる本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798015113/bushido0f-22/ref=nosim/

ミクロ経済がよ~くわかる本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798015466/bushido0f-22/ref=nosim/

基礎的な用語と、その解釈の仕方が解説されています。

「流動性の罠」とか「合成の誤謬」とか、そういうのです。

ミクロ経済の方なら、「需用の弾力性」とか「シュタッケルベルグ均衡」とか。

これで、ある程度の用語と基本的な捉え方を理解してから、後はその中で興味を惹かれた物を勉強していけばいいのではと思います。

何でもそうですけど、最初は入門書みたいなのが一番だと思いますよ。

ああいうのって、「レベルが低い」のでは無くて、「分かり易く書いてある」という事ですので。
2008/02/11(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/11(月) | | #[ 編集]
あ、すみません。なんか間違えたみたいで表示されなくなっちゃいました。

文面の内容は

>いつも拝見させていただいております。

>ウチの近所のイオン系列店では
>中国産の焼き鳥を「当店人気NO1」の看板掲げて
>当然のように売ってました。毒ギョーザ事件以後も全く変わらずです。

>正直、怖いです。

です。失礼しました。
2008/02/11(月) | URL | ビリー・ザ・マッド #-[ 編集]
まあ、あのオカラ元代表のお家の会社ですからねぇ。

チュウゴク様に許可も取らず、チャイナフリーなんて勝手な事は出来ないのでしょう、きっと。

しかし、それにしても、焼き鳥は凄まじくヤバいですね。

分母こそ大きいものの、ちょっとしたロシアンルーレットですよ、それ。
2008/02/11(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
紹介していただいた本、さっそく注文してみました。
ありがとうございます。

これからも浪人さんのブログで勉強していきたいと思います。
2008/02/11(月) | URL | M #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1105-12382e5a
 今更だが、<ガソリン国会>と言われる内容を少し復習してみたい。  2回の石油ショックがあったため、ガソリン税(揮発油税と道路地方財源)は1974年以降3回にわたり暫定措置として引き上げられた。その後、暫定措置は維持されて、2008年3月を以って終了す...
2008/02/09(土) | 陸奥月旦抄
※『何が何だかよく分からんけど「トゥイッター(twitter )」を始めてみました。ブログを始めた時もこんな感じだったなぁ、。(笑)』から改題しました。このエントリーがきっかけになって急速に「トゥイッター(twitter )」が普及する気が、、、。(笑) MyURLは
   ||| 予備選ウィークエンダー開票速報 ||| 2月9日土曜実施の4州予備選・コーカスの開票ライブ速報第一報 オバマがワシントン、ネブラスカで、ハッカビーがカンザスで勝利 各候補が首位を獲得した州 【 民 主 党 】 バラク・オバマ: 2州 ワシントン/
2008/02/10(日) | 米流時評
 世の中には時代遅れの古色蒼然とした考えにしがみつき・他人の幸福や成功を妬む病的