FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 嘘吐きチャイニーズ

嘘吐きチャイニーズ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

天滅中共

 支那人どもが嘘吐き揃いである事は今に始まった事じゃあ御座いませんが、またぞろ、こんな直ぐにばれる嘘を堂々と吐いているそうです。

五輪開催中に大気汚染の問題なし、北京市当局が発表

【2月29日 AFP】世界で最も大気汚染が深刻な都市の1つ、北京市では五輪開催中の大気汚染について懸念されているが、同市環境保護局の杜少中(Du Shaozhong)副局長は27日の記者会見で、大気汚染は五輪の国際基準に見合うまでに改善されてきていると述べた。

 杜副局長はまた、大気汚染が改善していると見せかけるためにデータを改ざんしているとの疑惑を否定した。

 米国の環境コンサルタントのスティーブン・アンドルーズ(Steven Andrews)氏は前月、「市は2006年のある時期から汚染のひどい場所にある2か所の観測データの採用をやめ、汚染の少ない場所のデータに変更している」とする調査結果をウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal)紙などに報告していた。

 これについて副局長は「そんなことはない。誤解だ」とした上で、この10年間で環境対策に160億ドル(約1兆7000億円)を投入してきたことが功を奏し、主要な汚染物質が激減したことがデータでも確認されていると強調した。


 さらに、これまでの環境対策によって、大気の指標が国家基準を満たした日数は、1998年の100日から2007年には246日に増加したとして、今年はこれをさらに改善させると述べた。3月1日から新車の排ガス排出基準を引き上げ、五輪開催中には市内の車両300万台の約半数の通行を規制する予定だという。(c)AFP

(2008年02月29日 AFP)

 ハイ、言うまでもない事ですが、勿論大嘘です。

 論より証拠、という事で、まずはこちらを御覧下さい。

●土壌性ダスト(黄砂)の予想分布
土壌性ダスト(黄砂)の予想分布
●硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布
硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布

(九州大学/国立環境研究所「東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測」より)

 日付の部分を御覧頂けば分かる事ですが、コイツは過去のデータでは無く、その過去のデータを基にして割り出した近い将来、というか明日の予想データです。

 取り敢えず、記事を書く為に今日発表された画像を引用してきていますが、リンク先のページでは、毎日午前4時に更新されて新しい予想となっていますので、気になる人はブクマでもして偶に見に行かれるのも良いかと思います。

 で、話を元に戻す訳ですが、一体何処が改善されとるのでしょうね。

 少なくとも常人には、相変わらず腐り果てた大気を散蒔いているようにしか見えません。

 こんな巫山戯た環境の中でまともに生活出来るのは、支那人という特殊生命体以外には存在しないでしょう。

 この他にも、独立行政法人の一つであるNEDOは、こんなレポートを発表しています。

靄にかすむ王朝-中国の大気汚染

 過去半世紀に中国の空は暗くなった。太陽の光はどこに行ってしまったのだろうか。その原因として常に挙げられるのは雲量である。少なくとも気象学者にとってはそれが通常の考え方であろう。

 しかし、中国における曇りと晴天の割合をこれまでで最も広範に調査した研究により、過去50年間の雲量は減少傾向にあることが明らかになった。この調査は米国エネルギー省のパシフィックノースウェスト国立研究所の主導で行われ、GeophysicalResearch Letters 誌のインターネット版でこの程発表された。

 太陽光を遮る要因から雲の影響を除外すると、太陽光を吸収・屈折させる靄(もや:foggy haze)に中国が覆われているのは人間活動の影響であることに疑いの余地はほとんどない。化石燃料の使用は過去半世紀のうちに9倍にも増加している。

 パシフィックノースウェスト国立研究所の主任研究員で論文の筆頭著者でもあるYun Qianが率いる研究チームは、中国にある500カ所以上の気象観測所で1954年から2001年までに記録されたデータを調査した。「一部曇り」のデータの主観性と曖昧さを排除するため、調査は晴天と曇りの日のみを対象とした。研究チームによる統計分析は明らかな傾向を示しており、曇りの日数は10年ごとに0.78%減少しているのに対して晴天の日数は0.6%増加していることが分かった。

 論文の共著者で研究チームの一員でもあるRuby Leungは次のように述べる。「この研究結果はエアロゾル(大気汚染の原因になる煤や硫黄を主とする粒子)の増加によって霧状の靄が発生していることを強く示唆している。太陽放射の増加につながる晴天日が増えているにも関わらず、靄の影響によって太陽放射( 太陽光による地表熱 )が減じられていることが考えられる。」

 昨年サイエンス誌で発表された報告によると、実際には先進国の大半で行われている大気汚染規制により地球の表面は明るくなる傾向にある。「さらに中国における地表付近の明るさが1990年代中頃に一時的に増したという興味深い報告もされている。私達の調査でも1990年代中頃に同様の傾向が認められており、サイエンス誌の報告とも一致している。」とLeungは指摘する。

 「しかし、中国の大気汚染は1990年代に改善されることはなかったため、中国で太陽放射が短期的に増加傾向にあることがサイエンス誌の報告が述べているような大気汚染の改善によるものかどうかは明らかではない。」

 「むしろ、中国における大気汚染の見通しは人口増加と経済活動の急速な発展によって悪化の傾向に向かう可能性が高い。」とQianは言う。「靄は太陽放射を遮るだけでなく、酸性雨や呼吸器系疾患の原因としても知られている。」

 さらに、靄は中国の大部分で地球温暖化の影響を覆い隠しており、特に毎日の最高気温が低下傾向にある中部および東部において顕著である。Qianはこう続ける。「これは一見すると朗報のように思えるだろう。しかし、中国が実施する排出量削減が成功すると、気温の低下傾向がなくなるので、これらの地域において温暖化の影響を加速させることになるだろう。」

 問題はこれにとどまらない。Qianは昨年の全米科学アカデミー会報誌(PNAS:Proceedings of the National Academy of Sciences)に掲載された南アジアにおける靄もしくは「大気中に見られる茶色の雲」に関する報告の中で、靄による大気汚染が水循環の崩壊に影響しているとする点を指摘している。地表に届く放射が少なくなると大気の安定性と雲の持続性は従来に比べて高まり、地表から蒸発する水分は少なくなる。このことはQianが中国で行った調査で確認され、雲あるいは降雨に必要な水蒸気の量が減っているとの結果が示されている。

 前述のPNAS誌で示されたシミュレーションによると南アジアにおける地表の温暖化のうち最大50%が靄によって覆い隠されているとのことである。現在の放射傾向がこのまま続くと、亜大陸では今後10年のうちに干ばつが2倍に増加する恐れがある。


 この研究はDOEの後援によるものであり、中国気象局(China MeteorologicalAdministration)とNASAとのプロジェクトの一環として行われている。

 パシフィックノースウェスト国立研究所(参照:http://www.pnl.gov/)はDOE科学局の研究所であり、物理学、科学、生物学およびパソコン技術の発展と理解を通じてエネルギー、国家安全保障、環境およびライフサイエンスの問題に取り組んでいる。研究所で働く職員はおよそ4,100人で年間予算は7億ドルを超える。また運営は1965年の創設以来オハイオ州のバテル研究所により行われている。

(NEDO「海外レポート」より)

 こちらは少し古いレポートですが、どんなに金を注ぎ込んだところで、たかだか2年足らずでここに書かれている状態から「国際基準に見合うまでに改善」されるなど、まともに考えてあり得ない話です。

 シムシティでも無理です。

 つか、少し話が逸れますが、渡辺ミッチーの愚息殿を中心として、カイカク真理教信者どもが独立行政法人を民営化しようと馬鹿騒ぎを繰り広げている訳ですが、こういうレポートとかを見れば分かるように、殆どの独立行政法人は、一般人には実感は無いとしても、きちんと仕事はしているのですよね。

 無論、本当に無駄な機関も少なからず存在はする訳ですが、それでも、割り当てられた役割くらいは無難にこなしているのが殆どだったりする訳です。

 無駄に思えるのは、要するに、それらの研究結果、レポート、その他を自公政権がまともに活用出来ていないだけな訳です。

 怠慢なのは、役人よりも寧ろお前等自公政権だろう、と。

 「ミンエーカ、ミンエーカ」とバカみてーに騒ぐ前に、お前等のスッカラカンのアタマの中をカイカクせーよ、無能どもが、と思うのは私だけなのかしら。

 話を戻します。

 その他にも、こちらも少し古いニュースですが、たった2年3ヶ月程前にも、このような記事があったりします。

調査結果:中国、年間40万人が大気汚染原因で死亡

  「中国では、年間約40万人が大気汚染の影響により早死にしている」--中国国家環境保護総局の中国環境計画研究員である王金南氏が、北京で開かれた大気汚染に関する国際シンポジウムの席で明らかにした。中国消費網が伝えた。

  王氏によると、2003年の研究では、年間30万人が屋外大気の汚染の影響で死亡、11.1万人が室内空気の汚染の影響で死亡しているという。王氏は「この数字は低く見積もられており、実際の死者はさらに多い」としている。

  このデータは、世界銀行が報告した数字と一致している。世界銀行では「中国では年間約40万人が、肺炎や心臓病など大気汚染が原因とされる疾病にかかり死亡している」との報告を行っている。


  王氏によると、中国の大気汚染源は主に、火力発電所や工場、自動車などから排出される硫黄酸化物、煤塵、粉塵など。また、屋内の汚染は、調理や暖房に使われる石炭燃焼などによる。

  中国では都市住民のおよそ3分の1が汚染度2級以上の都市で、1億1600万人が汚染度3級の都市で生活しているとされる。王氏によれば、汚染度2級は「人の健康に悪影響を及ぼす程度」、3級は「非常に危険な程度」とされる。(編集担当:恩田有紀)

(2005年11月11日 中国情報局)

 ま、散々既出の記事で、確かウチでも何度か引用していた筈のモノな訳ですが、たったの2年とちょっとの期間で、年間40万人を殺害する猛毒の瘴気を、国際基準に見合う、人間が普通に生きていけるレベルに改善するなんざ、奇跡も奇跡、既に神の所業だと言えるでしょう。

 ま、何ですが、支那人というのは本当に嘘吐き揃いの存在自体が出鱈目な連中な訳ですが、どうも、それ以上に、どうしようもない程にアタマワリー連中です。

 取り敢えず以上ですが、おまけでYou Tubeにあった関連する動画も載せておきます。

 御覧になられる方は追記の方へどうぞ。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

誰も報じない中国の真実 (OAK MOOK 180 撃論ムック)
西村幸祐
オークラ出版 (2007/10/29)
売り上げランキング: 1831
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本は滅びる
5 2010年までは大丈夫だと思いますが・・・
5 中国の闇部には目をつぶり、中国利権に群がる媚中政治家・マスコミ・企業人

選手も観客も命がけの北京五輪 オリンピックどころじゃない中国の真実! [別冊宝島1508] (別冊宝島 1508 ノンフィクション)

宝島社 (2008/02/07)
売り上げランキング: 628
おすすめ度の平均: 5.0
5 「中国人」というフィクション
5 五輪を機会に情報規制をなくせ


PR情報
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から
NTTCom“My”アフィリエイト

●まさに命がけの「北京五輪」


●北京五輪トライアスロン代表が語る、中国でのとんでも体験談

●【公害】中国からの越境大気汚染【検証】


人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
シムシティの所で笑いました、どんな簡単なシミュレーションゲームでも有り得ません、さらに現実はもっと厳しいですし…夢の中で生きているんですかね。

問題は日本も付き合わされてるうえ、あそこが崩壊したら更に被害を被ることなんですよね、どうしたら良いものなのか…
2008/03/02(日) | URL | む~ #-[ 編集]
まったく、死那ってのは、毒は吐き出す。汚物は吐き出す。汚水は吐き出す。ばい煙は吐き出す。あまつさえ、もっとも強烈なのはうそを吐き出すことですな。
こんなありさまでは南京大虐殺なるうそで騒いでいる場合じゃないでしょう。自国では、いろんな手段で、毎年、それ以上の人間が死んでいるんですからね。(#゚Д゚)ヴォケ!
2008/03/02(日) | URL | DUCE #-[ 編集]
まずは、大陸に進出している企業を可能な限り撤退させるとともに、食糧自給率を上げ、依存関係を断ち切る事が最優先ですね。

そこから、対支那関係において利害関係の一致する諸国と結び、対支那包囲網を作り封じ込める。

地理的な問題から、被害をゼロにするのは難しいですが、最小限に抑える努力を続けるしか無いと思います。
2008/03/02(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ええ、こんな調子で有史以来ずっと嘘を吐き続けているのが漢人という連中です。

こんな調子で、「餃子に毒が入ったのはチュウゴクでは無く日本アル」とか吹いている訳です。

信用する方がアタマがオカシイのです。
2008/03/02(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
間違いなく世界一の問題国家ですね、虫獄は。
自国だけではなく地球環境に絶大な被害を及ぼしている虫獄、虫凶の頭目どもの金儲けの為に自国民だけではなく他国民へも被害を輸出している国。自国がどうなろうがこの虫凶の犯罪者どもはテメーラだけはしこたま金を溜め込んで安全な外国に移住すれば全ておkだと思っているんだろうが少なくとも先進国はコイツラ犯罪人の移住は認めるべきではない。近い将来中獄が崩壊したなら彼の国で人民裁判にでもかけて処遇は彼ら死名塵に任せるべきだ(ww怖いねえww)特に今尚ナチスの犯罪を声高に追及している欧米各国は真剣にこの地球規模の犯罪国家の頭目どもに悠々自適の余生を送らせてはならない。
2008/03/02(日) | URL | 銀ぎつね #-[ 編集]
金文学氏の著書によれば、チュウゴクとはひとつの巨大な「芝居小屋」なのだそうです。
チュウゴクジンとは生まれながらの俳優であり、その中で自らの利益の為、もしくは自らの身を守る為に24時間「芝居」を続けている、そういう民族であるということを日本人は理解するべきでしょう。
2008/03/02(日) | URL | WIZARD03 #re8bjFOY[ 編集]
動画、拝見しました。
6月、真っ赤ッ赤でコワ過ぎる・・・

こういった情報ってニュースでも新聞でも見かけないし
日本のマスコミって本当に害悪極まりない!


どうでもいいが
浪人さんのHP、重いよ~(涙)

2008/03/02(日) | URL | ビリー・ザ・マッド #-[ 編集]
ええ、あいつらを国に不用意に入れるとどうなるのか、愚かなオージーどもが実証もしてくれましたしね。

あいつらを国に入れない事は差別では無く自衛です。

ありとあらゆる意味で危険極まりないウィルスを好き好んで取り込むなんざ、自殺行為以外の何物でもありません。
2008/03/03(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
成る程、上手いこと表現するもんですね。

まあ、人間誰しも何らかの芝居はするものだとは思いますが、生まれてから死ぬまでずっと芝居を続けているのは、まあ支那人くらいのものでしょう。

まあ、完全な理解は不可能ですから、結局、関らないのが一番ですね。
2008/03/03(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ええ、知っていてわざと隠している訳ですから、本当に害悪以外の何者でも無いですよ、我が国のマスゴミどもは。

>重いよ~(涙)

これは、本当にどうもすみません。

近いうちに何か対策はしようと思っていますが、管理画面とかも異常に重かったりしてますので、ひょっとして、このブログのあるサーバーそのものが重くなっている可能性もあります。

期待しないでお待ち下さい。
2008/03/03(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
これは本当なんでしょうか

河北省、この春最初の黄砂を観測
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200803030350.html

河北省は今まで無かったと??
2008/03/03(月) | URL | navi-area26-10 #yir9Dp.k[ 編集]
これは、ただ単純にこの春では最初というだけの事では無いでしょうか。

今までずっと無かった、という事では無いと思いますよ。
2008/03/04(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1129-09fe17e7
 以下、戸井田とおる衆議院議員(自民党)のブログ<丸坊主日記>より、コピペします。 http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/9bec82c39ae65ee0dbf8c065c661c103 いわゆる「人権擁護法案」再提出に対する要請受付国民集会のお知らせ 謹啓 時下ますますご清祥の段、お
2008/03/03(月) | 陸奥月旦抄