FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 朝日社説 彼らの頭がとても心配だ

朝日社説 彼らの頭がとても心配だ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

麻生発言 外交がとても心配だ

 かつて日本は朝鮮半島や台湾を植民地にした。しかし、それは必ずしも悪いことではなかった。麻生外相はそう言いたくて仕方がないかのようだ。

 先週末、福岡市での講演で、日本が戦後のアジア各国の発展を支えたと説くなかでこう述べた。

 「日清戦争のころ、台湾という国を日本に帰属することになった時に、日本が最初にやったのは義務教育です。貧しい台湾の人々が子どもを学校にやったらカネをやるという大英断を下した」

 「結果として、ものすごく教育水準があがって識字率が向上した。おかげで、台湾という国は極めて教育水準が高い国であるがゆえに、今の時代に追いつけている」

 思い出されるのは、麻生氏が自民党政調会長だった03年、韓国を植民地支配した時代の創氏改名について、朝鮮の人々が望んでいたかのような発言をして猛反発を招いたことである。

 望んでいたのだから創氏改名には問題がなかった、朝鮮人のためを思ってやったことだ。そう言わんばかりだった。

 日本の植民地統治の負の部分は素通りして、プラスの側面ばかりを強調する。これでは、植民地支配を正当化しようとする勢力の主張と重なり合って見られても仕方がない。

 日本政府は植民地支配を反省し、謝罪を表明している。小泉首相も昨年8月の首相談話で明快に語った。この政府の見解を繰り返し説明し、理解を得る努力をするのが外相の本来の仕事のはずだ。

 なのに、国内向けにはトーンの違う発言をし、外国から疑念を招いている。米国の有力紙ボストン・グローブは社説で麻生発言を紹介し、近隣諸国を挑発する愚かしさを批判した。

 歯に衣(きぬ)着せぬ「本音トーク」は、麻生氏の政治家としての「売り」のひとつかもしれない。だが、首相の靖国神社参拝にからんで「天皇陛下の参拝が一番」と発言したのに続き、軽率に過ぎないか。日本外交を麻生氏に委ねるのは、極めて心配だ。

 麻生氏の講演にはもうひとつ、別の問題があった。「ひとつの中国」という政府の方針に反して、台湾を「国」と繰り返し表現したことである。

 米中、日中間で台湾問題はとても微妙な事柄だ。中国が不可分の領土と主張する台湾に「国」の呼称を使うことの意味を、外相が知らぬはずはあるまい。「地域」とすべきところを言い誤ったのだと思いたい。

 だが、2日後の記者会見では「国」と述べた発言の報道を否定して、こう述べた。「台湾を国と言ったら問題になるということぐらい、25年間朝日新聞にやられてますから。そんなにバカでもない」

 あまりに強く否定するので、こちらも録音を聞き直したら、確かに言っているではないか。口が滑ったというのなら、素直に自らの言葉の不適切さを認めるべきだ。
(2006/02/11 朝日新聞社説)

 さすがは日本が誇る言論弾圧機関朝日新聞様です。

 自らの意に沿わぬ発言は、皇族であろうと大臣であろうと「黙れ」の一点張りで、宗主である中国共産党のやり方をそのまま真似ていらっしゃいます。

 反論に関しても、徹底的に電波全開で「論理」の「ろ」の字も見当たらないあたりが、これぞ朝日新聞といった感じで、良識のある日本人の多くに、すばらしく不快な感情を抱かせて下さいます。

 「日清戦争のころ、台湾という国を日本に帰属することになった時に、日本が最初にやったのは義務教育です。貧しい台湾の人々が子どもを学校にやったらカネをやるという大英断を下した」

 「結果として、ものすごく教育水準があがって識字率が向上した。おかげで、台湾という国は極めて教育水準が高い国であるがゆえに、今の時代に追いつけている」

 この発言に疑問を抱く台湾内省人は、ほとんど存在しないと思われ、事実この発言に対する台湾からの抗議などなく、中共孔泉報道局長という、腹を空かしたブラックバスが釣れただけなのですが、その辺を二匹目のブラックバスである朝日新聞は如何お考えなのでしょうか。

 さらにこの発言を、麻生外相政調会長をされていた時代の「創始改名」に関する発言に結びつけるという、素晴らしく強引な力技を披露なされてますが、これは半島の同士にも、「麻生をやっつけるのに力を貸すニダ」とでも言いたいんですかね。

 強制もされていないのに日本通名を名乗ったり、アメリカであっちの人っぽい名前を名乗ったりする民族が、何を喚き散らしたところで胡散臭さ満開で、麻生外相にとって王手飛車角取りの絶好のチャンスにしかならないように感じるのは、私だけでしょうか。

 さらに麻生外相植民地支配の負の側面を見ず、プラスの側面ばかり発表するとかほざいておられますが、わたくしのアジア戦略日本はアジアの実践的先駆者、Thought Leaderたるべしという演説を、まさか見聞きしたことが無いとか言わないですよね。

 この中で麻生外相は「過去の歴史においてとりわけ韓国、中国の人々に対し与えた苦痛を重く受け止めるとともに、日本はこれら人々にいつも反省の気持ちと、隣人としての思いやりを持ち続ける必要があると思う者です。」と思いっきり仰っているのですが、朝日新聞社説を書いておられる方は、まさかこんなに近い過去の資料もお持ちでなく、感情に任せて反論するような思慮の足りない、およそ言論人と呼ぶことは出来ない人間なのでしょうか。

 まさか天下の朝日新聞に限ってそのような事は無いとは思いますが、その場合事実を操作して民衆を間違った方向に導こうとした、およそ報道機関と呼ぶにおこがましい犯罪組織という事になりますが、どちらがよろしいですかね。

 あとツッコむのも面倒ですが、朝鮮日本植民地ではなく、併合された日本の一部だったのですが、いい加減この程度のことは、きちんと憶えて欲しいものです。

 ついでに「くに」という言葉に「地方」とか「田舎」という意味があることくらい、言論に携わる人間なら覚えておいた方がいいと思いますよ。

 まあ日本広しと言えども、たった一つの社説にこれだけ「無知」と「無恥」のエッセンスを込められるのも、朝日新聞中日新聞くらいのものだと思いますので、築地に法の裁きが下るまでは、精々頑張って電波を放出して下さい。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ

「朝日」ともあろうものが。
烏賀陽 弘道
徳間書店 (2005/10/22)


  
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
通りすがりに唐突にコメント残します.
いや~,ずいぶん楽朝的な内容で,ある意味うらやましいです.ただ,私は先日の「ひげ黙れ!」社説で完全に殺朝になりました.他人の口を封じるために,憲法やら言論の自由を盾に使うことがジャーナリズム精神か!って.あの資源の無駄以外の何物でも無い機関誌に皮肉さえ言う気になりません.
今回の悔しさがにじむ社説なんぞ,化けの皮のはがれた機関誌の断末魔程度のものである.突っ込む価値さえ無くなった朝日はこのまま消えてほしい!
2006/02/12(日) | URL | toorisugari #-[ 編集]
>toorisugariさん

いえいえ、私もかなり頭にはきていますが、朝日新聞になど本気で怒りを表したところで、時間と労力の無駄だと思っていますので、このように小馬鹿にするような記事を書いて、朝日新聞が如何に馬鹿かということを、世間に宣伝しているだけです。

このような馬鹿にエネルギーを向けるよりも、支那や半島の悪事を暴き立てれば、連鎖的に朝日は崩壊するであろうと思っていますので、そちらに力を入れることにしています。
2006/02/12(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/113-72af50ce
 先日のエントリーで麻生外相が講演にて『日本統治下の台湾では教育水準が向上した(要約)』と発言した事を共同通信が記事にし、中国様が激怒なされた事をまた共同通信が記事にした、
■朝日新聞またまた捏造―犯人は論説主幹「若宮啓文」氏 麻生外相の発言について、朝日新聞が捏造を行っていたことが判明しました。先に共同通信が配信したニュースを見てみます。植民地時代に教育水準向上 麻生外相、台湾に触れ 麻生太郎外相は4日午後、福岡市で講演し