FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 基地外環境テロリスト

基地外環境テロリスト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「シー・シェパード」妨害活動、南極海の調査捕鯨船で3人けが

 水産庁に3日入った連絡によると、同日朝(日本時間)、南極海を航行していた日本の調査捕鯨船団の母船「日新丸」が、米国の環境保護団体「シー・シェパード」の船から液体入りの瓶や白い粉の入った袋を計100個以上投げつけられた。

 一部の瓶が割れて液体が飛び散り、甲板の乗組員1人と海上保安官2人の計3人が目の痛みを訴えた。

 水産庁によると、同団体の船は2日午前中から日新丸の追跡を開始。日新丸では安全確保のため離れるよう警告したり放水したりしたが、約10メートルの距離まで近付かれ、3日午前7時10分から約1時間にわたって妨害行為を受けた。同団体の船はその後も日新丸の近くを航行している。

 投げつけられた液体は激しい臭気を放っており、酪酸とみられる。酪酸は弱酸性の油状の液体で、原液が目に入ると失明する可能性もあるが、3人は目を洗浄して回復している。白い粉が何かは分かっていない。

 水産庁は「調査捕鯨は国際条約に基づく正当な行為だ」と反発しており、同団体の活動拠点がある豪州政府などに対し、再発防止を求める方針。

 日新丸は昨年2月9日にも、同団体の船から発煙弾を発射されたり、スクリューに向けてロープを投げ入れられたりする妨害行為を受け、乗組員2人が瓶に入った薬品を顔などに浴びて軽傷を負った。この妨害行為では、警視庁公安部が傷害や威力業務妨害容疑で捜査を進めている。

(2008年03月03日 読売新聞)

 しかしまあ、何というか、相変わらず徹底的に狂ってますね。

 クジラの為なら人間なんてどうなっても構わない、という連中の狂った思考回路が端的に現れた事件だと言えるでしょう。

 と言うか、ここまで来ると、この連中の目的が本当に「それ」なのかも、非常に疑わしいとも言えます。

 この連中が今回、日新丸への攻撃に使用した酪酸や謎の白い粉ですが、船から他の船に対してこれを投げつけてきたという事は、当然、これらの物質はその間にある海へも入り、海を汚染する事にもなります。

 まあ、どれ程の量かは分からないものの、これ1回に投げつけられた量程度で、海が生物が棲めない程に汚染されるような事は無いとは言えるでしょうが、常識的に考えて、海で暮らすクジラの為に行動している団体が、その海を汚染するような行為を進んで行うなど、おかしいにも程があると言えるものです。

 典型的な基地外団体だけに、その愚に気付いていない可能性も考えられる訳ではありますが、この連中の目的がクジラの保護では無く、ただ単純に日本を攻撃する事にあると考えるのには、十分以上な材料であると言えるでしょう。

 事実、この連中は日本以外の捕鯨、例えば米原住民による捕鯨に対しては、少なくともここまでの抗議活動はしていない訳であり、そう考えた方がしっくり来ると言える程です。

 外務省は、この問題において、和蘭と豪州に正式に抗議をした模様ですが、目的がクジラの保護では無く「それ」であるとしたら、この連中のこの行動はこれ以降も間違い無く続くと考えられます。

 真面目に、これは調査捕鯨に対する妨害行為といったレベルでは無く、日本に対する明確なテロ攻撃であると認識して、それに即した対策を講じていかないと、何れ死者が発生する可能性もあると言えるでしょう。

 まあしかし、殺人餃子問題において、支那畜野郎にあれだけ虚仮にされたにも関らず、「チュウゴクも解決に前向き」などと三流の道化師以下のジョークを飛ばしているようなクズが首相では、期待出来る訳も無いですがね。

 と言うか、仮に首相が福田で無かったにしても、現在、自民党を牛耳っている清和会の連中なんざ、典型的な内弁慶の集まりな訳で、国内でこそデカイ口を叩いて国民を煽れたとしても、外国に対しては、米搗き飛蝗のようにペコペコと頭を下げ倒す事しか出来はしないでしょうけど。

 清和会のプリンスだったという安倍某とかいう前総理なんかその典型で、国内では威勢の良い事を口にしてネトウヨなどから熱狂的な支持を受けておきながら、米国が慰安婦非難決議を出すや否や、音速で米国に向かって土下座してきたミスター・ヘタレでしたしね。

 つーか、その安倍某が作った教育再生委員会の委員である居酒屋のシャチョーサンなんて、こんな奴だし。

居酒屋チェーン『和民』が「鯨肉を扱わない」と回答
グリーンピース・ジャパンのアンケート調査で


国際環境保護団体グリーンピース・ジャパンは、今月初旬から、日本国内で鯨肉を扱う可能性のあるスーパー、百貨店、寿司店・居酒屋それぞれの業界上位企業32社を対象に、鯨肉の販売に関するアンケートを開始した。このアンケートへ最初に回答した居酒屋チェーン『和民』を運営するワタミ株式会社(以下、ワタミ)は、その回答で、捕鯨に関わる環境問題及び国際問題を知っており、鯨肉販売を行っていないとし、同社のいずれの外食店舗でも鯨肉を販売していないことを明らかにした。

グリーンピース・ジャパンのアンケートは、日本政府が過去最大の「調査」捕鯨を今年12月から実施することに合わせて行っているもので、日本における鯨肉市場やその販売傾向などの調査が目的。アンケートの質問内容は主に以下の通りで、それぞれの回答には「はい」「いいえ」で答えるもの。

1)鯨肉に関わる環境問題及び国際問題をご存知でしたか?
2)御社は既に鯨肉を販売していますか?
3)今後、鯨肉の販売を行なう(続ける)予定ですか?

「ワタミのような居酒屋チェーン店が、鯨肉を販売しないということは、この企業がグローバルな視点に立って環境を配慮し、その経営を行っていることを意味する」と海洋生態系問題担当部長の佐藤潤一は語り、「世界的に批判が高まる日本の捕鯨だが、このような取り組みをする日本企業が存在することは、世界の多くの人に知らせるべき」と結んだ。

ワタミ株式会社は『和民』など複数の居酒屋を全国展開しているが、有機野菜などを積極的に取り入れるなど、環境保全へ社を挙げて積極的に取り組んでおり、企業の社会的責任を重視していることで知られている。

グリーンピース・ジャパンはこのワタミの方針を歓迎し、オーストラリアでのホエールウォッチング体験券やニュージーランドの子供たちからのクジラ折り紙など含む福袋を渡邉美樹社長へ送付する。

鯨肉販売アンケートの回答締め切りは2008年1月15日。グリーンピース・ジャパンでは、最終集計結果を回答締め切り後に公表する予定で、現在までに回答が届いていない企業に対しその回答を促している。

(2007年12月21日 GREEN PEAS JAPAN)

 安倍タンって、朝鮮カルトだけじゃなくて反日環境テロリストのお友達ともお友達だったんですね。

 ホシュのボーハテイ、チョーウケルわ。

 話を戻して、そろそろ本気で連中への対策を講じないと、真面目に非常に危険です。

 取り敢えず、福田のカスが親父殿の二の轍を踏み、早々とテロリストに屈しない事を祈るばかりです。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

クジラと日本人―食べてこそ共存できる人間と海の関係 (プレイブックス・インテリジェンス)
小松 正之
青春出版社 (2002/04)
売り上げランキング: 35147
おすすめ度の平均: 4.0
5 限りある資源の有効利用
3 クジラを食べるために
5 鯨の行方

よくわかるクジラ論争―捕鯨の未来をひらく (ベルソーブックス)
小松 正之 日本水産学会
成山堂書店 (2005/08)
売り上げランキング: 63541
おすすめ度の平均: 4.0
4 クジラ論争の問題点が・・・
4 ( =ω=.)<らき☆すた 同棲編 その23


PR情報
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。65種類以上の機能を標準搭載。
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
本当にその通りです。今の政府内の主流派には何も積極的な期待が出来ません。

こと捕鯨に関しては、某公儀隠密様が憎悪している、高度成長期からバブル前までの政治家や役人の方がはるかに対外的に戦っていた感じがしますよ。少なくとも、外国人の使われ者になる糞が日本人の中から出てきたりはしませんでした。

それにしても、グッドウィルの会長といい、パチンコ資本といい、壺売りカルトといい、今回のワタミ(郁文館という学校を買収して「カイカク」したら合格実績急落ww)といい、安倍晋三と懇意にしてる連中ってなんでおかしい奴ばっかりなんだろ?

自称保守の目って節穴以下(笑)。
2008/03/04(火) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
ワタミの社長、ああいう目をした奴はロクな奴がいないと常日頃思ってます(偏見かもしれませんが)。
あの目を大きく開き、瞬きを殆どせず一ヶ所をジッと見つめてるような目つきです。

前に介護の事業に進出したときにTVに出て、支出がどうのサービスと支払いの金とのバランス、無駄を無くせみたいなことを従業員に話して時は真面目に介護事業やる気ないのが直ぐにわかりました。
まず言っている事が何しても軽いんですよね、こいつ。
2008/03/04(火) | URL | む~ #-[ 編集]
表題の内容と違うことをお許し下さい。冷静な立場で事件を書かれてるように思いましたので・・・
〈甦れ美しい日本〉3月1日付けより

◎松島悠佐の軍事のはなし(61)「イージス艦衝突事故に思う」
-----------------------------------  
イージス艦衝突事故で、いまだ消息の分からない漁船の親子のご不幸とご家族のご心労に慰めの言葉もありませんが、ただ、この報道と対応の姿勢には割り切れないものを感じます。それは、実態感覚のない観念論だけの報道をするメディアと、それに載せられている防衛大臣以下防衛省の右往左往の対応です。

まず、事故発生の原因について、イージス艦が漁船を何時確認し、どのような衝突防止の措置を採ったかということばかりが問題になっていますが、衝突された漁船「清徳丸」の航行に問題はなかったかということには触れていません。

海洋法規上は右船優先の原則になっていますが、大型船、小型船が錯綜する現場の航行では、小回りの利く小型船がよけて衝突をかわすのが常態になっています。大型船が複数の小型船を右に左によけるのは大変難しいので、実際的にはそのようにせざるを得ないからでしょう。

「清徳丸」の前・後を走っていた僚船が、イージス艦の前を横切れないと判断し回避する行動をとっています。しかし、「清徳丸」だけは横切れると判断してぶつかってしまったのは何故でしょう。そこに観念論ではない実態感覚の事故原因があります。

「清徳丸」から見れば、イージス艦を確認できないことはなかったでしょうし、優先権が自分にあると思っていても、相当無理な操縦で横切ろうとしたのではないでしょうか。

丁度、道路を直進する大型トラックの直前をバイクで横切るような操縦に似ています。

操縦していたのは父親だったのか息子だったのか、免許は何時取ったのか、経験はどのくらいあったのか、競い合って航行するような性格はなかったのか等など、いずれ海保の調査が進めば段々明らかになることだと思いますが、無謀と思えるほどにイージス艦の前を横切ったのは何故なのかを解明する必要があります。

メディアの報道姿勢は当初から、「国を守る自衛艦が漁船に衝突するとは何事か。見張りを怠っていたのではないか。規律が弛緩しているのではないか」など、自衛隊の過失を洗い出すことに焦点を当てて、漁船を確認したのは2分前なのか12分前なのか、当直士官は情報を掌握していたのか、連絡体制が不備だったのではないか、大臣や総理への報告が遅いなど等、自衛隊たたきに終始しています。

これを受けて石破大臣まで、自分への報告に1時間半も掛かったことは不適切と発言し、防衛省の体質的な欠陥であるとの認識を示し、自ら防衛省への不信感を助長しています。
さらに、情報の出し方をこまごまと統制し、結果的に情報が二転三転して信頼性を失わせるような結果を生じています。
イージス艦「あたご」の事故発生直後の処置と報告は、適切に行われていると思います。
0407: 衝突
0408: 救助活動開始下令
0421: 内火艇2隻で救助作業開始(衝突確認・負傷者発見できず)
0423: 海保に事故発生通報
0423: 所属する護衛艦隊司令部に報告
0448: 順序を経て統幕総合オペレーションルームに報告
0500: 内局運用当直に連絡

その後は、内局の中をぐるぐる回って、0539大臣秘書官に連絡が行き、0540大臣に報告されています。この40分間には問題があるのでしょうが、これは内局のもつ本質的な問題であり、私自身も阪神大震災の時にはずいぶんと問題を感じましたが、今日までそのまま放置されています。

「あたご」が怠慢ではないかと指摘されている「漁船の多い海域での自動操舵」については体験のない私には分かりませんが、常に手動で対応できるようにする必要があると考えれば不適当なのでしょう。

また「あたご」の警戒・見張りについては、基礎的な任務であり、自衛隊共通しては疎かにしてはいないと思いますが、あるいは気の緩みがあったのかもしれません。ただ、冒頭にも指摘したように、小さい舟がよけてくれるという甘えがあり、それが奢りになっていた可能性もありますが、現場の感覚はそんなものかもしれません。

この事件を機に、防衛大臣が取り組むべきことは、その辺の現場の感覚をしっかりと認識して、公務に就いている自衛艦の優先権、特に小型船との航行優先権をどのように考え、どのように確保するか、ひいては、災害派遣時の自衛隊緊急ヘリの航空管制権や、災害派遣車両の優先通行権など未解決な問題を、にいかに実際的に解決するかを考えることが大事ではないでしょうか。

少なくとも、報告が遅かったとか、発見が2分前か12分前かとか、瑣末なメディアの問いただしに答えて、自衛隊への不信を表明しているだけでは、現役自衛官の信望は得られず、逆に遊離していくような感じがします。国防という組織にとって由々しき問題です。                      (20・2・29記)

松島悠佐(まつしま ゆうすけ);
元陸上自衛隊中部方面総監
防衛大学卒業後、自衛隊入隊陸上幕僚監部・防衛部長、第8師団長(熊本)
等の要職を経る。
平成7年阪神大震災時、中部方面総監として活躍。
同年中部方面総監で退官。著書に「阪神大震災・自衛隊かく戦えり」(時事通信社刊)
がある。 現在、危機管理などの講演を精力的に行う。
2008/03/04(火) | URL | ねぎ坊主 #-[ 編集]
>高度成長期からバブル前までの政治家や役人の方がはるかに対外的に戦っていた感じがしますよ。

ええ、まだ全然マシだったと言えると思います。

勿論、拍手喝采出来るレベルでは無かった事は確かですが、これだけやられて首相としての遺憾の言葉すらも無し、なんていう最早国家として機能していないレベルでは無かったですから。

>安倍晋三と懇意にしてる連中ってなんでおかしい奴ばっかりなんだろ?

百歩譲って、ネトウヨ諸氏が言うように政治家だから色んな種類の人間と付き合わざるを得ないとしても、その中でも特に懇意にしている連中が折口やこの渡邊というのは、余りにも政治家としてのセンスがなさ過ぎなんですけどね。

しかも、この渡邊くんなんて、教育再生委員会の委員に選ばれている訳なのですから、言い分けの余地も無いです。

て言うか、ここまで来ると、安倍某が本当に保守思想の政治家だった場合の方が、物事の善し悪しの判断すら付かない超絶的な能無しの虫螻野郎ケテーイという事で、余程に問題な気がしますね。

故意犯的な売国奴と素直に認めてあげた方が、まだ安倍某の小さな小さなプライドは救われる事でしょう。
2008/03/05(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、あくまで一民間企業の社長としてならば、軽薄だろうと緑豆と関係を持っていようと、そんなに気にする程の事でも無いとは思うのですが、それが政治、それも教育の分野に関ってきている、というのは非常に大きな問題ですね。

安倍某が残した会議が発言力を無くしてきているというのは、不幸中の幸いですね。

こんなのが主導したカイカクを実践された日には、所謂「ゆとり教育」以上に大きな爪痕を残す事になりかねません。
2008/03/05(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
「あたご」の事件に関して言える事は、今のままでは、同じような事件は絶体にまた起こるでしょうね。

結局、「国軍」としての誇りと責任を与えられていないからこそ、こんな気の緩み以外の何物でも無い事件を巻き起こしてしまう訳で、そこの部分を何とかしない限り、石破を辞めさせようが何をしようが、本質的な問題の解決にはなりはしないでしょう。

更に、確か、産経の正論で西尾先生も指摘されていましたが、軍法が無いというのも、こういう事故が起こった場合の解決を遅らせている一因だと言えます。

左翼が追求している所謂「隠蔽体質」というやつにしても、誇りも権限も無いのに責任ばかり、それも法的に定められたものでは無く道義的なものばかりを口喧しく言われれば、自衛隊じゃなくてもそうなるわい、という話ですしね。

まあ、今回の件に関しては、海自側の過失が大きい事は恐らく間違いない訳で、そこの部分を追求するな、とは言わないし言えない訳ですが、左側は兎も角として、右側からすらももう一歩踏み込んだ意見が殆ど出ていないのは、何ともな話ですね。

某ドイツのホシュ婆さんに至っては、イージス艦の周りをチョロチョロしていた漁船が悪い、などと、ジェットストリームポカーンな事を言い出しておられるそうで、呆れ過ぎて笑えてきましたね、もう。
2008/03/05(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1131-7b8b97e5
||| プーチン時代第1章 ロシアンミレニアム ||| ミレニアム到来で新生ロシアの権威と経済力を確立したプーチン 国家百年の計を7年間で成し遂げたプーチンのロシア流資本主義 米国時間 2008年3月2日 午前7時59分 | AP 通信・時事解説 | 訳『米流時評』ysb...
2008/03/04(火) | 米流時評
  ||| ファイナルチューズデー開票速報 ||| テキサス・オハイオ・ロードアイランド・バーモント全4州予備選 セカンドスーパーチューズデー 開票速報ライブ・ブログレポート ジョン・マケインがバーモント、オハイオ、テキサスを制覇し共和党首位候補に 民主党は...
2008/03/05(水) | 米流時評