FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 逆ギレチャイニーズ

逆ギレチャイニーズ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

天滅中共

<黄砂>「発生源を中国に特定するのはおかしい」中国の専門家が反論―中国

2008年3月4日、中国紙「環球報」(電子版)の報道によると、「黄砂は中国で発生し、日本や韓国に飛来している」との見方について、中国の専門家が「発生源を中国だけに特定するのは妥当ではない」と反論している。

日本や韓国では、3月2日、今年初の黄砂が観測された。両国をはじめ、観測関係者や研究者の間では、黄砂は中国内陸部のゴビ砂漠や黄土高原で発生し、飛来してきているとの見方が一般的。しかし、「環球報」の取材を受けた、この専門家は「一概にそうとは言い切れない」と反論。「隣国のモンゴルにも大きな砂漠はあるし、そもそも日韓両国自身で砂塵が発生している可能性もある」としている。

日韓における「黄砂」の影響は深刻で、韓国の一部では「黄砂警報」まで発令され、始業式や入学式が延期になった学校もある。日本でも今年から環境省が「黄砂飛来情報」を公開し、独自の対応を強化している。

早急に対策を立てたい両国に対し、中国は「気象情報は対外秘」との姿勢を崩さず、一切のデータ提供に応じていない。協力体制の確立には、まだ時間が掛かりそうだ。(翻訳・編集/NN)

(2008年03月 Record China)

 流石と言うか何と言うか、実に素晴しき思考回路で、ここまで来るともう、天晴れと言ってやりたい気分にすらなりますね。

 既に様式美と言えるレベルに達しているとすら言えそうです。

 悪いのは全て他者であり、チュウゴクには一切の責任は無い。

 如何に明確な証拠を突き付けられようとも、絶体にこの姿勢を崩さない事こそ支那という国のデフォルトな訳であり、自称政治アナリストやなんちゃってジャーナリスト、金や女で籠絡された売国政治屋の言う「相手の言い分も聞くべき」という薄っぺらい事この上無い考えが如何に無意味か、嫌という程に分かろうというものです。

 こんな連中の話を真面目に聞く事なんて時間の無駄な訳であり、こんな連中の言い分の正しさを検証しようなんて、基地外の沙汰以外の何物でも無いと言えます。

 こんな連中が主張しているのが、20万人の都市で30万人が虐殺され、その後直ぐ25万人にまで人口が回復したという南京大虐殺という名の怪現象であり、殺人餃子の毒は日本で混入したという珍説な訳です。

 話し合って分かり合えるのは理想ではある訳ですが、世の中には話し合っても分かり合えない相手、それどころか疲れるだけで何も得るものが無い相手というのが確実に存在し、その代表格がこの連中、支那人だと言えるでしょう。

 少し前ならば、「そんな事は無い。人は話し合えば分かり合える」という良く言えば純真、ぶっちゃけて言えばお花畑な方々の意見も罷り通ったかも知れませんが、昨今では、そんな左翼な方々も率先して某忍者のような類をアク禁にしたりしておられる事から、どちらの言い分が正しいか、論理的に物事を考える事が出来る方には一目瞭然といったところかと思います。

 「いや、違う。人は話し合いで分かり合えるんだ」という方がおられるならば、是非とも、まずは手始めとしてあの某基地外忍者さんと話し合って、彼を説得して改心させてみて下さいませ。

 本当に出来たら、私も考えを少し改めますので、是非とも、理想に燃える左翼諸氏はチャレンジしてみて下さいね。

 ただまあ、時間の浪費というのは要するに生命の浪費な訳で、貴重な己の人生を無駄遣いする事は、この上ない親不孝であり、生命の尊厳に対する侮蔑行為ですよ、とだけは言っておきますが。

 で、話を元に戻しますが、日本で黄砂が本格的に問題になり始めたのは2000年頃の事なのですが、日本で所謂「公害」が問題となったのはそれよりもずっと以前の事な訳で、もし、黄砂に類似した現象が巻き起こっているとするならば、もっと以前から問題となっていなければおかしいと言えます。

 公害問題で社会が騒然となっていた時にも何ら問題とならず、その後もずっと持ち上がってこなかった問題が、支那が急激な工業化を進めるとともに問題が大きくなっていった。

 これだけで情況証拠は十分、更に研究機関のデータなどの物証も十分、しかも、日本だけが主張している訳では無く、各国の省庁や研究機関の意見が見事に一致している訳で、その中でこんな珍説を打ち上げるとは、もう、笑いを取りたいだけとしか思えない仕上がりだと言えるでしょう。

 流石は万年喜劇国家朝鮮の宗主国様です。

 ま、結論と致しましては、如何に詳細なデータに基づく証拠を突き付けようとも、明白な資料を突き付けようとも、このアタマがオッパッピーな連中はそれを受け入れる事は無いし、それどころか、逆キレして暴れ出し、こちらを、真っ当な手段で真っ当な主張をしている側を疲れさせるだけ、という事です。

 さっさと断交しましょう。

 それ以外に、正しい答えなど何処を探してもありはしないのですから。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

黄砂―その謎を追う
黄砂―その謎を追う
posted with amazlet on 08.03.05
岩坂 泰信
紀伊國屋書店 (2006/03)
売り上げランキング: 17338
おすすめ度の平均: 5.0
5 やはり有った黄砂学

日本人が知らない中国人の本性 (徳間文庫)
黄 文雄
徳間書店 (2005/11)
売り上げランキング: 45760
おすすめ度の平均: 5.0
5 卑しき隣人の正体


PR情報
Exciteローン特集≫厳選6社比較
【最強プロバイダー比較サイト】他にはないお得なキャンペーンがここに!

おまけ

本日の黄砂予報

平成20年3月5日(水)

(東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測より)

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
スポンサーサイト



南京の真実

ブックマークに追加する
ここまで来るとお笑いですね。人間、ここまで馬鹿になれるのか?と思うと笑っちゃいます。黄砂が日本や韓国で発生している・・、なんて、この人、脳味噌が腐って溶け出しているのと違いますか?
こんな人ばかりが住んでいて、他国に暴力じみた言葉と軍備で脅かしをするのが中国と言う国です。軍事費は日本の援助で増大するばかり・・、馬鹿が馬鹿につける馬鹿薬=ODA
さて、1937年当時の南京市の人口は11万人とされています。
そこで60万人もの人をどうして殺せるのでしょう。国民党の幹部と寄せ集めの軍隊は陥落前に早々と住民をおいて逃げ出しました。第一そんなに殺したら同行した外国の特派員が世界に伝えていますよ。死体の処理に困ります。この前の沖縄の集会の人数を2万人から11万人と数えた足し算のできない朝日新聞と同じアホな人達ですね。
2008/03/05(水) | URL | エノキ #-[ 編集]
日中友好の人士たちが、黄砂の原因は日本にあって、中国に多大の迷惑をかけているとして、中国様に謝罪と賠償をしよう、と言い出しかねないですね。媚中政治家達もキックバックを期待して、毎年中国様に8兆円の賠償金を支払わなければならない、とかの法案の準備を始めそうな予感がします。日中友好万歳の倒錯した精神の売国奴が多すぎますね。日本の税金を湯水のように中国様に朝貢することが習い性になっているので、中国側でも、どんな出鱈目な屁理屈を並べても、日本側の売国奴達が良きにはかって、謝罪と賠償という名の朝貢をしてくれることに慣れきっているんでしょうね。
2008/03/05(水) | URL | 日中友好 #i1jUUG.6[ 編集]
 安易に責任を認めない、謝らないというのは、世界標準に近いと思うんですが、チュウゴクはその中での上位にいると思います。
 そして、チュウゴクのメディアは、自国の政府に都合の言いようにしか記事を書かないということも言うまでもないことです。(日本のマスゴミは、ご主人と崇める国家の都合のいいように書くわけですが)

 日本人の価値観で、外国や外国人を語ってはいけないという簡単なことを、サヨクや媚中派は知らないのか、知っているのにわざとやっているのか、的外れなことを書きますね。(「神州の泉」さんの今日のエントリのコメント欄に、イタい内容のブログを書いていた人がいた)
 こういう人たちは、単に反米というだけで、チュウゴクが経済侵略(国家ファンドというのが流行ってますしね)してきても、「綺麗な経済侵略」扱いしそうで怖いです。

 おそらく、チュウゴクジンの外見や地理的条件で「欧米より日本に近い」からとか、マスゴミで美化された姿ばかりを(どの国でも、多少は美化されるのは仕方ないですが)見てとか、冷戦時代の中ソ対立の影響で、変な親近感を覚えているのかもしれませんが(私もかつてはそうだった)、チュウゴクジンなる生き物は、欧米人以上に日本人に似ていないということをはっきり認識するべきです。

 そして、歴史問題で謝罪・賠償しても、チュウゴクを含む特定アジア人は、日本人をなおさら見下ろして、更なる要求を突きつけることでしょう。
2008/03/05(水) | URL | 北之茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/05(水) | | #[ 編集]
まあ、支那人というのは昔も今も、これがデフォルトですからね。

この支那人の本性が知れ渡れば、ニッチュウ友好なんて絵空事を叫ぶ人間や、南京大虐殺なんて怪奇現象を信じる人間も居なくなる事でしょう。
2008/03/06(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、政治屋にしても官僚にしても、国家間の関係というものの意味を履き違えているのが多すぎるのですよね、結局。

支那人留学生あたりと個人的に懇意になる事と、国家同士における関係とを同列、同レベルで考えているのばかりなのですから、アタマが痛いにも程があります。

まあ、紅の傭兵や福田あたりは、そういうのでは無くて本物の売国奴な訳で、そういう類が政権与党のそれなりの地位にいるというのは、それ以上にアタマの痛いところなのですが。
2008/03/06(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
サヨクが考えるくらいに世界が単純なら、実に楽な話なんですけどね。

多文化だの多様性だの、やたらと「多」が付く言葉が好きな割には、世の中の複雑さの欠片も理解していないのですから、ある意味幸せな連中ですよ、本当に。

ペットボトルに入っているオレンジ色の液体が、必ずしもオレンジジュースであるとは限らない、という極めて簡単な話なんですけどね。
2008/03/06(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
連中は本当に中華思想という夢の中で生きているようですね。

南京攻略戦なんかも未だに写真は誤用であって嘘では無い、とか日本刀は二・三人斬ったくらいでは使い物にならないというのは嘘だ、とか(仮にそうであっても百人以上切ろうとすると、刀の研ぎ師などの手入れを専門に扱ってる人間と手入れのための道具を持って行かなきゃならないの)言ってるサイトがあったりして閉口させられます。
私も事細かく調べてはいませんが、ホシュの先生方の反論の説明でほぼ充分な内容かと思っています。
私が共産党を支持出来ない理由の一つですね、これや朝鮮統治政策の評価、まぁ他も証拠を提出されても認めないサヨクばっかりですが。

2008/03/06(木) | URL | む~ #-[ 編集]
まあ、詭弁はサヨクの伝統芸ですからね。

宗主国であるチュウゴク様のは、詭弁ですら無いレベルですが。

共産党は、私も支持は出来ないですね。

今、敢えて敵対するつもりもないですが。
2008/03/07(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1132-7b53f544
   ||| ヒラリーのテキサスサバイバル ||| ビル・クリントン大統領選カムバックキッドの伝統で甦ったヒラリー オハイオ・テキサス最後の砦を死守したクリントン、しぶとさを証明 初めにお断りしておきますが、次の記事は昨日3/4のミニ・スーパーチューズデーの
2008/03/06(木) | 米流時評