FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 盛者必衰の理

盛者必衰の理
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

天滅中共

 調子に乗りすぎて「黄砂はチュウゴクの責任では無いアル」とまで言い放ってしまった世界最高峰の馬鹿国家、中華人民共和国なる土人国家ですが、こちらの方でも、馬鹿らしく調子に乗って放言をかましているようです。

<中華経済>中国、2025年には米国抜き世界1の経済大国に=インドも肉薄―国際会計事務所が予想

2008年3月5日、5日付中国新聞社によると、国際会計事務所の米プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は5日発表したリポートで、中国が2025年までに米国を抜いて世界最大の経済国となり、2050年のGDP(国内総生産)は米国の1.3倍に拡大するとの予想を示した。

PwCのマクロ経済部門責任者、ジョン・ホークスワース氏によると、中国の技術進歩が、国内企業の生産効率を大幅に向上させており、中国には今後10-15年の経済成長を持続させるだけの力が備わっている。

リポートは他の振興国についても予想。それによると、インドのGDPが2050年に米国の9割に達するほか、ブラジルが日本を抜き、世界第4位の経済大国となる。またロシア、メキシコ、インドネシアのポテンシャルも大きく、2050年にはドイツもしくは英国のGDPを抜く見通し。(翻訳・編集/HI)

(2008年03月 Record China)

 相変わらず楽観的と言うか何と言うか、基本、今のままの経済成長がずっと続くと考えているところが、実にアホらしくて嗤いと涙を誘うところです。

 真面目に、経済の状況なんざ10年先を予測するのも中々難しい作業であるというのに、10年どころか、20年先、50年先の話を、さも実現は確実であるかのように語っている訳ですから、嗤えるにも程があるというものです。

 米国の国際会計事務所殿が何のつもりでこんな冗談を書いたかは知らないものの、普通に考えてこんなモノ、書いてる奴が馬鹿か、或いは、書かれている対象を遠巻きに馬鹿にする為にのものかのどちらかとしか思えない訳ですが、それを鵜呑みにしてホルホルしているのですから、流石は支那土人先生です。

 で、そんな2025年には米国を抜き、2050年には米国の1.3倍のGDPとなる「予定」の支那畜センセーの経済なのですが、現実は中々厳しく、こんな事になっています。

<中国株>5日=大陸株続落、全人代開幕で金融引き締め警戒

2008年3月5日、5日の中国大陸株式市場で上海相場は続落。上海総合指数の終値は前営業日終値比0.987%安の4292.654ポイントだった。深セン相場を合わせた売買代金は1736億元で、前日の2037億元を下回った。

この日、第11期全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が開幕。温家宝首相が午前の政府活動報告で「08年は金融引き締めを実行する」と表明し、引き締め堅持の姿勢を改めて示したことから、金利に敏感な金融、不動産を中心に売りが膨らんだ。上海総合指数の前場は下げ幅が2%以上に達した。

しかし後場に入ると、前場に大きく下げた金融、不動産が買い戻されて、下げ幅を縮小した。上海証券取引所が「2月末現在で07年通期決算を発表した上海上場企業128社のうち、97%が利益を計上した」との統計を発表したことで、目先の企業の好業績が見直されたようだ。もっとも保険大手、平安保険の増資観測などから需給悪化懸念も根強く、反発には至らなかった。

外貨建てのB株相場も下落し、終値は上海B株指数が0.160%安の313.885ポイント、深センB株指数が0.468%安の625.618ポイントだった。(翻訳・編集/HI)

(2008年03月 Record China)

 まあ、株価が下がり続けているから、支那のこれ以上の成長はあり得ない、などとオモロイ事を言うつもりはありませんが、取り敢えずの話として、今現実に起こっている事に対して何の対処も出来ず、流れに身を任せる事しか出来ない国の50年後の話をされても、「ヴァーカ」としか言い様が無いですわな。

 それでも、何らかの特殊技術、或いは揺るぎない基礎産業なり何なりを持っているなら、まあ一つの説として受け取る事も出来る訳ですが、そんなモノなど支那畜には一切無い訳で、支那畜の経済成長なんて、安い人件費と海外から流入してくる投資マネーに支えられた代物でしか無い訳です。

 その支那畜で市場が続落しているという事は、つまり、成長の柱が一本ポッキリと折れかかっているのに等しい訳であり、それが原因で倒れても不思議は無い状況の一歩手前という事です。

 安い人件費の方は、人民元の切り上げを渋れるだけ渋って何とか持ち堪えてはいるようですが、こういうバカみてーな楽観論が溢れれば溢れる程、それも難しくなってくるでしょうねぇ。

 その辺の事を分かった上でホルホルしているのでしょうかね、この連中は。

 まあ、精々、夢の2025年、そのまた夢の2050年を目指して頑張ればいいんじゃないでしょうか。

 一応、隣人として励ましの言葉を贈り、このエントリーを締めようと思います。

祗園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、
唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、
偏に風の前の塵に同じ。


人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

崩壊する中国逃げ遅れる日本―北京五輪後に始まる戦慄のシナリオ
宮崎 正弘
ベストセラーズ (2008/01)
売り上げランキング: 10480
おすすめ度の平均: 5.0
5 中国はなぜ分裂しないか
5 著者の指摘するとおり
5 特恵関税

平家物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
角川書店
角川書店 (2001/09)
売り上げランキング: 3672
おすすめ度の平均: 5.0
5 美しき武士たち
5 基礎知識!
5 能楽のために


PR情報
メンズブランド通販サイト「WORLD DIRECT STYLE」
●U-side発●最旬ファッション
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
いろんなFX会社を見てみると、ご定番の通貨といえば、ほとんど白人通貨で、有色人種の通貨はぶっちぎりで日本円がご定番となっています。極東に限って言えば、一部の会社では香港ドルやシンガポールドルが取引されていますが、それに比べて人民元は、皆無といえないまでも、香港ドルやシンガポールドルには到底及ばないようです。
死那経済が世界に冠たるものとするためには、まず、自国の通貨の取引を盛んにしなくてはなりませんよ。ところが、昨年雑誌を読んだところでは、人民元との取引では買い建てでも売り建てでもスワップを払う必要があるようで、低金利の日本で、スワップを当てにしてFXをはじめている人が少なくない現状で、かような有様でどうして人民元との取引を欲するでしょうか。
2008/03/06(木) | URL | DUCE #-[ 編集]
毒餃子事件がつまずきの初め、無理に開いた北京五輪がとどめ・・、これをキッカケに中国経済は破局の道を転げ落ちる・・。
何しろあの国には全てに「基礎となる力」がないのである。全てが物まね、人真似、であり、自分達の基礎技術は何一つないアルヨ・・、そして最後は他人への責任転嫁・・、これではブレーキの掛けようがありませんな。
盛者(じょうじゃ)必衰の理(ことわり)をあらわす。
偏(ひとえに)黄砂の前の塵に同じ。
首都北京も最後は黄砂に埋もれて、その昔、黒々とした煤煙を吐き出した煙突の突端のみが虚しく顔を出している事でしょう。
2008/03/06(木) | URL | エノキ #-[ 編集]
こんばんは
人民元って 世界で最も 汚い紙幣と言われていますね。
さて、あの国 耕地不足でフィリッピンから50億ドルで借りようとしたら反対運動で断られたとか 大紀元で言っていました。
もう終わってますね。
2008/03/06(木) | URL | あきつ #GCA3nAmE[ 編集]
アメリカの会計事務所がアホな未来予想をした理由は一つしかないと考えています。


「撒き餌」


浪人さんがいつもおっしゃっているゼロサムゲームというやつですね。本物のインサイダー以外の投資家にゴミ同然の株を買わせ、上がったところで売り抜ける。当該国が不況になるタイミングで空売りすれば二度美味しいわけです。昔ロスチャイルドがワーテルローの戦いを利用してロンドンの株を買い占めたのと同じ仕掛けです。

本文のレポートで私がひっかかったのが、「BRICsの中でなぜロシアだけが紹介されていないのだろう?」という点です。

恐らく、4か国の中で本当に生き残るのはロシアだけなのではないか…後の三つはみなバブルを起こさせて投資家たちをハメてやろう。そんな風に考えている連中がいるのでしょう。

特にチュウゴクの煽られ方は惨いですね。狙いは日本企業や日本人投資家というより、チュウゴク国内の小金持ちだと考えます。支那人の得た貿易黒字をギャンブルに突っ込ませようともくろんでいるのです。国際金融資本の連中は、チュウゴク人は自尊心をくすぐると簡単に暴走することを知っているのかも知れませんね。

2008/03/07(金) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
これ以上に投機マネーが乱れ飛べばどうなるのか、流石のアホの中共も分かっているのかと思います。

幾ら強がっていても、所詮はバブルの崩壊を恐れている子羊どもに過ぎませんから。

尤も、愚民化政策によって量産された人民どもは、今一理解していないようではありますが。
2008/03/07(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
支那畜どもの末路は、まあ仰るような感じでしょうね。

問題は、そこから脱出してくる人民どもです。

きちんと移民対策を始めておかないと、本当にやばいですね。
2008/03/07(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
流石の嫌われっぷりですねぇ。

まあ、あんなのと友好なんて本気で言っているのは、世界でも日本くらいのものな訳で、当然と言えば当然ですけど。

アフリカの方でも、反支那感情が日増しに大きくなっているようで、暴動寸前というところが大量にあるようですし。
2008/03/07(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>撒き餌

成る程、納得です。

そう言えば、そんな連中でしたね。

>4か国の中で本当に生き残るのはロシアだけなのではないか

これは、私もそうなるだろうと思います。

なので、そういう風に考えている連中は、確実に存在するでしょうね。

>国際金融資本の連中は、チュウゴク人は自尊心をくすぐると簡単に暴走することを知っているのかも知れませんね。

そんな感じですね。

やはり、支那人は永久に国際金融資本のオモチャなのでしょう。

日本は、あのアホどもを他山の石とせねばなりませんね。
2008/03/07(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1134-441d28b5
 4月24日前後に訪日予定と言われていた胡錦濤総書記、後で割り込んだ格下の李明博・新大統領の来日で、計画が不透明になった。どうせ胡総書記が来ても、懸案問題を建設的に解決する提案をするとは思えないし、皇太子殿下を<北京五輪>招待などと言い出されては迷惑す...
2008/03/06(木) | 陸奥月旦抄
 週刊新潮の2月21日号(木)(2月14日発売)「危ない海兵隊員」とわかっているのに暴行された沖縄「女子中学生」です。 該当号の電車中吊り広告です。 すべて3画像とも「Magazine Rack(最新刊情報)」から拾いました。  下記のように週刊新潮の不買運動の呼びか...
  ||| テキサス・オハイオ州民主党の決戦 ||| テキサス、オハイオ、ロードアイランド、バーモント、全4州予備選 オバマが勝てば民主党首位決定、共和党はマケインのラストスパート 米国時間 2008年3月4日 午前9時45分 | AP 通信・政局分析 | 訳『米流時
2008/03/07(金) | 米流時評