FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ食と農 → 穀物と食糧自給率とオーストコリアンの話

穀物と食糧自給率とオーストコリアンの話
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

将来の食料供給「不安」が9割超 九州農政局長崎事務所調べ

 長崎県内の消費者が将来の食料供給について不安を感じていることが、九州農政局長崎農政事務所が昨年十一月から十二月にかけて八百五十九人に対して実施した初の食料自給率の意識調査で分かった。「将来の食料供給」について「非常に不安」「ある程度不安」とする回答は93・9%に上り、アンケート結果だけから推察すると消費者の九割以上が不安を抱いている計算だ。

 調査は昨年十一月に長崎市で開かれた県産品のPRイベント「ながさき実り・恵みの感謝祭」をはじめ、県内九市町であった十二の地場特産品PRイベント会場などで、職員が来場者に対面形式でアンケートを実施した。

 年齢別にみると、「非常に不安」は、十代で30%、二十代で44・8%だったが、三十代以上の各年代でいずれも50%を超え、年代が上がるにつれ不安が高まる傾向がみられた。「どの程度の自給率が望ましいか」の問いでは「60-80%」が46・3%で最も多かった。

 同事務所によると、日本の食料自給率は39%(二〇〇六年)で、イギリス70%、ドイツ84%、フランス122%、アメリカ128%(いずれも〇三年)など他の先進国と比べ低い。同事務所は「輸入穀物の高騰や、食の安心・安全への意識の高まりなどから、自給率への関心が高まっているのではないか」とコメントした。


 同調査が行われた時期は、穀物相場が高騰し、輸入小麦などの値上げが相次いで報道された。長崎県立大の木村務教授(農業経済学)はこうした情勢が消費者心理に少なからず影響したとみており「県民が食料自給率に危機感を持ったことが数字に表れている。一月の中国製ギョーザ中毒事件で、食料供給に対する不安は若い世代にも広がっているのではないか」と話している。

(2008年03月09日 長崎新聞)

 まあ、当然の結果だと言えるでしょう。

 世界的な干ばつ、バイオ燃料の原料としての需要による穀物価格の高騰、支那製食品から次々と検出される毒性の物質。

 これらを踏まえれば、「不安を感じるな」という方が土台無理な話であり、寧ろ。未だに1割弱とは言え不安を感じないという人間がいる事の方が、ある意味驚きに値するくらいです。

 有名な保守派の論客(笑)であるらしい某I田N夫センセーなどは、リカードのトンデモ理論を持ち出してまで「食料なんか無けりゃ輸入すりゃいいじゃん。て言うか、その方がぶっちゃけ合理的だしぃ☆」という持論を展開しておられる訳ですが、真面目な話、食料輸入なんてのは売ってくれる国ありきな話な訳です。

参考リンク:●迫り来る食糧危機

 我がのところの需要も満たせていないのに、馬鹿親切に他国に食料を売ってくれる国が、この世に存在するとでも思っているのでしょうかね。

 まったくオメデタイと言うか何と言うか、「無防備宣言をすれば戦争に巻き込まれないゾ☆」とか言ってる頭の99%がお花畑な生物と変わらない知性の無さです。

 事実、あの支那畜どもも、こんな事を言い出し始めています。

<中華経済>物価安定に向け「国内の穀物供給確保を」=輸出の全面停止呼びかけ―中国高官

2008年3月7日、7日付香港・財貨網によると、全国政治協商会議委員で、中央農村工作指導チーム弁行室主任の陳錫文氏は、5日に開かれた全国政治協商会議の討論会で、穀物の国内供給確保を目的に、原則的に08年の穀物の輸出を全面停止すべきだと述べた。

陳氏は、物価安定が08年の重点課題であり、食糧の価格上昇が続く現状では、穀物の輸出停止が有効的との考えを明らかにした。同時に、割高な海外産穀物を輸入して国内価格を吊り上げるのではなく、あくまで国内の供給を確保するのが目的だと強調した。

国務院の温家宝首相も、5日に行った政府活動報告で、インフレの防止策として、工業用、食用の穀物輸出を厳格に抑制する姿勢を示している。(翻訳・編集/KS)

(2008年03月07日 Record China)

 他国への輸出よりも自国の都合を優先させるなど当然の事であり、当たり前の発言内容ですね。

 まあ、支那畜製の穀物風大量破壊兵器が日本に入ってこなくなる事自体は喜ばしい事ではある訳ですが、これによって、穀物の価格は更に高騰を続ける事となり、そのついでに、某I田N夫センセーなどが言うところの「輸入ルート」とやらも、確保しておいた筈が糞の役にも立たない物であると証明された訳です。

 更に、某I田センセーを始めとするカシコイカシコイセンセーどもが本当にアテにしているのであろう豪州ですが、こちらも中々凄まじい状況に追い込まれています。

豪NSW州 昨年以上の大凶作 農業者は風力発電や炭素排出権取引で生き残る

オーストラリアの穀物主産地の一つをなすニュー・サウス・ウエールズ(NSW)州の一次産業省が26日、2007-08年の州穀物収穫量は、9月半ばの予測の467万トンをさらに大きく下回る280万トンにまで落ち込むという最新穀物収穫量予測を発表した。

 6月のオーストラリア農業・資源経済局(ABARE)の予想収穫量:1144万トンの4分の1にも届かない。昨年はその前3年間の平均:1072万トンを70%以上下回る306万トンしか獲れなかった。1994-95年(147万トン)以来の大凶作だ。今季はそれをさらに下回る2年続きの大凶作となりそうだ。

 理由は言わずと知れた干ばつ、9月、10月の間、有効な雨はまったくなかった。

 Farmers brace for decade-low wheat harvest,smh,10.27

 この報道によると、州自然資源コミッショナーは、多くのNSW農業者の収入のうち、伝統的農業からのものは10年以内に半分を占めるにすぎなくなる、残りは炭素クレジット、グリーン発電などからの収入になろうと言う。農業者は、[地球温暖化のお陰で]食料や繊維の生産によってではなく、風力発電所の受け入れや自然植生への炭素固定、湿地保全に対する発電所、製造業企業、水企業からの支払で存続することになる。

 自由貿易協定(FTA)推進論者は、それでも日豪経済連携協定が食料安定確保に寄与すると言い続けるのだろうか。

(2007年10月29日 農業情報研究所)

 この調子で行くと、上記引用記事にもある日豪経済連携協定は、「日本が必要なものを輸入する為の仕組み」などでは決して無く、「豪州が要らない物を日本に売り付ける為の仕組み」になるであろう事は、まず間違いなさそうな気配ですね。

 あいつらは、そういう連中です。

 例えば、今話題沸騰中の反捕鯨団体による見事な暴れっぷりですが、あの連中を支援する団体の中に、所謂「食肉利権団体」がいる事は、マスゴミどもは余り口にはしませんが、まあ、公然の秘密と言ったところです。

 日本に牛肉を出来るだけ高値で売り付ける為には、捕鯨が解禁となって鯨肉が市場に出回り、牛肉の需要がわずかでも低下するような事は、連中にとってあってはならない事な訳です。

 豪州政府が、自国の団体があれだけ恥を全世界に散蒔いているにも関わらず強く取り締まれないのは、反日華僑どもからの献金云々もあるかも知れませんが、そういう事情も働いている訳です。

 また、干ばつによる穀物収穫量の減少により、貿易での利益が減少している分を、食肉の輸出の方で賄おうという意図もあるでしょうね。

 現豪州首相が某フクダと互角の、或いはそれ以上の媚中派である事は既に広く知られている事実ですが、何故、一応はある程度以上は前政権が上手くやっていたにも関わらず、敢えて、前政権与党の候補では無くそんな媚中派のクズ政党を与党としてオージーどもが選んだかというのも、日米連携を重視する余り、日本の捕鯨に強く言わない前政権では、そういう目的を達成する事が困難だと農家や食肉団体の連中が考えた結果と解すれば、まあ納得出来ると言ったところです。

 尤も。現在のような気候がこれ以上長引けば、農産だけでは無く畜産の方にも影響が出てくるのは時間の問題な訳で、その時には、「鯨肉売りの豪州商人」なんてのが大量発生するんでしょうね。

 元々、嘗ては事実だった鯨の減少にしたって、その原因を作り出したのはハクジン、連中が、鯨油の採取の為に鯨という鯨を殺して殺して殺しまくった結果に起こった事な訳であり、そんな程度の転向など、連中にとってはお茶の子さいさい、屁の河童といったところです。

 そうなると、今度は「牛や豚はニンゲンのトモダチだ。殺して食べるなんてヤバンジンのすることニ…ことだ」なんて言い出すのに100ペリカ。

 大分話が逸れた訳ですが、まとめに入ると要するに、こんな状況で何時までも食料を日本に売ってくれる国がある保証なんて何処にも無いし、仮にあったとしても、バイオ燃料の事などからも分かるように、何時、不確定要素で価格が不安定化するかなど、分かったものでは無いという事です。

 国内に生産の拠点、必要な分だけを直ぐに供給出来る素地を持たないという事は、それ自体、緩やかな自殺に他ならないとさえ言えるでしょう。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

輸入食品に日本は潰される―農水委員会理事、衝撃のレポート
山田 正彦
青萠堂 (2003/10)
売り上げランキング: 135915

アメリカに潰される!日本の食―自給率を上げるのはたやすい!
山田 正彦
宝島社 (2005/11)
売り上げランキング: 137008


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
リピーター続出!税理士からの即回答!インターネット税務相談
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
オーストラリアン・スタンダード・ホワイト(ASW。麦の品種)はこれからますます減っていく。
これからオーストコリアの白い朝鮮人が何人死亡しようがそんなの関係ない。
オーストリアが国の呼び方を変えたのも無理ないわ。

パンやピザ、さぬきうどんはこれからも値段が高くなっていく。
生活防衛のためにも、米を食べましょう。

最近では、反日サヨクや親米ポチ保守、グローバリストが同じ穴のむじなに見えてくるようになりました。
2008/03/09(日) | URL | おしゃか #-[ 編集]
私はラーメン好きですが、別に納豆ご飯とイモの天ぷらで十分です。てゆうか、その方が健康にいいし。一生米を食えない方がはるかに悲しいです。

小麦は北海道や北東北でも作れますね。もっとも、米との相性や食文化を考えると、まずは「大豆」から増産したいですね(味噌、醤油、豆腐、納豆がなくては日本食ではない)。蛋白源は魚と鯨肉、鶏はブロイラーだと一回でおしまいなので卵用にしましょう。野菜は今から種苗の完全国産化を目指しましょう。旬を守れば農薬漬けやハウス栽培の必要性も減ります。

こうすりゃロハスだとかダイエットなんか必要無くなってきますよ。

おしゃかさんの指摘はまさしくその通りで、馬鹿保守(大アジア主義か対米隷属)もチキュー市民左翼(支那朝鮮の手引き)も、グローバリゼーションを前提にしてしかものごとを考えられていません。

人間も生き物であることからすれば、「餌」をどうするかを真っ先に考えなくてはいけないはずです。それができないのは、合成甘味料=生活から遊離した思想闘争の味しか知らないからです。私はそういう人達を心の底から軽蔑します。
2008/03/09(日) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
ええ、豪州だけで無く支那、そして米国でも、大地の許容量を超えて収奪を続けてきた歪みがどんどんと出てきています。

小麦も、ある程度は生産し始める必要があるとは思いますが、基本的には、仰るように米食に回帰していくべきでしょうね。

>反日サヨクや親米ポチ保守、グローバリストが同じ穴のむじなに見えてくるようになりました。

ええ、同類ですね。

思想闘争、それも哲学無き浅はかな思想闘争の中でしか存在意義を見いだせない、憐れなイキモノたちです。

ちっぽけな自我をテレビや新聞、論壇のヒーローに重ねる事でホルホルしている、半島に生息する何かと酷似したイキモノたちです。
2008/03/10(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ラーメンなんですが、じゃがいもの麺のラーメンなんてのもあるみたいですね。

半島の料理らしいので、余りそれ自体には魅力を感じませんが、このアイデア自体は結構使えるような気はします。

元々、そういう違う物を使ってある物を再現するとかという分野は、日本の得意分野ですから。

麺の材料としては、小麦以外にも米、粟、稗、きび、ソバ、サツマイモ、緑豆、大豆、モロコシなんかもありますから、この中からチョイスして近い物、またはある意味ラーメン以上のものを作るなんてのも、即席ラーメンを作った国なら可能かも知れません。

こういうのが、企業努力ってやつですね。

そういう事を怠って、人件費の安い支那で二束三文の適当なモノを作って投げ売りしているような企業が大企業と呼ばれ、そんな連中をのさばらせる為のカイカクをマンセーする連中が保守を詐称している訳ですから、中々シュールな喜劇です。
2008/03/10(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
お米は応用が効くみたいですね、有名なところではパンに使ってますし、フォーなど麺にも使えます。
あと昔の日本人の主食だった粟やキビ・ヒエ・芋など分散して作るのも良いと考えています、栄養価が高いので何かあった時に飢えのリスクを減らせると思います。
精神文明の日本人には物質文明の白人は理解出来ないと思います、良いも悪いも無く(北欧の様な精神文明的な国などの例外もありますけど)
問題は理解出来てると勘違いしてるコクサイジンとかがいる事なんじゃないかと…

2008/03/10(月) | URL | む~ #-[ 編集]
食糧の自給率が39%なんて統計のウソである。
米はいくらでも余っている。休耕田を元に戻せばまだまだ増える。
米があればラーメンだって、パンだってケーキだってできる。小麦だってその気になれば作れる。野菜は80%自給しているが安い中国からの野菜に押されて生産を一時中止しているだけ。100%自給できる。牛乳は余って捨てている。牛乳があればバター、チーズ等の乳製品も作れる。要は食糧・食品が大規模な流通ルートに乗ったおかげで廃棄が増えている。30%~40%は捨てている。
大手スーパーやコンビニでまたホテルの廃棄食糧・食材は溢れるばかり。
その気になれば日本は食っていける豊かな土地がある。雨も適当に降るし、地味も豊か、外国人は「日本では何でも育つ・・」と呆れている。外国では一部を除いてその土地に合った作物しか作れないのである。心配は不要、メタボも減り、健康な体になり、精神もまともになるよ。まずは中国からの毒食糧を阻止する事、あの国では空気も水も土もみんな汚れ放題、土地や水に染み付いた重金属の恐ろしさは奇形児を産んでからでは遅いよ。
私の友人は大手スーパー(○オ○)の青果部門で働いているが今は中国産のラベルはタケノコの水煮位なものだと言う。後はみんな国産品、それでも売れ残り捨てていると言う。そこでもったないので安く売る方法もあるが、それで万一、一人でもアクシデントがあれば訴えられるので捨てていると言う。理由はそれが原因ではない(本人の体調不良)にせよ判明出来ない以上は店は責任を問われると言う。大手はそれが怖い。自給率もそうであるが我々の食に対する認識も変えなければならないと思う。





2008/03/10(月) | URL | エノキ #-[ 編集]
まあ、三国人や白人どもに限らず、他民族、他文化を理解するなんて事は、そう簡単に出来る事じゃ無いですね。

地球市民のように旅行くらいでしか行った事が無いのは論外、留学やホームステイで数年暮らしただけでも全然足りないでしょう。

その国、民族の文化圏に生活の拠点を置き、全てをその風習に合わせて生活をして、初めて理解の入り口に立てる、てなところでは無いかと思います。

勿論ですが、理解しよう、溶け込もうとする心構え、努力は必須です。

それが無ければ、例のザイでニチな連中のように、社会のゴミにしかなりませんから。
2008/03/11(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>我々の食に対する認識も変えなければならないと思う。

これは大切な事ですね。

便利さの中で現代人が忘れてしまった、食べ物に対する感謝の心を取り戻さねばなりません。

取り敢えず、勤労感謝の日の呼び名を新嘗祭に戻してはどうかと思いますね。

今でも宮中行事としての新嘗祭は続いている訳で、難しい事なんか何一つ無い事です。
2008/03/11(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1137-c2b9a162
↓FC2ブログランキングに参加しています。クリックお願いします 白人生徒の公立学校離れ 「多人種の学校を避ける」  【シドニー10日A...
  ||| 米中央軍総司令官、突然の辞任問題 ||| 米中央軍司令本部ファロン総指令官突然の辞任で噂されるイラン攻撃 エスクワイア誌でブッシュ・チェニーの軍事戦略ゴールに反対を表明 水面下の大きな動きが、ついに表面化した。CENTCOM/米中央軍指令本部の総司令
2008/03/12(水) | 米流時評
農業経済学 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…