FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 自由と権利の果て

自由と権利の果て
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

市民公園内でのセックス合法化へ アムステルダム

【3月12日 AFP】オランダ・アムステルダム(Amsterdam)市議会は、同市内で最も有名な公園の1つ、フォンデル公園(Vondelpark)内でセックスすることを合法化する方針を固めた。ゲイ同士でも、もちろん問題はないという。同公園は、年間1000万人が訪れる人気の観光スポット。

 一方、市議会は同時に、同公園内でリードを付けていないイヌを散歩させることは厳しく取り締まる方針も明らかにした。これに対し、イヌの飼い主たちからは不満の声があがっている。(c)AFP

(2008年03月12日 AFP)

 カイカク真理教信者、伝統的お花畑サヨク、親米ポチホシュなどが大好きな「自由」「権利」という言葉な訳ですが、倫理観や道徳観、或いは「公」と呼べるもの全てを顧みる事無く、個人の自由というものを只管に追求した果てにあるもの、といった感じですかね。

 オランダと言えばこれ以外にも、大麻使用が合法である国としても有名な訳で、その際、他国からジャンキーどもが大量に流入してきて治安が著しく悪化し、慌てて再び規制しようとしたところ、自国からジャンキーどもが出て行って清々していた近隣諸国から「今更取り消すなんてナッシングですよw」と言われた経緯がある欧州の朝鮮と呼ぶべきバカ国家な訳ですが、それからも1ミリも進歩していない事がよく分かります。

 ちなみにですが、豪州と並ぶ反捕鯨国家でもあります。

 マリファナを吸うのも公園でセクロスするのも個人の自由だけど、鯨を食べるのは人倫に悖る行為なんだそうです。

 ダブルスタンダードとかそういう次元を超越して、完全にアタマのカワイソウな人達ですね。

 また、捕鯨問題以外においても、基本的に反日気質の支那朝鮮と気が合う国家としても有名で、所謂「従軍慰安婦問題」にも積極的に取り組んでいる国でもある訳ですが、その支那朝鮮、最近大活躍の豪州、そしてこのオランダと、反日国家というのは実にアタマのおかしい連中ばかりです。

 アタマがおかしいから反日となるのか、反日をするとアタマがおかしくなるのか分かりませんが、とにかく、こんな連中の言い分をまともに聞くのは時間の無駄という事だけはよく理解出来ます。

 さて、そろそろ話を本筋に戻したい訳ですが、確かに、人間は生まれ落ちたその瞬間から、基本的には自由な存在であり、何処で何をしようとも、基本的には自由ではある訳です。

 で、問題はここからな訳ですが、だからと言って、全ての自由と呼べるものを個々人の欲望のままに野放しにしておけばどうなるかと言えば、誰かの自由の為に別の誰かの自由な権利が侵害される、まさしく弱肉強食の狂った社会が実現してしまう訳です。

 だからこそ、ここに公と言えるものを設定し、そうならないように規制をするのが国家政府の役割な訳だと言えるでしょう。

 日本国憲法の12条、13条にはこうあります。

第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

 第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

 忌むべき占領憲法ではある訳ですが、一応はそれなりの人材が作っただけのものであって、こういう所は非常によく出来てはいます。

 尤も、だからと言って、9条真理教の信者みたいに「日本国憲法サイコー。ウヒョー。マンシェェェェ!!!!」とかする気は全く、1ミリも起きませんがね。

 で、話を戻す訳ですが、まあ、ダッチ野郎どもはダッチ野郎どもの価値観に沿って、勝手に自分達の国を滅茶苦茶にしている訳で、その事について、ああしろだのこうしろだのと、何処かの汚染大陸の独活の大木国家宜しく内政干渉染みた事をする気は無い訳ですが、このAFPの記事を見て違和感を覚えるであろう一般的な日本人は、「自由」だの「権利」だのという言葉について、もう一度再考してみるべきだと言えるでしょう。

 自由、権利、規制緩和、そういう一聴すると甘美に思えるもの、良いと思えるものが、必ずしも良い結果をもたらすとは限らないという事を。

 制限される事、規制される事によって、却って守られているもっと大きな何かがあるという事を。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

グローバリゼーション・新自由主義批判事典グローバリゼーション・新自由主義批判事典
(2006/07)
イグナシオ ラモネ、ヤセク ヴォズニアク 他

商品詳細を見る


「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
(2007/04/12)
関岡 英之、和田 秀樹 他

商品詳細を見る


PR情報
安価、安心、高機能ストレージサービスは、 NTTビズリンクのiTrustee
NTTCom“My”アフィリエイト
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
なんとタイムリーな記事

低学歴で底辺な私ですが、国や社会の必要性について考えさせて貰ったのが、前田英樹立教大学フランス哲学教授の著書“ 倫理の力”という新書だったのですが、やはり似たようなことが書いてありました。
人間の自由とは社会の中以外ありえない、という言葉でした、この言葉を最近よく考えていたのです。
しかし、性や規則がキツクない神道日本が倫理・道徳に厳しく、厳格であるはずのキリスト教国の堕落ぶりは対象できですね、イエス・キリストの教えを好き勝手に解釈し侮辱し続けて来た結果と私は考えています、彼らは隣人を愛してはいませんから。
2008/03/12(水) | URL | む~ #-[ 編集]
月刊誌の「Voice」にて、竹中平蔵と猪瀬直樹が対談していたのですが、竹中は「改革は面白い」とか言ってましたよ。しかも、「祖国のために」改革をしているようなことも言ってました。もしかしたら、改革真理教徒の皆様は、自分たちがいいことをしていると本気で思っているのかもしれません。こちらとしては、迷惑この上ないのですがね。

挙句の果てに、竹中は、「私は権力にこだわらない」なんて言い始める始末です。自分が参院議員を辞めたことを正当化したいのかもしれませんが、国民を馬鹿にしているとしか思えません。こいつのせいで、「この国を動かす」とか勘違い発言するプロレスラーが繰り上げ当選してしまいました。まあ、議員を続けられたら、それはそれで困りますが(笑)。

やはり、最近竹中の露出が増えていますね。朝日・毎日系の雑誌にも出てくることから、こやつらも反体制のふりした体制派なのでしょう。
2008/03/12(水) | URL | 愚倦太郎 #-[ 編集]
まあ、オランダとはなんともまああほな国でしょうか。こんなことをわざわざ合法化するというのもなんですかなぁ。男女だろうが、衆道だろうが、勝手にしろといいたいところですが、公衆の面前でと言うのか勘弁してほしいです。
1番の問題は、犯罪被害にあいやすいことですよ。盗みに出くわした場合、まさかふるちん状態で「ドロボー!待ちやがれー」と追っかけることができないじゃないですか。
この辺のところは、自由も度が過ぎると、自滅するから、おのずと規制すべきだという教訓になるはずですがねぇ。
2008/03/12(水) | URL | DUCE #-[ 編集]
僕もオランダは嫌いです。
でもオランダの経済構造って結構グローバリズムにあらがってる感じじゃないですか?
そこの部分は日本も見習ったほうがいいんじゃないでしょうか。
2008/03/12(水) | URL | M #-[ 編集]
浪人さんこんにちは。
しかし「イヌはリードなしで散歩しちゃダメ」だけど「ヒトはパンツなしでナニしてもいい」とは・・・開いた口が塞がりませんね。(笑)公園で裸になって営んでいる連中なんざイヌのようなものですから、それこそリードにくくりつけて市中引き回さなければなりませんね。こんな国に捕鯨問題どうのこうの言われたくないですね。オランダ人はAFPがこの二つの方針を並べて報じているのは、言下にバカにしているというのに気付いているのでしょうか・・・。
2008/03/12(水) | URL | 行政のサムライ #-[ 編集]
犬は、精液の臭いが大好きなのです。(本当ですよ)
公園で、アレの最中に犬が邪魔をしたらいけないので、
リード無しの犬の散歩は禁止になっているのですよ。(笑)

2008/03/13(木) | URL | Ve #mQop/nM.[ 編集]
究極の自由の形態というのは、要するに無政府状態とか社会というものを成していない状態の事な訳ですが、そこでは結局「自由」というものは何も保障されていない、或いは、人間はそれを「自由」であると認識出来ない、という事ですかね。

彼らが隣人を愛していない、というご意見には同意です。

と言うか、彼らはキリストを愛しているのかすら怪しいですね。

キリスト教圏の人間は足繁く教会に通い祈りを捧げてはいる訳ですが、彼らの祈りは、常に「自分」でしか無いですから。
2008/03/13(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
オランダは今でも十分過ぎる程に置き引きが酷いそうですから、仰るような事件が多発する可能性は高いでしょうね。

ただ、それで連中が自省出来るかどうかは、非常に怪しいところです。

カシコイ人間なら、大麻の時で懲りている筈ですから。
2008/03/13(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
オランダモデルは、参考にする価値は十分にありますね。

心配なのは、全てをマンセーして深く考えずにそのまま導入して、中途半端な結果しか出なかった、という日本政府お得意のパターンにならないか、という事ですかね。

成功の要因をきちんと考えて、民族性の差異を考慮して、きちんと日本に合った形に仕上げさえすれば、成功する可能性はかなり高いでしょう。
2008/03/13(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ケケ中は本当に狂っていますからね。

そう思いこんでいる可能性も考えられます。

何しろ、フリーターを究極の終身雇用とか言っていた訳ですから。

>朝日・毎日系の雑誌にも出てくることから、こやつらも反体制のふりした体制派なのでしょう。

小泉カイカクを一番支持していたのは、産経とその朝日ですからね。

毎日には、煎餅カルトの魔手が入りまくってますし。

反体制を気取っているというよりも、反体制という役割を演じている道化、と解した方がいいでしょう。
2008/03/13(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>オランダ人はAFPがこの二つの方針を並べて報じているのは、言下にバカにしているというのに気付いているのでしょうか・・・。

きっと気付いてないと思います。

何しろ、大麻が合法な訳で、そこいらかしこにカンナビストが溢れかえっている素敵な国ですから。

「見ろよ、俺たちの事をAFPが記事にしてるぜ」
「そいつはクールだ。どうだい、祝いに一発決めるってのは」
「そいつはいい。でも俺はゲイじゃ無いから公園で一発決めるのはゴメンだぜ」
「HAHAHAHA」

こんな感じかと思います。
2008/03/13(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
なるほど、納得です。

て言うか、一行目を見たとき、同じHNを名乗るスパムかと思いましたよ(笑)。
2008/03/13(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
「自由という馬は乗り心地が良い。ただし、『それに乗って何処へ向かうか』が肝心だ」という格言を思い出しました。自由を追求・実現するつもりで、「欲望の奴隷」と化した己の姿に気づかないのは恥ずかしいですね。
2008/03/14(金) | URL | RAS #-[ 編集]
ええ、同感です。
2008/03/15(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1140-849f5ff4
珈琲好きさんが人権擁護法案について、片山氏のブログにコメントを書いたところ下記に返答が帰って来た。http://blogs.yahoo.co.jp/katayamasathuki2007/35077...
2008/03/12(水) | 新三ログ