FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ医療崩壊 → 医療を殺すモンスターペイシェント

医療を殺すモンスターペイシェント
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

時間外診療の9割は“軽症” 「病院勤務医の負担増大」

 県内の病院で夜間などの時間外診療を受けた患者のうち入院したのは全体の1割で、9割は入院の必要のない比較的軽症(傷)な患者との調査結果を県が12日の健康福祉委員会で明らかにした。

 県医務国保課によると、県内の全338病院を対象に、昨年3月の1カ月間の救急搬送を含めた時間外の患者の受診状況を調査した。

 その結果、時間外の診療を受けた延べ10万9068人のうち入院に至った患者は約11%の1万1979人。このほかは入院をせずに、その日のうちに帰宅したという。入院しなかった9割の患者の具体的な症状などは調べていない。

 奥村悠二氏(自民)の質問に、片岡博喜医務国保課長は「患者が病院に集中し、勤務医の負担を増大させている。最寄りの開業医をかかりつけ医にし、できるだけ時間内に診療を受けるように呼び掛けていきたい」と話した。

(2008年03月13日 中日新聞)

 ついこの間、「自由と権利の果て」という記事でアホなダッチどもの事を書いた訳ですが、基本的な問題の構造としては、同じようなものだと言える問題ですね。

 自分1人の権利を要求する余り、社会全体の機能を殺し、結局は自分の首を絞めているという事にすら気付けず、それどころか、こういう事が話題に上ったりすると、「医者は特権階級か」「仕事が入れば夜間でも働くなど一般企業では当たり前」などと訳の分からない理不尽な屁理屈を捏ねくり回し、自分の愚かさを正当化しようとする。

 そういうヴァカに限って、カイカク、グローバリズムを盲信し、成果主義だの実力主義だのを謳っているのですから、もう、シュールな喜劇だとしか思えない出来上がりです。

 仮にこの世が実力主義、成果主義が全てならば、難関中の難関である医師国家試験を通過した医者は特権階級になる、という理屈すら理解出来ていない訳ですから、嗤えるを通り越して憐れですらあります。

 そして、そういう基地外の理不尽な暴れっぷりに嫌気をさした若い医師はどんどんと救急医療から離れていき、こういう結果をもたらす訳です。

勤務医不足深刻、5年で430病院が救急指定返上…本社調査

 全国の「救急告示医療施設」(救急病院)の総数が過去5年間で「医師不足」などを理由に1割近く減っていることが、読売新聞の緊急自治体アンケートでわかった。

 減少傾向には歯止めがかかっておらず、いざという時に患者の受け入れ病院がなかなか見つからないなど、救急体制の危機が深刻化している実態が浮き彫りになった。

 読売新聞が全国47都道府県を対象に、救急体制について聞いたところ、2001年3月末に全国で5076施設あった救急告示医療施設が06年3月末までに約8・5%に当たる432施設減少し、4644施設になっていた。今年度に入っても減少傾向は変わらず、38都道府県の121施設が救急告示(救急医療施設の指定)を撤回、または撤回する予定だ。

 医療施設が告示を撤回する理由については、38都道府県のうち6割以上にあたる24自治体が、「医師の確保が困難」(青森県)、「常勤医の退職」(秋田県)、「医師などの体制確保が困難」(福岡県)など医師不足による受け入れ体制の問題を挙げた。勤務医不足で夜間当直体制が確保できず、撤回するケースも相次いでいる模様だ。

 救急医療施設の減少で地域によっては一刻を争う救急患者の搬送先確保にも困難が生じているが、救急告示を撤回していない医療施設でも患者の受け入れが困難となる施設も多く、山梨県東部では東京都内の病院に高速道路を使って搬送するケースも相次いでいる。

 救急医療施設の過去5年間の増減について都道府県別にみると、37都道府県で減少。特に北陸、四国の減少率が高かった。同数は3県。増加したのは7県だった。

 東日本で増加した県はなかった。地域医療の中心となるべき医療施設が、指定を次々と撤回する背景には地方で深刻化する病院勤務医の人員不足があることは確実といえそうだ。

 アンケートは、2月末から3月上旬にかけ、自治体の地域医療担当部署に書面で実施し、全47都道府県から回答を得た。

(2007年03月20日 読売新聞)

 その結果、本当に救急医療が必要な人間が、適切な処置を受けられずに命を落としていたりもします。

 過剰な個人の権利の要求者は、間接的な殺人者であるという事も自覚すべきですね。

 アホのマスゴミと個人主義クソサヨクのコラボによって過剰に肥大してきた権利という概念を、日本人はもう一度よく考えなくてはならない時期に差し掛かっているかと思います。

 自分さえ良ければいい、という考えは、結局回り回って自分自身の首すらも絞めてしまうという事を。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実 (新書y 180)
本田 宏
洋泉社 (2007/09)
売り上げランキング: 1127
おすすめ度の平均: 4.0
4 医者本人でなく別の立場から語らせた方が効果があると思う
4 事実、医療は崩壊中!
4 一種の暴露本

まちの病院がなくなる!?―地域医療の崩壊と再生
伊関 友伸
時事通信出版局 (2007/12)
売り上げランキング: 857
おすすめ度の平均: 5.0
5 目から鱗が落ちた気がする。
4 自治体病院の問題点を分析。
5 公とは何かを突きつけられる本


PR情報
▽【注目】 モデルルームオープン情報
メールを読んでクリックするだけ!GetMoney!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
拝金主義、個人主義、合理主義等を連呼し、アメマンセーし盲信する様は、カイカク真理教、カルト真理教の二卵性というか相思相愛ぶりがよくわかりますね。
2008/03/14(金) | URL | はやぶさ #-[ 編集]
医療のコストダウンと、叫んでやまないのがカイカク信者やネオリベラル(ここにはサヨクを含む)という生物ですが、そういう人に限って医療事故が起きると、「生命を預かる人間としての誇りがないのか」などと言い出します。

このような生き物には、二つの特徴が見られます。

一つは、マスコミから垂れ流されるイメージや価値観に従うことでしか判断できないことです。医療の低コスト化・サービス向上は常日頃ニュースやワイドショーで喧伝されていますし、医者=超越的人格者というイメージは『Dr.コトー診療所』や『医龍』みたいなドラマがばらまいたものです。

もう一つは、自分の嫌悪する対象については、一切理を認めず、非ばかり追及することです。根底には思い通りに生きられない自分自身への嫌悪があります。ネット右翼の言動もこれとよく似ています。

要するに、彼らは他人を尊重していないのです。自分が思うように生きられない不全感を、他社への攻撃で憂さ晴らしをしているのです。行き着く先は間違いなく反日ですね。

例の憂国の公儀隠密様など、ついに「シャッター商店街は不採算だからみんな潰せ」と言い始めました。私が医者で、隠密様が来院したら、申し訳ありませんが診療拒否します。クスリを出せば高過ぎると言い、ちょっと誤診したらブログで何年にも渡ってキャンペーンを張り、挙句仲間の新風フレンドを連れて病院にねじ込んでくるのは目に見えていますから。
2008/03/14(金) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
 救急医療の崩壊は、医師不足以外にこういう要因もあるでしょう。

こちらから引用。http://ameblo.jp/showatti/entry-10069064771.html
このブログは、新自由主義にも強く反対しており、かなりお勧めです。

(引用開始)
なぜなら、従来、日本の医師は一種の自己に対する洗脳を行っていたため、奇跡的に上記3つの条件を揃える世界一の医療を提供することができていたのです。

もちろん、自己に対する洗脳とは、「俺は(私は)患者の命を助けることのできる医師なんだ」という誇りにより、「医師は労働条件や給与に関して口にするべきではない」という考えのことをさします。
(引用終了)

 人手不足や、マスゴミ・司法などからのバッシングによって、この洗脳が解けてしまいました。そしてそれは、医師を増やしても、医療費を増やしても戻ることはないでしょう。


(ろろさんのコメントより)
>医者=超越的人格者というイメージは『Dr.コトー診療所』や『医龍』みたいなドラマがばらまいたものです。
救急医療や地方医療でものすごく忙しく働く姿が「カコーイイ」ものと、視聴者に植え付けたマスゴミは許せませんね。あんなのは奴隷に過ぎないのに。

>彼らは他人を尊重していないのです。
アレは、イエスマン以外に対しては、共鳴を示すことができません。そのような者が、地域とか共同体を大事にはできません。なので本当の意味での愛国心も存在しないんでしょうね。国を守るとか、一切言わないでもらいたい。
2008/03/14(金) | URL | 北之 茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
まあ、元々相性は良かったのでしょうね、カルト同士。
2008/03/15(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>自分が思うように生きられない不全感を、他社への攻撃で憂さ晴らしをしているのです。

ルサンチマンがヘイトを増幅させ、歪んだ自己愛を暴走させる。

人間の負の側面のカーニバルですね。

>例の憂国の公儀隠密様など、ついに「シャッター商店街は不採算だからみんな潰せ」と言い始めました。

もう無茶苦茶ですな。

「高き屋に のぼりて見れば 煙り立つ 民のかまども にぎはひにけり」

仁徳天皇の御製も知らんような白痴が臣下気取りなのですから、嗤わせるにも程がありますね。
2008/03/15(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>人手不足や、マスゴミ・司法などからのバッシングによって、この洗脳が解けてしまいました。そしてそれは、医師を増やしても、医療費を増やしても戻ることはないでしょう。

戻る事は無いでしょうね。

ただ、私はそれでいいと思ってます。

このエントリーでは過度の権利の要求の弊害を書いてますが、逆もまた然りな訳で、過度の自己の権利の抑制も、大局的には社会に良い影響を与えるとは言い難いですから。

公共の福祉に反しない程度には、きちんと自己の幸福を追求すべきです。

それは、自分の為だけでは無く、回り回ってではありますが、社会全体の為にもなるという事も、日本人が認識しなくてはならない事の一つだと思います。
2008/03/15(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1142-3f5ae856