FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 【天罰】ブーメランだよオーストコリア【覿面】

【天罰】ブーメランだよオーストコリア【覿面】
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

オーストラリア「動物愛護」で一転防戦に

 日本の調査捕鯨の中止を求めているオーストラリアが、羊とカンガルーの扱いをめぐり、外国から動物愛護に反するとの批判を受け、一転防戦に回っている。

 同国では羊へのうじの寄生を防ぐため、子羊の尻の皮膚を麻酔なしで切り取る手術が伝統的に行われている。世界各国で展開する衣料大手H&Mなどスウェーデンやデンマークの業者などが最近、手術が残酷だとしてオーストラリア産羊毛製品のボイコットを発表した。

 この手術はたびたび批判されたため、オーストラリアの羊毛業界は2010年までに廃止し、代替策を導入することを既に決めていたが、H&Mがボイコットを発表したことで問題が再燃した。

 一方、オーストラリアの首都キャンベラ郊外で野生のカンガルー約500匹を安楽死させる計画に対しても、英国の動物保護団体が、元ビートルズのポール・マッカートニーを広告塔に反対署名を集めるなど抗議運動が起きている。

 政府は「過剰繁殖が他の生物や牧草地に悪影響を与えている」と主張。保護団体は「日本の捕鯨に反対し、一方でカンガルーを殺すのは偽善だ」と批判している。

(2008年03月14日 日刊スポーツ)

(ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`)ジェットストリームアチャー

 m9^Д^)m9^Д^)m9^Д^)ジェットストリームプギャー


 とまあそういう訳で、ものの見事にイカれたダブスタを指摘され、狼狽してまともな反論を吐く事も出来ないでいるど低能のクソオージー様な訳ですが、こんな所まで朝鮮化しているところが嗤え過ぎてぽんぽ痛いです。

 ま、道理を捨てて踏み潰してまで無理を通そうとする基地外なんざ、朝鮮人だろうが支那畜だろうがオージーだろうが、所詮はこんな運命を辿るものなのでしょう。

 ちなみに、これがカンガルーを虐殺しまくるクソオージーの図。

カンガルーを殺しまくるオーストラリア人

 こんな事やってる連中が「鯨を食べるなんてカワイソウ」だの「鯨はニンゲンのトモダチ」だのと喚いている訳ですから、諸外国の保護団体から偽善だと言われるのも当然ですわな。

 で、そんな風に責められて豪州政府がお吐きになった言葉が、「過剰繁殖が他の生物や牧草地に悪影響を与えている」と、捕鯨国が主張している事の一つの焼き直しな訳ですから、痛いにも程があるというものです。

 しかも、捕鯨国が食料として捕鯨する事を求めているのに対し、クソオージーどもは基本的にはただ間引くだけ、食料としてカンガルー肉が存在こそするものの、それとは別にただ間引くだけ。

 加えて、上記の動画のように考えられない程の残忍な殺し方を実践している訳ですから、偽善とか矛盾とか言うよりも、基地外鯨カルトそのものだと言えるでしょう。

 大体、このクソオージーどもは、このカンガルーの虐殺以外にも、過去200年でオーストラリア大陸の哺乳類在来種の約半数を地球上から消滅させたという輝かしい記録を保持しておられる素晴らしき環境破壊国家な訳で、んな連中が環境保護だの動物保護だの謳っているだけでも喜劇以外の何物でも無い、という話です。

 ホルモンを抑制されたキツネ、メスが生まれない魚、不妊のウサギ――これらはバイオテクノロジーが生み出した「武器」のほんの一部だ。オーストラリア大陸をわがもの顔に走り回る外来の野生動物を駆除するために、こうした技術が使われるかもしれない。

 何百万年も孤立していたオーストラリアの生態系は、18世紀後半のヨーロッパ人の入植以来、激しく変化してきている。現在では、ウサギ、キツネ、インドハッカ[ムクドリ科の鳥]、野生化したネコ、コイ、オオヒキガエルといった多数の外来種がすっかり定着し、オーストラリア固有のおとなしい在来種を締め出しつつある。過去200年間でオーストラリアの哺乳類在来種の半数近くが姿を消しており、世界における哺乳類の絶滅例で最悪の記録となっている。

(Wired Vision「バイオテクノロジーでオーストラリアの生態系は取り戻せるか」より)

 ま、親中派などという基地外を首相とし、軽く支那畜の属国と化しつつある豪州殿は、このまま、先輩属国である朝鮮と同じような道を歩んで行かれ、世界中から小馬鹿にされる存在へと身を堕としていかれるのでしょう。

 憐れで惨めなオーストコリアンどもは、さっさとアボリジニとカンガルーに豪州の土地を返却しなさい、てこった。

 少し前、豪州政府がアボリジニに謝罪したとか何とかで、バカサヨクと在日どもが馬鹿騒ぎをしていた訳ですが、謝罪もクソも、あの土地は本来彼らの物であって、移住してきた白い朝鮮人のものでも何でも無いのですから。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

クジラと日本人―食べてこそ共存できる人間と海の関係 (プレイブックス・インテリジェンス)
小松 正之
青春出版社 (2002/04)
売り上げランキング: 85387
おすすめ度の平均: 4.5
5 モノを見る目
5 限りある資源の有効利用
3 クジラを食べるために

アボリジニの教え―大地と宇宙をつなぐ精霊の知恵
海 美央
ベストセラーズ (1998/01)
売り上げランキング: 94728
おすすめ度の平均: 4.5
4 不思議な事ってやっぱりある。
5 不思議な感覚に。
5 不思議な感覚に。


PR情報
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から
★ウイルス・スパイウェア撲滅キャンペーン★ノートン・ファイター★
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
白痴とは白人のことですね。
基、ハクチかな(白朝)ですか…(爆) 
コメ欄汚してスンマソン
2008/03/16(日) | URL | はやぶさ #-[ 編集]
クソ白塵どもはスポーツとして(楽しみの為に)動物をハンティングするからね---同じ様に先住民族のアボリジニーやインディオも面白半分にクソ白塵に狩られて地球上から絶滅した民族も多数です。マルコムXが言うように白刃種は悪魔である、というのも私的にはけっこう頷けますね、今までの歴史をみると。

バカオージーしかり無法者雨降しかり、コイツラ屑を世界中に撒き散らした大本のエゲレス(駄夷鋭低国)しかりエラソーに他国の食習慣にイチャモンつけてる国に限って野蛮な屠殺者大国なのはなぜでしょうねぇ(嘲)
2008/03/16(日) | URL | 銀ぎつね #-[ 編集]
こんにちは。
少し前ですが、このような記事がありました。
「豪環境相、商業捕鯨めぐる日本政府の対応は「子どもじみたかんしゃく」
2007年06月03日 16:39 発信地:シドニー/オーストラリア
【6月3日 AFP】オーストラリア政府が3日、商業捕鯨の一時禁止(モラトリアム)を支持する内容の決議を採択して前週閉幕した国際捕鯨委員会(IWC)の決定に対する日本政府の対応が「子どもじみたかんしゃく」のようだとして非難した。
(中略)
 オーストラリア放送協会(Australian Broadcasting Corporation、ABC)の取材に対し、ターンブル環境相は「『子どもじみたかんしゃく』は最終的に日本政府に良い結果をもたらさないだろう。日本政府は落ち着いてIWCでの失敗を振り返り、自身に対して『国際社会の意見を無視できるか』と問いかけるべき」と述べた。

 同環境相はまた、捕鯨をめぐる日本政府との交渉の在り方について、次のように語る。「日本にとって捕鯨は、国家主義的な問題だ。そのため、この問題をめぐる日本政府との交渉は友好的かつ率直で、建設的に行わなければならない。脅迫すれば、日本政府は自身の意見に固執してしまう」

「日本政府の対応を『子どもじみたかんしゃく』と呼ぶことは『建設的な交渉』からは程遠い」との指摘を受けたターンブル環境相は、この見解を否定。「日本政府を非難しているわけではない。母親というのは、子供がかんしゃくを起こせばそれがかんしゃくだと認識するものだ。会議の終了時に立ち上がり『脱退する』と警告するのは、どう考えてもかんしゃくだ」と述べた。(後略)」
何の根拠も無く、自分達は「大人」で日本は「子供」だそうです。根底にはやはり「差別意識」があるのでしょうね。
まあこの環境相は前政権の人ですが。でもそうなると現政権ではさらに悪化している、という事になりますか。
2008/03/16(日) | URL | JAXVN #c0YoYibA[ 編集]
まぁダブスタなのは明らかですが、どっかの国の首相と同じで蛙の面にションベンですよね。
 日本政府には「それほど生物を尊重する国からは農産物は買えない」とか言ってEPA交渉を打ち切る位やってもらわんと効果ががないわけですが、現政権じゃ無理。
2008/03/16(日) | URL | open #-[ 編集]
  まさかとは思いますが、こいつら日本や他の国と戦争したいんじゃないですか?
  干ばつ、資源枯渇、観光資源としての在来種滅亡で、もう未来がないから、いっそのことどっかの国(アメリカが理想だが、どうやっても戦争になりそうにない。だから日本)に征服してもらって、そこの国民になって移住するとか・・・。

  池袋の外国人バーなんかに行っても、意外とオーストコリアンが多いです。訛りのきつい英語(もちろん教養や指導法なんてナッシング)でノバみたいな英会話学校の講師とかやってたりするんでしょう。
  まあ、所詮コリアンの一種ですから、寄生虫みたいなもんなんですね。原住民を駆逐して土地を乗っ取る辺り、チュウゴク人ともよく似ています。
2008/03/16(日) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
白痴→白人と来れば、白朝よりも白丁と行った方がキレイかも。

つまり、白人は半島起源だったんだ!!!(AA略

な、なんだってー!!(AA略
2008/03/16(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>エラソーに他国の食習慣にイチャモンつけてる国に限って野蛮な屠殺者大国なのはなぜでしょうねぇ(嘲)

まあ、きっと、己の野蛮さと残虐さを誤魔化す為でしょうねぇ。

支那朝鮮がやたらと「道義的」とかそういうのを多用するのと似たような心理かと。
2008/03/16(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
をを、これは高濃度の、支那や朝鮮に負けず劣らずのデムパですね。

英米も酷いところは多々ありますが、流石、流刑民は更に一味違います。
2008/03/16(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ま、ヤスヲくんには期待するだけ無駄でしょうね、仰るとおり。

つかまあ、シンゾーくんでもタローちゃんだったとしても、同じ事だとは思いますが。

ホシュ期待の星とかいう人種は、大体は白人にアタマが上がらない、とってもポチな人達ですから。
2008/03/16(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
戦争ですか、無いとは言えないかも知れませんねぇ。

ただまあ、わざわざ侵略して貰わなくとも、華僑によって内部から食い荒らされており、乗っ取られるのも時間の問題な気もしますが。

しかし、それだと移住先は今よりも更に酷いところな訳で、彼らの願いは叶わないに等しいですからね。

「もうっちょとマシな宗主国様が欲しいニダ」とかオーストコリアンどもが思っていても、不思議では無いですね。
2008/03/16(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
日本も人の事言えない部分あるのですが、絶滅種が出てきたのは明治以降の欧米的な価値観が入ってからの方が多い様にも感じます。

私は自然や動物が好きなので、狼を大神と言っていた日本に戻って欲しいです。
2008/03/16(日) | URL | む~ #-[ 編集]
所謂「欧米文化」というやつは、自然との共生では無く、自然を侵略して開拓していく事が基本になっていますからね。

この馬鹿騒ぎを切っ掛けに、本来の日本文化の在り方を見直す事に繋がればいいと思うのですが。
2008/03/17(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
環境大臣が日本人を野蛮、残酷呼ばわりし、軍艦を出せという。首相や外務大臣も日本に来てはクジラの話し。マスコミは偏向、歪曲で反捕鯨、反日本キャンペーンを繰り返す。日本人と間違えられたアジア人が「クジラを食うジャップは帰れ」といわれて殺されました。環境テロリストを官民挙げて支援し、ユーチューブでは人種偏見に満ち満ちた反日本人捕鯨を繰り返しています。捕鯨を行う欧州の国々にはほとんど非難はしないのですよ。
2009/11/15(日) | URL | wubai #-[ 編集]
だだの白豪主義。
反捕鯨は差別主義者の増上慢。
2009/12/26(土) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1143-49b6a0e8
 3月14日午後、チベットの首府ラサでラマ僧侶を中心に激しい反中共暴動が起きた。数百人規模の抗議行動が暴徒化し、店舗への放火、武装警察車両への投石と破壊が行われ、主要寺院が封鎖されている。武装警察の発砲などにより、14人の死者、100人以上の負傷者が出...
2008/03/15(土) | 陸奥月旦抄
少し御無沙汰しておりました。 筆が疎くなってしまったことについて、 近頃本業の方がめっきり忙しくなってしまった というのももちろん関係していますが、 何よりも現在の内閣総理大臣を見ていると、 何故か気だるい脱力感に見舞われて、 かつてのような評論魂...
環境テロリスト・シーシェパードによる、日本の調査捕鯨船に対するテロ行為を支持している”テロ支援国家”オーストラリア。 日本人より鯨という価値観には、もはや狂気の沙汰と言う他はない。 「人間より鯨」という国であれば、保護する動物と殺す動物を、自分の都合に
2008/03/15(土) | 加賀もんのブログ