或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ特亜 → これがチュウゴク

これがチュウゴク
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

FREE TIBET

「暴徒が市民13人殺害」とチベット当局、武力鎮圧は否定

【3月17日 AFP】(一部更新)中国当局は17日、チベット(Tibet)自治区ラサ(Lhasa)で起きた騒乱で、「罪のない市民」13人が暴徒によって殺害されたと発表した。一方、武力鎮圧については否定した。

 チベット自治区のジアンパ・ピンツオ(Qiangba Puncog)主席は、14日の騒乱で市民らが「焼き殺されたり刺し殺されたりした」と述べた。これまで国営通信社は騒乱による死者は10人と報じていた。

 同主席は、「暴徒らは極めて残忍だった」と述べ、無関係の人間にガソリンをかけ火をつけたり、巡回中の警官を殴り倒し刃物で肉を切り取ったりしたと語った。

 また、市内300か所以上が放火され、商店214店舗、56車両が焼けたとし、鎮圧に当たった警察官少なくとも61人が負傷、うち6人が重症だと述べた。


 デモの参加者に死者が出たかとの問いについては、治安当局の拘束を逃れようと3人が建物から飛び降りたと述べたが、3人の安否は明らかにしなかった。

 ピンツオ主席は、治安部隊は人を殺傷する武器は一切使わず、発砲もなかったとして、騒乱発生時に現地にいた外国人旅行者の目撃証言を否定。人民解放軍の出動は暴動の発生後であり、後片付けと治安維持が目的だったと説明した。(c)AFP

(2007年03月17日 AFP)

 もう、何と言うか、付け足す言葉は要らないでしょう。

 This is Chinise、これが支那人という事でFAです。

 全く、よくこれだけバレバレの嘘が吐けるものだと感心しますね。

 口を開けば嘘を吐き、右手で殺し、左手で犯し、右の足で汚し、左の足で屠る。

 傲慢、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、暴食、色欲、その他ありとあらゆる罪と悪の塊。

 コレと話し合い?共生?相互理解?

 冗談は江沢民の顔だけで十分だね。

 話し合いで解決すべきとか言っているバカサヨクは、支那畜生どもがチベット人に対してどういう事をしてきたか、そして今尚しているのか、知ってているのか?

 女、尼僧たちは繰り返し繰り返し強姦され、ときには男僧たちの性交を強要された。

 老若男女を問わず多くのチベット人たちは、手足を切断され、首を切り落とされ、焼かれ、熱湯を浴びせられ、馬や車で引きずり殺され、支那畜どもの気分が乗ってきた時に至っては、子供の見ている目の前でその親の脳天を銃弾で撃ち抜かれた。

 位の高い僧達、人々から尊敬される僧達は残虐な支那畜どもに特に狙われ、尼僧たちとの関係を強要され、拒否すれば手足を切断されて「仏陀に腕を返してもらえ」と嘲笑され、挙句に全員射殺された。

 吐き気を催す程の邪悪の権化、それが中共であり支那畜ども。

 私の知っているチュウゴク人はいい人間だった?

 マイケル・ダナムの著による「中国はいかにチベットを侵略したか」の帯にはこうあります。

 
初めは友好的に振る舞い、そのうち暴力的になる」中国の侵略の実態。既成事実を周到に積み重ね、不条理を条理とする…。多くの民衆が、手足を切断され、焼かれ、死んでゆく中、不気味な力に果敢に立ち向かったチベットの戦士たちが伝える警告の書。

 ちなみに、上のチベットでの支那畜どもの残虐行為も、「中国はいかにチベットを侵略したか」より抜粋。

 この世において悪魔と友好関係を結べるのは悪魔だけ。

 それ以上でも以下でも無い。

 それが分からない者など、望む望まざるに関わらず、悪魔に手を貸す罪人以外の何者でも無いんだよ。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

中国はいかにチベットを侵略したか
マイケル ダナム Mikel Dunham 山際 素男
講談社インターナショナル (2006/02)
売り上げランキング: 213
おすすめ度の平均: 4.5
3 この日本語タイトルはひどい!
5 次は日本
4 チベット民族の悲劇

日本人が知らない中国人の本性 (徳間文庫)
黄 文雄
徳間書店 (2005/11)
売り上げランキング: 90273
おすすめ度の平均: 5.0
5 卑しき隣人の正体


PR情報
安価、安心、高機能ストレージサービスは、 NTTビズリンクのiTrustee
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
ロシアならチュウゴク人を上手に料理できそうですね。

まあ、チュウゴク人は「弱い相手に超強い」典型的な屑の集まり。熊さんたちには刃が立たないでしょうが…。

それにしても、薄汚い。ビザなし渡航の第一号が来日しましたが、いまさらどんな顔で支那人に接しろと…。

もう、かかわり合いたくない。来ないで。
2008/03/17(月) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>熊さんたちには刃が立たないでしょうが…。

でも、プーチンは確実に支那と対立する方向にシフトしてきていますね。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/123375/
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200801/2008012900995

さて、支那畜生どもはどうするのやら。

>もう、かかわり合いたくない。

同感です。
2008/03/18(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
なんでこんな国にビザなし入国許可なんて出すんだか
中国人犯罪者がすでに問題になっている状態だというのに

外国人参政権についてといい、めちゃくちゃです
日本もその内チベットのようになりそうですね
2008/03/18(火) | URL | beer #mQop/nM.[ 編集]
産経は潜水艦を増強と書いてますが、これは間違いです。

ttp://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/29008208.html
ttp://obiekt.seesaa.net/article/82708701.html
2008/03/18(火) | URL | LC #O24v7Kjk[ 編集]
外国人参政権も危険ですが、自公と経団連が進めようとしている移民政策の方も同じくらいに危険で、注意が必要でしょう。

と言うか、移民が本格的に入り込んでくれば、今、外国人参政権を阻止出来たとしても、そう遠くない未来に更にその動きが強まるのは自明です。

このまま進めば、本当にチベットのようになってしまう可能性は十分以上にあるかと思います。

グローバリズムこそが民族にとっての敵だという事を、そろそろ認識しなくては、手遅れになってしまうでしょう。
2008/03/19(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
成る程、産経のガセですか。

これは知りませんでした。

わざわざ、どうもありがとうございます。
2008/03/19(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1146-43dd5116
今回は、チベット関連の情報をいくつか引用します。まず抗議行動のお知らせから。 【緊急告知!】 チベット人の独立・自由を支援する緊急抗...
2008/03/18(火) | 新・へっぽこ時事放談
(武装警察側は)死者を出すような武器は用いていない。 ―中国・チベット自治区のシャンパ・プンツォク主席。国際社会から虐殺非難が高まる中、ラサの「暴動」による死者が13人に増えたことを明らかにして。いずれも放火による焼死か刺殺された市民だと発表した 中国...
 ||| 3.14チベット弾圧・ラサの天安門事件 ||| ラサの大弾圧 3.14事件で繰り返された中国共産党政府の血の粛清 中国のチベット弾圧を弾劾し、北京五輪に反対するブログ記事紹介 今日はいつもとは趣向が違って戸惑われる方もいらっしゃると思うのですが、先週来の
2008/03/18(火) | 米流時評
ここ数日は頭痛がひどく、仕事を休むほどではないが、 仕事以外に消費するエネルギーが残っていなかったから、ブログを書くエネルギーもなかった。 しかしそれも回復した今回のエントリーは、病み上がりのウォーミングアップどいったところである。 雑感:その1 チベッ
2008/03/18(火) | 加賀もんのブログ
亡命政府「80人の遺体確認」 チベット暴動 中国チベット自治区ラサでの大規模暴動で、インド北部ダラムサラに拠点を置くチベット仏教最...
2008/03/20(木) | 創価学会体験記2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。