FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 賽は投げられた

賽は投げられた
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「対話と圧力、両立できない」北朝鮮大使がけん制

【北京=竹腰雅彦】北京で開かれた日朝政府間協議に出席した北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)日朝交渉担当大使は11日、北京空港で記者団に対し、「対話と圧力は両立できない。圧力は2国間の関係をさらに遠ざけるだけだ。我々は、対話への準備ができているが、圧力に対する準備もできている」などと語り、経済制裁など日本側に台頭する強硬論をけん制した。

 宋大使はまた、大きな進展を見せずに終わった日朝協議の結果が、北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議に与える影響について、「朝日協議は6か国協議を導くものではない。どこまでも朝日は朝日だ」と述べ、関連しないとの認識を示した。
(2006年2月11日19時33分 読売新聞)

 準備が出来ているのならば、見せてもらおうではありませんか。

 我々日本人は時運の赴く所堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、悪辣なる北朝鮮との対話を続けてきました。

 これまで拉致被害者家族の方々の悲痛な叫びは、マスコミに掻き消され、売国奴たちによって踏み躙られたきました。

 もはや涙も枯れ果て、悲しみの極地にある彼らの訴えを退けてまで、邪悪なる奸族との対話を続けることなど、たとえ神が許そうとも、我々国民は許しはしません。

 悪事を悔い、自らの行いを真摯に謝罪した上で、交渉を求めてきているのならばまだしも、罪を認める事もなく開き直り、武力による恫喝まで仕掛けて来るような愚者にかける情けなど、もはや捨て去るべきであります。

 金正日なる殺人気の陳腐な喜劇に、これ以上付き合う理由など、何処にも存在してはいないはずです。

 悪を討つことに躊躇するものは、また悪であります。

 これ以上国民の意思を無視し、経済制裁を遅らせるのであれば、我々は政府、そして官僚北朝鮮となんらかの利権で結びつきを持ち、できレースを展開しているものと思わざるをえません。

 政府は自らの潔白を主張するのであれば、北朝鮮に即時経済制裁を発動するべきであると思います。

 これ以上の悲しみと苦痛を拉致被害者、そしてそのご家族に与えるのであれば、日本政府もまた、北朝鮮と同罪であると思われたほうが良い。

 この悲劇にピリオドを打つ責任と義務が日本政府にはあります。

 「ここを渡れば世界の破滅、しかし渡らなければ私の破滅だ。進もう、神々の待つところへ、我々を侮辱した敵のもとへ。賽は投げられた!」(ガイウス=ユリウス=カエサル)

 政府の英断を強く望みます。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ

家族
家族
posted with amazlet on 06.02.12
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会
光文社 (2003/07/08)
売り上げランキング: 209,725


  
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/115-ede37842