FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ医療崩壊 → 医療格差の到来

医療格差の到来
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

混合診療を限定容認 4月から未承認薬の高度治療で

 厚生労働省は4月から、未承認の医薬品・医療機器を使った高度な治療と保険診療を組み合わせた「混合診療」を、限定的に認める制度を始める。病院が提出する治療計画を厚労省が事前審査するなどの条件つきだが、海外で広く使われている治療薬が国内で未承認のため重い自己負担を強いられている難病患者らにとって、負担軽減につながる可能性がある。

 26日の中央社会保険医療協議会(中医協)で承認された。

 患者が保険適用外の診療を受ける場合、混合診療を原則禁止している現状では、同時に行われる保険診療についても全額患者負担になる。

 新制度で混合診療を認める対象になるのは、国内外で一定の使用例があり、薬事法の承認を目指している治療薬や機器。大学病院など高度な医療を提供できる機関が治療計画を添えて申請し、厚労省が審査する。いったん認められれば、その病院での同じ治療は、混合診療が可能になる。

 治療に伴うデータは、後に製薬会社から承認申請があった際に安全性や効果を見極めるため活用する。予期せぬ副作用などが起こった場合は公表し、安全対策に生かす。

 新制度は、06年の制度変更によって、それ以前は可能だった高度先進治療での未承認薬を伴う混合診療が一律禁止されたことへの対処を含む。がん治療の一部など18種類の治療法は、今春までの時限措置で例外的に混合診療が認められていたが、新制度では正式に認められる見込み。

(2008年03月26日 朝日新聞)

 さて、そういう訳で、オリックスの宮内という人類史上でも最低最悪のクズ、国賊中の国賊が強く主張していた「混合診療」が、限定的、条件付きながらも認められる事となってしまいました。

 「この制度の何処が悪いの?」という方は、まずはこちらを読んで下さい。

 ●カテゴリ:医療崩壊

 これで、医療に一切金を出したく無いという、ある意味自身の存在事由を忘却している厚労省は、この制度がある事を盾に新療法や新薬の保険承認をどんどんと遅らせ始め、金のない人間はまともな治療を受ける事が出来ないという国がまた一つ、この地球上に作り出される事となった訳です。

 医師にしたって、今は良心から反対しているものの、この制度自体、医者にとってマイナスな部分など殆ど無い訳で、何時までも厚労省やカイカク真理教の締め付けにあいながら反対出来る訳も無いでしょうしね。

 自分の祖国が、そんな「金の無い人間には生きる資格すら無い」とでも言わんばかりの非人道国家の仲間入りをするのは、何処までも悲しいものです。

 収入格差、教育格差、そしてこれで医療にまで格差が到来しようとしています。

 この流れを止める事が出来なければ、核だの憲法だのの議論をする以前の段階から、内側から日本という国が崩壊させられてしまう事となるでしょう。

 このまま進めば、アホの石原慎太郎が主張していた移民政策と併せて、日本人の為の国である日本から、一部の富裕層が金儲けをする為の空虚な入れ物としての日本へと変容するのは時間の問題です。

 最早、一刻の猶予もありません。

 早急に、基地外自公を政権与党の座から引き摺り下ろす必要があるでしょう。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

まちの病院がなくなる!?―地域医療の崩壊と再生
伊関 友伸
時事通信出版局 (2007/12)
売り上げランキング: 4039
おすすめ度の平均: 5.0
5 目から鱗が落ちた気がする。
4 自治体病院の問題点を分析。
5 公とは何かを突きつけられる本

誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実 (新書y 180)
本田 宏
洋泉社 (2007/09)
売り上げランキング: 6835
おすすめ度の平均: 4.0
4 医者本人でなく別の立場から語らせた方が効果があると思う
4 事実、医療は崩壊中!
4 一種の暴露本


PR情報
安価、安心、高機能ストレージサービスは、 NTTビズリンクのiTrustee
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
日本医師会はCMなどでカイカク反対していますが、このやり方だと医療を受けれない人が増え、悪い意味で医者の負担は減るかも知れません…、その時も国民側にいてくれますかね…
外国人の優秀な方を移民させるというのも、それはその国の人材が減るという事です。
これは本来、共産党が反対しなければならないはずです、外国人賛成権にしたってそうです。
農産物の輸入に反対するなら、これにも反対しなければなりません、そういう判断は無いのでしょうか。

2008/03/27(木) | URL | む~ #-[ 編集]
 混合医療の拡大、後期老年者抹殺制度、障害者自殺支援法のようなもので、国民の将来への不安を増強させておけば、保険会社は(特に星と縞とか、六稜星の保険会社)、少しでも余裕がある者からは、さらに喜んで搾り取れることでしょう。

>医師にしたって、今は良心から反対しているものの、この制度自体、医者にとってマイナスな部分など殆ど無い訳で、何時までも厚労省やカイカク真理教の締め付けにあいながら反対出来る訳も無いでしょうしね。

このエントリに書かれている程度であれば、患者負担は減りますが(保険で払われなかったものが払われるから)、野放しに拡大されてしまうと、自己負担が増えてしまいます。すると受診者数も減ってしまいます。だからこそ、混合診療は原則認めない立場に立っているのでしょう。今までも自己負担を増やされて、何度も痛い目に遭っていますから。
 無論、診療報酬なんかを脅迫材料にさせられて、渋々混合診療を認めるようなことは十分ありうると思います。

 それどころか、この程度の混合診療であれば、一般国民にとっても便利なので(当然、全部保険診療にしたほうがいいに決まってますが)、支持してしまわないかが心配です。

 エントリと全く無関係ですが、幾分このブログの重みが取れたような感じがします。

(むーさんのコメントより)
>悪い意味で医者の負担は減るかも知れません…、その時も国民側にいてくれますかね…
そうなったら、医療機関がさらに潰れまくると思うんですが。
2008/03/27(木) | URL | 北之 茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
>予期せぬ副作用などが起こった場合は公表し、安全対策に生かす。

 …ちょっと嫌な予感がしました。
 特に厚生労働省は前科がありまくりですからね。
2008/03/27(木) | URL | くまがわ直貴 #-[ 編集]
>>>
このまま進めば、アホの石原慎太郎が主張していた移民政策と併せて、日本人の為の国である日本から、一部の富裕層が金儲けをする為の空虚な入れ物としての日本へと変容するのは時間の問題です。<<<

日本人の為の国である日本から、一部の富裕層が金儲けをする為の空虚な入れ物としての日本へと変容する・・・
言いえて妙ですね。

三島由紀夫氏の予言よりもひどいことになりそうですね。

******

『このままいつたら「日本」はなくなつて、その代わり、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、或る経済大国が極東の一角に残るであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気になれなくなってゐるのである』(「果し得てゐない約束」サンケイ・昭和45年(1970)7月)。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog167.html
http://www.melma.com/backnumber_149567_2436198/

******

私は三島由紀夫氏の著作を恥ずかしながら読んだことありませんがこの文章は自分の中でも印象に残っています。
(浪人さんが三島由紀夫をどう評価しているかは分かりませんが)

このままでは短期的利益のみ求める政商、グローバリストなどに食い荒らされて富も人命もその尊厳も消尽されて「無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、或る経済大国」どころではないひどい有様になりそうです。雑多な民族がそれも貧乏人がひしめき合って互いに争うようなとてつもないかつて「日本」と呼ばれた或る極東の島国が誕生しそうです。

2008/03/27(木) | URL | 憂国皇子 #O1BNfbGM[ 編集]
まあ、医者は医者であって、運動屋では無いですからね。

そこを上手くフォローして、分かり易く民衆に伝える役目の人間が必要な訳ですが、党としてある程度そういう事をしているのは、国新と共産くらいですか。

ミンスにも、桜井センセなんかが居ますが、アホ管とハトポッポのアクが強すぎる所為で、中々表に出てこないのが痛いところです。

共産に関しては、反カイカクでこそあるものの、反グローバリズムという訳では無いですからね。

所詮はマルキシズムを捨て切る事の出来ない連中ですから、何か大きな切っ掛けでも無い限り、これが限界でしょう。

あの連中もまた、イデオロギーと現実の狭間で彷徨っている亡霊、自民やミンスが余りにもクソ過ぎるから相対的にマシと判断出来るだけ、という事ですね。
2008/03/28(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>それどころか、この程度の混合診療であれば、一般国民にとっても便利なので(当然、全部保険診療にしたほうがいいに決まってますが)、支持してしまわないかが心配です。

うん、これが狙いでしょうね。

まずは表面の甘い蜜だけを吸わせ、油断したところで中の毒を食らわせる。

支那あたりが得意とする権謀の類ですね。

福田政権らしいと言えばらしい手です。

>そうなったら、医療機関がさらに潰れまくると思うんですが。

既に、若手の医師などは、「そうなったらなったで構わない」と思い始めているでしょうね。

72時間連続勤務だの、早朝から深夜まで、常に何時呼び出されるか分からない生活だの、そんなものを、望んでくれる誰かが、ささやかでも感謝してくれる誰かがいる訳でも無く、逆にワケワカンネー事でイチャモンを付けられながら続ける意義など、何処にも見出せないでしょうから。
2008/03/28(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
前科の数なら外務省と並んでトップクラスですからね、厚労省は。

その割には、官僚が嫌いなカイカク真理教信者に意外な程に叩かれない不思議な省でもありますが。

それどころか、薬害事件で被害者の粗を必死に探して叩く不思議な官僚嫌いサン達。

まあ、主導してるのはどうせ財務省の連中なので、別に無理してまで叩く必要も無いですけどね。
2008/03/28(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
三島由紀夫氏の予言は、80年代から90年代の間に、ほぼ実現したと言ったところで、今はその先、「無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、或る経済大国」の先にあるモノを体験している、と認識しています。

歴史を、文化を、伝統を忘却した民が何処へ向かうのか、このままだと、その答えが出るでしょうね、近い将来。

それを止める為にはどうすれば良いのか、我々は問われているのでしょう。
2008/03/28(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1156-412ecaeb
おそらく城内実さんはほとんどの方から「真面目な人」と思われているのでしょう。 もちろん、その通りだと私(喜八)も認めます。 城内実さんのマジメさは味方のみならず「敵対勢力...