FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → The End Of China

The End Of China
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

天滅中共

富豪NO.1が1兆円の大損

 米サブプライム問題は、ついに中国バブル崩壊の引き金を引き始めた――?

 米経済誌フォーブスで昨年10月、わずか26歳ながら中国ナンバーワンの富豪となった楊恵妍氏の資産が約1兆9000億円から、9520億円と半減したという。わずか1年で1兆円もパーになるなんて、驚きを通り越して衝撃だ。一体何があったのか。

「楊氏はもともと、不動産開発を手がける『碧桂園(カントリー・ガーデン)』の楊国強会長の娘で、譲り受けた同社株を香港市場に上場したことで莫大な資産を得ました。しかし、米サブプライム問題で広がった世界同時株安で、株価は下落。香港は米国以上に米国の金利に敏感なマーケットで、ここ5カ月間で香港市場のハンセン指数は5000ポイント近く下落しました。もともと、中国株は1年で時価総額が5倍に膨らんだバブル株。反動も大きいのです」(市場関係者)

 中国の富豪には、株を公開した起業家が多いが、同国の胡潤研究院によると、07年に中国富豪2位だった「張茵家族」も、総資産が1年前と比べて72.1%も下落。7000億円も損をしたが、富豪トップ10人全員を調べると、1年間で3兆2000億円も吹き飛んだのだ。

 経済評論家の杉村富生氏は「中国経済はうわべこそ急成長だが、実態は空洞化している。最大の貿易国である米国がこけたら、簡単にこける」と話していたが、その通りになってきたようだ。

(2008年03月31日 日刊ゲンダイ)

 もう少しくらいはネバるかと思っていたのですが、完全に、底の浅さを露呈してきましたね。

 ま、ズバり結論から言ってしまえば、これがチュウゴク経済とやらの正体だという事です。

 そして、記事中にある「中国経済はうわべこそ急成長だが、実態は空洞化している。最大の貿易国である米国がこけたら、簡単にこける」という杉村氏の言葉からも分かるように、これが輸出主導型経済、貿易立国とやらの正体であるとも言えるでしょう。

 簡単に端折って説明すれば、結局、この貿易立国とかいう代物は、あくまで巨大な購買力を有する取引国家が存在して初めて成り立つ代物な訳で、極端な話をすれば、その国と少なくとも経済において運命共同体になるという事な訳です。

 リスクを分散させる為、取り引きのある国家の数を増やせばいいと単純脳なセンセー方は主張する訳ですが、真面目に、それ程に、ほぼ一方的にモノを売り付けられる程に財政に余裕のある国家、或いは市場が発達している国家なんて、数える程しか存在していない訳です。

 購買力の無い国家が、無理して日本製品を必要以上に買う必要なんて、何処にも無いでしょ。

 この事からも分かるように、結局、貿易立国なんぞというモノは、まず、巨大な購買力が必要であり、且つ、その国家、或いはそれらの国家が自国の製品を大量購入する分かり易いメリット、有り体に言えば低価格である事が必要であり、その為には、自国の経済規模を取引相手国家よりも小さなものである事を維持する事を迫られる。

 その為には、自国の賃金や物価の上昇を抑える必要がある訳で、自民党清和会や経団連のクソどもが消費税の増税や公共事業の縮小など、基地外染みたデフレ政策をやたらと主張して実行する理由は、ここにある訳です。

 内需を抑制し、デフレスパイラルを維持して、国内経済の成長を阻害し、コストを最小限に抑えて、巨大な購買力のある国家に売り付け、その利鞘を得る。

 支那が、見かけ上だけとは言え経済成長とやらをしていたのは、結局、本当の意味が産業や技術が発達し、その結果富が国内に行き渡ったからでは無く、誇大広告や過剰宣伝で煽りに煽り、日経読者、或いは世界中のそれに酷似した類からの投資を掻き集め、額面上を飾っていたに過ぎないのです。

 そして、それらの層が相次ぐ毒物の検出問題やチベット騒乱でのリスクを流石に感じて手引いた結果も、冒頭の記事のような愉快な結末の一因であると言えるでしょう。

 勿論、一番の大きな原因は、サブプライム問題での米国の購買力の低下ですがね。

 売り手は買い手がいなければ存在事由が無い。

 逆もまた然り。

 その一方を、自国の全くのコントロール外に置くという事のリスクを、そろそろ考え始めるべきだと言えます。

 自民党清和会や経団連のカスどもが推し進めるカイカクの先にあるモノとは、この憐れで惨めでみっともない、物事を上辺だけで、目先の損得だけで考えて本質を捉えられない、捉えようという発想すらも無い支那畜どもの姿そものもなのですから。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

崩壊する中国逃げ遅れる日本―北京五輪後に始まる戦慄のシナリオ
宮崎 正弘
ベストセラーズ
売り上げランキング: 6962
おすすめ度の平均: 5.0
4 想定すべき中国リスク
5 著者の指摘するとおり

中国は猛毒を撒きちらして自滅する―全世界バブル崩壊の引き金を引くのも中国
宮崎 正弘
徳間書店
売り上げランキング: 110122
おすすめ度の平均: 5.0
5 特恵関税
5 中国は周辺諸国を巻き込むことなく自滅して欲しい
5 中国リスクの分析


PR情報
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から
NTTコミュニケーションズの無線LANサービス「ホットスポット」
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
私は虫獄株にかかわらず、株というもので損するヒトには一切同情はしませんが問題は浪人さんが上の記事で簡潔に解説している様に一国の経済がこーゆー虫獄株なるメタンガス並みのシロモノを煽り続けた売国カスとグローバリストカイカク信者がかなりの部分で重なっていて、今現在、コイツラに日本の舵取りが任されてしまっていることです---日本と国民を破滅に追い込む売国勢力は見え方はマスゴミだったりエセ経済専門家だったり経ダンレン、コイズミ或いはチンパン、媚中、奴米、カルト葬蚊、北葬連と違っても、日本と日本人を破壊する目的では地下ではナカーマw一緒、その心根はゲスで陳腐な壺売りと同じ。目先の見え方に惑わされず本質を見破り国民生活と祖国を護るために癌狩り(頑張り)ましょう。
2008/04/05(土) | URL | 銀ぎつね #-[ 編集]
ものを作っても買う人がいなければ話にならない。
ものを買うのが外国の個人・企業だとリスクが高くなる。
よく考えたらうなずける内容です。
政府与党や経団連の中の人はこんな簡単なことを理解していないのでしょうか。
総理大臣がニーハオ福田だからしょうがないか。
福田をチンパンジーとかオランウータンとかいうと、
チンパンジーやオランウータンに失礼だと思うようになりました。
2008/04/05(土) | URL | おしゃか #-[ 編集]
株もそうですが、今の企業のあり方も高学歴の人が陥りやすい考えなのかもしれません、東大生が中学校の問題を解けない事があるような感じで

効率優先主義がかえって、非合理化しまってるのが、現代社会なのかな?と考えています。
今の権威優先の学歴社会を改める必要がある気がします。
2008/04/06(日) | URL | む~ #-[ 編集]
ありとあらゆる所に、多種多様な形態で尾崎秀実が存在しているのが、今の我が国ですからね。

しかも、自分が尾崎秀実である事を自覚していない、出来ていない天然物も多数いますから、中々ややこしい限りです。

イデオロギー云々では無く、何を見て、何処を見て言葉を発しているのか、注意深く見る必要がありますね。
2008/04/06(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
目先の損得でしか物事を考えられないのでしょうね。

求めるだけで、与えるという事を異常なまでに厭う。

何処かの半島の連中と同じで、永遠に救われない魂を持った、憐れで愚かしい連中です。
2008/04/06(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
上辺だけで考える癖というのが、蔓延してしまっているのでしょうね。

仰るように、今の社会の在り方を見直す必要があると思います。
2008/04/06(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1165-b519a772
 前回の続きです。  外国の横暴や理不尽に対して、日本の政府や大新聞などのエリート層が言うべきことも言えない。  そのようなあまり...
「JAPAiN」 閉塞日本に海外から冷たい視線 手詰まり感が色濃い福田康夫政権。揮発油(ガソリン)税の暫定税率問題などに手を焼き、改革への歩みは止まったかのようだ。中長期的ビジョンはどこへやら、閉塞(へいそく)感すら漂う。そんな日本の現状は海外から容...
経済評論 に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…
  これまでの流れをまとめておくと、   ブレトン・ウッズ協定によってドル基軸体制が完成→日本や西ドイツが産業競争力でアメリカを脅...
2008/04/09(水) | 日々是勉強
規制緩和、是か非か問われることが多いが、その背景には外国の思惑があることを忘れてはならない。 外国からしてみれば、規制緩和はオールOK! 私利私欲を軸にした評価など気にする必要は無い。 大事なことは、私利私欲ではなく、日本を守るのにはどうすれば良いの...
2008/04/10(木) | 疾風怒濤