FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → 清和会

清和会
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

「北朝鮮へのボーナスある」=韓国大統領に伝言依頼-福田首相

 「北朝鮮を説得するとき、(日朝国交正常化の暁には)『日本からのボーナスがある』と話してほしい」。福田康夫首相は21日の日韓首脳会談の席上、韓国と北朝鮮が相互に連絡事務所を常設する構想が実現すれば、国交正常化後に経済協力をするとの日本の基本的立場を北朝鮮側に伝えるよう依頼した。

 韓国側の説明によると、李明博大統領は今後、北朝鮮に連絡事務所設置を改めて提案する方針であることを説明。首相はこの構想が実現することを前提に「(北朝鮮への)ボーナスがある」と2度発言、念押ししたという。

(2008年04月21日 時事通信)

 何ともまあ、実に分かり易いストレートな売国奴ですね、福田という男は。

 で、まあ、当然の如く、ウヨクやホシュは怒り狂っている訳ですが、これって実はもクソも無く、コイズミが勝手に金正日と約束し、アベが六者協議上で国際的な約束へと押し上げた、例の「日朝平壌宣言」の履行を、もう一度改めて約束しているだけなんですけどね。

 福田が史上最低最悪のクソだという事には異論は無い訳ですが、コイズミ・アベ信者の言葉を借りれば、これこそ、福田だけを責めたって仕方のない事だと言えます。

 アタマが類人猿よりも劣る福田だからこういう言い方になった話で、この路線、日本の資金を使って北朝鮮を復興させるという路線は、コイズミの頃からずっと自民党の、清和会の既定路線だった訳です。

 経済制裁にのみやたらに拘る姿勢は、案外、その時の需要をより大きくする為の小細工なのかもね。

 コイズミが例え5人だけでも拉致被害者を帰国させて来た当時なら兎も角、今になっても未だこの簡単な事に気付けない人間てのは、真剣、アタマに変な蟲でも湧いてるんじゃないかと思えます。

 まあ、一部の救いようの無い程にお頭が足りないバカホシュ、バカウヨク以外の人間はそろそろ気付いている事だとは思いますが、「福田個人」だけを幾ら叩いたって、この基本路線自体が自民党、そして現在自民党を支配している清和会の基本路線である以上、手を替え品を替え、言い方を変えて同じような事が続くのは目に見えています。

 アホの自民信者がウジャウジャと、まるで浮塵子のように湧いて出てくる前に一応言っておきますが、ミンスなら、小沢民主席なら何とか出来るなどと、お花畑の向う側な事を言っている訳じゃあありません。

 取り敢えず、今現在の方向性を変えると共に、幾ら自公のカスどもと話を付けようとも、国民が、日本国民が納得しない限りは「ボーナス」なんぞあり得ないという事実を、きっちりと物貰い民辱どもに突き付けてやる必要性がある、と言っている訳です。

 小手先の強攻策擬きに「マンセー、マンセー」言っているだけじゃ、現実は1ミリも変わらない。

 使える駒を全て使いこなしてこそ、勝機は見えて来るものです。

 まずは、コイズミ路線、アベ路線、そして今の福田路線が一本線上にあるという厳然たる事実を受け入れ、認識し、その目指すところの意味と現状を理解しましょう。

 目先の選挙結果に一々他人を愚民扱いする思考回路欠落症の痴民の人間以外ならば、それ程に難しい事ではありません。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

家族’08 (光文社文庫 (き16-1))
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会
光文社
売り上げランキング: 97719

家族
家族
posted with amazlet at 08.04.22
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会
光文社
売り上げランキング: 391502
おすすめ度の平均: 5.0
5 各家族それぞれの思い
5 今、テレビや新聞を通して家族の姿を見ている人全てに読んでほしい
5 全面解決を国民の力で!!
5 国家というものを考えされられる
5 …泣けてくる。


PR情報
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から。
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
>これこそ、福田だけを責めたって仕方のない事だと言えます。
そうですね。「福田」を「山崎」とか「河野」等々に変えても、やはり当てはまりますし。それ以前に、党自体がそういう体質であることを直視すべきです。

>日本の資金を使って北朝鮮を復興させるという路線は、コイズミの頃からずっと自民党の、清和会の既定路線だった訳です。
ですね。いい加減、民主党他の政党は売国政党で、自民党は一部を除けばそうではないなどという考えは、やめてもらいたいものです。

>経済制裁にのみやたらに拘る姿勢は、案外、その時の需要をより大きくする為の小細工なのかもね。
なかなか読みが鋭いと思います。

 米国に事大しようとする者、特亜に事大するような者は、自称保守、お花畑サヨク以外にもまだまだ多いので、なかなか遠い道のりかもしれません。いい加減、他国に過度に依存する考えを脱してもらわないと困ります。

 もしかしたら、北朝鮮の脅威を強調する理由は、「国交が回復したら、脅威も薄れる」なんてことを言いたいからというのも理由の一つだったりして。
 考えすぎですか。チュウゴクなんか全然そうなりませんでしたしね。
2008/04/22(火) | URL | 北之 茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
ボーナスと言葉を変えても自分達へのキックバックを組み込んだ援助に他ならないと確信する。朝鮮半島とその住人達への援助は歴史を振り返っても望みたくも無い。日本軍残留毒ガスなどの偽情報を支那と共に作り上げピンはねしていたが、昨今ODAやら何やらの他国援助の名前では世論が厳しいので、田中角栄の胡乱臭い戦術を踏襲している自民党議員らの集金方法では無いか。
2008/04/22(火) | URL | 笑人 #-[ 編集]
かつて、安倍晋太郎氏がニューリーダーとして君臨していた頃の清和会では「ニュー・グロウス(新日本創造論)」を提唱し、平和的創造外交の展開…日米基軸新時代の構築により、安全保障政策を推進することを主眼におきました。
無論、日韓関係の重要さは言うまでもありませんが、それは対北朝鮮戦略へのパートナーシップとしての意味合いであり、金正日への媚びへつらいとは全く次元が違います。
「新日本創造論」は一般的には知られていませんし、安倍晋太郎氏の逝去により、陽の目を見ていませんが、当時(昭和六十二年)既に安倍晋太郎氏は、「美しい日本の創造をめざす。」と明言しています。(「新日本創造論」旭屋出版より)
拉致被害者も我が国の主権者であり、全員の主権を回復すれば、故・安倍晋太郎氏の日本創造論は現実のものとなるでしょう。

中朝のエージェントに成り下がった福田首相は一刻も早く退陣すべきです。
2008/04/23(水) | URL | くまがわ直貴 #2vYjnE/6[ 編集]
  清和会は今になって保守本流から売国になったんじゃありませんよ。
  もとはといえば、岸信介や椎名悦三郎が「日韓協力委員会」を作り、パクチョンヒや白スンヨプといった満州国出身者と謀って、日本のカネで韓国を防共の防波堤にしつつ、利権でキックバックを得ようとした頃から始まっている話です。この日韓協調は、岸が権勢をふるい、日本語を完璧に操るパクらの世代が韓国の中枢にいた頃はうまく機能していました。
  しかし、天才・岸の跡を継いだ福田赳夫が凡庸すぎて、統一協会や北朝鮮に完全に主導権を握られてしまいました。角福戦争に勝つために、国際勝共連合に依存してしまったつけが、今の清和会の売国というツケになって回ってきているのです。
  安倍晋太郎も基本的にはその延長線上にいます。

>美しい日本の創造

  このキャッチフレーズといい、安倍晋三の「美しい国」といい、統一協会日本支部の会長だった久保木修己の書いた著書のタイトルと一致するのは偶然でしょうか。私にはそうは思えません。

>>浪人さん

  以前トラバした記事ですが、こちらの方が貼り付け先としてふさわしいと思ったのでもう一度トラックバックをとばしました。よろしくお願いします。
2008/04/24(木) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>もしかしたら、北朝鮮の脅威を強調する理由は、「国交が回復したら、脅威も薄れる」なんてことを言いたいからというのも理由の一つだったりして。

いや、多分、その狙いはあったでしょうね。

真面目な話、脅威では無いと言えば嘘ですが、そんなあたふたする必要がある程の相手では無いですからね、北チョンなんか。

暴走の恐れも、豚キムチが生きている内は、まず大丈夫でしょうし。

て言うか、今の状態で日本と交戦状態になんかなったりしたら、その隙に支那畜に丸ごと乗っ取られるのは目に見えている訳で、相当の阿呆じゃ無い限り、んな事はしないでしょう。

戦争つーのは、ドンパチだけじゃ無いですから。

如何に平和ボケの日本政府と言えども、そのくらいの事は分かっている筈で、北鮮がいきなり現実的脅威になる可能性が低い事は分かって、その上で、そういう目的で煽っていた、と考えた方がよいかと。

尤も、例え小さくとも安全保障上の脅威である事は間違いない訳で、アホサヨクみたいにお花畑思考されても困る訳ですが。

ついでに、あの三流のキムチブレインで作られたミサイルだけに、威嚇のつもりが全弾命中なんて洒落にならない事が起こらないとも限らないですし。
2008/04/24(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
狙いは、第二の朝鮮特需を人為的に作り出し、その甘い汁を清和会中心で吸う事でしょう。

あの野中広務と小泉が激しく対立していたのも、その利権の主導権争いをしていた、と見て間違いは無いかと。

バ加藤さんが小泉と疎遠になっているのも、本来なら北鮮利権を牛耳っていたにも関わらず、その主導権を取られた上に、分け前も少なかった私怨、といったところでしょうね。

エロ拓さんは、プライドを捨てて上手く立ち回り、小泉の別働隊となる事で、上手く自分の取り分は守ったみたいですが。

まあですね、真面目な話、利権とかそういうのを肯定する訳では無いですが、政治が人間の行いである以上、大なり小なり、そういうモノはどうしても発生するのは避け得ない事です。

大体、議会制民主主義というのは、選挙やら何やらで非常にコストが掛かるシステムな訳で、システムそのものが汚職製造器のような共産主義よりはマシにしても、今のままじゃそういうモノの発生を完全に無くするのは難しいでしょう。

勿論、少しでも少なくしていく努力は必要だと思いますが。

今の自民党の問題は、その為に外国、主に米中朝韓、これらの国を絡ませている事ですね。
2008/04/24(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
上でろろさんも書かれてますが、安倍晋太郎氏も、基本的には余り信用ならない類の1人ですね。

まあ、能力的な事で言えば、愚息殿よりかは遙かにマシな事は間違いないとは思いますが、統一教会との繋がりなどは、その愚息殿よりも遙かに深いですし。

時代的な事を考慮に入れても、議員仲間を勝共連に精力的に勧誘したり、その会合に後輩議員をしつこく誘ったりなど、流石に異常としか思えない行動を多々していますから。

結局、曲がりなりにも連中を「利用出来ていた」のは岸くらいのもので、後の連中は利用しているつもりが呑み込まれ利用されていた、というのが実際のところでしょう。

岸亡き後の清和会は、小泉の登場以前、そのずっと前から、既に統一協会の政界工作員みたいなのが大量にいる売国奴集団に成り果てていた、という認識が正しいかと思います。

勿論、全てがそうだった、という訳じゃあ無いですけどね。
2008/04/24(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
TBありがとうございます。

清和会については、大体同じ認識です。

この連中と創価の連中が政界を牛耳っている現状は、一刻も早く変えねばなりませんね。

2008/04/24(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1183-2959b0cc
城内実さんの真似をして「毎朝風呂場で冷水を頭からかぶる修行」を始めたのが2008年02月21日。 この間、一度だけ二日酔いの日にサボりましたが、どうにかこうにか続行して2ヵ月が経ち...
  ||| 「善光寺まつり」其の二・氏子神輿 ||| 「人の道にも国境なし」善光寺の英断に感謝するブログ記事 第二集 「汚れた聖火」を拒否することで中共の闇に照らした「良心の一灯」 いつも素晴らしく明快で清冽な論評を、ほとんど1日も休まず続けておられる『三
2008/04/22(火) | 米流時評
20××年、ここは、かつて民主主義があったと言われる国である。経済大国と呼ばれ、国民の生活レベルは格段に上がり、何不自由のない生活が約束されたかのような時代もあった。しかし、今は、民主主義という気配すらしない「統制国家」に成り果てている。 ヨージが読...
  ※4月15日1時に、関連記事へのリンクを追加しました。   私が小泉純一郎という政治家を非難すると、彼のシンパとおぼしき人から必ずこ...
2008/04/24(木) | 日々是勉強
ブログ『白髪頭でズバリと斬る -じじ放談-』http://blog.livedoor.jp/gold_7777/archives/50880096.htmlに大連立にむけた動きを整理した記事が書かれている。 タイトル:『大連立前行き「連携バス」は超満員。ついに、菅直人も「連携バス」に飛び乗った? 』 以下に、...
2008/04/24(木) | 遊撃手
「日本がアブナイ」(http://mewrun7.exblog.jp/)さんに最近の民主党内部の動きについての記事(http://mewrun7.exblog.jp/7805494/)があり、その考えに私も同感である。以下にその一部を引用して紹介したい。 ―――――――――――――(以下引用)―――――――
2008/04/25(金) | dou