或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → ネット検閲時代

ネット検閲時代
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

有害サイト規制綱引き 青少年保護か表現の自由か

 携帯電話などの出会い系サイトを通じて、子どもが事件に巻き込まれる例が相次いでいる。与野党では、インターネットの有害な情報を規制する法案づくりが進む。今国会への提案を目指すが、表現の自由にもかかわり、「有害」の定義や規制の仕方をめぐり意見が対立している。

■政府・自民

 警察庁のまとめでは、携帯電話の出会い系サイトをきっかけに買春などの被害に遭う18歳未満の子どもは毎年1千人を超える。自殺サイトを利用した集団自殺にかかわったり、死体などを掲載する残虐なサイトを見たりしていたケースもある。

 被害を防ぐため、政府はこの1年、首相をトップとする教育再生会議や総務省、警察庁などが有害情報対策を急ピッチで進めた。

 自民党内の動きも活発で、政務調査会の内閣部会と青少年特別委員会、総務部会、経済産業部会がそれぞれ規制案を話し合う「異常事態」(霞が関の経済官庁幹部)。規制の度合いも濃淡がある。

 最も過激な規制案を打ち出したのが、高市早苗・前少子化担当相を中心とした党青少年特別委員会だ。情報の有害性を国が定義・審査するのが特徴だ。有害情報を「著しく残虐性を助長する情報」「著しく犯罪、自殺及び売春を誘発する情報」などと定義。内閣府に独立した権限を持つ行政委員会を置き、具体的な有害性の基準を定める。

 基準に合わないサイトは閲覧を制限する。このため(1)携帯電話会社とネットカフェ業者にはフィルタリング(閲覧制限)サービスの提供(2)サイト管理者には有害情報を含む場合、18歳以上を対象とする会員制への移行(3)プロバイダー(ネット接続事業者)には有害情報の削除――を義務付ける。是正命令にも従わない違反者には懲役や罰金を科す、という内容だ。


 規制に慎重なのが総務部会だ。22日には▽有害情報の定義はできない▽携帯電話会社にフィルタリングを利用するかどうかの意思確認を義務付ける▽プロバイダーは青少年の適切なネット利用の確保に努める――などの対策骨子をまとめた。経済産業部会も、「国の関与は最小限とし、国は民間の取り組みを支援」などの方針を申し合わせた。

 高市案に対しては、党内から「行き過ぎだ」「表現の自由や業者の育成など多面的な検討が必要」など異論が出ている。これに対し、高市氏はあくまで青少年問題だという立場を押し通している。

 こうした部会間の溝を埋めようと、有害性の基準策定や判断は民間の第三者機関が行い、国の審議会が「お墨付き」を与えるような折衷案も浮上し、調整が続いている。

 規制強化に手を挙げているのは自民党だけではない。

 民主党は、携帯電話会社にはフィルタリングの提供を義務付け、有害性の審査は第三者機関がする内容を軸に法案づくりを進める。「高市案は行き過ぎ。総務部会案は甘すぎる」と民主議員。自民・民主とも超党派での法案提出や修正協議を模索している。


(後略)


(2008年04月23日 朝日新聞)

 さて、以前から囁かれていたネット規制法案ですが、カスの自民党、ゴミの民主党が揃って、テメエらに不都合な情報を揉み消す為、力を合わせて動き出しやがったみたいですね。

 反権力を気取る権力迎合主義のアカピーの記事は、あたかもそれ自体は正しい事であるかのように見せようとする気満々な書き方な訳ですが、それでも、この中で取り上げられている高市議員の案の異常性だけは、一目で理解出来る程に基地外染みています。

 政府が有害か否かの基準を判断し、そこで有害と判断されたサイトは自主的なフィルタリング、或いは会員制として不特定多数からは見られないようにし、プロバイダは有害情報の削除を義務づけられ、それに従わなければ懲役や罰金と来ましたよ。

 「何処の人民共和国ですか?」という話ですね。

 奈良の人は、全身全霊を込めて高市早苗以外の議員に投票し、比例でも自民以外の党に投票しましょう。

 規制云々以前に、何か根本的な部分で狂っているとしか思えないです、コイツは。

 さて、この異常な情報統制法案の中身をもう少し見ていきましょう。

 以下、奥村徹弁護士のブログからの引用です。

第二条

2 この法律において「青少年有害情報」とは、次のいずれかの情報であって青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるものとして青少年健全育成推進委員会規則で定める基準に該当するものをいう。一 人の性交等の行為又は人の性器等の卑わいな描写その他の性欲を興奮させ又は刺激する内容の情報であって、青少年に対し性に関する価値観の形成に著しく悪影響を及ぼすもの

二 殺人、傷害、暴行、処刑等の場面の陰惨な描写その他の残虐な行為に関する内容の情報であって、青少年に対し著しく残虐性を助長するもの

三 犯罪若しくは刑罰法令に触れる行為、自殺又は売春(以下この号において「犯罪等」という。)の実行の唆し、犯罪の請負、犯罪等の手段の具体的な描写その他の犯罪等に関する内容の情報であって、青少年に対し著しく犯罪等を誘発するもの

四 麻薬等の薬物の濫用、自傷行為その他の自らの心身の健康を害する行為に関する内容の情報であって、青少年に対し著しくこれらの行為を誘発するもの

五 特定の青少年に対するいじめに当たる情報であって、当該青少年に著しい心理的外傷を与えるおそれがあるもの

六 家出をし、又はしようとする者に向けられた情報であって、青少年の非行又は児童買春等の犯罪による青少年の被害を著しく誘発するもの

(「奥村徹弁護士の見解」より)

 一見すると、まともなものに見えなくも無い訳ですが、問題は、「悪影響を及ぼすもの」「誘発するもの」「おそれがあるもの」という曖昧な表現で、これでは、判断者の裁量に左右される部分が余りにも大きい。

 そして、それを判断するのは、アカピーの記事からも分かるように「内閣府に独立した権限を持つ行政委員会」な訳です。

 要するに、そういう「恐れのあるもの」「誘発しそうなもの」を政府が判断して、それらを取り締まる事が可能となる、という事です。

 例えばですが、在日問題について書かれているサイトなどの内容は、例え主張内容自体が極めて真っ当なものであったとしても、2条2項の5「特定の青少年に対するいじめに当たる情報であって、当該青少年に著しい心理的外傷を与えるおそれがあるもの」という部分に照らし合わせて、当該の在日青少年に著しい心理的外傷を与えるものとして規制が可能です。

 在日を部落やチュウゴク人と置き換えても同じですね。

 更に、これはかなり無茶苦茶な解釈ですが、例えば自民党の為政に対する憤懣などを書いているサイトがあったとして、それを、「自民党議員、或いは自民党員の子弟に対するいじめに繋がる」だの「自民党議員、或いは自民党員の子弟に著しい心的外傷を与える恐れがある」などとして、プロバイダに対して削除要請する事も可能と言えば可能となる訳です。

 そこで、裁判所に提訴して戦い抜く気力と財力のある人間はいい訳ですが、政治系のブログやサイトなんて殆どが個人か貧乏団体な訳で、気力は兎も角そんな財力と時間がある訳もありません。

 ほぼ軒並み規制していけるでしょう。

 更に問題なのは、罰則を恐れたプロバイダによる自主規制です。

 罰則を見てみましょう。

(是正命令)

第六条 主務大臣等は、インターネット接続役務提供事業者が第三条若しくは第四条第一項の規定を遵守していないと認めるとき又は携帯電話インターネット接続役務提供事業者が前条の規定を遵守していないと認めるときは、これらの者に対し、これを是正するために必要な措置をとるべきことを命ずることができる。

(是正命令)

第九条 都道府県知事は、前条の事業を行う者が同条の規定を遵守していないと認めるときは、その者に対し、これを是正するために必要な措置をとるべきことを命ずることができる。

第三十条 第六条又は第九条の規定による命令に違反した者は、六月以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

(「奥村徹弁護士の見解」より)

 サーバー料金なんざ1人頭精々月数千円。

 その為だけに100万円の罰金だの、まして懲役刑だのを喰らうなんざバカげているにも程があると考えるのが当然な訳で、過剰反応を避けるのはまず難しいと言えるでしょう。

 と言うか、このどう考えても重いとしか言えない罰則は、それを狙っての事でしょうね。

 ちなみに、アカピーの記事では高市案と総務部会の折衷案であるかのように書かれているミンス案ですが、実際はそんな事は無く、ほぼ高市案と同内容と見て間違いないようです。

 要するに、例の「人権擁護法案」と同じで、カスとゴミが対立に見せ掛けながら裏で手を握って、一般の国民から情報を受け取る権利、発信する権利を奪ってしまおうとしている訳ですね。

 これに対するMIAUの見解も紹介しておきます。

1.有害基準の問題

インターネット上の莫大な情報について、何が有害で何が無害なのかの基準を、内閣府に設置される少人数の委員会が独占的に決定することには、大きな問題があります。たとえ実際にコンテンツを見えないようにするのが民間の事業者に託されたとしても、その基準を国が作るというのは、情報の検閲にあたると思われます。

2.個人ウェブサイトなど非商業的運営者が対象になっている点

現状、商業的なサービス提供者だけではなく、個人のウェブサイト運営者も対象となっています。個人のウェブサイトに対しても対象となる情報発信について商業サイトと同様のレイティングや会員制サイトへの移行が義務づけられるとすると、個人が自由に情報を発信するという行為自体を阻害することになりかねません。(現行の青少年条例における有害図書規制では、業としての図書販売などについての規制がありますが、個人の情報発信を規制するものではありません。)

3.プロバイダの講ずべき範囲が不明確かつ広範囲である点

ウェブサイト運営者の利用するISP/ASPや、コンテンツプロバイダなどの事業者について、本法案では、有害なコンテンツのレイティング、もしくは会員サイトへの移行などの措置を行うことが求められています。しかし地域に密着する中小の事業者には負担が重く、またコンテンツの性質を第三者が判断し、特定のレイティングを行なうことは、利用者と事業者間で日常的にトラブルを発生させる要因ともなります。

また競合他者がブログサービス等に有害情報の書き込みを行なうことで、健全な運用を不当に妨害するというようなことも起こりうるでしょう。「知った場合には」という条件がついているにしても、プロバイダに負わせる責任が重く、かつ、不明確です。

法案では、このようなトラブルについて紛争処理機関による解決を求めていますが、この紛争処理機関の裁定については非公開で処理すべきとしており、透明性・公開性への配慮がみられません。


4.フィルタリングの技術上の問題点

フィルタリングは未だ不完全な技術です。携帯用のフィルタリングソフトが自民党のウェブサイトを遮断してしまったように、大切なサイトを遮断したり、本当に有害とされるサイトを素通しするなど、多くの問題が指摘されています。そうした技術を、PCや携帯電話などといった機器で、有効性が実証されてもいない段階から義務化してしまうというのは、誤りではないでしょうか。

また年齢に応じたカスタマイズやメンテナンスは、すべて親の責務としてのしかかってきます。現時点でこれらの責務を果たせるのはごく一部の限られた親であり、すべての親に対してこれを求めることは無謀と言わざるを得ません。


5.知る権利の侵害

本法案は表現規制を慎重に避けている点が見受けられますが、その一方で国民の知る権利を大きく侵害しています。先に述べたように現在のフィルタリング技術は、有害と見なされる情報のみをピンポイントでブロックすることは困難であり、その周辺にある多くの有益な情報も一緒に遮断します。特にコミュニティサイトは、サイト単位でまとめて規制されてしまう可能性が高く、同世代とのコミュニティによって精神的平衡を保っている青少年に対しては、有害な対策となりかねません。

またこのような規制は、「 高度情報通信ネットワーク社会形成基本法(IT基本法)」の第三条に定められた(すべての国民が情報通信技術の恵沢を享受できる社会の実現)の精神に反するものであり、18歳未満であるという理由だけでこれを阻害して良いことにはなりません。

6.教育という視点の欠如

本法案では、フィルタリング運用の具体性と比較して、啓蒙活動や青少年への教育に対する具体的な対策がありません。そもそも青少年の有害情報への対処は、危険なものを全て包み隠してしまうのではなく、何が危険かを教えていくことが大事なのではないでしょうか。教育面での具体策なしの法案は、青少年の健全な育成という大前提を見失っていると言わざるを得ません。

7.経済的な問題点

本法案では、PCメーカーにフィルタリングソフトのプレインストールを行うことを、努力義務として課しています。これにかかる費用は、製品価格に転嫁される可能性が高く、青少年が使用するか否かに関わらず、すべてのPC購入者への負担増となります。また、海外からの輸入品や、Linux等のフィルタリングソフトの無いOS等の場合には、誰がどのように対応するのかという点が明らかではありません。

(「MIAU公式サイト」より)

 これだけの問題点のある法案を、与野党揃って提出しようとするなんざ、異常としか言い様が無い状況です。

 何か、どうしても、この法案を可決させたい理由がある、と見るのが正しいと言えるでしょう。

 マスゴミどもがこの問題を取り上げようとしないのも、異常なまでに怪し過ぎです。

 この異常な法案が成立すれば、日本のインターネットにおける表現は軒並み死滅すると言っても過言では無いでしょう。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

言論統制列島  誰もいわなかった右翼と左翼
森 達也 鈴木 邦男 斎藤 貴男
講談社
売り上げランキング: 96284
おすすめ度の平均: 3.5
5 思考停止に陥るまえに
1 言論無統制列島
4 驚いた!
4 異色の鼎談である
1 眼前の政治批判のみ・・・



PR情報
色々な職種・働き方から選べる ステップアップ目指すなら【anレギュラー】
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
  人権擁護法案は一貫して、加熱しやすい一部の人向けの撒き餌なのかもしれませんね。
  この前の騒ぎの時も、裏で「共謀罪」の導入が進んでいたわけです。正確に言うと、人権擁護法案反対派(とはいえ、本人が言及したのはただの1回だけ)である安倍晋三が首相になり、公明党と共同で共謀罪を法制化しようとしていました。官僚の抵抗で見送られましたが、またぞろ出てくるでしょう。
  そういうときも、あの安倍晋三がまさかそんなことをするはずがないだろうと高をくくり、ひどいのになると朝鮮総連やカルト宗教団体を取り締まれると言って、共謀罪成立を応援していた「右派」「保守」ブロガーがたくさんいましたっけ。
  しかし、共謀罪の安倍といい、今回の高市といい、どうして言論統制法案を推進している人間が「対北朝鮮強硬派」だったり「靖国神社参拝派」だったりするんでしょうねえ。やっぱりこれって安倍や高市の在籍していたナントカ会議の影響なんでしょうか。
  人権擁護法案に対して強硬に反対している平沼氏が沈黙しているのも、その辺の裏があるからだと思っています。
  あと単純に、「有害なら規制していいんじゃないか」とか思っている議員が多そうですね。その方が選挙対策として無難だから。もうちょっと表現の自由の持つ価値を理解してほしいものです。
2008/04/24(木) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
ネット規制の法案が出てくるのは為政者にとってネットが脅威になっているからでしょうね---
ネット上の情報は玉石混交ではあるもののキチンと取捨選択すればこんなに有効且つ強力な武器もありません。青少年云々なんて国民を誤魔化す目くらましですよ、だから一番大切な教育の問題がでてこないんだと思います。それにネットだけ規制したって雑誌、テレビ、街の看板に至るまで難癖つければ色々あるでしょうに---こーゆーのはいいんでしょうかね(嘲)私にとっては東京の繁華街の♪騒音こそが最大の問題です、公共の路を歩いているだけで何で一方的に音の暴力に遭わなければいけないのか毎日凄く傷ついていますwwっとウスラトンカチの害中政治家にカマしてみます(笑)
2008/04/24(木) | URL | 銀ぎつね #-[ 編集]
与党公明党の意向が働いていることを推察すれば、なるほど納得できる流れです。
要は言論統制。
『聖教新聞』の様な社会構図が最終的な狙いだとすれば…こんな恐ろしいことはありません。
2008/04/25(金) | URL | くまがわ直貴 #2vYjnE/6[ 編集]
ろろさまも仰っていますし、私も前に書きましたが、やはり外国人参政権や人権擁護法案は囮なのかも知れませんね。

ネット規制が言論弾圧の本命、外国人の流入も帰化申請の緩和などが本命という具合に…
益々強い言葉を吐く連中が信用出来なくなってきました…
2008/04/25(金) | URL | む~ #-[ 編集]
「撒き餌」の可能性も無いとは言えませんね。

ただまあ、古賀誠あたりの野中の遺伝子の継承者どもは、結構本気で成立させるつもりだとは思いますが。

共謀罪に関しては、ホシュやウヨクは軒並み賛成していましたね。

人権擁護法案にしても共謀罪にしても、今回のネット規制法にしても、基本的に考え方が全て民主主義国家では無く警察国家のソレだという事を理解出来る脳味噌が無いのでしょうかねぇ…

上っ面だけで物事考えている連中なのでしょうがないですけど、仮にも政治系だの時事系だのと名乗っているなら、少しくらいは物事を深く考えて欲しいものですよ、本当に。

ま、それが出来るくらいなら、カイカクすれば全てが良くなる、なんて何処ぞのカルトみたいな事を恥ずかしげも無く口には出来ないのでしょうけど。
2008/04/26(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、既に一体化しているようなものですからね。

選挙のやり方一つにしても、単なる友党とは言い難い程に蜜月な協力関係を築いてますし。
2008/04/26(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
公明党の意向は当然働いているでしょう。

敢えて公明党が発言しなくとも、創価票でギリギリ選挙に当選したような選挙に弱い議員は、勝手に犬作の心を推し量って、それに沿う発言、行動をするでしょうしね。

そうでない議員にしても、そういう事情がある以上、そうは突っ撥ねられないでしょうし。

パーフェクトな寄生虫ですよ、本当に。
2008/04/26(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
本命は、総合的な言論弾圧でしょう。

まずは、どれか一つでいいのですよ。

どれか一つが成立すれば、済し崩しに他の法案も成立に持ち込める、全てがそういう性質を持った法案ですから。

どれを囮にして、どれを成立させても、結末は同じ事になるように仕掛けられている訳です。
2008/04/26(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1185-dd08b54e
そもそも、山口2区で補選が行われるのは、岩国市長に初当選した福田良彦市長の議員辞職に伴うものであり、はっきりと税金の無駄遣いと言っ...
2008/04/25(金) | 新三ログ
 以前の投稿「 「有害サイト」名目、ネット規制に要注意!世界の現実を知らずただ面白おかしく生きる頭空っぽの日本人が今以上に増殖するかも、。」でもご紹介した、 有害サイト規制綱引き 青少年保護か表現の自由か【朝日】 http://www.asahi.com/digital/mobile/TKY20...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。