FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → Full Metal Jacket in Japan

Full Metal Jacket in Japan
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

企業の55%、心の健康すぐれぬ社員「増加」・民間調査

 民間調査機関の労務行政研究所(東京・港)は25日、企業のメンタルヘルスに関する調査をまとめた。心の健康状態を崩している「メンタルヘルス不調者」がここ3年間で「増加している」と回答した企業は55.2%に上り、3年前の前回調査(52.0%)を上回った。同研究所は「人手不足感が強まって長時間労働が慢性化しているため」とみている。

 増加が目立つ世代を聞いたところ、「30代」(51.9%)が最も多く、「20代」(41.2%)が続いた。「40代」は19.1%、「50代」は0.8%にとどまった。若手社員の精神的な負担が重くなっている実態が明らかになった。

 1カ月以上休職している従業員がいると回答した企業は62.7%に上り、人数は1社あたり平均9.5人となった。

(2008年04月25日 日経新聞)

 何とも嫌な世の中ですね。

 フリーターや派遣などのワーキングプアが問題となっている訳ですが、それ以外の層、要するに正社員は正社員で、こういう何とも言えない状態にある、と。

 労務行政研究所は、この原因を長時間労働の慢性化に求めているようですが、もう少し突っ込んで言うと、その長時間労働が給与に反映されない、長時間労働するか否かを判断する権限が自分に無い、というのもあるでしょうね。

 真面目な話、自分で決断して残業して、それが給与にきちんと反映されているのであれば、ある程度までの長時間労働は、それ程までの苦では無いですから。

 会社が会社の都合で人員を減らし、その埋め合わせに長時間労働を余儀なくされ、挙げ句に「サービス残業」などと銘打たれて殆ど給与に反映されないと来れば、そりゃ誰だって心を病むわ、という話ですわな。

 で、今年の3月から施行された「労働契約法」によって、この狂った状況を無理矢理に「合法」とされてしまったと来れば、鬱になって休職するのは、当然の自己防衛反応が働いた結果だとすら言えますね。

 ただし、そうやって長期休養に入る人間が増えるという事は、当然、残った従業員の負担が増えるという事とイコールな訳で、頑張る人間ほど、より追い詰められて精神を病んでいくという負のスパイラルになっていく、と。

 これで、例の「ホワイトカラー・エグゼンプション」が成立し、無給残業が完全に合法化した暁には、精神を患う人間がどれ程までに増えるでしょうね。

 年間3万人の自殺者が、5万人の大台に乗る日も遠くないような気がしてきます。

 カイカクの合い言葉は、「頑張った人間が報われる社会」とかだった訳ですが、この現状を見れば、完全に「頑張った人間が殺される社会」ですね。

 或いは、「報い」とは「死」または「病」という事か。

 しかも、「労働契約法」と「ホワイトカラー・エグゼンプション」という2大悪法によって、その死も過労死では無く自己管理が出来ていないだけ、と切り捨てられる事になります。

 「逃げる奴は奴隷だ。逃げない奴はよく訓練された奴隷だ」という感じですな。

 いや、美しい国だね、「お国の為に死ね」どころか、「会社の為に死ね」が「合法」として罷り通るなんて、これはもう、一種の倒錯美の世界ですよ。

 もういい加減、雇い手側の一方的な買手市場の状況下で成果主義なんつーものを取り入れるのが如何に危険な事なのか、如何に狂った社会を作り出すものなのか、気付く必要があります。

 と言うかね、「成果主義」などという如何にも資本主義的な合い言葉の下、恰も共産主義社会のような悪平等な社会が作られている現実に、いい加減に気付けよ、と。

 「競争社会」だなんて言ってるけど、よく見れば、競争しているのは一部の上流層だけで、それ以下の「人民」はワケワカンネー悪法の下、競争する気力さえも奪われて日々を過ごしているという、何処かの大帝国の崩壊寸前の時の状況と酷似しているのは明白だろうに。

 違いは、上流層が共産党員か資本家か、という程度。

 この「労働契約法」と「ホワイトカラー・エグゼンプション」、そして、前回のエントリーで触れた「ネット規制法」に「人権擁護法案」、それと「共謀罪」。

 基地外自公政権は尤もらしい理屈をこじつけているものの、全てが全て、共産主義やファシズムのような警察国家的、悪平等国家的な流れの上にあるものな事は、サイコロ大の脳があれば理解出来るだろう、と。

 この狂った流れに終止符を打ちましょう、泣いたり笑ったり出来なくなるその前に。

 カイカクの先にあるモノは、死と尊厳無き屈従だけです。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 23961
おすすめ度の平均: 4.5
5 これからの選挙のいやな予感
5 恐怖の改革。破滅へのファイナルカウントダウン?
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!

ラテン・アメリカは警告する―「構造改革」日本の未来 (シリーズ「失われた10年」を超えて―ラテン・アメリカの教訓)

新評論
売り上げランキング: 97265
おすすめ度の平均: 4.5
4 ラテンアメリカから学べ
5 トリクル・ダウン(雨水が大地に滴り落ちる)?


PR情報
あなたの街のアルバイト・パート情報 見つけるなら【anエリア】☆
NTTコミュニケーションズの無線LANサービス「ホットスポット」
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
毎年これだけの自殺者を出しておきながら、少子化だの労働力不足だの言って、外国人労働者をもっと受け入れようとか、永住権や国籍を取りやすくしてあげようとか言っている馬鹿な政府与党には、早急にご退場願いたいですね。まあ、民主党や社民党もそういう点では、どっちもどっちかもしれませんが。

日本国民には冷たいくせに、外国や外国人には妙にやさしいのだから、日本は誰のための国だよ、と思っちゃいますね。
2008/04/27(日) | URL | 愚倦太郎 #-[ 編集]
ええ、その上、自殺支援基本法だの、障害者自殺支援法だの、後期高齢者虐殺制度などを作って、更に日本人の数を減らそうとしてやがりますからね、自公政権は。

早急に退場して貰わないといけません。
2008/04/28(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1187-95708b3e
 ||| 日本はどこへ?五星紅旗に占領された長野 ||| すべての道は長野へ……走者、報道陣、中国人学生、チベット支援日本人…… 青服2名、機動隊3千名、上空に偵察ヘリの渦巻く長野の聖火リレーサーカス 米国時間 2008年4月25日 | AP通信・ニュース速報 |
2008/04/26(土) | 米流時評
 青山学院大学准教授瀬尾佳美という方の「おいしいものが食べたい 食いしん坊の日記」と言うブログの「光市母子殺害事件:元少年に死刑は重すぎる」と言うエントリーが炎上しているらしい。どれどれと言うことで早速検索。 ヒットはしたのだが、 パスワードを入れないと...
1.電子投票導入を民主党はスルーするのか?(○) http://blog.livedoor.jp/passionmaster/archives/50191822.html 2.民主党議員にメールを送ろう!(○) http://blog.livedoor.jp/passionmaster/archives/50191826.html 3.次の内閣の閣議で今日、「電子投...
   ||| ココは中国の信州省デスカ? ||| 徹夜で長野へ、小雨の中をデモ、国境なき記者団メナール氏に遭遇 現地はスタート・ゴール地点とも「中可・排日」の異常な警備体制 昨日のエントリー『長野決戦!欧米メディアの 4.26 Nagano報道』の冒頭でも書きましたが...
2008/04/27(日) | 米流時評
 あちこちのブログで、そしてyoutubeなどで長野における悲惨な現実が発信されてますね。  中国人もそうですが、長野にいる警察関係の方々(家族含む)の安否が気になるところです。  まあ、中国警察日本支部がどうなろうと知ったことではありません。  むしろどうにか...
  李明博・韓国大統領についての記事を書くといっておきながら、また別の記事です。済みません。この前私の身の上に起きた出来事と、それ...
2008/04/28(月) | 日々是勉強
なぜ、国民である日本人のお年寄りが 苦しんでいるのに外国人である 在…
2008/05/07(水) | gsnsの日記