FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 支那畜基地外劇場

支那畜基地外劇場
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

FREE TIBET

<チベット>CCTVニュース番組で「反省の言葉を述べる拘留中のチベット人」―中国

2008年4月27日、国営中央テレビ(CCTV)夜7時のニュース番組「新聞聯播」で、先月14日のチベット騒乱で拘束された2人のチベット人が、自らの不法行為を反省し、悔い改める様子が放送された。新華ネットが伝えた。

「善悪の区別がつかず、国や社会に害を及ぼし、申し訳ございませんでした」―涙ながらにこう語るのは、19歳のチベット人女性、貢桑拉姆さん。騒乱への参加については「悪い人の命令で、強制参加させられた」と訴え、「80歳を超える祖父は旧チベット社会で大変な苦労をしたが、今は安定した暮らしが出来るようになった。兄も何不自由なく義務教育を受けることができた」と政府に対する感謝の気持ちを口にした。

もう1人は24歳の男性、扎西多吉さん。「社会の安定や民族の団結、そして北京五輪に悪影響を及ぼし、心から反省しています」と謝罪。騒乱当日は「悪い人から脅されたため、参加せざるを得なかった」と訴えた。さらに、「今後は2度と悪い人に騙されず、政府の素晴らしい政策に感謝するよう、仲間にも訴えていきたい」と反省の弁を述べた。(翻訳・編集/NN)

(2008年04月29日 Record China)

 中共、及び支那畜どものアホさ加減は十分に理解していたつもりだった訳ですが、流石にドン引きしますね。

 一体、何処の誰がこんなモノを信じると思ったのか、本気で理解出来ない。

 仮に、本当に中共の言い分が正しかったと仮定したとしても、今、このタイミングで、こんなにも早く心変わりなどをする筈が無いというものであり、無理矢理言わされているのか、或いは、言わざるを得ない理由が存在するのかのどちらかである事は、明々白々というものです。

 本当に、中華の世界の中の事しか見えていないのでしょうね。

 しかし、それにしても、死を覚悟して立ち上がったチベット人がここまでの事を言うとは、どれ程までの屈辱的な拷問を与えられたのか、或いは家族や恋人を人質として取られたのか、何れにしても、吐き気がします。

 残酷で残虐な支那人の特性が思う存分発揮された、阿鼻叫喚の地獄が展開された、そして、今も尚展開されているであろう事が、容易に想像出来ます。

 支那畜どもがアホでバカで憐れで惨めで無様な本性をぶちまけるのは結構な事ではある訳ですが、その為に、チベット人やウイグル人、他の少数民族などが犠牲になるというのは、何かやりきれない思いです。

 彼らが、例え漢民族で無いにしても、それでも「チュウゴク人」という帰属意識を有しているのならば、それは自業自得というものなのですが、殆ど全ての非漢民族は、そんな意識は微塵も持ち合わせてはいないのですから。

 これ以上、狂って暴走した中華思想の犠牲者を出さない為にはどうすれば良いか、真剣に考え始める必要がありそうです。

 「経済発展」などという方法では不可能だという事は、日支、そして米支の国交回復以来の歴史ではっきりとしました。

 支那畜どもの、外に対する進出と増殖を抑えつつ、中に対する暴虐も封じ込める。

 これは、中々難儀な問題と言えそうです。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

中国はいかにチベットを侵略したか
マイケル ダナム
講談社インターナショナル
売り上げランキング: 129
おすすめ度の平均: 4.5
5 長野の聖火リレーで実感できた中国人の暴力性
5 チベット問題に関心を持つすべての人に
4 チベット民族の悲劇
5 このような侵略を誰が止めるのか
5 中国に侵略されたチベットの実態を直視

台湾二二八の真実―消えた父を探して
阮 美妹
まどか出版
売り上げランキング: 432697
おすすめ度の平均: 5.0
5 二・二八事件の傷痕と肉親の絆


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
日経225miniをやってみませんか?
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
私は26日長野へFREE TIBETの戦い(正に)に行ってきましたが既に色々なブログ等でででいる様に現地は紅旗の死名畜どもに蹂躙され、此処はシナか?と見紛うばかりの凄まじい有様でした---

よく西側にいて自由な報道に接しているにも関わらずなぜ、シナ塵留学生は軌道修正ができないのだろうという疑問が呈されますが、それこそが子供の頃からの洗脳教育の成果なのではないでしょうか---大人になってからの洗脳を解くのにもかなり大変なのにそれが子供のころから国家ぐるみでやっているとしたら---想像を絶する困難かと。虫凶政府がこれでもかというくらいに毎回陳腐な嘘、捏造、ヤラセ報道をやらかすのも国内の洗脳された次世代を担う蛾鬼ども向けだと考えれば合点がいきます。私も今回長野では現地に行かれた方々が既に報告しているような酷い体験を死名畜はじめ悲しいことに我が国のケイサツからも受けたわけですが、シナ畜蛾鬼どもが我がチベット派に向かって‘お前らはいくら金をもらってるんだ‘としきりに喚いていた意味が東京に戻ってきて新華社通信の報道を知って全て溶解しました---報道では、我々チベット解放応援派はダライ派より一人一万円で雇われた現地人だと捏造報道をしてやがってからです。朝鮮塵と共に一刻も早くこの反日洗脳教育をされたロボトミーシナ畜どもも日本から追い出さないと日本は大変なことになります。
2008/04/30(水) | URL | 銀ぎつね #-[ 編集]
猿芝居。

それ以外に、どう形容したらいいのか、私には分かりません。

やらされてる方はたまったもんじゃないですが…あるいは役者かな?とも思いました。

支那封殺にはシーパワーが連携しなくてはダメです。アメリカ(それに日本の一部)が完全に支那と手を組んでいるのが癌です。アメリカは金融に特化する過程で軍需以外の製造業を切り捨てましたが、その工業生産を支那に肩代わりさせているのです。代金はドルを刷ればいいし、インフレ回避には日本に国債を引き受けさせればいいと…。そうやって歪な相互依存が作られたのです。

これを正常にするためにはアメリカがランドパワーとの「同盟」関係を断つ、つまり支那をテコにして暴利を貪るグローバリストを追放しなければいけません。

日本が出来ることは、ドルの垂れ流しをやめさせることです。郵貯資金は絶対に国際金融資本に運用させてはいけません。また、支那への技術移転はやめるべきです(これで支那企業の輸出競争力が大幅ダウン)。

要は支那のチープレイバーなんぞに頼らず、自国にできることは自国でやるようになればいいのですが…製造業の国内回帰、ブルーカラーの賃金引上げが望まれますね。
2008/04/30(水) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
中共の洗脳、愛国教育の成果も大きいですが、精神的な歪み、みたいなものも大きいでしょうね。

騙し、欺く事が常態化した世界の中で、奪い、奪われる事を当然の事とし、信用出来るものは自身とカネだけ。

そんな世界の中で、崩壊しそうなヒトとしての自我を保つ為、見えもしない「何か」に縋ろうとする心が、洗脳、マインドコントロールをより強いものにしている。

あの連中の無様で滑稽なダンスを見ていると、そういう風に感じます。
2008/05/03(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
米国が方向転換をする事が出来るかどうか、という所が大きなターニングポイントになりますね。

連中は、非常に強大な力を持ってはいる訳ですが、それと同じくらい、或いはそれ以上に大きな暗部も抱えています。

それと、本当に真摯に向かい合う事が出来れば、いい方向に動き出す可能性も小さくないように思うのですが。
2008/05/03(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1191-c7fb8e78