FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 国内法では、A級戦犯は犯罪人ではない

国内法では、A級戦犯は犯罪人ではない
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

A級戦犯 「国内法で犯罪人ではない」 民主「口頭試問」 安倍・麻生氏見解

 先の戦争は自衛戦争だったのか、戦争責任は誰にあるのか-。そんな議論が十四日の衆院予算委員会で、安倍晋三官房長官と麻生太郎外相のポスト小泉候補二人と岡田克也・民主党前代表の間で交わされた。質問に立った岡田氏は、「A級戦犯」を「戦争犯罪人」とした極東国際軍事裁判(東京裁判)の有効性を主張したが、安倍、麻生両氏はそろって、「国内法では、A級戦犯は犯罪人ではない」との見解を示した。

 岡田氏はまず、先の大戦について「自存自衛のための戦争でやむを得なかったとの見方があるが」と麻生氏にただした。麻生氏は平成七年の村山談話や昨年四月の小泉純一郎首相のスピーチに触れながら「自衛の戦争だと申し上げたことはない」と否定した。

 しかし、質問が東京裁判の有効性とそこで断罪されたA級戦犯に及ぶと議論は白熱。「A級戦犯は国内法で裁かれたわけではない」と答弁する両氏に対し、岡田氏は「東京裁判は国内法を超越する超法規的というか、それに上位する概念だ」と反論。東京裁判の国際法上の有効性に疑念をにじませる二人との基本的な認識の違いが浮き彫りになった。

 A級戦犯についても麻生氏が戦後、勲一等を受章した重光葵元外相もA級戦犯だったと指摘。安倍氏も国会決議を経て「国民の圧倒的な支持のもとに」連合国との折衝の結果、A級戦犯らが釈放されたことを説明したが、岡田氏は納得しなかった。

 さらに、岡田氏が「日本国として、東京裁判を受諾している以上、そのことに拘束されるのは当然だ」と主張すると、安倍氏は、ため息をついて「岡田先生は何かまるでGHQ(連合国軍総司令部)側に立っておっしゃっているように聞こえる」と答弁していた。

                   ◇

 【衆院予算委 答弁要旨】

 ■人道に対する罪では有罪になっていない 安倍氏

 十四日の衆院予算委での麻生太郎外相と安倍晋三官房長官の答弁要旨は次の通り。

 【先の戦争は自衛戦争だったのか】

 麻生氏 後からこの戦争は自衛のためだったとか言っても、なかなか証明しにくいところもあるし、侵略戦争の部分があったということは否めない事実。(後の)歴史が判断するところだ。

 安倍氏 歴史というものは連続の中に存在する。先の大戦のどこをどう取り上げていくかということもある。政府が歴史の裁判官としてこうだと言うべきではない。

 【東京裁判について】

 麻生氏 被告人が平和に対する罪で有罪判決を受けた。サンフランシスコ講和条約の一一条でこの裁判を受諾した。それだけだ。

 安倍氏 ナチスは人道に対する罪でも有罪だったが、東京裁判では(同罪では)有罪になっていない。この裁判に(政府として)異議を述べる立場にはないが、それ以上のものでもそれ以下のものでもない。

 【A級戦犯は戦争犯罪人か】

 麻生氏 戦争犯罪人という定義は国際軍事法廷における見解で、少なくとも日本の国内法に基づいて、犯罪人の対象にはなっていない。

 安倍氏 連合国によって東京裁判が開かれた。そこで七人が死刑になった。わが国が主体的にこの人たちを裁いたわけではない。日本において彼らが犯罪人かといえば、そうではない。
(平成18年2月15日 産経新聞)

 まったくもって、麻生安倍両氏の言っていることは、正しいと思えます。

 少し残念なことは、先の大戦は自衛戦争で、極東軍事裁判東京裁判)など戦勝国による魔女裁判に他ならないと断言してもらえなかった事ではありますが、サンフランシスコ講和条約において、極東軍事裁判の判決を受け入れてしまった政府の立場を鑑みれば、この点は仕方がないのかも知れません。

 中共の「偉大なるイエスマン」であられる民主党岡田氏には、残念ながら理解いただけなかったようではありますが、少なくとも総裁候補と目されている代議士の口から、このような意見が聞けたということの一点だけでも、非常に喜ばしいものであると思えます。

 所謂A級戦犯と呼ばれる方々も、戦争を開始し、日本を敗北に導いた「責任」はあるとはしても、犯罪者などでは決してありません。

 「平和に対する罪」などという、戦勝国日本を貶める為に作った罪など、正常な判断力を持つ者であるならば、受け入れようがなく、「岡田先生は何かまるでGHQ連合国軍総司令部)側に立っておっしゃっているように聞こえる」と言う麻生安倍両氏の言は思いやりに溢れているもので、「岡田先生GHQの犬のようですね」くらいのことは言っても、決して神罰の下るところではないと思えます。

 名誉を回復された元A級戦犯の方々に、これ以上死人に鞭打つようなことを繰り返すようなことは、日本人としての「武士道」以前の「人道」に外れるものと考えられ、「リベラル」を自称される岡田氏がこのような事を喚き散らすことなど、あまりにも滑稽であると思われます。

 岡田氏は「中国共産党の忠実なる傀儡である私としては、日本のそのような主張は受け入れ難いものである」と、正直に白状されたほうが、まだ潔いものであると思うのは私だけでしょうか。

 国内法国際法もなく、日本人である彼らの立場を決めるのは、日本国であるべきだと思います。

 たとえ諸外国が彼らを犯罪者だと罵ろうとも、国内において犯罪者でない人達を弔うことは、日本人として当然のことであると思います。

 「謙虚とは堂々として過信しないことだ、それは断じて卑屈であることではない」(中岡慎太郎)

 我々は今こそ、GHQによる精神的抑圧から自らを解き放ち、凛とした日本人としての誇りを取り戻すべきであると思います。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ

東京裁判 日本の弁明―「却下未提出弁護側資料」抜粋
小堀 桂一郎
講談社 (1995/08)
売り上げランキング: 22,250


  
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/120-650b6ea7
なんでいまさら予算委員会でこんな話題を振るのかと・・・ 岡田さんって救いがたい人...