FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 取らぬ狸の皮算用

取らぬ狸の皮算用
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

FREE TIBET

中国脅威論は見当違い!?世界一の経済大国になった後の未来予想図は―米経済誌

2008年5月10日、中国の国際ニュースサイト「環球網」は北京大学経済研究センター林毅夫(リン・イーフー)主任の論文が掲載された今月発売の米国経済誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」の記事を紹介。

世界銀行が昨年発表した「世界経済・社会統計2008」で各国の購買力平価を基準に算定した結果、中国が日本を抜いて世界第2位の経済体に選ばれた。林毅夫氏の計算によると、中国は2030年に米国を追い越して世界一の経済体になり、しかも国内総生産(GDP)は米国の1.5倍になると予想している。

「環球網」は、中国が世界一の経済大国に登りつめたとしても、それが国際社会にとって脅威にはならないとしている。その理由として、中国は過去数千年の間に何度も世界一の人口国家、経済大国になったことがあるが、インドと同様に帝国主義国家に侵略された歴史を持つことをあげている。中国の歴史は戦争と殺戮、占領を繰り返して世界に覇権を広げてきたかつての大英帝国やスペイン帝国とは正反対のものであり、現在の中国の外交政策を見ても世界に脅威を抱かせるようなところは何もないと記している。(翻訳・編集/本郷)

(2008年05月12日 Record China)

 まずは取り敢えず、あくまで「北京大学経済研究センター」の主任が書いたものを米誌が取り上げたという形にも関わらず、あたかも米経済誌が「中国脅威論は見当違い」という論説をぶったかのように見せ掛けるセコさに盛大な拍手と蔑みの目を送りたいですね。

 日本だと、アカピーあたりがよく使う手です。

 まあ、それは兎も角として、全文を読んだ訳では無いですが、大体の説明文を読んだだけでも、これ程までに香ばしい論文、いや作文というのも、近年中々見る事が出来ない代物ですよ。

 人民元の高騰、それに伴う人件費の高騰、押さえる事が出来ない物価の上昇、不動産バブルの崩壊による不良債権の続出など、ありとあらゆる不安要素を排除して、都合のいい部分だけをコピーアンドペーストで繋ぎ合わせて世界一の経済大国になった事としてホルホルする何時もの手も然る事ながら、今回はそれに加えて、そうなってもちっともビビる事は無いのですよ、という説明にまで踏み込んでいます。

 そんな心配しなくても、誰も世界一の経済大国チュウゴクなんて実現する訳も無い代物、ミジンコのクソ程にもビビってはいませんてw

 世界が恐れているのは、虚構の超大国チュウゴクが破綻して、13億のイナゴどもが檻から解き放たれ、世界各地を荒らして回る事の方ですよ、マジで。

 何処の国だって、自国の領土内に害虫を侵入させたくは無いですから。

 まあ、その害虫どもを単純労働者として積極的に招き入れようとしている倒錯した国も、不思議な事に存在しているのですが…

 で、その「チュウゴクは怖くない」という作文の内容なのですが、これまた爆笑必至。

 「中国は過去数千年の間に何度も世界一の人口国家、経済大国になったことがあるが、インドと同様に帝国主義国家に侵略された歴史を持つことをあげている。中国の歴史は戦争と殺戮、占領を繰り返して世界に覇権を広げてきたかつての大英帝国やスペイン帝国とは正反対のものであり、現在の中国の外交政策を見ても世界に脅威を抱かせるようなところは何もない」

 凄いですよ、根拠らしき根拠が何一つ無いですよwww

 しかも、「戦争と殺戮、占領を繰り返して世界に覇権を広げてきた」って、支那の歴史そのものぢゃないですかw

 この主任殿は、支那人の癖に支那の史書も読んだ事が無いのですかwww

 つーか、仮に史書を読む知能が無いにしても、中華人民共和国の建国以降の歴史だけでも、十分に「戦争と殺戮、占領を繰り返して世界に覇権を広げてきた」という定義に当て嵌まるしw

 まあ、何時もの事ながら、嗤わせてくれる蟲どもです。

 そんな支那畜塵どもに、隣国日本からこの言葉を贈ってやりましょう。

 「取らぬ狸の皮算用」と。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

崩壊する中国逃げ遅れる日本―北京五輪後に始まる戦慄のシナリオ
宮崎 正弘
ベストセラーズ
売り上げランキング: 8141
おすすめ度の平均: 4.5
4 想定される中国リスク

中国瓦解―こうして中国は自滅する
宮崎 正弘
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 169824
おすすめ度の平均: 5.0
5 中国経済の悲鳴。
5 国民国家形成の失敗
5 「謎解き」から迫った中国経済の実態


PR情報
コピー機を買い換えたい方必見!格安で購入できます!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
充分恐れますよ。死那のことですから、己の欲の欲するままに、見境なく、何でも食い荒らしそうです。あの国にもギャル曽根がいないとも限りませんからな。
2008/05/12(月) | URL | DUCE #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/12(月) | | #[ 編集]
まあ、文中の「世界が恐れているのは、虚構の超大国チュウゴクが破綻して、13億のイナゴどもが檻から解き放たれ、世界各地を荒らして回る事の方」というのと同意見、という事ですね。

ボロボロのズタズタ、ミスター自転車操業の支那が世界一の経済大国になる、なんて事は、普通に考えてあり得ませんから。
2008/05/13(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
さようなら中華人民共和国
(日本語版)http://www.youtube.com/watch?v=SBX5tdC61e0&NR=1
(英語版)http://www.youtube.com/watch?v=g9RmRdfaRZ4
2008/05/13(火) | URL | 名無し #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1203-5361cfa7
 ||| 中国四川省大地震・第1報  ||| 中国四川省でM7.9の激震、死者1万名以上の大惨事に 成都市で学校8校倒壊、生徒生き埋めに 化学工場から有毒物質流出 米国時間 2008年5月12日 | AP通信・成都発/北京支局経由 | 『米流時評』ysbee 訳 四川省成都発
2008/05/13(火) | 米流時評