FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 下衆

下衆
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

日本の緊急援助隊は煙たい? 住民歓迎も軍は「メンツが…」

 日本の国際緊急援助隊は18日、「いちるの望み」(隊員)をかけ、多くの生徒、児童が下敷きになった学校の倒壊現場での捜索・救助活動を始めた。ただ、同隊への感謝の声が絶えない被災民とは異なり、人民解放軍などの反応は手放しで「歓迎」とはいかないようだ。(綿陽市北川県 野口東秀)

 中国政府が日本の援助隊を真っ先に受け入れたのには、日中関係の重視や国際協調をアピールする狙いがあったが、民政省などは「反日感情」を危惧(きぐ)し受け入れに消極的だったという。

 その懸念は、被災住民に関する限り払拭(ふっしょく)されたといっていい。しかし、捜索・救助活動にあたる軍などの間には複雑な感情がみられる。

 捜索・救助活動を現場で統括するのは基本的に人民解放軍だ。実際、大規模な災害時に救助や物資の輸送などを行えるのは、軍や消防などをおいてほかにない。

 17日、日本の援助隊は青川県の被災現場で活動したが、軍の兵士の1人は「あれは日本隊だろ。早く帰れよっていう感じだ」と口走った。それ以外にも不快感を示した救助関係者もいた。

 ある中国筋は「軍が仕切る現場で日本隊に生存者を発見させると思うか?」と話す。日本の援助隊に中国側が指定した被災現場は、すでに捜索を終えたか、あるいは巨大な土砂崩れで埋まり、中国側も救助などは「無理」だと判断した小学校だった。同筋は「軍などがいったん捜索し救助活動をすでに終えた現場で、もし日本隊が生存者を発見したら、それこそメンツが立たない」ともいう。


 それでも日本の援助隊が生存者を救出すれば、日中関係の改善にはプラスとなる。現場の軍関係者などによる感情の吐露は、日本から援助隊を受け入れる土壌が整っていないことを浮き彫りにしている。

(2008年05月18日 産経新聞)

 流石は世界最高峰の下衆集団、ゴキブリ集団、無能集団である人民解放軍。

 人民の命よりも、事態の一日の早い収拾よりも何よりも、蛆虫の糞よりも価値の無い己の面子が大事とは、これはこれは恐れ入ってしまいます。

 その典型的な中華民族的な思考こそが、己等を世界最低クラスのダメ軍隊たらしめている最大の原因である事に気付けていないところも、流石は人民解放軍と言ったところでしょうか。

 まあ、大体からして、そういう発想に走る事自体、まともに、身命を賭して救助活動に取り組んでいないいい証左だと言えますわな。

 そうでないと言うならば、他者が探せば見つかる生存者を発見出来ない無能集団かのどちらか。

 何れにしても、最下等のカスの群れだという事実だけは変わりませんがね。

 人道的、道徳的な見地を排除したとしても、オペレーションのより高いレベルでの遂行よりも、己の面子を立てる事を優先するというメンタリティは、軍隊として最低最悪。

 まあ、支那の弱兵という伝統を守っている保守主義者と言えなくもないですが。

 で、コイツらがゴミなら、その上に立つ中央政府の政府の連中も勿論ゴミです。

1000万人、厳しい避難生活 四川大地震1週間

 マグニチュード(M)8を記録、死者約五万人と推計される中国・四川大地震の発生から十九日で一週間。被災者は一千万人を超え、被災地では支援物資も十分に行き渡らず、住民らは厳しい避難生活を強いられている。相次ぐ試練に胡錦濤こ・きんとう指導部は正念場を迎えているが、未曾有の自然災害でチベット問題は影を潜め、国民の一体感も高まり、北京五輪関係者からは「神の助け」との声も聞こえてくる。日本政府は各国に先駆け国際緊急援助隊を派遣、日中信頼関係確立への期待が高まっている。

(中略)

 ▽チベットの影薄まる 「神の助け」と五輪関係者

 中国・四川大地震が発生した十二日夜、北京五輪のリスク評価担当チームの関係者は「言い方は悪いが、これは神の助けかもしれない」とつぶやいた。五輪関係者の間では、大地震がチベット問題の影を薄め、国際社会との溝を埋める役割を果たすとの期待が出ている。

 発生翌日の十三日朝、福建省竜岩で予定通り聖火リレーが実施されると、国内のインターネット上で「われわれ中国人に良心はないのか」といった非難が続出。その後はリレーと並行して募金活動などが行われるようになり、今や聖火リレーは「被災者との連帯」がテーマだ。

 人権やチベット問題への批判から「反中国」の象徴となった聖火リレー。中国では国際社会の非難に対する反発から「団結」の声が強まり、それに比例して排外感情が高まった。しかし、大地震による中国人の「一体感」にはそうした危険要素はない。

 一九九五年一月の阪神大震災では、二カ月後に被災地兵庫県西宮市の甲子園球場で選抜高校野球大会が開かれた。一時は開催すら危ぶまれたが、外野フェンスに「復興・勇気・希望」の文字を書き開会式を行った。

 北京五輪でも「批判集中」から「メッセージ発信」という「攻守交代」が起きるかもしれない。もちろん、チベット問題には依然として国際社会が大きな関心を払い続けている。中国側に政治的意図が見えすぎると、新たな批判につながりかねない。(北京、共同=松村圭)

(2008年05月18日 中國新聞)

 もう、余りにも品性下劣過ぎて乾いた嗤いも出てこない程に酷い。

 自国の民衆が、同胞が苦しみ喘ぎながら死に行く様を大上段から見下ろしながら、碌に救済措置も執らないどころか、にやけ面で「言い方は悪いが、これは神の助けかもしれない」と来ましたですよ。

 クズもここまで極めればある意味立派かと思える程のクズです。

 流石に、これでは人民どもも憐れだと思えば、そうでも無いところが支那畜クオリティ。

四川大地震、被災宅から貴重品盗み横行

 17日付中国紙、新京報によると、四川大地震で被害の大きかった四川省・北川県で、被災宅などから貴重品が盗まれる事件が横行、公安当局は15日夜だけで30数人を拘束した。

 犯人はボランティアや被災者を装って同県に入り、半壊し無人となった家や壊れた電器店、携帯電話販売店などに夜間に侵入、貴金属類やパソコンなどを盗んだという。
(共同)

(2008年05月17日 産経新聞)

 この人民にしてこの軍隊、そしてこの政府あり、と言ったところですか。

 本当に、上から下まで綺麗に最下等の下衆揃いのゴキブリ民族なのですね。

 違う意味で憐れみが止まらない。

 とは言え、それでも、これ以上の犠牲の拡大は望ましくは無い訳ですが、上から下まで徹底して、ここまでのクラスの下衆揃いでは、それも儚い願いでしょうね。

 このゴキブリどもはきっと、こうして、自分達自身の手で被害を更に拡大させていくのでしょう。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

日本人が知らない中国人の本性 (徳間文庫)
黄 文雄
徳間書店
売り上げランキング: 73621
おすすめ度の平均: 5.0
5 卑しき隣人の正体

中国大虐殺史ーなぜ中国人は人殺しが好きなのか
石 平
ビジネス社
売り上げランキング: 7854
おすすめ度の平均: 5.0
5 権力による権力のための虐殺の歴史
5 脈々と続く虐殺の血脈
5 「中国」の歴史とは、侵略・大虐殺史であり、今後も続く!
5 血に染まる中国大陸の歴史


PR情報
期間限定!大学・短大・専門学校 資料請求でプレゼントGET!!
キレイになりたい女性のためのSNS!キレイナビ
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1213-78d2f1a9
社会保険方式維持か税方式に転換かと言う問題が最近脚光を浴びている。そもそも、セーフティーネットという考え方であれば、払わない人には...
2008/05/19(月) | 新三ログ
  ||| 土砂崩れで救援隊200名生き埋め ||| 中国四川省北川県で救援隊200名生き埋め!ついに起きた二次災害 米国東部時間 2008年5月19日午前3時02分 | AP通信・四川省北川県発 現地時間で19日月曜、国営新華社通信の報道によると、地震の被災地で救援活動を行...
2008/05/20(火) | 米流時評
  ||| 土砂崩れで救援隊200名生き埋め ||| 中国四川省北川県で救援隊200名生き埋め!ついに起きた二次災害 米国東部時間 2008年5月19日午前3時02分 | AP通信・四川省北川県発 現地時間で19日月曜、国営新華社通信の報道によると、地震の被災地で救援活動を行...
2008/05/20(火) | 米流時評
 ||| 見捨てられた死の谷・中国棄民の伝統 ||| 中国棄民の伝統 忘れられた渓谷の震源地へ1週間ぶりに救援隊入村 全国規模の犠牲者追悼から数時間後、四川省成都周辺に強い余震警報 米国時間 2008年5月19日午後8時20分 | AP通信・四川省発 | 訳『米流時評』...
2008/05/20(火) | 米流時評
引用が錯綜してきたのであんまりしたくないのですが当記事は色を変えさせて頂きました。 なぜ色を使わないようにしているかと言うとデザイン面の拘りとコピペや色盲の方にも対応 しているためで(←後付けな理由w)決してここの主が面倒くさいとかの話では(ry ...
2008/05/20(火) | 帝國ブログ
   ||| 赤い国「ひとつの中国」に亀裂 ||| 中国棄民の伝統 忘れられた渓谷の震源地へ1週間ぶりに救援隊入村 米国時間 2008年5月20日 | AP通信・四川省成都市発 | 訳『米流時評』ysbee 前号「見捨てられた死の谷・中国棄民の伝統」からの続き 地震発生...
2008/05/21(水) | 米流時評