FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → チャイナハザード

チャイナハザード
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

完全封鎖された「死の街」 四川大地震ルポ

 【北川(中国四川省)=野口東秀】壊滅的打撃を受けた綿陽市北川県に22日、再び入った。日本の国際緊急援助隊が救助活動をしていた北川中学校だけでも数百人の軍、武装警察、警官が完全封鎖し、化学防護服を着た部隊が消毒作業をしていた。記者は自動小銃を構えた兵士が警戒するラインを越えたが、政府庁舎のある中心部は、感染症拡大を防ぐため、だれも立ち入れない「死の街」となっていた。

 「通行できない。防疫作業のためだ」。

 綿陽市中心部から車で北川県に入ってまもなく、自動小銃を構えた兵士らに阻止された。

 この警戒ラインでは15台の軍トラックと消毒液を積んだ車両が駐車。数十人の治安関係者が取り巻き、関係車両以外は一切通行禁止だ。

 被災民5、6人が警戒ラインを越えて山に登ろうとしていた。被災民と一緒に歩いて通過した。途中、「第2砲兵(ミサイル戦略部隊) 防疫隊」のトラックが止まっていた。


 土ぼこりがもうもうとまう道を延々と歩くと、次々と被災民が下山していく。「家が倒壊しすべてを失った。住めない」と、市街地に向かう。

 妻の陳金容さん(32)が行方不明になっている崔定興(さいていこう)さん(37)は「5万人?死者は20万人を超えているはずだ。行方不明のままの遺体がどれだけの数になるか」と崔さんはマスクごしに顔をゆがめた。

 徒歩で約5キロほど。かつて日本の援助隊が活動していた北川中学校周辺に着いた。周辺は厳戒態勢下だった。5メートルごとに兵士が道路の両脇に立ち、化学防護服を着た部隊が消毒作業を続けている。

 同校は1000人近い生徒が死亡、今も下敷きになったままの生徒がかなりの数になる。日本隊が活動していたときは腐敗臭が強く漂っていたが、今は消毒液のにおいでむせかえるほどだ。

 北川県政府庁舎のある街は1キロほど先だ。しかしそこに至る道は、警官と兵士が人々の立ち入りを禁止していた。「警官も一般兵士も入れない。(入れるのは消毒の)防護隊だけだ」。


(2008年05月22日 産経新聞)

 えー、昨日の夜、ネタのつもりで作成したバイオハザード改変の「ある人民解放軍兵士の日記」だったのですが、既にほぼ現実のものになりつつあったのですね。

 すいません、正直、支那畜様を舐めてました。

 しかし、基本、人民どもの命なんか糞喰らえの中共の連中がこんなにも迅速に、地域一帯を封鎖しての消毒作業に突入してやがるという事は、恐らく、既に感染症が発生している、という事なのでしょうかね。

 いや、以前にも説明した通り、基本的に直接血液に触れたりしない限り、遺体から感染症が蔓延するという事態は考え難い訳で、量が量だけにあり得ないとまでは言えないものの、何か、別の理由があるような気が激しくします。

 例えば、核施設からの放射能漏れ、軍の実験施設で研究されていた細菌兵器、etc.

 遺体のような低温の媒体の中でも異常繁殖するウィルス、なんてものを研究して作成していた可能性も十分に考えられるところですからね。

 あと、ここで消毒作業をしているという人民解放軍の第2砲兵なのですが、「共産党中央軍事委員会に直結した核ミサイル部隊」なんですよね。

 何故にわざわざ核ミサイル部隊が消毒作業をしているのか、普通に激しく気になります。

 何れにしても、日本の常識では計り知れない凄まじい事態が展開されているであろう事は、まず間違いないですね。

 日本から派遣されている医療チームが現場に入れて貰えないのも、妬みややっかみとか、嫌がらせや反日感情とかそんな理由では無く、もっとずっと洒落にならない理由からなのかも知れません。

 宮崎先生の著書に「中国は猛毒を撒きちらして自滅する」というのがある訳なのですが、ちょっと違った意味合いで、そうなりつつある状況と言えるような気がします。

 リアル北斗の拳、リアルバイオハザード。

 チュウゴクの明日は違った意味で明るいようです。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

中国は猛毒を撒きちらして自滅する―全世界バブル崩壊の引き金を引くのも中国
宮崎 正弘
徳間書店
売り上げランキング: 96285
おすすめ度の平均: 5.0
5 特恵関税
5 中国は周辺諸国を巻き込むことなく自滅して欲しい
5 中国リスクの分析

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ エキスパートパッケージ(「Wiiザッパー」同梱)
カプコン (2007-11-15)
売り上げランキング: 686
おすすめ度の平均: 4.0
4 バイハザ
4 面白い。
4 転売屋から買う必要はない
3 定価
3 再販


PR情報
1万円からのFX。エキサイトFX『外為ルネッサンス』
ホテル+格安航空券のグローバルトラベルオンライン
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1219-286bd35b
    ||| 中国崩壊・少数民族大移動  ||| 再建か分裂か、震災10日目のシフト 救出活動から復興案へ急旋回 共産党情宣局の世論操作で「胡錦濤と温家宝にノーベル平和賞を」? 懲りない奴ら、とはこの連中を言うのであろう。昨日の海外メディアをチェックしていた...
2008/05/23(金) | 米流時評