FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 支那畜犯科帳

支那畜犯科帳
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

略奪などの容疑者引き回し、避難所前で「見せしめ」処分

 【都江堰(とこうえん)(中国四川省)=末続哲也】四川大地震の被災地、四川省都江堰市内の避難所前で25日午後、震災に乗じて盗みなどを行ったという男女約20人が逮捕され、一般市民の前で引き回された。被災地では、治安悪化も問題となっており、当局では犯罪抑止に躍起だ。

 被災者約1000人がテントで暮らす避難所前。トラックの荷台には、オレンジ色の服を着せられた容疑者が並ぶ。警察幹部が「犯罪は断固取り締まる」と宣言する中、「パソコンを奪った」「携帯を盗んだ」など、各容疑者の犯罪事実が明らかにされ、「災害に乗じた略奪罪で刑事拘留する」と次々に処分が下された。

 住民によると、被災地では、地震で施錠がきかない民家や商店などから現金や貴重品を奪う犯罪が頻発。

 中国では、文化大革命中などに公開式の裁判が行われ、現在でも“見せしめ”の効果を狙ったこうした処分が行われている。

(2008年05月27日 読売新聞)

 何処までも、果てしなく低次元な国ですねぇ…

 火事場泥棒のような品性下劣極まりない行為を平気でする塵民どもも塵民どもな訳ですが、だからと言ってそれを市中引き摺り回しの刑とは、アタマ悪いにも程がありますわ。

 しかも、時間的に考えて、この引き摺り回された匪賊どもは裁判を受け、そういう判決を受けて刑に服している訳では無く、単に捕まえた塵民警察の連中が独断でやってるっぽい。

 法治の原則もクソもありゃしねぇですよ。

 つーか、敢えて記事中に書かれていないという事は、この連中、現行犯で逮捕されたという訳でも無さそうな訳で、そういう狂った現実を踏まえて考えると、この連中が本当に匪賊の一味なのかどうかも怪しい。

 中共当局の杜撰極まりない救助活動に怒りを燃やしている塵民どものガス抜きをする為に、適当なヤツを取っ捕まえて犯人に仕立て上げ、「チュウゴク政府は頑張ってるアルよ」というパフォーマンスをやっているだけの可能性も、十分以上に考えられるところです。

 それどころか、この引き摺り回されている連中はそもそも、中共の連中の仲間、或いは何らかの刑で既に服役している受刑者であるという可能性、要するに、最初から最後まで完全にヤラセである可能性もあります。

 その地方の塵民どもこそ、引き摺り回されている匪賊の顔を見る事にはなる訳ですが、その後、何処かの地方にでも行ってしまえば、クソだだっ広い事だけが御自慢のあの国なら、ばれる事無く余生を送る事は可能ですから。

 受刑者であるならば、話はもっと、とんでもなく簡単で、この後速攻で死刑にしてしまえば真実は永遠に闇の中、という事になりますね。

 普通の国なら考えられない事ですが、そもそも、裁判を受けさせる事も無く容疑者を市中引き摺り回しにするようなキティどもが普通の国な訳は無い訳で、十分に考えられる事でしょう。

 ちなみに、官憲が官憲なら塵民も塵民な訳で、連中の反応はこんな感じ。

窃盗団 路上にズラリ  公衆面前取り調べ、市民罵声

 【都江堰(中国四川省)=加藤直人】四川大地震で学校が全壊するなど大きな被害を受けた都江堰(とこうえん)市で23日、空き巣狙いで逮捕された被災民らが公衆の面前で取り調べを受け、市民から激しく罵声(ばせい)を浴びせられる様子を目撃した。被災地では、窃盗などの犯罪が続発していると伝えられている。

 市中心部の交番前。警察に身柄を拘束された約30人が、車や人が頻繁に行き交う路上に正座させられていた。複数の窃盗団とみられ、老人から若者まで年齢や性別はまちまち。いずれも被災民といい、服は激しく汚れていた。

 窃盗団は、解体工事用のハンマーを使って商店の入り口を壊し、現金などを盗んだという。路上には、証拠品のハンマーや紙幣、携帯電話などが並べられていた。

 「被災したからといって、他人の物を盗むなんて許せないわ」。通り掛かりの中年女性がこう叫び、腰に巻いていたベルトを抜き取るや彼らの背中にむちを浴びせ、けりつけた。警察官もやじ馬の市民も止めようとしない。窃盗団の女の一人が大きく泣き崩れた。

 遠巻きに見つめていた地元の劉靱さんは「生活のため、背に腹は代えられないと思って盗みをはたらいたのだろうけど…」と、街中が震災被害で悲しみにくれる中での卑劣な犯行に複雑な表情を見せた。

(2008年05月24日 中日新聞)

 こんな連中と友好が成り立つと未だに言っている人間はアフォです。

 連中、支那ゴキブリと我々とでは、根本にある感覚が違う事を、いい加減に理解して、可能な限りの距離を取る必要性があります。

 ついでに言っておくと、普段は死刑制度反対だの何だのと綺麗事を並べ立てている癖に、この支那ゴキブリどもの人権完全無視の蛮行に対して少しの異論も唱えないマスゴミは氏ね。

 以上です。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

中国大虐殺史ーなぜ中国人は人殺しが好きなのか
石 平
ビジネス社
売り上げランキング: 4611
おすすめ度の平均: 5.0
5 権力による権力のための虐殺の歴史
5 脈々と続く虐殺の血脈
5 「中国」の歴史とは、侵略・大虐殺史であり、今後も続く!
5 血に染まる中国大陸の歴史

日本人が知らない中国人の本性 (徳間文庫)
黄 文雄
徳間書店
売り上げランキング: 134914
おすすめ度の平均: 5.0
5 卑しき隣人の正体


PR情報
ホテル+格安航空券のグローバルトラベルオンライン
期間限定!大学・短大・専門学校 資料請求でプレゼントGET!!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1225-a0d9c0a7
今回は日本会議発行の「日本の息吹」6月号より、小林秀英氏(チベット問題を考える会代表)のインタビュー記事を引用します。 ■チベットを...
2008/05/27(火) | 新・へっぽこ時事放談