FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → Les Misérables

Les Misérables
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

中国 カルフール称賛 四川義援金奮発 不買標的から一転

 【北京=伊藤正】「カルフールに感謝し、買い物に行こう」。今春、中国各地の反仏不買運動の標的になった仏系スーパー「カルフール」が、四川大地震への義援金を大奮発、一転、称賛を浴びている。中国商務省が外資系企業の支援金リストを公表するなど献金圧力が増す中、カルフールは震災支援を業績回復のチャンスに変えつつある。

 3月のチベット騒乱は、カルフールにとってはとんだ災難だった。フランスのサルコジ大統領が北京五輪開会式不参加を示唆、4月初めのパリでの聖火リレーがチベット支援グループに妨害された後、中国の青年層が反仏行動を起こし、カルフールは不買運動や抗議デモにさらされた。

 カルフールは全店に北京五輪支持のスローガンを掲げ、5割引セールなどをしたが、売り上げは低迷。そうした中、四川大地震が発生した今月12日、カルフールは100万元(1元は約15円)をカンパ、14日には200万元を追加し、中国への誠意を表した。

 18日の国営中央テレビの募金番組を機に、内外企業の寄付額公表を求める声が高まり、中国商務省は23日、100万元以上を拠出した外資系企業289社のリストを発表した。

 その時点ではカルフールの300万元は116位タイだったが、同じ23日、大手サイト「新浪ネット」のインタビューで、2000万元の追加寄付を表明、計2300万元(約3億4500万円)となり、一躍欧米系トップの13位に浮上した(日系トップは広州ホンダの1203万元)。

 同サイトにはこれに対する投稿が1日で数千本も殺到、大半が同社とフランス人への感謝と賛美だった。


 寄付額トップは、台湾プラスチック集団と加多宝集団(本部・香港)の2社が1億元で並ぶ。加多宝は数年前からテレビ広告で急成長した薬用ドリンク会社。今回の宣伝効果は絶大で、ネットには、同社の主力商品「王老吉」を飲もうとの呼びかけがあふれ、品切れ店が続出した。

 ある日系企業幹部は「カネで善意を量るのは中国の文化。義援金は中国との付き合いには不可欠と割り切っている」とし、追加寄付を検討中と話した。

 一方、中国政府は25日、ミャンマーへの1000万ドルの追加支援を表明した。ネットでは、中国の戦略的利益に必要と支持する声の一方、内外の震災支援意欲をそぐといった疑問も上がっている。

(2008年05月28日 FujiSankei Business i.)

 品性下劣の極み。

 支那畜、支那ゴキブリ、最下等生物、塵民、etc.

 これらが罵詈雑言でも一部の誇張でも何でもなく、真実を表した言葉であるという事を、己等自身で見事に証明してくれましたね。

 よく、「悪いのは中国共産党の一党独裁体制にあり、民主化すればチュウゴクは友邦と成り得る」、「悪いのは独裁と圧政を続ける中国共産党であり、チュウゴク人は犠牲者であり被害者」という尤もらしい論説を打つ人がいる訳ですが、100%全てでは無いものの、それは基本的には間違い。

 連中の多くが中共の悪政の犠牲者であるという点は確かに正しい分析ではある訳ですが、同時に、チュウゴク塵、特に漢族という連中は、被害者であると同時に、何時でも、些細な切っ掛けで、ほんの少し立場が変わるだけで加害者となる素養を十分以上に持った加害者予備軍と言える存在です。

 「人間、誰しもそうじゃないのか」という最もな疑問が飛んできそうですが、我々が認識している「人間」と、彼ら「チュウゴク塵」とでは、そのレベルが違う。

 その事の一つの確証と言えるのが、今回の件に現れている漢人のメンタリティ。

 何時の時代、何処の国にでも、善がカネで買えると思っている所謂「拝金主義者」という連中は存在する訳ですが、そういう連中と、今回の記事に出ている漢人との差異が分かるでしょうか。

 拝金主義者は善というモノですらもカネで買えると思っている、ところが、この連中、漢族という連中の社会においては、カネで善が買える、などという次元では無く、カネ=善、つまり、カネこそが社会における全てを計る尺度の基準である訳です。

 記事中で、日系企業の幹部とやらは「カネで善意を量るのは中国の文化」と語っていますが、近い事は近いですが、若干ニュアンスが違います。

 カネで善意を量っているのでは無く、カネこそが善意であり誠意であり全て、それがチュウゴクの文化。

 だから、平気でこういう事が出来る。

<四川大地震>各国からの義援金に順位付け、新華社報道に不快感―米メディア

2008年5月18日、中国の「環球時報」は米国メディアが新華社の報道について不快感を示す論評を掲載したと報じた。

15日付の米紙「McClatchy(マクラッチー)」が掲載した論評は、ヨハンセンを名乗る作者が「地震義援金でランキング」というテーマで書いたもの。四川大地震でアメリカが被災地義援金として50万ドルの第1次支援を申し出たことに対して、「新華社編集部は故意にサウジアラビアの5000万ドルの巨額支援と比較し、自社サイト上に順位をつけて大見出しで報じた」として不快感を示した。

「政府とは関係なく、コカ・コーラ社は500万元、ウォルマート社は300万元というようにアメリカの企業や民間団体27社は次々と中国への支援を積極的に表明しており、これらの金額が多いか少ないか判断してほしいものだ」とヨハンセン氏は記している。

「環球時報」は17日付の新華社報道を基に、米国政府からは50万ドルの支援のほかに70万ドル相当の援助物資が送られ、米国赤十字からは1000万ドル、米国企業からは1200万ドルを超える義援金と物資が中国に送られたと伝えている。(翻訳・編集/本郷)

(2008年05月19日 Record China)

 一緒になって張り合っているヨハンセンとかいうアメ公もかなりアレな訳ですが、漢族という連中の認識においてはカネ=善意である、という事を理解出来れば、連中が何故にこういう事をしたのかも、朧げながらも理解出来る事です。

 このように、チュウゴク人、漢人という連中は、上から下まで、歴史的、文化的、伝統的に、こういう意識、認識がDNAに叩き込まれている連中な訳です。

 チュウゴクの政治家や官僚の腐敗による汚職が、世界のどの国と比較しても洒落にならない程に酷いモノである事は既知の事実ですが、仮に、中共の一党独裁体制が終わりを迎え、如何なる体制、例えば民主化したとしても、恐らく永遠に治る事は無いでしょう。

 何故なら、中国共産党の政治家や官僚などというのは、所詮、権力を持ったチュウゴク人、漢人に過ぎないのですから。

 支配層の名称と顔触れが変わるだけ。

 その為に数百年毎に無益な血を流して革命を続けているのが、チュウゴクと呼ばれる大陸のゴミの歴史。

 「人間」が関わり合うべきでは無い暗黒の存在、それがチュウゴク。

 世界がその事に気付かない限り、アホな悲喜劇は何度でも繰り返される事となるのでしょう。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

日本人が知らない中国人の本性 (徳間文庫)
黄 文雄
徳間書店
売り上げランキング: 26643
おすすめ度の平均: 5.0
5 卑しき隣人の正体

暗黒大陸中国の真実 普及版
ラルフ・タウンゼント
芙蓉書房出版
売り上げランキング: 150488
おすすめ度の平均: 5.0
5 過去を振り返れば未来のための処方箋がそこにある


PR情報
1万円からのFX。エキサイトFX『外為ルネッサンス』
日経225miniをやってみませんか?
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1227-36be241e
四川大地震についてお知らせしようと思いましたが先々週、前々回の記事の様相だったので、 既にかなり出遅れている上に詳しいブログはいくらでもあるのでそちらをご参照下さい。 という他力本願(!)でこのブログは成り立っております。ただこれで終わるのも ナニです...
2008/05/29(木) | 帝國ブログ
    ||| 中国の少数民族ディアスポラ ||| 核施設崩壊の事実を隠蔽する中国 爆心地映秀の人口75%が死亡 北川地区を地図から抹殺、自治区の少数民族を 強制収容所に収監 まずお詫びから先に。メモリアルデーの3連休の終わりに風邪を引き、ここ5日間ブログの
2008/05/29(木) | 米流時評